2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

アメリカの国力は完全に峠を越えた。

1 :日出づる処の名無し:2005/04/19(火) 00:13:12 ID:nWEkXFDz
ベトナム戦争+ニクソンショックで衰退の道へ転落した。
アメリカの経済の様子を見ているともう数十年と持たないと思われる。
そうなればアメリカによって保たれていた国際秩序が壊れて大きな動乱が起こる。
というわけでアメリカが衰えた後、日本はどう生きていくべきか議論汁。

2 :日出づる処の名無し:2005/04/19(火) 00:16:27 ID:dIT+7Pym
今夜が山田

3 :日出づる処の名無し:2005/04/19(火) 00:18:57 ID:Ae7RNcui
朝日新聞の記事は他新聞と比べて一番まともではないだろうか?
日本が右傾化しないように社説で繰り返し述べている。
はき違えた愛国心を煽るようなマスコミを信じてはいけない。
売れさえすればいいという軽薄な商魂の論説ばかりが、
国を危うくするのは太平洋戦争で懲りたであろう。
機会ある毎に日本の過去の過ちに対する反省を促し、
関係諸国との友好を深めようとしているのが朝日新聞である。
なまじ知った歴史の一部で全てがわかった顔をすると恥をかくだけだ。
のうのうと生きていられるのは平和憲法のおかげであることは間違いない。
できもしない自主防衛を唱えていては過去の過ちを繰り返すだけである。
不利なことがわかっていながら、国民を煽って戦争に突入し、
買い物も切符が無ければ買えもしないような生活をさせながら、
運用される資金はすべて軍事行動向け。
動力になるべき燃料もなく、資源も無い日本が何の大義もない戦争を
推し進めるのは狂気の沙汰としか言い様が無い。
進軍ラッパをもう一度聞きたいのか?


4 :日出づる処の名無し:2005/04/19(火) 00:19:44 ID:7bZ9X9pB
>>3




5 :日出づる処の名無し:2005/04/19(火) 10:31:16 ID:MzlaABRn
>>1
もう少し具体的な根拠を示して書いてくれないか?
アメリカ経済のどの部分を見て「数十年と持たない」という結論に至ったのか?
どの部分を見て「衰退」という結論に至ったのか?

俺には今のアメリカは「最盛期」に思える。

6 :日出づる処の名無し:2005/04/19(火) 10:42:56 ID:G6hEfT2T
>>5
製造業がボロボロなのは事実だな。
プラザ合意からこっち円が2.5倍に跳ね上がったのに
全然競争力が回復していない。

7 :日出づる処の名無し:2005/04/19(火) 10:54:54 ID:MzlaABRn
>>6
>製造業がボロボロなのは事実だな。
そのかわり、金融保険業、技術特許業、システムIT業、農業、軍事産業、医療産業はギンギンですよ。
家電なんかは衰えても、先端電気機器はしっかり儲けている。
既に製造業のような汚い産業に見切りをつけて、新たなフェーズに突入しているだけ。
貿易赤字も表面的なもので、便宜外国籍の会社が増えたことによるものだから、
米国企業の収益は全く衰えていない。



8 :日出づる処の名無し:2005/04/19(火) 10:58:40 ID:G6hEfT2T
>>7
企業の話でなくて国の話ではないかと。
米国民の所得はその手の企業の好調ぶりに反して下がっているのではと。
双子の赤字はますます増大してるのではないかと。
まあ、製造業を「汚い」と表現するようではなあ。

9 :日出づる処の名無し:2005/04/19(火) 11:20:02 ID:MzlaABRn
>>8
>企業の話でなくて国の話ではないかと。
国家経済を支えているのは企業だろ?
企業の好調なくして、国家経済の好調はありえないだろ?
企業の話抜きで、どうやって国の経済の話をするんだ?
あなたが、>>5で>製造業がボロボロなのは事実だな
って書いたのは企業の話じゃないのか?
企業じゃない製造業ってのは、具体的になに?

>米国民の所得はその手の企業の好調ぶりに反して下がっているのではと。
経済成長率はこの9年間は日本よりずっと高いよ。
米国企業は日本企業のように、利益を社内留保にまわすことが少ないので、
経済成長で増えた利益はほとんど、配当か報酬に振り向けられる。
即ち、国民所得は向上してるよ。

>双子の赤字はますます増大してるのではないかと。
財政赤字については、日本の方が重篤だし、貿易赤字は便宜外国籍法人に
利益を置いていることによる見せかけの赤字で、実際に米国企業が自由に出来る
利益は減ってない。

>製造業を「汚い」と表現するようではなあ。
俺が考えているんじゃなく、米国人がそう考えているだけ。
まー、それに、工場を国内に置かないほうが、これからの環境問題を考えると
有利に働くからな。CO2を排出する工場はできるだけ国外に置いた方が
安全だから。


10 :日出づる処の名無し:2005/04/19(火) 11:26:34 ID:BDD+17i/
>>3
また極端な意見だな。妄想が過ぎるよ。もう戦争はしないよ。
でも日本は戦後、国防に関する事をとてもおろそかにしてきたからね
ここらで考え方変えないとかえって戦争に巻き込まれるかもしれないよ。

11 :日出づる処の名無し:2005/04/19(火) 11:27:55 ID:yN/umaAN
>>3
売れればいいのは朝日でしょう。

日本の右傾化なんて馬鹿な事を唱えるのがその証拠だ。

占領国のままの日本はまずは独立をめざすべきだ。
その事に触れない報道機関の罪は、歴史に残るでしょう。

12 :日出づる処の名無し:2005/04/19(火) 11:33:38 ID:3EYp9ArS
農業も酷いやり方らしいな収奪型農業で
土地がどんどん痩せていってるらしいし

13 :日出づる処の名無し:2005/04/19(火) 11:37:15 ID:0jsAf2TV
>>7
製造業は実際「汚い」だろ?
環境問題で槍玉に挙げられているのは製造業だし。


14 :日出づる処の名無し:2005/04/19(火) 11:38:58 ID:F8GDgYnI
メリケン農業は塩害の問題を解決しないと、そのうち全土を砂漠にしかねん勢いですよ。

15 :日出づる処の名無し:2005/04/19(火) 11:39:13 ID:G6hEfT2T
>>9
俺はアメリカの最盛期は50年代、ベトナム戦争前だと思ってるんでね。
当時は世界のGDPの50%を一国で占めてたし。

16 :日出づる処の名無し:2005/04/19(火) 11:41:35 ID:G6hEfT2T
>>13
そうやって書き込むPCも製造業が作ってるんだが。
別に製造業マンセーする気はないけど、
軽んじたり蔑むような表現はどうかね?

17 :日出づる処の名無し:2005/04/19(火) 11:45:45 ID:MWylTk3o
>>19
やせた土地に大量の化学物質を投入して無理矢理作物を収穫する無茶に見える農法だけど、
それでもアメリカの農業は収穫を増やしてる。
アメリカ型の農業は限界だとする説がある一方で、まだまだこの方法で行けるという見方があるのも事実。


18 :日出づる処の名無し:2005/04/19(火) 11:52:24 ID:MzlaABRn
>>16
そのPCの価格の大部分は、製造業が受け取る利益ではなく、
特許や著作権、流通という非製造業が手にしていて、
アメリカは1台のPCを売ることで最も利益を上げているのは
製造業者ではないということも認識しなきゃね。


19 :日出づる処の名無し:2005/04/19(火) 11:53:16 ID:MI3f/nFO
>>1
核武装して自衛。

20 :日出づる処の名無し:2005/04/19(火) 11:55:46 ID:BDD+17i/
>>1
スイスのような完全中立。周りを海に囲まれて守りやすい日本の地理を生かそう

21 :日出づる処の名無し:2005/04/19(火) 12:00:54 ID:IVs2RWTc
>周りを海に囲まれて守りやすい

って、江戸時代でもあるまいしw。

22 :日出づる処の名無し:2005/04/19(火) 12:02:23 ID:G6hEfT2T
>>18
製造業はモノを作ってる、という話なのに
なぜに利益がでてくる?

まあ、アメリカの農業への補助金は輸入圧力に晒されて
国内農業保護しまくりの日本を上回るという事実も考えてみてくれ。

23 :日出づる処の名無し:2005/04/19(火) 12:08:38 ID:MzlaABRn
>>22
利益が出ない産業が衰退したからといって、
国が衰退している根拠にならないってこと。
環境対策が国際的に強化されると、製造業は
「やりたくない仕事」に分類されるのは目に見えている。
人のやりたがらない仕事を「汚い仕事」と表現したまで。
実際日本でもそういう分類にされつつあるじゃないか?
良し悪しの問題ではなく現実問題として。

24 :日出づる処の名無し:2005/04/19(火) 12:37:19 ID:b9gkZDeW
日下公人がイラク戦争前のごたごたの時期に
イラク戦がアメリカの攻勢終末点になるって言ってたが
なんとなく現実味を帯びてきた昨今

25 :日出づる処の名無し:2005/04/19(火) 19:54:29 ID:UNA4NB1g
>>24

アメリカは海洋国家だから、大陸内部の争いには、あんまり係わり合いに
ならないほうが吉。
それは日本についても言えること。

26 :日出づる処の名無し:2005/04/19(火) 20:19:26 ID:ImwG8LqB
アメリカは衰えない。なぜならば、メジャーは多国籍企業と化しており、アメリカ一国が世界を支配しているわけではにい。

27 :日出づる処の名無し:2005/04/21(木) 00:32:27 ID:HoIskGvx
>>5
俺には今のアメリカは「最盛期」に思える>>
その認識は流石に恥ずかしすぎるだろ。

28 :日出づる処の名無し:2005/04/21(木) 03:30:25 ID:Rc7rpOdG
>アメリカの国力は完全に峠を越えた。

アメリカは日本の財産・国力を掌握しようとしている。
郵政民営化もそのひとつ。日本人の大切な貯金箱だというのに、
350兆円の金を日本国から切り離し、一般市場に流すと言いつつ
アメリカを初めとした外資に流れ込み、儲けさせる算段。
日米構造協議なるものがあるが、それは米国が日本に対して「あぁしろ、
こうしろ」とアメリカ全体に儲けが行くように考えられたプログラムを
押し付ける場である。最近になって改正された建築法改正などもその一つ。
簡単に言えば、これまでの基準を代えることで、アメリカの建築基準と
同じにし、アメリカの建築メーカーやその関連を設けさせる為である。
挙げたらきりがないほどアメリカの要求を日本がのんでいるケースは多く、
これからも日米構造協議とそれと同じような他の枠組みの中で
アメリカによる日本への要求という圧力は次々に出て来る。
この他、日本はアメリカの財政赤字の半分近くを買い支えている。
少なく見積もっても300兆円以上である。この莫大な金額を日本が
買い支えている事実を、アメリカは自国民に公表していない。
そして日本も公式に正確な数字を公表していないという。
アメリカ財政赤字を少なくとも300兆円分を買い支え、日本の郵便貯金
を国有管理から外して外資金融機関等へ取られ、日本の物作りの技術や
特許は横取りされ、盗まれ、最後に日本に残るのは、現在の金額にして
1300兆円以上の借金である。(この数字は、特殊法人の隠れ借金も
合わせた額)アメリカとの友好も良いだろう。しかし、このまま行くと
骨までしゃぶられた揚句、莫大な借金だけを抱えた日本は捨てられるだけ
である。アメリカという国は国益に利用出来るものは何でも利用する。
しかし、旨味が無くなったものはもう国益にはならないから捨てるだけで
ある。アメリカとの関係は継続するなら、これを肝に銘じた上でなければ
いけない。

29 :日出づる処の名無し:2005/04/21(木) 08:12:25 ID:Ns+KXBKd
>>27の認識が恥ずかしくてたまらない。


12 KB
新着レスの表示

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50
名前: E-mail (省略可) :


read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)