2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【世界の】南京大虐殺はウソ【常識】4次資料

1 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 12:51:24 ID:qMH3WtZd
南京問題初心者の方。惑わされてはいけません。
前スレまでレス3000にいたるも下記の根拠は覆されませんでした。
南京大虐殺はウソです。実在しません。

<根拠>
・骨も死体も銃も刀も書類も全く見つかっていない。
・というよりそもそも証言以外の証拠は無い。
・裁判で証拠として提出された写真はその全てが無関係または合成であることが発覚。
・そもそも裁判の時、南京大虐殺を「見た」と答えた人は2人しかいなかった。
・30万人殺されたとはいうが、そもそも南京には当時30万人もいなかった。
・30万人も殺したはずなのに、なぜか虐殺後の人口はむしろ虐殺前より増えている。

基本リンク
http://www.history.gr.jp/nanking/

【世界の】南京大虐殺はウソ【常識】
http://tmp4.2ch.net/test/read.cgi/asia/1111297289/

【世界の】南京大虐殺はウソ【常識】2次資料
http://tmp4.2ch.net/test/read.cgi/asia/1112383046/

【世界の】南京大虐殺はウソ【常識】3次資料
http://tmp4.2ch.net/test/read.cgi/asia/1112694931/

*ルール:反論を大量スルーしておきながら質問を発してはいけません。
 社会常識上、許されないでしょう。


2 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 12:59:15 ID:vu0iG3XV
2なら南京大虐殺は大嘘

3 :前々428 ◆akb33F3Knc :2005/04/11(月) 13:00:14 ID:O7mLeiA5
>>1氏乙
そして恵也は消えろ

4 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 13:06:24 ID:ouBVNFpL
>>3
あの子が消えたらスレが終わっちまうがな。
一人で頑張ってるんだから優しく汁。

5 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 13:07:47 ID:qMH3WtZd
解説

現在、恵也がまたまた事後法容認理論を持ち出しました。
それに対して「罪刑法定主義を否定するのか?」との質問が出ております。

おそらくスルーするか2時間ほど帰ってこないものと思われますw

6 :前々428 ◆akb33F3Knc :2005/04/11(月) 13:13:25 ID:O7mLeiA5
>>4
頑張ってるというのは、まともな行為に対しての褒め言葉。

DQN発言、「俺の勝手」でスルー、信じるものは根拠もなく信じ、信じたくないものはいかなる根拠を列挙しようとこき下ろす。

こういうのは    い    り    ま    せ    ん

7 :前々428 ◆akb33F3Knc :2005/04/11(月) 13:16:19 ID:O7mLeiA5
ttp://www.sankei.co.jp/news/morning/11iti001.htm

中狂許すまじ

8 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 13:19:14 ID:i9llgjdf
【南京事件とは?】

日本軍が一般兵、便衣兵&間違われた一般市民を拘束後、または投降時に不法殺害したとされるのが虐殺内容の主流。
犠牲者数・裁判が無かった事・捕虜資格などが議論対象。
虐殺「とされる」行為が存在した事は、否定派の研究者も認めてる。

数は中間派で4万程度。否定派の研究者で上限二万程度。(主に日本側資料に基づく)
ハーグ規定の解釈に基づき、不法殺害の確証が無いという研究者もいる。

中国共産党の言う「猟奇的で残虐極まりない市民皆殺し行為」に付いては明確な裏付けがない。

国際委員会が認定した「非行」による殺害数は49人。
これは日本軍による組織的な捕虜殺害(不法殺害・虐殺)とは区別される。


●便衣兵の解釈について●
国際法によればゲリラ戦術「非正規戦」を行う勢力であるが、日本軍が南京戦で便衣兵としたのは大半が私服逃亡敗残兵と見られ、武器も手放していた。
武器を隠し持つ一群が居たとの話もある。
いずれにせよ軍服を脱いだ兵士は、一般兵における捕虜資格を喪失する。(ハーグ規定による)


9 :これがまとめ:2005/04/11(月) 13:20:01 ID:i9llgjdf
中共の言う民間人無差別大虐殺は裏付け無し。

拘束兵や投降兵の殺害等の不法行為は、裏付け(日本側公文書等の比較検証)あり。

司令官の逃走等で、法解釈が分かれる面もある。

私服敗残兵と市民の区別が曖昧な処刑なども解釈が分かれる。


10 :恵也 ◆1BgPjyxSE. :2005/04/11(月) 13:30:25 ID:LJoZGf01
>>998
>じゃ、お前は罪刑法定主義を否定するんだな?

国際社会と国内社会と混同するな!
国内社会はいわば、温室にいるニワトリみたいなもの。
病気になって危ないニワトリは管理人が即、処分してくれる。

国際社会は、病気になった危険なニワトリも堂々と動き回る
無法社会だ。
アメリカのイラク侵攻やパナマ侵攻を見てもわかるだろう。
罪刑法定主義とは、国内だけに適用できる主義。


11 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 13:32:57 ID:Xm2OEnOR
10 名前: 名無しかましてよかですか? 投稿日: 04/12/11 03:15:04 ID:Behnwjrl
>>1
わざとやってるのか知らないけど、偕行社は二万の捕虜殺害なんて
認めてないよね。偕行社の名前を使ったインチキはやめなさい。

南京戦史資料集は真実も虚偽も含めて載せている。その上でなにが
採用できるのか判断してる。これは資料を読めば一目瞭然なはずだ。
知らないで済む話か?

だからおまえら虐殺派は議論に値しないんだよ。
虐殺があったと思わせたいだけ。


偕行社、そして中間派は、数はそれぞれ異なるが、捕虜殺害について違法と判断してる。
否定派は、捕虜殺害は合法と判断してる。そして南京に関して捕虜殺害が合法であるの
は国際法学者の佐藤和男が認めている。
専門家の判断が一番近いのは否定派だ。これが結論だよ。

南京事件と戦時国際法
http://www.kokusairinri.org/database/21.html
http://www.kokusairinri.org/database/22.html


12 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 13:33:46 ID:G8/gjYSx
東京裁判では、南京虐殺は提起されていないよ。話題にもならなかった。
南京での妙な裁判で、松井大将が処刑されたとき、南京での殺戮行為が
でっち上げられたんだけど、まだ南京大虐殺という言葉はなかったし、
20万人以上の虐殺云々は議論されていない。

つまり「南京大虐殺」を日本政府は受け入れてもいない。
裁判で認定されたものではない。

13 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 13:37:18 ID:iTLG5kw3
南京軍事法廷は300人切り捏造など悪名たかい裁判
世界法廷史の恥部とされ、裁判とは見なされていない


14 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 13:37:50 ID:qMH3WtZd
>>10
つまり国際社会に罪刑法定主義はいらないと言いたいんだな?

15 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 13:38:39 ID:G8/gjYSx
ちなみに、「従軍慰安婦」も東京裁判では議論されていない。

今の日本の困難は、「歴史を直視せよ!」と言われて、本当に直視したら、
中国や韓国にとって都合の悪い歴史が事実だったということ。
日本はやってもいない「罪」(しかも、「裁判」で認定もされていなければ
政府も受け入れた経験の無い事案)で責められていること。
非常に大変だと思う。

16 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 13:39:35 ID:qMH3WtZd
みなさん、恵也はアメリカのイラク侵攻もパナマ侵攻も認めるそうですw

17 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 13:41:22 ID:i9llgjdf
とりあえず、否定派内(一万数千以下)の事実認識は、大きくは対立しない

便衣兵(というか私服敗残兵)が居るので、市民の犠牲を数に含まない
東中野氏、畝本氏

司令官が逃走したとかを根拠に、相手の権利を認めない
東中野氏

とか

18 :恵也 ◆1BgPjyxSE. :2005/04/11(月) 13:41:46 ID:LJoZGf01
>>999
>裁判という形式を取りながら報復したなんてのは周知の事実なわけで

それでも戦後に冷静になってから、日系人に一人当たり200万円慰謝料
を払い、大統領が国家を代表して謝ってるぜ。
ケジメだけはしっかりしてる。

>日系アメリカ人のみを対象としていた1988年の連邦保障法であるが、
・これは事後法である
http://www.eva.hi-ho.ne.jp/y-kanatani/minerva/Column/1998/c19980709.htm

19 :前々428 ◆akb33F3Knc :2005/04/11(月) 13:45:37 ID:O7mLeiA5
>>10
呆れたな。
「勝てば官軍」そのものじゃねーか。

20 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 13:46:58 ID:G8/gjYSx
今の日本の最大の困難

・慰安婦という名の売春婦はいた。現代におけるソープ嬢という名の売春婦が
いるように。しかし、彼女らは従軍ではなかった。それゆえ、日本軍の強制も
なかった。なのに、性奴隷にしたとか言われるとどうしようもない。

・南京大虐殺は無かった。無かったのに、ナチスのユダヤ人虐殺と比較され
「ドイツではこう克服した」とか言われても困ってしまう。ドイツのユダヤ人
虐殺は本当だけど、日本は南京虐殺をしていないんだから。

本当のことを言ったら、中国や韓国が怒る。
じゃあ、あったことにしたら、中国や韓国が永遠に怒る。

21 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 13:49:15 ID:G8/gjYSx
ナチスのユダヤ人虐殺は本当。
アメリカの日系人強制収容は本当。
だから責任はとるべき。ケジメはつけるべき。

しかし、南京虐殺はやっていないんだから、責任のとりようが無い。

22 :恵也 ◆1BgPjyxSE. :2005/04/11(月) 13:53:58 ID:LJoZGf01
>>9
>私服敗残兵と市民の区別が曖昧な処刑なども解釈が分かれる。

解釈が分かれてるか?
どちらにしても裁判もしないで、死刑にしたのは不法行為ということ。
それで松井大将や、そのほかの戦犯の方が処刑されたんだよ。

100人斬りにしても、捕虜を裁判もなしで死刑にしたから死刑にされただけ
正式に裁判をやってのことなら、死刑にはされないよ。

>彼等が「100人の敵を斬った」というのは、実は実戦で敵の兵士
・を斬ったのではなく、投降した敵の兵士、あるいは民間人を斬った
・ものに過ぎなかったとみなされたわけです。
http://andesfolklore.hp.infoseek.co.jp/intisol/hyakunin.htm

23 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 13:54:39 ID:VqHac5U7
↓テンプレ↓
------------------------------------------------
このスレには「恵也 ◆1BgPjyxSE」という寄生・・もとい左翼がいますが、基本的に彼のいう事はテキトーに聞き流しましょう。
なぜかというと、彼は自分に都合の悪いレスは全て無視し、自分の言いたいことだけを吠えているからです。
故に何度も論破されていますが、何事もなかったかのように妄言を繰り返し叫んでいます。
(そんな彼の行動は、過去ログをよく読んでいけばすぐにわかります。)
で、そのことに突っ込みをいれましたところ、このような返答が返ってきました。

>176 :恵也 ◆1BgPjyxSE. :2005/04/07(木) 02:35:59 (p)ID:k2TFnFAk(13)
>>171
>>都合の悪いレスは全てスルーし、自分の言い分だけを叫び続ける

>俺は美味しい餌しか食いつかん。
>俺の自由だろ!」

この発言からもわかるように、彼は南京うんぬん以前のレベルでイカれています。
そんな彼の穴だらけの発言に騙され「南京はあった」などど信じ込まないように、くれぐれも気をつけましょう。
---------------------------------------------------

これ本当テンプレ追加してくれ

24 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 13:55:53 ID:npc26EGZ
>>22
日本の市民を無差別に50万人も虐殺したルーズベルトや
イラクの市民を無差別に空爆したブッシュはなんで処刑されないの?

25 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 13:56:22 ID:Xm2OEnOR
向井、野田が捕虜を100人斬りしたなんて寝言いってるやつ、まだいたんだな
中国共産党のプロパガンダ丸出しで逆におもろいけど

26 :恵也 ◆1BgPjyxSE. :2005/04/11(月) 13:56:25 ID:LJoZGf01
>>13
>世界法廷史の恥部とされ、裁判とは見なされていない

そう思ってるのは、あんただけだろ。
台湾政府も中国政府も、日本政府でさえも認めてるんだよ。

27 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 13:56:33 ID:VqHac5U7
>>20-21
いや、ホロコースト「も」ウソだよ。
板違いになるからこのへんでやめとくけど。

28 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 13:58:29 ID:G8/gjYSx
南京大虐殺

歴史学的には、「無かった」
法律学的には、「審議されたこと自体無かった」
政治学的には、「無かったと主張できなかった」

こういうわけで、日本政府の責任は重いな。
要するに、中国政府と日本の左翼が延々いいつづけているうちに、既成事実化しちゃった。
この不自然な自体を是正するためには、無かったことを辛抱強くあと50年は言いつづけよう。


29 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 14:00:30 ID:G8/gjYSx
左翼フィルターはスルーするけど、

南京虐殺は東京裁判でも、南京「裁判」でも審議されていないのです。


30 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 14:01:33 ID:VqHac5U7
恵也が現在無視している問いかけリスト(現在進行形)
※これはほんのほんの一部です。実際は数え切れません。

・日本兵が中国語喋れなかったというソース

31 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 14:03:39 ID:VqHac5U7
>>26
>台湾政府も中国政府も、日本政府でさえも認めてるんだよ。
日本政府と台湾政府が認めたというソースをください。

32 :前々428 ◆akb33F3Knc :2005/04/11(月) 14:07:29 ID:O7mLeiA5
ヴァカがネタしょって飛び込んで来たw
アメリカに住んで、日系強制収容所博物館まで見て来た漏れにそのネタ振るか。
前スレで出した「山河燃ゆ」やその元ネタの「二つの祖国」のテーマがまさにその理由部分なのに。

>1988年の連邦保障法
正式名をCivil Liberties Act of 1988と言う。
太平洋戦争当時、大統領令9066号により、日系人および日本人の血を引く者は全員、アメリカ生まれの
アメリカ市民権を持つ者も含め(当時は日系1世には帰化する権利もなかった)、アメリカ西海岸地域から
強制的に退去、財産も手に持てるスーツケース分以外は全て没収され、内陸部の砂漠にある強制収容所
(War Relocation Camp)に住むことを余儀なくされた。その数実に12万人以上。
砂漠のど真ん中に急作りで作った、当然周囲は緑もほとんどない、荒涼たる土地。
住まいはタール紙を貼って目を塞いだが、とても砂漠の砂塵を完全には防げないバラック(模型を見た)。
1軒の建物を壁で仕切って2軒で使用していたが、壁とはいえ隣家の咳払いも聞こえるほど。
後に、所謂「忠誠テスト」で、合衆国政府への忠誠を誓った者は収容所から出ることを許されたが、特に
1世を中心に拒否した者は、さらに気候条件の厳しい収容所へ移動させられたり、中には戦時捕虜交換船で
日本に帰国したものも数千人いた。

問題は、当時交戦状態にあったのは日本だけではなくドイツもイタリアもであり、両国の出身者や血を引く者
に対しては一切そのような方の適用がされなかったにもかかわらず、対日系人のみ、しかもアメリカ生まれの
市民権保持者であってもこのような扱いを受けたという点。
これが事後法ではなく、当時の合衆国憲法に照らしてもおかしかったという点について正式に政府が認めた。
               ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
補償内容や対象を明確にするために作ったのがCivil Liberties Act of 1988。
事後法で裁いてるわけじゃねーんだよ。このヴァカ

33 :前々428 ◆akb33F3Knc :2005/04/11(月) 14:12:12 ID:O7mLeiA5
ついでに細かいこと言うと、
アメリカ市民として当然認められるべきであった基本的人権、および自由を不当に奪った

これが補償の根本的理由。
どうせ読んでもわからんだろうが、アメリカ司法省の子供向けページをソースとして出しておく。
ttp://www.usdoj.gov/kidspage/crt/redress.htm

34 :前々428 ◆akb33F3Knc :2005/04/11(月) 14:20:36 ID:O7mLeiA5
それからもひとつ
>>18
>大統領が国家を代表して謝ってるぜ。
大統領(1988当時は故レーガン)は、当時の在米日系人に対する不当な扱いについて謝罪したのであって
太平洋戦争そのものや、その中での核兵器使用、まして極東国際軍事裁判の茶番については
  一    切    謝    っ    た    事    な    ど    な    い    が    ?

聖書ネタといい、日系人の話といい、知ったかぶりで大嘘語るな。このヴォケ


35 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 14:21:13 ID:VqHac5U7
とりあえず今のところわかっていること。

・南京大虐殺は、どうやって死んだのかわからない数体の死体と、本当かどうかわからない数人の証言によって成り立っている。
・30万人殺したといわれているが、当時南京市街には30万人もいなかった。
左翼はこのことに関して「いやもっと広い範囲だ」とか「上海も含めるんだ」といいますが、中国政府は南京市内だけでといっているので、30万人いないのは明白です。

36 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 14:26:47 ID:1Ve1xiYR
このスレの住人は日本軍の戦闘詳報や日記の記述を無視しているが
それはなぜなんだ?

37 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 14:30:35 ID:npc26EGZ
>>36
んなもんもう議論し尽くされてるだろ。



38 :恵也 ◆1BgPjyxSE. :2005/04/11(月) 14:31:45 ID:LJoZGf01
>>11
>南京に関して捕虜殺害が合法であるのは国際法学者の佐藤和男が認めている。

難しい論文を出して、言いくるめ様としてるだけだよ。
中身は佐藤氏自身、捕虜殺害を合法とする学者が少ないのを認めてるよ
あんたはロクに読んでないでしょう。

それに戦争の際、必要に応じて捕虜を殺していいとしたらハーグ条約
なんて憲法9条じゃないが、ドウとでも国家が解釈できる事になる。

>佐藤和男氏の文章を読むと、「完全には否認されていない」や
・「今日でも存在しているのである」という記述に気が付きます。

・「完全に否定されていない」や「今日でも存在しているのである」
・というような表現からすると、大勢として否定されていること、
・今日の存在は僅少なものであることを読み取ることができます。
http://members.at.infoseek.co.jp/NankingMassacre/aandv/ilow05_03.htm


39 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 14:31:54 ID:PcMOyU23
>>36
無視ってどこらへんが?
「日記」と「日誌」という一文字違いの、公的記録か私的記録かについて
戦闘詳報の内容の正誤捏造について
そういう話題は前スレででてたが
一切無視したなんて知らんぞ

40 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 14:33:00 ID:npc26EGZ
しかし、中国人の民度の低さにもあきれ返るな
なんだ?あの暴動は。
つくづく低俗な民族ですな。中国人というのは。

41 :前スレより:2005/04/11(月) 14:36:22 ID:PcMOyU23
43 名前:日出づる処の名無し 投稿日:2005/04/05(火) 23:00:09 ID:pHxNCIqZ
>>39
>陣中日誌は、戦闘詳報と同じく部隊公文書。

おいおい、陣中日誌と陣中日記は別物なんだぞ。
陣中日誌は陸軍の中隊以上の部隊で作成が義務づけられていた公文書だよ。
陣中日記は個人の私文書。無知は藻前。

782 名前:日出づる処の名無し 投稿日:2005/04/10(日) 12:46:16 ID:Vz+Ttnw7
>歩兵第六十六聯隊第一大隊『戦闘詳報』の<洞富雄>による姑息な改竄
>
>>『朝日ジャ−ナル』1984.9.28 p10 虐殺否定論を圧倒する旧日本兵の記録
>>  洞 富雄 より
>>(略)
>>イ、旅団命令ニヨリ捕虜ハ全部殺スベシ。
>>其ノ方法ハ十数名ヲ捕虜(捕虜に原文ルビ 「ママ」あり)シ、逐次銃殺スベシ(一九三ページ)。
>
>「銃殺スベシ」とはなんたる改竄なのでしょう。Mr.Netsuzou 洞としても本当の原文「シテハ如何」
>では命令としてはおかしい、これでは命令にならないゾと気付いたのでしょう。そこで姑息な彼らしい改竄です。

795 名前:日出づる処の名無し 投稿日:2005/04/10(日) 13:32:00 ID:tSWY7ACX
>>791

八,午後二時零分聯隊長ヨリ左ノ命令ヲ受ク
     左記
  イ、旅団命令ニヨリ捕虜ハ全部殺スヘシ
    其ノ方法ハ十数名ヲ捕縛シ、逐次銃殺シテハ如何
(南京戦史資料集 T 偕行社 p567より)

バーカ(藁)。田中のホムペっていえば都合の悪い事実は全て無視できるとおもってんのか?
で、洞氏全否定には文句ないな?お前の理屈なんだから

42 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 14:37:09 ID:qMH3WtZd
>>38
恵也
国際社会で罪刑法定主義が否定されている根拠はスルーかよw。
お前はいったい幾つウソをついたら気がすむんだね。

43 :恵也 ◆1BgPjyxSE. :2005/04/11(月) 14:42:10 ID:LJoZGf01
>>15
>ちなみに、「従軍慰安婦」も東京裁判では議論されていない。

日本は国家として従軍慰安婦に対しては、謝罪をしてます。
慰謝料は払いませんでしたが・・・・

>人員の確保の必要性が高まり、そのような状況の下で、業者らが
・或いは甘言を弄し、或いは畏怖させる等の形で本人たちの意向に
・反して集めるケースが数多く、更に、官憲等が直接これに加担
・する等のケースもみられた。 (外務省)
http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/taisen/im_050804.html

>当時の軍の関与の下に多数の女性の名誉と尊厳を深く傷つけた・・
・私は、日本国の内閣総理大臣として改めて、いわゆる従軍慰安婦
・として数多の苦痛を経験され、心身にわたり癒しがたい傷を負わ
・れたすべての方々に対し、心からおわびと反省の気持ちを申し上
・げます(小泉総理)
http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/taisen/letter.html

44 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 14:43:56 ID:1Ve1xiYR
前スレ確認したけど
不法殺害が一万件くらいあったこともテンプレとかに記載すべきなんじゃないの?
なんで戦闘詳報や陣中日誌で明らかになってる不法殺害を無視してるのかなって話


45 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 14:44:25 ID:VqHac5U7
とりあえず今のところわかっていること。

・南京大虐殺は、どうやって死んだのかわからない数体の死体と、本当かどうかわからない数人の証言によって成り立っている。

・30万人殺したといわれているが、当時南京市内には30万人もいなかった。
中国政府は公式発表で「南京市内だけで30万人」といっているので、「もっと広い範囲だ」という言い訳は通用しない。

・南京大虐殺は当時の中国側にしてみれば、(実際に起こったと仮定するならば)日本との徹底抗戦を唱えて士気を上げる格好の材料。
しかし、南京が起きたとされる当時の国民党の資料には南京虐殺事件など一文字も出てきていない。

46 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 14:46:56 ID:PcMOyU23
明記すべきはむしろ
「日本の虐殺肯定派=中国の公式見解支持派」ではない、ということだろうな
肯定派でもよほど媚中臭い連中でもない限り、シナの言う事はデタラメだ、と思っている
笠原氏ですら検閲への不満を述べているぐらいだ

47 :前々428 ◆akb33F3Knc :2005/04/11(月) 14:47:44 ID:O7mLeiA5
>>40
ただでさえ低い民度のところに、ごく一部の有能な遺伝子は台湾香港に流出し、大陸に残っていた者は
ことごとく文化大革命で絶やされたからねぇ…

13億人のカスが残ってるだけ。チベットや新疆にひょっとしたらまともなのは残ってるかもしれんが。

48 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 14:50:51 ID:ouBVNFpL
優生学時代のトンデモナンチャッテ科学そのままに「遺伝子」なんて
用語使ってる馬鹿がまだ居るんだな。嘆息・・・・。
皇室関連スレにも居たっけな。こいつ等が選挙権持ってると思うと
恐ろしいよ。諸君、新聞読む習慣からはじめろ。

49 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 14:50:52 ID:aMPHAIky
俺は日本人だし、昨今のシナの暴動にはムカついてはいるが、>>1
そこはとぼけてはいかんだろ。人間として最低だぞ。
シナで騒いでるあの連中となんら変わらん。
おまいみたいなのがいるから、こっちの民度も疑われるんだよ。
恥知らず。

50 :前々428 ◆akb33F3Knc :2005/04/11(月) 14:52:30 ID:O7mLeiA5
中狂の冊封国も
ttp://www.sankei.co.jp/news/050411/spo031.htm

個人的には無観客試合キボンだが

51 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 14:52:55 ID:PcMOyU23
別にシナの暴動みたく、何か破壊したり誰か怪我させたりしてるわけじゃないじゃん
送り迎えのバス(藁)が政府から用意されているわけでもなし

52 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 14:53:14 ID:p84KOhVP
>国際法学者の佐藤和男が認めている。

一橋の商学部出身で国際法学者???

53 :前々428 ◆akb33F3Knc :2005/04/11(月) 14:56:16 ID:O7mLeiA5
>>48
>4 名前:日出づる処の名無し 投稿日:2005/04/11(月) 13:06:24 ouBVNFpL
>>3
>あの子が消えたらスレが終わっちまうがな。
>一人で頑張ってるんだから優しく汁。

何だ、結局お前はヴァカ恵也の支持者だったのか。

54 :恵也 ◆1BgPjyxSE. :2005/04/11(月) 14:57:58 ID:LJoZGf01
>>16
>恵也はアメリカのイラク侵攻もパナマ侵攻も認めるそうですw

バカタレ!
認めるという意味と、現実の世界を見つめるのと中身がちがうだろ。
現実がこうだから、現在の外の世界は弱肉強食なんだよ。

そんな所で、罪刑法定主義なんてものを国際社会に適用するとは、
平和ボケした人間の寝言に過ぎん。

日本は60年間、運良く戦争から免れてきたけどスイスは200年間
あの列強がしのぎ合ったヨーロッパで助かったんだぜ。
ヒットラーさえ手出しをしなかったんだからね。

認めるべきはスイスであって、強国を当てにし、分割されて大被害を
受けたチェコや、形だけの条約を当てにしたフィンランドではない。

>同じく中立宣言をしていたフィンランドは、1939年11月、ソ連
・との不可侵条約を結びながら、その侵略を受けた。
http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogbd_h11_2/jog095.html

55 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 15:00:37 ID:PcMOyU23
>>54
お前の言ってる事わけわからん
1・違法だが実効性が無い以上無視されても仕方無いと思っている
2・そもそも法律なんか意味無いと思っている
3・とにかく噛み付いているだけ
どれだよ?
お前のカキコはわかりずらいから三択から答えてくれ

56 :恵也 ◆1BgPjyxSE. :2005/04/11(月) 15:01:53 ID:LJoZGf01
>>20
>日本軍の強制も なかった。

日本軍の強制があったから、外務省も小泉総理も謝ってんだよ。

>人員の確保の必要性が高まり、そのような状況の下で、業者らが
・或いは甘言を弄し、或いは畏怖させる等の形で本人たちの意向に
・反して集めるケースが数多く、更に、官憲等が直接これに加担
・する等のケースもみられた。 (外務省)
http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/taisen/im_050804.html

>当時の軍の関与の下に多数の女性の名誉と尊厳を深く傷つけた・・
・私は、日本国の内閣総理大臣として改めて、いわゆる従軍慰安婦
・として数多の苦痛を経験され、心身にわたり癒しがたい傷を負わ
・れたすべての方々に対し、心からおわびと反省の気持ちを申し上
・げます(小泉総理)
http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/taisen/letter.html

57 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 15:02:38 ID:VqHac5U7
>>54
もう誰も君の言うことにマトモに耳を傾ける人はいないよ。
自分に都合の悪い書き込みは全て無視して逃げるんじゃ、誰も相手してくれるわけないよ。
一体君が今まで、どれだけの量の書き込みから逃げてきたと思う?
気づいてる?

58 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 15:02:49 ID:npc26EGZ
>>56
日本の政治家が無知な事と、

事実とは全く関係がない。

59 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 15:03:35 ID:PcMOyU23
ついにスレ違いの話題を強引に持ち出して逃亡か
やっぱり消えてもらったほうがいいな。容量の無駄使いだ

60 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 15:04:29 ID:npc26EGZ
どうせ、恵也 なんて
在日くずれの市民運動家かなんかだろ?

そういう存在が日本に存在するという事を知らしめた功績は、こいつにはあるかも。

61 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 15:04:48 ID:qMH3WtZd
>>49
じゃ、スレを全部読んでから>>1を覆す根拠を出してくれ。
お前こそとぼけるなよ。

62 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 15:05:12 ID:VqHac5U7
>>58
うん。
「無能な政治家が認めさえすれば真実だ」という物凄い考えの上に成り立ってるのが丸わかりだよね。

63 :恵也 ◆1BgPjyxSE. :2005/04/11(月) 15:06:51 ID:LJoZGf01
>>24
>イラクの市民を無差別に空爆したブッシュはなんで処刑されないの?

今のところ強いから処刑されないの。
松井大将も強い時には、処刑されなかっただろう。
アメリカが負けて、イラク(?)に占領されたら処刑は確定的だ。
まあ、それは今のところ考えられないが・・・・

64 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 15:07:13 ID:qMH3WtZd
>>56
強制したとする証拠が見つかってない。
つかスレ違い。
よそでやれ。

65 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 15:07:16 ID:VqHac5U7
>>60
自分のレベルの低さを物凄い勢いで宣伝してるもんなwww
むしろ彼の妄言によって、南京大虐殺肯定の説得力および信憑性が物凄い勢いで低下していることを考えると、彼に感謝しなきゃいけないかもしれないねww

66 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 15:07:23 ID:6pUO5wcQ
http://leftistrenaissance.seesaa.net/article/2900432.html
このアホもドイツ見習えだとさ

67 :前々428 ◆akb33F3Knc :2005/04/11(月) 15:07:58 ID:O7mLeiA5
>>54
オラ、お前の>>18での発言の間違い、認めろや。

それからお前は、罪刑法定主義を無視するって事は、言い換えれば戦争=無法状態と言いたいわけだな?
太平洋戦争を遡る事30年以上前の1907年、第1次世界大戦前に規定されたハーグ陸戦協定も無視していいって事かよ?

68 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 15:08:22 ID:RzqBjUxm
久々にこのスレ見たけど、
論点いつのまにかすり替わってないか?
罪刑法定主義とか、スイスがどうとか何の話だ?

中国が主張しているのは30万人虐殺であり、
それはつまり日本が政策として計画的に虐殺したという意味の主張であり、
そんなことは不可能であり、
確たる証拠も見つかってないのであり、
だから30万人虐殺なんてまゆつばです、で話は終わりでしょ?

中間説とか小虐殺説とかにしたって、
そんなの何の意味も無い。根拠も無い憶測の「説」でしかない。

まさに「4次資料」なスレだな。終わった話をいつまでも続けるのはそろそろよせ。

69 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 15:08:53 ID:qMH3WtZd
>>63
で、結局国際社会には罪刑法定主義が必要なの?必要でないの?
お前のヴァカは間違いない事実だけどな。

70 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 15:10:28 ID:PcMOyU23
>>68
確かに中国の言い分は荒唐無稽で確かに話は終わってると言って差し支えない罠

71 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 15:12:53 ID:i9llgjdf
>>68

>中間説とか小虐殺説とかにしたって、
>そんなの何の意味も無い。根拠も無い憶測の「説」でしかない。

君が日本側の公文書すら知らない事は、よく分かった
今度は勉強してから書き込めよな


72 :恵也 ◆1BgPjyxSE. :2005/04/11(月) 15:13:56 ID:LJoZGf01
>>25
>向井、野田が捕虜を100人斬りしたなんて寝言いってるやつ

これは事実だよ。
その為に処刑されたんだぜ。
無実なら助かってるよ。

>ここでは弁明書と併せてこれまでに発表された、両少尉の発言の
・裁判中、獄中のテキストを分析してウソの証言であることを解明
・したい。

・なぜならば、百人斬りがあったことの証言をいくら突きつけても、
・否定派は納得しないからである
http://www.nextftp.com/tarari/tenpen.htm

73 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 15:14:20 ID:BnmuLkZ1
>>68
>日本が政策として計画的に虐殺した
なんて事は日本でもとっくに否定されている

でそれと、日本の認める殺害は10万以上ないし20万「以上」って事なので
30万人は殺していないと否定してる話でもない

74 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 15:15:40 ID:qMH3WtZd
>>72
お前の理論だと魔女裁判で火あぶりになった人は皆無と言うことになるなw

75 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 15:16:56 ID:PcMOyU23
百人斬りまで持ち出したか…
つまり日本の士官(それも白兵は専門外の砲兵・副官)は中国兵百人より強いと認めるわけか?(藁
まぁ確かにのべ人数で二倍以上の中国軍を上海―南京間で日本軍はボコにしてるが

76 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 15:18:15 ID:qMH3WtZd
>>68
恵也は南京捏造資料が全部論破されちゃったから
「日本は東京裁判で認めたんだよ〜ん」
ってことに逃げ込んでるの。
流れを読んでから書き込め。

77 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 15:20:14 ID:ZrUYL343
>>6
63じゃないけど、罪刑法定主義が国際法で条文実定法化されたのは戦後のこと。
国際社会では慣習法のほうが法源としては より強い。

ここいらあたりの議論に見られる
日本での一般的法理解の問題は
1)条文法以外には法は無いと考える誤謬。
2)罪刑法定主義は実体法についてのことで、
手続法はこの限りではないということについての無知。
3)法の一般原則(ほとんどの国内法で殺人が犯罪であれば、国
際法に殺人罪が無くても国際法廷で殺人を裁くことができるということ)の無視。
4)。。。。。。以下略

78 :恵也 ◆1BgPjyxSE. :2005/04/11(月) 15:20:30 ID:LJoZGf01
>>29
>南京虐殺は東京裁判でも、南京「裁判」でも審議されていないのです。

審議されないで何で、松井大将や谷中将が死刑にされて20万人以上の
死者が出たと判決が出るんだい?

>○許証人
・私は屍体が到る処に横〈た〉はって居るのを見ましたが、其の中の
・或る者は酷く斬り刻んであったのであります。

・私は其の屍体が殺された時の状態の儘に横〈た〉はって居るのを
・見たのであります。

・或る屍体は身体を曲げて居り、又或る者は両足を拡げて居りました
http://members.at.infoseek.co.jp/NankingMassacre/mondai/maisou.html#m1


79 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 15:21:27 ID:nL1VoG6/
基本的なことを聞いて申し訳ないんですけど、
南京大虐殺の発案者とか立案者とかはいるんでしょうか?
前線の部隊が暴走したぐらいで30万は殺せないと思うので、
前もって計画したり準備した責任者がいると思うんですが。

80 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 15:23:23 ID:PcMOyU23
ちょっと待て
よく考えたら、東京裁判は国際法で裁かれたわけじゃないだろ
あれはGHQなどが戦後になって制定した法律によるものだ
つまり、そもそも根源的にどの法律に属するのか?すらはっきりしないトンデモ裁判
もし各国の法律準拠なら、当然事後法裁判は違法
国際法を持ち出すなら、戦争犯罪者はその国で裁くというパリ平和会議以降の法違反
どっちにしてもおかしいことに変わりないが

81 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 15:23:28 ID:BnmuLkZ1
確かに審議されてるね、弁護士が庇いきれないと自覚はしてたみたいだけど

82 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 15:24:02 ID:PcMOyU23
勿論近代法の原則違反は言うまでもないが

83 :前々428 ◆akb33F3Knc :2005/04/11(月) 15:27:10 ID:O7mLeiA5
>>80
いや、そんな話はとうの昔に出てるわけで。

問題は「事後法で裁く事に問題がない」と抜かす約1名のヴァカがいる事なんだが…

84 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 15:27:38 ID:BnmuLkZ1
>>79
暴走したくらいでも充分、一応兵器をもった部隊が2000名くらい荷担すれば
2ヶ月で一人一日2〜3人

>>80
法的な不備面を語る話はあっても、不当であり、やり直すべきなんて話は
国際司法学会でも出たことないでしょ

85 :恵也 ◆1BgPjyxSE. :2005/04/11(月) 15:28:13 ID:LJoZGf01
>>31
>日本政府と台湾政府が認めたというソースをください。

日本政府はサンフランシスコ条約で、東京裁判などを認めると国家と
して署名して国際社会に受け入れられました。

>第十一条【戦争犯罪】
・日本国は、極東国際軍事裁判所並びに日本国内及び国外の他の
・連合国戦争犯罪法廷の裁判を受諾し
http://list.room.ne.jp/~lawtext/1952T005.html

台湾政府は南京裁判を行った当事者で、谷中将らを死刑にしてます。
その後で中国共産党に追い出されて、台湾に逃げ込みました。

86 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 15:34:36 ID:/Eg1xSwg
日本は従軍慰安婦問題について補償すべきだと思いますか?

http://www.ytv.co.jp/takajin/index_set.html


中国から大量投票を食らって劣勢に立たされています。ぜひ投票してください

CNNで、日本の常任理事国入りの是非を投票中。
中国人とみられる組織投票で、日本が劣勢に立たされています。

YESに投票よろしく。

http://www.cnn.com/2005/WORLD/asiapcf/04/10/china.japan.protest/index.html


ねらー、ガンガレ!!

87 :恵也 ◆1BgPjyxSE. :2005/04/11(月) 15:36:40 ID:LJoZGf01
>>32
>事後法で裁いてるわけじゃねーんだよ。このヴァカ

どこに事後法で裁いてると書いてあるんだい?
ここに書いてあるのは、事後法で補償をしたということだろ。
連邦保障法が、事件の48年後に作られた事後法という意味。
あなたの理解能力の不足!

>今回の政府の補償の背景となったのは、先ほど出た日系アメリカ人
・のみを対象としていた1988年の連邦保障法であるが、これは事後法
・である
http://www.eva.hi-ho.ne.jp/y-kanatani/minerva/Column/1998/c19980709.htm

88 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 15:37:35 ID:ZrUYL343
>あれはGHQなどが戦後になって制定した法律によるものだ

デタラメ言ってはいかんなあ。
連合国が制定したのは極東軍事法廷憲章。これは手続法だから罪刑法定主義の制約を
課せられてはいない。各素因は既存の実体法。人道に対する罪は包括的呼称(とりあえず
実体法側面に関するかぎり。これが後に時効に関する手続法上の意味を持つということは
さしあたり別問題。)以上、ヴァカに見えるかもしれないが、これが国際スタンダード。

89 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 15:37:44 ID:qMH3WtZd
>>85
お前・・・
前々スレの>>900以降はスルーしっぱなしかよ。
戦犯全員が連合国の同意を得て赦免されてることはどうすんだよw
しかも罪なんか認めてないしw

サンフランシスコ講和条約第11条は日本が東京裁判の刑の執行停止するのを阻止するのが目的でそれ以上でも以下でもないだろ。
反論もしないでスルーすんなよヴォケ。

90 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 15:37:45 ID:nL1VoG6/
>>84
2ヶ月間も暴走しっぱなし?
当時の日本軍はそこまで統制がとれなかったんですか。
しかし、軍上層部が前線部隊の暴走を2ヶ月も黙認すれば、
それはもはや暴走じゃないですよね。


91 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 15:39:26 ID:VqHac5U7
>>84
可能か不可能かでいえば可能でも、
あったかなかったかでいえばなかった。という事実は変わらないから安心してくれ。

92 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 15:39:28 ID:qMH3WtZd
>>87
お前は不利益不遡及も知らないのか。
全く何にも知らないじゃないか。
あまりにもヴァカすぎる。

93 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 15:42:29 ID:XTZVoIPE
恵也ウザス
どこの工作員でつか?

94 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 15:46:05 ID:qMH3WtZd
>>93
事後法容認・30万人民間人虐殺・台湾資料の無知から中国の5流工作員と思われw

95 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 15:48:03 ID:BnmuLkZ1
>>90
おいおい、だからこそ松井大将が死刑になったじゃんよ

>>91
ついでに言うなら、まともな歴史学会は無論、歴史学者の誰も
南京での虐殺が無かったなどとは言ってない

96 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 15:48:37 ID:qMH3WtZd
>>94追加
今のところ、彼の意図する方向とは正反対の効果が強く現れているところがワロス。

なお、彼は南京大虐殺が捏造であることを明らかにするダブルエージェントではないかとの指摘もあるw。

97 :前々428 ◆akb33F3Knc :2005/04/11(月) 15:54:43 ID:O7mLeiA5
>>87
俺はその中身なんか一瞥もくれてねーよ。
そもそもお前が「事後法で裁く事は問題ない」と言い出したんだろうが。
                ~~~~~~~
Civil Liberties Actは事後法ではあるが、それは当時も有効であった法律に違反して行われた行為に対する謝罪と賠償のための規定。
                             ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
そもそも戦争当時法的に問題がなかったのであれば、謝罪の必要も賠償の必要もなかった。
その時点で合衆国憲法に違反してたからこそ、謝罪と賠償を公的に行うための法整備が後付けで必要になった。
お前が有効だとする「事後法で裁く」ことと、この件とでは、全く性質が異なる。

>あなたの理解能力の不足!
その言葉、そのままそっくりお前に返してやる。

98 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 15:56:54 ID:VqHac5U7
>>95
>おいおい、だからこそ松井大将が死刑になったじゃんよ
「冤罪」っていう言葉知ってる?
たのむからさ、「処刑されたから真実だ」っていう常軌を逸した考えはやめようね。
異常すぎるからさ。

99 :前々428 ◆akb33F3Knc :2005/04/11(月) 15:58:59 ID:O7mLeiA5
ttp://www.sankei.co.jp/news/050411/kok054.htm
獣の正体見たり、だな。

企業も留学生も早々に撤収した方がいい。
身を危険に晒してまでいる価値ない国だ。

100 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 16:03:30 ID:npc26EGZ
>>63
だったら、法とか被害者とか持ち出すのやめてくれる?
勝てば罷免されるんだろ?
負けたら好き勝手にされるんだろ?

であるならば、根本的解決は、もう一回戦争をやって勝つしかないって事になる。
首を洗って待ってな。

101 :恵也 ◆1BgPjyxSE. :2005/04/11(月) 16:05:54 ID:LJoZGf01
>>55
>違法だが実効性が無い以上無視されても仕方無いと思っている

実効性の無い法は、違法、合法を含めて屁みたいなものだ。

特に国際間では、弱肉強食の世界。
そこを認めて、基礎から話さないとタダの空理空論。
だから、1)が正解だろう。

102 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 16:06:03 ID:VqHac5U7
>>100
最後の二言でさりげな〜く恵也を中国人扱いしているところがかなりGJw

103 :安全保障:2005/04/11(月) 16:13:43 ID:lJX0r7Ld
初投稿です。テスト

104 :恵也 ◆1BgPjyxSE. :2005/04/11(月) 16:21:51 ID:LJoZGf01
>>73
>日本の認める殺害は10万以上ないし20万「以上」って事なので

日本は国家として、東京裁判や南京裁判を認めてるから20万人以上
34万人以上が、日本が認めた殺害件数。

板倉氏や笠原氏など個人的に、殺害数を推定し発表してるだけで
国家として認めた数字じゃない。

>虐殺即ち不法殺害の数は、およそ一万から二万であった、と結論する。
http://www.geocities.jp/yu77799/giseisha.html

105 :安全保障:2005/04/11(月) 16:22:28 ID:lJX0r7Ld
まあ、その過程はどうあれ、結果的に人口が増えていたら、増えるだけのことを日本はしてるんだろう。人口が減れば、減るだけの事をしている。それだけのこと。

106 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 16:22:34 ID:XHGy3uQP
http://www.ytv.co.jp/takajin/index_set.html ←ここに保障すべきでないに即、投票!

日本の国連常任理事国入り問題を発端に、中国のイトーヨーカドーが襲撃されるなどの
反日運動が活発化しています。先日も「竹島の日」制定を受けて韓国で反日デモがあり…
周辺国から嫌われ続けている日本ですが…、日本がいまだにそんな中国・韓国との間で
抱えているのが"従軍慰安婦問題"。現在でもその存在を巡って見解が分かれている状態ですが…。
ここで皆さんにお伺いします。
日本は従軍慰安婦問題について補償すべきだと思いますか?


107 :安全保障:2005/04/11(月) 16:31:46 ID:lJX0r7Ld
従軍慰安婦問題が、問題になったのは、1980年代の後半。中央大学の左翼教授がある、なんちゃら研究所の戦史資料を見て、こんなん
資料があったのかと、資料の一部分をニュースステーションで、久米ひろしが、あの口調でテレビ朝日で放映したのが、最初だよ。ちなみに、資料を公開してるその場所の人間は、怒ったよwww爆

108 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 16:35:06 ID:pAeUd3Ub
※アクセスが集中し、調査結果の信憑性が損なわれたため、表示を休止しております。
ご了承下さい。

だってさ。
昨日ヒドかったもんな、半島からの荒らし。
つーか今後、半島からの投稿を規制するための
単なるスケープゴートアンケート(IP情報収集)だったのかな?

109 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 16:42:21 ID:6pgPPEB7
歴史を直視する=中韓の都合の悪い歴史的事実も認める
であるべきだな

110 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 16:46:42 ID:sPX9tKdm
>>104 >日本は国家として、東京裁判や南京裁判を認めてるから
当時日本が東京裁判や南京裁判を認めないということが可能なのか?
松井大将や100人切りの兵士は冤罪だから無効だと。
占領下から脱して戦後改めて日本が東京裁判や南京裁判を認めたというなら
それはいつのことなのか?

111 :安全保障:2005/04/11(月) 16:47:11 ID:lJX0r7Ld
従軍慰安婦が問題となったもとの資料は、
日本軍の行くところに、朝鮮人が女を引き連れて商売していたんだよ。
日本軍が行くところ行くところに、商売目的で女をつれてくるもんだから、
日本軍は、性病を防ぐために、コンドームを配布していた。
結論は、日本軍相手に朝鮮人が商売してただけを、いかにも日本軍が悪いことを
したように朝日が放映しただけ。いつも朝日から始まるんだよ。なんでもw」

112 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 16:51:19 ID:6pgPPEB7
>>104
違法裁判のいい加減な結果と事実認定が歴史的事実より優先する、と思ってるのなら黙ってりゃいーじゃんw
だって史料がどうだろうが、実際がどうだろうが関係ないんだろ?

113 :恵也 ◆1BgPjyxSE. :2005/04/11(月) 16:59:24 ID:LJoZGf01
>>79
>前もって計画したり準備した責任者がいると思うんですが。

俺の理解で言ったら、30万人も殺そうと最初から計画した責任者は
いないし、むしろ行き当たりばったりに戦争して勝とうとしてたら
殺してしまうハメに入ってしまった。

一番大きな原因は上海戦で終わらすという、戦争不拡大方針で南京
までの補給計画を作らずに攻め込んでしまった。
武器弾薬は無理してでもやっと補給できたが、食料が現地徴発になり
軍紀が落ち込んでしまった事だ。

それに中国を懲らしめてやるという、不遜な考えで戦争をやっては
将校らの兵隊を抑える気持ちも減退するよ。

あまりにも多い捕虜の為、東京の本部も困ってたようだが、アヤフヤ
な無責任命令のうちに、朝香宮の参謀、長勇中佐が捕虜を殺せとの、
個人命令をだし捕虜大虐殺のきっかけという。
なんといっても自分ら食べる食料を日本軍が持ってないのだからね。

>戦闘の合間に、小部隊単位で民家に入って食糧を「調達=掠奪」
・せざるをえなくなり、これが次第にこうじて食糧以外の金品財産
・を強奪し、拒まれると虐殺し、あるいはレイプなどの性暴力に及
・ぶ過程を生んでいきました
http://www.jca.apc.org/nmnankin/gyakust1.html

114 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 17:00:54 ID:qMH3WtZd
900 :日出づる処の名無し :2005/04/05(火) 11:59:55 ID:LU5rmTix
>>898
>南京裁判や東京裁判を認めることで、国際社会に受け入れられたんだから。

間違い!
日本は昭和33年までにサンフランシスコ講和条約第11条に基づき、東京裁判で判事を務めた連合国11カ国の同意を得てABC級戦犯を全員赦免しています。
これは連合国側でも事後法の不当性を認めたもので現在国際社会で東京裁判の法的正当性を主張する法学者は一人もいません。

つまり、東京裁判は世界中が認めていないと言うこと。


115 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 17:01:34 ID:qMH3WtZd
>罪を認めて反省してますので、特別に許してやるというものだろ。
929 :日出づる処の名無し :2005/04/05(火) 13:13:54 ID:LU5rmTix
BC級戦犯に関する衆議院決議の田子一民議員趣旨説明(「官報号外」昭和27年12月9日)
「 およそ戦争犯罪の処罰につきましては、極東国際軍事裁判所インド代表パール判事によりまして有力な反対がなされ、
また東京裁判の弁護人全員の名におきましてマツカーサー元帥に対し提出いたしました覚書を見ますれば、裁判は不公正である、
その裁判は証拠に基かない、有罪は容疑の余地があるという以上には立証されなかつたとあります。
……また外地における裁判について申し上げましても、裁判手続において十分な弁護権を行使し得なかつた関係もあり、
また戦争当初と事件審判との間には幾多の時を費しまして、あるいは人違い、あるいは本人の全然関知しなかつた事件もあると聞いておるのであります。」

全く罪を認めていませんw しかも賛成多数で可決。


116 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 17:02:24 ID:qMH3WtZd
931 :日出づる処の名無し :2005/04/05(火) 13:20:40 ID:LU5rmTix
>東京裁判の法的正当性なんて、50年以上も前の化石になったことを
>世界で論争してるなんて聞いたことがない。

当時、欧米など世界の法学者の間では、すでに東京・ニュルンベルグの両軍事裁判の是非について激しい論争が展開されていました。
そして、多くの学者たちが、東京裁判の正当性に疑間を呈し、裁判に対する反省を口にしていました。
欧米のマスコミもさかんにこのニユースを流し、ロンドン・タイムズはニカ月間にわたって論争を連載、多くの書籍も出版されたほどです。ところが、被害国であるはずの当の日本は、議論に参加しないばかりか、マスコミも国民もこの重大な国際問題に無関心でした。
 「同抱たちが、年獄で苦しんでいるというのに、議論にソッポを向き、国際正義を勝ち取ろうともしないのはどうしたことか」
と博士は、日本人のふがいなさ、無関心、勉強不足に痛く失望し、慣慨すらされていたというのです。

http://www1.toptower.ne.jp/~katumata/sub514.html


117 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 17:03:07 ID:qMH3WtZd
924 :日出づる処の名無し :2005/04/05(火) 13:03:53 ID:LU5rmTix
国際法の専門家である佐藤和男教授は国際法学会でのやり取りも踏まえ、次のように指摘する。

「(サンフランシスコ講和条約)第11条の規定は、日本政府による「刑の執行の停止」を阻止することを狙ったものに過ぎず、それ以上の何ものでもなかった。
日本政府は第11条の故に講和成立後も、東京裁判の「判決」中の「判決理由」の部分に示されたいわゆる東京裁判史観(日本悪玉史観)の正当性を認め続けるべき義務があるという一部の人々の主張には、まったく根拠がない。」


118 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 17:04:49 ID:sPX9tKdm
文責:西村 史朗 の文章には
これこれの資料によりこうであるという「根拠」が皆無。

119 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 17:11:47 ID:npc26EGZ
>>113
すいません。
それはいつの時代のどこの国での話ですか?

120 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 17:12:10 ID:VqHac5U7
>>113
散々論破されたのに、まだこいつ30万人というありえない数字を何の根拠も無く信じてるのか・・・。

121 :恵也 ◆1BgPjyxSE. :2005/04/11(月) 17:14:48 ID:LJoZGf01
>>89
>東京裁判の刑の執行停止するのを阻止するのが目的

根源的思考不足。
何のために刑の執行を日本にさせたのかが抜けてる。

冷戦で対ソ戦の必要があったとしても、刑の執行を確約させた理由は
日本が独立したからと、勝手に東京裁判をなかったものとされては、
連合国としては困るわけだ。

その保証として刑の執行を、日本に署名させ確約させたんだよ。
11条の目的は裁判の有効性の保証が目的で、刑の執行はその手段。
あなたの理論なら”且つ”の前に文章は要らない。

>第十一条【戦争犯罪】
・日本国は、極東国際軍事裁判所並びに日本国内及び国外の他の
・連合国戦争犯罪法廷の裁判を受諾し、且つ、日本国で拘禁され
・ている日本国民にこれらの法廷が課した刑を執行するものとする
http://list.room.ne.jp/~lawtext/1952T005.html

122 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 17:17:14 ID:sPX9tKdm
>>113
「金品財産強奪を拒まれると虐殺し」の部分はそれでどれだけ大虐殺出来るのか不明だが、
恵也が捕虜処刑のハナシまで降りてきた兆候が・・・

123 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 17:19:21 ID:6pgPPEB7
証拠論争で負け続けだからって裁判論争に逃げた恵也
ここまでくるとわざとやってるカマッテチャンか?
無視したほうが議論が進むなこれは

124 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 17:19:39 ID:sPX9tKdm
>>121
つまり「認めた」というより「認めさせられた」ということですね。

125 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 17:24:47 ID:uKzQ3Raq
いずれにせよ「戦犯」は日本の法律上、罪人ではないのだから
全部問題なしと言うことで結論が出ましたね。

126 :恵也 ◆1BgPjyxSE. :2005/04/11(月) 17:26:16 ID:LJoZGf01
>>110
>占領下から脱して戦後改めて日本が東京裁判や南京裁判を認めたというなら

そんなことは誰も言ってない。サンフランシスコ条約以来東京裁判に
関して日本は国家として何も言及してない。
それ以来、何もいわないことは、いまだに有効だということだ。

いまだに日本が国家として、認めないと宣言する事は不可能だろう。
ウヨボウだけの少数派ではね。
ヒットラーみたいな独裁者が日本に出てきたら別かも知れんが・・・

127 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 17:26:48 ID:DMhQa2q6
オランダのレーリング判事
「東京裁判には法的手続きの不備と、南京大虐殺のような事実誤認があったが、
裁判中は箝口令が敷かれていて言えなかった」

128 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 17:27:53 ID:uKzQ3Raq
>>126
日本の法律上、戦犯は犯罪者ではありません。
よって何ら問題なし。良かった良かった。

129 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 17:28:54 ID:qMH3WtZd
>>121
前々スレ>>900以降をスルーしていることに変わりはないなw。
東京裁判による罪を認めていない日本国の戦犯釈放要求に連合国が同意したのは紛れもない事実。

東京裁判を受け入れて国際社会に認められたなんてのは根拠の無いデマ。

130 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 17:29:20 ID:uKzQ3Raq
そう言えば東史郎の捏造も裁判で証明されたから間違い無しだね。
恵也は捏造証言を事実だと言い張った卑劣なクズ野郎だと自分で証明しました(笑)

131 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 17:30:24 ID:DMhQa2q6
>>126
お前はが「認めた」というから能動的に認めた発言があるかと思うだろ。
つまり日本は認めたという発言はしていないんだな?

132 :恵也 ◆1BgPjyxSE. :2005/04/11(月) 17:37:09 ID:LJoZGf01
>>119
>それはいつの時代のどこの国での話ですか?

上海戦で勝って、南京まで攻め込んだ時代。

>南京掃討戦
http://ww1.m78.com/map/nankingbattle.html

133 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 17:37:46 ID:VqHac5U7
恵也がどんどん追い詰められて後がなくなっていく様が非常に滑稽で面白く感じる今日この頃

134 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 17:37:55 ID:npc26EGZ
>>132
ふーん。

で?
それはどこの星のはなしですか・

135 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 17:38:34 ID:iTLG5kw3
恵也 ◆1BgPjyxSEは負けを認められないおこちゃま

136 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 17:39:35 ID:uKzQ3Raq
>>135
「信仰は盲目」というのがよく分かるよね。

137 :恵也 ◆1BgPjyxSE. :2005/04/11(月) 17:44:00 ID:LJoZGf01
>>122
>「金品財産強奪を拒まれると虐殺し」の部分はそれでどれだけ
>大虐殺出来るのか不明

大虐殺しろと命令しても、慣れてなければ出来るものじゃないだろ。
チャンと軍隊全体がそれが出来るように、途中で鍛えられてるわけだ。
さもなければ命令ひとつで、抵抗しない人間を殺せるかい?

今の自衛隊にそんな命令出しても出来はせんが、少しずつこんな風に
鍛えれば又同じような事をやりかねんだろう。

138 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 17:45:19 ID:npc26EGZ
>>137
なんで日本が虐殺せなあかんの?

動機がないよ。

139 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 17:46:29 ID:DMhQa2q6
>>137
おひおひ、その前に「金品財産強奪を拒まれると虐殺し」
の根拠資料を示せよ。

140 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 17:47:05 ID:uKzQ3Raq
>>137
>チャンと軍隊全体がそれが出来るように、途中で鍛えられてるわけだ。

馬鹿かコイツ?戦闘を繰り返せば、欠員は出る、疲労は蓄積する、また
戦闘中に訓練は当然出来ないので次第に練度も落ちてくる。
近代的な軍隊は戦闘を繰り返せば、鍛えられるどころかどんどん弱く
なっていくことぐらい常識だ。

141 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 17:49:15 ID:VqHac5U7
>>137
>さもなければ命令ひとつで、抵抗しない人間を殺せるかい?
できない。
だからなかったんだよwww

>>140
それプラス、精神的にもボロボロになってくるしね。

142 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 17:51:44 ID:npc26EGZ
「南京城の攻略及び入城に関する注意事項」 

一、日本軍が外国の首都に入城するのは有史以来のことで世界が注目する大事件なので、将来の模範となるような心組をもって、各部隊が乱入して同士討ちをしたり、不法行為をすることがないようにすること。 

二、部隊の軍紀・風紀を特に厳粛にし、苟も名誉をけがすがごとき行為は絶対にないようにせよ。 

三、外国権益及び外交機関には絶対に接近しないこと。また、国際委員会が設定した安全区には必要のある場合を除いて立ち入りを禁じ、必要地点に歩哨を配置する。 

四、外国権益の位置を徹底し絶対に過誤がないようにせよ。 

五、掠奪行為や不注意による失火は厳罰に処する。軍隊と同時に多数の憲兵補助憲兵を入城せしめ不法行為を摘発せしめる。 


※一九三七年十二月七日、南京総攻撃に際し中支那方面軍が全軍に示したものの要旨

143 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 17:51:55 ID:7HZuKCX9
>>137
ああ、天安門事件って範例があるもんな。
おまいの国的な発想ならそうなるわな (プ

144 :恵也 ◆1BgPjyxSE. :2005/04/11(月) 17:53:30 ID:LJoZGf01
>>130
>そう言えば東史郎の捏造も裁判で証明されたから間違い無しだね。

これは捏造が証明されたものじゃない。
橋本というバカタレが、中国人を袋に入れて火をつけ手榴弾をつけて
池に放り込んだという事実が、裁判所で証明できなかっただけ。
何十年も前のことを個人に、証明させようなんて無理な話だ。

>彼らの手ロは、いつものとおり、膨大な南京大虐殺事件のごくー部
・の事実を曖昧化させることによって、事実の全部をまぼろしと化
・そうとする手法です。

・この裁判でも「郵便袋に中国人を入れて、ガソリンをかけて、手榴
・弾をつけ、沼に落として殺した」部分に焦点が当てられました。


145 :恵也 ◆1BgPjyxSE. :2005/04/11(月) 17:56:07 ID:LJoZGf01
>>142
>南京総攻撃に際し中支那方面軍が全軍に示したものの要旨

計画と実際は違う。
南京を占領した時点で、憲兵は全部でたった12人くらいだったと聞く。

146 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 17:56:33 ID:DMhQa2q6
その「膨大な南京大虐殺事件」の実態はどこにあるんだよぉ

147 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 17:58:15 ID:uKzQ3Raq
>>144
>橋本というバカタレが、中国人を袋に入れて火をつけ手榴弾をつけて
>池に放り込んだという事実が、裁判所で証明できなかっただけ。

見苦しい言い訳だなw
捏造野郎を必死でかばって「虐殺証言は全部事実」だという、常識的に
考えれば絶対にあり得ない「狂った信仰」に取り憑かれた哀れな基地外
の惨めな醜態が浮かんでくるよ。

148 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 17:58:47 ID:qMH3WtZd
>>144
じゃ、お前が代わりに実行して証明してやれよw

149 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 17:59:02 ID:iTLG5kw3
駄目だこいつ
完全に薬で駄目になってる

150 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 18:00:05 ID:DMhQa2q6
>>145
実際は風紀厳粛とまではいかず日本に来た米進駐軍ほどではないにしろ
強姦事件などが発生したからといってそれがなんなんだよ?

151 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 18:00:19 ID:pez+UhgM
チャンコロなど、日本のためにも地球のためにも、絶滅するべきなのだ

152 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 18:17:26 ID:pn75t4hb
前々スレで崇善堂の捏造は明らか。
だから30万人は絶対無理。

153 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 19:01:13 ID:WYX3qp6I
NHKトップでくるぞ

154 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 19:05:39 ID:WYX3qp6I
「愛国無罪」

革命無罪 造反有理が合言葉だった文化大革命と何ら変わらん連中…

155 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 19:29:54 ID:SCgrSOna
今の中国人はホントにレベルが低い。
可哀想なくらいに馬鹿。三国志や水滸伝ファンの私とし
てはなんとも悲しい。

投石している様は、今まで物を投げたことのないような
不器用な動作ですし、投げた後のしたり顔も見ていて知性の
「ち」の字も感じない・・・・・。

中国人というのは、元来、器用であり、ずる賢い人々だった
のでは?今の彼らにはそれらが「全く無い」。何も無い。

愚民というものは概して浅はかであるから、政府に対しての
不満の捌け口をああいった形でしか表現できないのだろうが、
それにしても情けないにも程がある。彼らには「世界」は
無いのだろうか・・・・・

156 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 19:50:03 ID:VqHac5U7
>>155
っていうか、あの凄まじい反日の嵐自体、政府への不満をそらすための謀略じゃん。
独裁政府は、政府への不満をそらすために敵を作る。
中国政府はこのデフォ戦法を実施してるに過ぎない。

157 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 20:07:42 ID:WYX3qp6I
>>254
中東の人間と同じ。
「一期一会」とは、一生に一度しか会わないであろう人間からどれだけふんだくるか、という感覚しかない。
中国人同士でもお互いを信用しない。信じるものは金だけ。だからそれがなくなればどんな残虐な事も出来る。
イデオロギーは、運動してる本人にとってはマジでも、共産党にすれば愚民を体よく動かすための理由付け。
見事に引っかかって、文革状態になってる。紅旗コールとか、愛国無罪とか、そのまま。紅衛兵から進歩0。

>>255
「敵の敵は味方」ね。
飯島の場合は本人が露骨に言ったからアレだが、中国の場合中間管理職レベルが言うから。
本当の上層部は香具師らを盾に使う。

158 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 20:20:14 ID:q7gH26Mf
結論 


南京大虐殺は大嘘

以上

159 :恵也 ◆1BgPjyxSE. :2005/04/11(月) 20:36:04 ID:2BChKfrJ
>>142
>外国権益及び外交機関には絶対に接近しないこと。

とてもじゃないが、そんな実績は無いんだよね。
アメリカの外交官まで引っ叩く勇猛な日本軍人。
それも憲兵がいる目の前で、堂々とやれる肝っ玉。

今の中国でさえ、日本の外交官を引っ叩いたりしないぞ。
言うだけなら、何で言えるのが世の中なんだよ。
金もかからんし責任も持たんですむ、栄光の日本官僚!
今も同じだよな・・・・

>前日の夜一一時頃、武装した日本兵たちがアメリカ人施設である
・金陵大学農学院の作業所に侵入し、構内にいる中国人集団のひとつ
・を探して、女性一人を連れ去った。

・その女性は二時間後に戻ってきたが、報告によれば彼女は三回強姦
・されたという。
http://www.geocities.jp/yu77799/higasinakano1210.html


160 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 20:36:51 ID:s5xxqLbY
ここまで肯定派のレベルが低いスレもめずらしやw

161 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 20:37:59 ID:VfOlgvrt
ひさしぶりに覗いてみたんだけど・・・

南京市人口70万人説ってどーなったの?

162 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 20:43:50 ID:yVN8G30n
結局
捕虜と一般人3000人程度ヌッ殺しちゃったんだね。

163 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 20:55:17 ID:qMH3WtZd
>>161
とぼけっぱなしw

164 :恵也 ◆1BgPjyxSE. :2005/04/11(月) 20:56:02 ID:2BChKfrJ
>>152
>前々スレで崇善堂の捏造は明らか。

見苦しいね、この程度の表現力。
洗脳受けてるとこうなるんだよ、良く見ときなさい。

北朝鮮の方の言葉でもモンキリかただろ。
中身が残らないが、信じてしまって言葉が出てこない。
エライサンの言ってるスローガンしか納得してないからそうなるんだぜ

具体的に自分の言葉で反論できてこそ、洗脳を抜け出せるんだけどね。
あなたには無理のようだが・・・・

>南京市崇善堂埋葬活動一覧表
http://members.at.infoseek.co.jp/NankingMassacre/mondai/maisou/suzendou.html

165 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 20:58:33 ID:fhv5hh0C
東史郎の捏造証言すら無条件に信じ込んでいる捏造信者が寝言をほざいていますな。
オウムにのめり込んだのもこういうヤツなんだろうね。

166 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 21:01:32 ID:pn75t4hb
>>164
( ´,_ゝ`)プッ その資料が大捏造w

見苦しいのは・・・・・・ m9(・∀・)ビシッ!!



167 :恵也 ◆1BgPjyxSE. :2005/04/11(月) 21:06:22 ID:2BChKfrJ
>>155
>投石している様は、今まで物を投げたことのないような

俺はテレビは見てないが、なんか判る気がする。
一人っ子政策で甘やかされて、家庭の中ではお山の大将ばかりなんだろう。
多くの兄弟と生存競争を勝ち抜き、世の中の厳しさや他人との付き合い
を知ってる顔じゃない

日本の連中とたいして変わらんのじゃないかね?
”同病 相 哀れむ”

168 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 21:06:47 ID:t5PdJCni
再び南京事件について。私が南京での日本軍による民間人虐殺があったと考えていた理由のひとつが、紅卍会(こうまんじかい)および崇善堂(すうぜんどう)による遺体埋葬数だった。前者は4万3000体を、後者は11万体強を埋葬したと報告、
これが、東京裁判で南京大虐殺を事実として認める根拠ともなった。
北村稔氏の『「南京事件」の探究』によると、紅卍会は1922年設立の新興宗教団体で日本の大本教とも提携した慈善団体で満鉄特務班への紅卍会の報告では、
埋葬数は南京城内で1793体、城外で2万9998体だった。
しかし戦後、城外での数が3万5097人と報告され、5099人分増えていた。東京裁判に出廷した紅卍会の許伝音は、「埋葬当時は日本軍の圧迫で公表できなかった」と証言したが、
北村氏は紅卍会と日本軍は「近しい関係」にあったと指摘し、
当時の満鉄上海事務所南京特務班報告などには、同会が自治委員会や日本側とも協力したと記されていることから「日本軍が紅卍会に圧力をかけた事実はない」と判じている。

169 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 21:07:35 ID:fhv5hh0C
>>167
自分がそういう人間だから、身にしみるのかね?

170 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 21:08:05 ID:t5PdJCni
つまり、紅卍会の報告は水増しされていたというのだ。
さらに驚いたのは、崇善堂である。崇善堂も慈善団体で1938年1月から3月までに7549体を、4月にはその14倍の10万4718体を埋葬したと報告した。
北村氏は1月から3月までの合計が7千500余体であるのに、4月に10万4700余体に急増したのはなぜかと考え、調べた。埋葬に従事したのは四部隊で変化はない。
埋葬場所は「城根」(城壁の際)「付近の荒れ地や菜園」などと記されすべて、地名が特定できないことも突きとめた。
崇善堂の主張は根拠を欠くのではという疑問が出され、中華人民共和国政府が対抗して出した資料がある。資料は、崇善堂がクルマを一台所有していたこと、
そのクルマは1924年製造の古いクルマでバッテリー、ピストン肖(銷)子、クラッチが故障していたことを記している。
中国側が、崇善堂は実在し、しかも活動していたと示すために出した資料によって、皮肉にも崇善堂の規模の零細さが浮彫りにされたのだ。
古い故障車一台で、四グループの少人数で38年4月のひと月間で10万を超える遺体を埋葬したとの報告の信憑性(しんぴょうせい)はにわかに怪しくなった。

171 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 21:08:57 ID:t5PdJCni
北村氏の著書を読んだのと同じ時期、阿羅健一氏の『聞き書 南京事件』(図書出版社)を読んだ。南京攻略当時、南京に行った軍人、報道マンらの証言を集めたもので、
貴重な第一次資料である。そのなかに上海派遣軍参謀として南京入りし、38年2月以降は南京特務機関長として南京にとどまった大西一氏の証言がある。37年、38年当時の南京事情を最もよく知る人物だ。
大西氏は阿羅氏の崇善堂についての問いに「当時、全然名前を聞いたことはなかったし、知らなかった」と答えている。「それが戦後、東京裁判で、すごい活動をしたと言っている。
当時は全然知らない」と述べている。南京事件を知ったのは戦後とも答えている。
上の著書は87年の出版で取材は10数年前だ。崇善堂を特に意識した取材ではない。
大西氏は単に南京での日本軍の責任者のひとりとして、崇善堂についてまったく知らないというのだ。
今年になって学者の北村氏が調査し公表した結果と、10数年前の元軍人の証言がぴったり一致したのだ。崇善堂の報告は疑わざるをえない。
大西氏は、朝日新聞の本多勝一記者の事実と異なる中国での日本軍の報告に立腹し、本多氏を詰問したという。
自分こそが真実を書くべきだと考えたが、身内から反対されてやめたそうだ。ちなみに阿羅氏の著書は、小学館から『南京事件 日本人48人の証言』として12月に再出版の予定である。
(『週刊ダイヤモンド』 2001年12月8日号オピニオン縦横無尽 第424回より)

172 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 21:11:21 ID:t5PdJCni
「中華民国27年度南京市概況」(督弁南京市政公署秘書処編・中華民国28年3月出版)
という史料を根拠に、崇善堂が当時埋葬活動にロクすっぽ従事していなかったことは前々スレ及び前スレで議論済み
反証も反論も未だに無いので、この史料で決定だろう

173 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 21:12:25 ID:VqHac5U7
>>160
それもそうなんだが、何より俺が驚いたのは、凄まじいまでの厚顔無恥さだw
自分は都合の悪いレスを大量無視して逃げてるにもかかわらず、他人には脳内ソースでお説教を垂れる。

とてもじゃないが、俺にはマネできないねww

174 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 21:17:50 ID:e9bxGarK
南京大虐殺を真正面から完全肯定というのもある意味すがすがしいと思う。
反論を受けるたびに手を変え品を変え、ヘリクツこねくりまわしてるやつにある
うっとおしさがない分、好感度は高い。

175 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 21:28:41 ID:6pUO5wcQ
>144
>何十年も前のことを個人に、証明させようなんて無理な話だ。

じゃあ、南京大虐殺があったとは決して証明できませんねwwwwwwww

176 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 21:29:42 ID:pn75t4hb
 太田壽男
 南京の停泊場司令部の職員の少佐が、
「12月16、17、18日に何万という死体を処理した」と書いています。
この人は後に戦犯となり、満州の撫順収容所に収容されてそこで書いたものであります。
 ところが同停泊場司令部に梶谷という職員(曹長)の日記によると、太田少佐は12月16、17、18日に南京にはいなかった。
 この人は12月25日に、上海から初めて南京に来た人であります。
 太田という人は、戦犯収容所に収容されて、おそらくそう書くように強制されたものだと思います。
 それをいかにもまことしやかに、虐殺の証拠だと言うのです。
 太田少佐の手記については、毎日新聞静岡支局の武田某という記者が広島市に住んでいる畝本正巳氏(陸士46期。戦車隊中隊長として南京攻略戦に参加、偕行社編纂の「南京戦史」の編纂委員)のところに聴きに来た際、畝本氏は、
 「そんな馬鹿な事は無い」
 と、梶谷日記も見せて、太田少佐の手記の誤りである事を説明しています。

 崇善堂と太田証言の人数を引くと・・・

177 :恵也 ◆1BgPjyxSE. :2005/04/11(月) 21:55:28 ID:2BChKfrJ
>>156
>独裁政府は、政府への不満をそらすために敵を作る。

日本の政権も同じような事してるよ。
今の日本はビラ配りも、生活かけてやらんと捕まったら75日間拘留だ
普通の会社じゃ首だぜ。
こういった警察社会が、独裁国家の特徴だろう。

その為に韓国や中国ともめさせてるのかね。
権力者同士ウマが合って、お互いに儲かってるのかもな。

>公衆トイレの外壁に反戦メッセージの落書きをした男性を建造物
・損壊罪で逮捕。防衛庁官舎に「自衛隊のイラク派兵反対」のチラシ
・を配った市民団体のメンバー3人を「住居侵入罪」で逮捕。

・『しんぶん赤旗』号外を休日に自宅周辺で配布していた社会保険庁
・職員を「国家公務員法違反(政治活動の制限)」で逮捕などなど…。

・いずれも、通常なら逮捕・起訴には至らぬ事例である
http://www.mdsweb.jp/doc/881/0881_08a.html

>政党ビラ配りで逮捕  [事件!]  
http://blog.so-net.ne.jp/wako2005/2005-03-12-6

178 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 21:57:29 ID:XhLxW7zI
日本は長い間、中国、韓国、北朝鮮からの大きな陰謀によって攻撃されていたようです

とりあえず目をとおしてください。
http://nokan2000.nobody.jp/switz/
スイス政府「民間防衛」に学ぶ

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
この本で紹介されている「他国から侵略される事例」が、そのまま日本で起こってます!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

179 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 21:57:42 ID:fhv5hh0C
>>177
妄想乙w
相変わらず「見たいものしか見ない」んだね。

180 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 22:07:32 ID:qMH3WtZd
恵也主張説
南京陥落時人口70万人説 → 根拠なし 論破済み
東京裁判史観 → デマ。論破済み
東日記 → 最高裁上告却下により捏造確定
曽根日記 → 新仮名遣いの日記w 捏造
大田証言 → 中帰連。捏造
崇善堂埋葬記録 → 「中華民国27年度南京市概況」により埋葬事実なし。捏造
大虐殺写真 → 全部捏造

事後法容認。反論大量スルー。妄想が根拠。嘘。無知。

あとなんかあったっけ?

181 :恵也 ◆1BgPjyxSE. :2005/04/11(月) 22:08:53 ID:2BChKfrJ
>>168
>「日本軍が紅卍会に圧力をかけた事実はない」と判じている。

これはあなたの世間知らず!
特務機関が遺体一体につき、お金を払って埋葬を頼んでたんだよ。
お金を貰う立場は弱い。

郊外での遺体埋葬は、側に深く穴を掘って埋葬できるから城内ほど
運ぶ必要も無く能率も上がる。
遺体数を正確に言ってたら、疑いの言葉でもかけられてビビッタんじゃ
ないかな。

特務機関に疑われて仕事を取り上げられたら、後は一家路頭に迷うだろ
少なめに報告した気持ちも判るよ。
戦後に増やして報告したって、許伝音さん、何かお金儲けになる訳じゃ
ないだろ。
使われる身の辛さ、判ってあげなさい!

182 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 22:10:06 ID:pkY86AzS
ああ、そういえば前のスレでやってた技術がどうとかで写真偽造が出来ないとかなんとか
言ってたヤツだが。なんか線とか筆跡とか切り込みがあって出来ないってやつ。


あれねえ、当時の技術で十分出来るなやっぱり(w
写真を重なり合わせたその部分の陰影を消す方法はガラス板をレイヤーとして
使えばたぶん消せるとさ。
筆跡で筆の跡とか残るとかいうのも、補完するところは細いので残る事は無い。
それ以外でもここの段差を埋める方法は恐らく、考えればあるだろうと。

だからどーした?
・・・・・・まあそうなんだが。

183 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 22:10:42 ID:fhv5hh0C
>>181
>少なめに報告した気持ちも判るよ。

全く見苦しいねw

184 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 22:11:37 ID:qMH3WtZd
>>181
妄想が根拠。

185 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 22:19:19 ID:pkY86AzS

>特務機関に疑われて仕事を取り上げられたら、後は一家路頭に迷うだろ
>少なめに報告した気持ちも判るよ。
>戦後に増やして報告したって、許伝音さん、何かお金儲けになる訳じゃ
>ないだろ。
>使われる身の辛さ、判ってあげなさい!


・・・・・・てめえ、デンパしか飛ばせねえクズの分際でいい加減にしろや。

紅卍会は日本軍やその他の権力に金貰って生活するようなヘボ団体じゃねえぞ。

186 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 22:22:48 ID:6pUO5wcQ
恵也さんは知識豊富ですね。
僕も見習いたいです。
頑張ってくださいね、
妄想wwwwwwwwwww

ホントバカにもほどがあるよwwwwwwwwwww
妄想を2ちゃんに書き込んでるくらいなら、彼女でもつくる努力したら?ww
童貞君には無理?wwwwwwwwww

さて、また妄想の反論どうぞ

187 :恵也 ◆1BgPjyxSE. :2005/04/11(月) 22:27:12 ID:2BChKfrJ
>>170
>埋葬に従事したのは四部隊で変化はない。

ここが間違い!
4月には暖かくなり、遺体の腐敗が進み日本軍も埋葬をする人間の規制
を緩めたからボランティアが大量に参加しだしたもの。

崇善堂は宗教団体であって会社組織ではないのを、北村氏は無視してる。
それまでは勝手に埋葬したら、日本軍の規制に引っかかり後で怖い目
に会うから、誰も埋葬さえ出来なかったという事実を考えなさい。

実質的な南京市長のラーベ氏でさえ、外交官に何回頼んでも遺体を
ホッタラカシにされて、夢にまで遺体が出てきて苦しんでたんだぜ。

>一月二十二日
・竹の担架にしばりつけられた中国兵の死体については、これまでも
・幾度か書いてきた。

・十二月十三日からこのかた、わが家の近くに転がったままだ。
・死体を葬るか、さもなければ埋葬許可をくれと、日本大使館に抗議
・もし、請願もしてきたが、糠に釘だった。

・依然として同じ場所にある。しばっていた縄が切れて、竹の担架が
・二メートルほど先にころがっただけだ。
・いったいどうしてこんなことをするのか、理解に苦しむ。
http://members.at.infoseek.co.jp/NankingMassacre/mondai/maisou.html#c4

188 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 22:28:13 ID:VqHac5U7
ここまで飛びぬけてバカだと、逆に微笑ましさすら感じてきてしまうよなww>恵也

189 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 22:33:42 ID:pn75t4hb
でた〜w
崇善堂ボランティア恵也説!!


190 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 22:38:02 ID:qMH3WtZd
出たよw 脳内ボランティアwww
>ボランティアが大量に参加しだしたもの。
とりあえずソースよろ。
また、なぜボランティアの埋葬が崇善堂の記録になっているのかについても
妄想無し、嘘無しの根拠出して。
ありえないからwボランティア。

191 :恵也 ◆1BgPjyxSE. :2005/04/11(月) 22:40:00 ID:2BChKfrJ
>>171
>阿羅健一氏の『聞き書 南京事件』(図書出版社)を読んだ。南京
>攻略当時、南京に行った軍人、報道マンらの証言を集めたもの

阿羅健一氏は、喋らない方を選好みして喋らない方だけ証言を集めたもの
それとインタビュアーとしてはド素人!

>「大虐殺はあったか」という聞き方をしている。これは証言者が
・虐殺の認識を持っていたか、どうかの聞き取りである。

・この聞き方では証人が虐殺というものをどう認識していたかによって
・答えは異なる。虐殺があったかどうかは証言が提示する事実の再構成
・によって著者ならびに読者で判断されるべきものである
http://t-t-japan.com/bbs/article/t/tohoho/3/tfrqrf/tfrqrf.html

192 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 22:40:07 ID:VqHac5U7
恵也は相変わらず期待を裏切らないなwwww

193 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 22:42:12 ID:qMH3WtZd
>>191
阿羅健一を攻めても資料を攻めないと崇善堂捏造説は覆らないからw

いいからボランティアのソース出せよwwwww

194 :Hi-Sa-Me ◆HiSaMeAei2 :2005/04/11(月) 22:42:38 ID:hCzu73XK
市内の人口<虐殺人数
なわけですが、無理矢理こじつければ外部からもってこれば一応説明できます。
極端なことをいえば市内の人間を一人も殺さずに何十万の大虐殺は可能になります。
まぁそんな証拠なんぞあるわきゃないと思いますが。

可能か不可能かといわれりゃ可能なんだとは思うんだけど、恐ろしく非現実的な現象のオンパレードは確実なんじゃないか?

195 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 22:42:53 ID:VqHac5U7
>>191
>阿羅健一氏は、喋らない方を選好みして喋らない方だけ証言を集めたもの
>それとインタビュアーとしてはド素人!

脳内妄想ソースキタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!

196 :恵也 ◆1BgPjyxSE. :2005/04/11(月) 22:43:13 ID:2BChKfrJ
>>172
>反証も反論も未だに無いので、この史料で決定だろう

日本文の内容もわからんから、無視されただけの話。
あなたはサービス精神が無い

197 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 22:45:20 ID:/hghrOx+
>>196
ゲラゲラゲラ
反論反証できネー言い訳としちゃ〇点以下!

198 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 22:47:04 ID:VqHac5U7
>>196
>日本文の内容もわからんから、無視されただけの話。
>あなたはサービス精神が無い

これが反論できない言い訳かよwwwwwwwwww
うはwwwwwテラワロスwwwwwwwwwwwwww

199 :恵也 ◆1BgPjyxSE. :2005/04/11(月) 22:52:34 ID:2BChKfrJ
>>175
>じゃあ、南京大虐殺があったとは決して証明できませんねwwww

それは連合国という、当時の最高権力が組織として東京裁判や南京裁判
に大金を使い人を集め、権力をつかい証拠を集めて書類に残してます。
個人でそれをしようなんて、とてもじゃないが無理な相談。

ウヨボウの学者先生はその反論を個人で集めて、やろうとされてるの
だから、ある意味では尊敬してるよ。
判決は出てるしまあ、蟷螂の斧に過ぎないけどね。


200 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 22:53:16 ID:GS7ICV+z
ここでふと感じたのだが、恵也って、もしかしてだが、
自分の持ち出した証拠を何一つ論破されてないと思ってるのだろうか。
で、「ウヨボウ」が手を変え品を変え屁理屈をこねているのを自分が論破していると、
そう思い込んでいそうで怖い今日この頃。


201 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 22:56:19 ID:VqHac5U7
>>200
いや、本気で思い込んでいると思う。
それが恵也クオリティ。我々パンピーには決して真似できない彼特有の特殊能力だwwwww

202 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 22:56:39 ID:pkY86AzS
>後は一家路頭に迷うだろ 少なめに報告した気持ちも判るよ。

お前、紅卍とか大本とかの宗教そのものを全く理解してねえだろ。
あそこらへんなら、政府とかそういう動きに惑わされる事はほとんど無い。

一番救わなければならない人間が目の前にいるから、真っ先に助けてるんだよ。
弾圧されたとしても、甘んじて受けるような奴らだ。政府が援助しなければしないで、
単独でも出来るだけやるだろうさ。
つうか、お前のやってるのはただの宗教の侮辱だ。


203 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 22:57:09 ID:BnmuLkZ1
>>200
その前に、南京での虐殺が無かったとかいう話が
2chのここ以外で話題になってもいないし
歴史学者も取り上げていないってトコを
あなたが理解しているのかどうかの方が疑問

204 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 23:02:25 ID:fhv5hh0C
>それは連合国という、当時の最高権力が組織として東京裁判や南京裁判
>に大金を使い人を集め、権力をつかい証拠を集めて書類に残してます。

なるほど。では裁判で証明されたように東史郎の証言がデタラメ
であることは明白なわけだな。
今まで散々事実だとウソをついてきたが自分で捏造証言を事実だと
言い張ったクズだと認めるわけだ。

205 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 23:03:05 ID:VqHac5U7
>>199
>判決は出てるしまあ、蟷螂の斧に過ぎないけどね。
論破されまくってとうとう何の反論もできなくなり、いよいよ後がなくなった恵也は「判決が出たから絶対的に事実だ!!!!」という物凄い屁理屈に逃げ始めました。
きっと「冤罪」という言葉を知らないんでしょうね。

206 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 23:03:47 ID:pkY86AzS
>それは連合国という、当時の最高権力が組織として東京裁判や南京裁判
>に大金を使い人を集め、権力をつかい証拠を集めて書類に残してます。
>個人でそれをしようなんて、とてもじゃないが無理な相談。


たしかにそうだな。
皇帝ネロのキリスト教徒虐殺とかも、当時の最高権力が組織として大金使って人を集めて
権力を使い証拠を集めてますから、そうだったからキリスト教徒の弾圧は正しいよね(w

もちろん事後法もありだし、国家や民族の犯罪に時効は無いから今でも有効と(w

うわっ色々できます(w

207 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 23:05:19 ID:fhv5hh0C
>判決は出てるしまあ、蟷螂の斧に過ぎないけどね。

蟷螂の斧を振りかざし、東史郎の証言は事実だと言い張ったクズが
約一名ここにいますなw


208 :俺らの国、日本を守れ:2005/04/11(月) 23:05:40 ID:CWOl3ejs
中国は本当に何様のつもりなんかねぇ〜
お前らどんなけ日本から金やなんだとしぼるつもりなんだ
お前らが世界で一番偉い国だと勘違いするのはいいが、lvが低いんだよ
自分の足元を見ろ!
やっと経済が上り調子になってきただけで、貴様らは発展途上なんだよ。
このどこが、世界でNO.1の国だ。笑わせんじゃない。
日清戦争、日中戦争、(大東亜戦争の中)で日本に負けたからっていつまでも
根に持ってんじゃねぇーよ。貴様ら中国4000年の歴史とかほざいてるくせに
器がちいせぇんだよ。
この糞が!
共産党ってのは所詮なにもできない糞国家だな

俺らもそろそろ、我慢の限界ってのを感じてきたな。
政治家じゃなんもでないわけで、結局国民が動かないとだめってことか。
デモとかしんきくさいことじゃなくて、大使館つぶそーかとかおもってしまう。
・みんなどう思う?

209 :Hi-Sa-Me ◆HiSaMeAei2 :2005/04/11(月) 23:07:27 ID:hCzu73XK
>>203
ザビビも否定しているやつはいるぞー。
というのはさておき、
否定しているやつはいない→実際にあった
これをなにも考えずにたいぐう(←馬鹿ので変換できない)をとると
実際に無かった(嘘)→否定しているやつがいる
どうなんだろ?
そりゃ当たり前かもしれんが、嘘をついても否定しないってことあるよな……
必ずしも成り立たないってことか?

210 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 23:07:48 ID:fhv5hh0C
>それは連合国という、当時の最高権力が組織として東京裁判や南京裁判
>に大金を使い人を集め、権力をつかい証拠を集めて書類に残してます。
>個人でそれをしようなんて、とてもじゃないが無理な相談。

キリスト教会という、当時の最高権力が魔女狩りについて・・・
ナチスという、当時の最高権力がユダヤ人の犯罪について・・・
共産党という、当時の最高権力が反革命勢力の犯罪について・・・

アホですなw

211 :恵也 ◆1BgPjyxSE. :2005/04/11(月) 23:08:29 ID:2BChKfrJ
>>176
>梶谷日記も見せて、太田少佐の手記の誤りである事を説明しています

間違い!
梶谷氏は太田少佐の部下ではなく、太田少佐の動静を日記に全部書い
てたわけではありません。
梶谷氏は安達少佐の部下で、12月25日に太田少佐のことが梶谷日記に
書いてあっただけの話

そして12月16,17,18日の日記に太田少佐を書いてなかったという
だけを大袈裟に騒いでもな。
他の部隊の上官の事を、日記に書くか普通?

>私は十二月十五日に南京に到着しました。碇泊場司令部は八百名の
・運輸兵を派遣、私と安達少佐で四百名ずつ担当しました。

・また、死体運搬のためにトラック十台と蒸気船三十艘が準備された。
・私が来る前に安達少佐はニ日間で六方五千体を処理していた。
・他の隊もそれぞれ処理に当っていた。

・私が十五日夕刻、碇泊場司令部に着くとすぐ、司令官より次の命令
・が下った。「安達少佐が死体処理に当っている。おまえもこれを
・援護せよ」 こうして私は下関埠頭に行きました。(埠頭はニ分担さ
・れ、安達少佐が東側、私が西側を担当して死体の処理に当った

212 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 23:09:19 ID:pkY86AzS
>>>梶谷日記も見せて、太田少佐の手記の誤りである事を説明しています
>>
>>間違い!



間違い!


213 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 23:09:25 ID:qMH3WtZd
恵也主張30万人大虐殺説

1・南京陥落時人口70万人説 → 根拠なし 論破済み
2・東京裁判史観 → デマ。論破済み
3・東日記 → 最高裁上告却下により捏造確定
4・曽根日記 → 新仮名遣いの日記w 捏造
5・大田証言 → 中帰連。捏造
6・崇善堂埋葬記録 → 「中華民国27年度南京市概況」により埋葬事実なし。捏造
7・大虐殺写真 → 全部捏造

A・事後法容認。
B・反論大量スルー。
C・妄想根拠
D・虚言
E・無知

214 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 23:10:57 ID:pkY86AzS
>>213
A2・国際法における罪刑法定主義原則の否定

追加だ

215 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 23:12:51 ID:fhv5hh0C
>私が来る前に安達少佐はニ日間で六方五千体を処理していた。

400人が二日間で6万5千体を処理するには一人あたり一日80人!
これだけいかにデタラメなのかは明白だなw

216 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 23:13:11 ID:0Hji2azs
>>213
証拠のない個人叩きも追加プリーズ

217 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 23:13:59 ID:qMH3WtZd
恵也主張30万人大虐殺説

1・南京陥落時人口70万人説 → 根拠なし 論破済み
2・東京裁判史観 → デマ。論破済み
3・東日記 → 最高裁上告却下により捏造確定
4・曽根日記 → 新仮名遣いの日記w 捏造
5・大田証言 → 中帰連。捏造
6・崇善堂埋葬記録 → 「中華民国27年度南京市概況」により埋葬事実なし。捏造
7・大虐殺写真 → 全部捏造

恵也発言パターン

A・事後法容認
 A2・ 国際法における罪刑法定主義原則の否定
B・反論大量スルー。
C・妄想根拠
D・虚言
E・無知
F・歪曲

こうですか?

218 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 23:16:32 ID:pn75t4hb
本当はすでに終わってるわけ。
大口の埋葬、死体処理の記録捏造で。
ここを突破されると、そもそもの30万人が破綻してしまって、
死体なき殺人事件を立証できないことになってしまう。
だから、ここをなんとか死守しようとするところに、綻びが生じる。
個人的には山田支隊の謎に興味がある。

219 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 23:17:30 ID:BnmuLkZ1
>>209
歴史学者で南京での虐殺が無かったと言うヤツはいない
でも無かった筈なんだ

とか言い出すヤシは、南京での虐殺を研究してる歴史学者より事件について詳しいのか?
何を根拠にそんな事を言えるんだ? って話

220 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 23:17:56 ID:qMH3WtZd
恵也主張30万人大虐殺説

1・南京陥落時人口70万人説 → 根拠なし 論破済み
2・東京裁判史観 → デマ。論破済み
3・東日記 → 最高裁上告却下により捏造確定
4・曽根日記 → 新仮名遣いの日記w 捏造
5・大田証言 → 中帰連。捏造
6・崇善堂埋葬記録 → 「中華民国27年度南京市概況」により埋葬事実なし。捏造
7・大虐殺写真 → 全部捏造

恵也発言パターン

A・事後法容認
 A2・ 国際法における罪刑法定主義原則の否定
B・反論大量スルー
C・妄想根拠
 C2・妄想根拠による誹謗中傷
D・虚言
E・無知
F・歪曲

こうですか?


221 :恵也 ◆1BgPjyxSE. :2005/04/11(月) 23:19:15 ID:2BChKfrJ
>>178
>日本は長い間、中国、韓国、北朝鮮からの大きな陰謀によって
>攻撃されていたようです

何でここにアメリカが無いんだ?
一番陰謀が大きくて、強くて、政権に影響を与えたのはアメリカだろ。

あんたは世間知らずだ!
でも俺は、マッカーサー元帥は大好きだぜ、誤解しないように。

>水鳥の映像にヤラセの疑い。軽率な速報競争に仕掛けワナ
http://www.jca.apc.org/~altmedka/gulfw-05.html

222 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 23:20:09 ID:fhv5hh0C
>>221
なるほど東京裁判がアメリカ陰謀だと認めるのだね。

223 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 23:20:20 ID:qMH3WtZd
>>219
南京での虐殺を研究している歴史学者って誰のこと?

根拠ならスレを通して大量に出てますが何か?

224 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 23:20:27 ID:pkY86AzS
>>恵也

      \     /
       \  /        
         ×          
       /  \/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ 
      /   /\  アンチKey   \
         /              ヽ
   / ̄\ l      \,, ,,/      |  間違い!!
  ,┤    ト |    (●)     (●)   | 
 |  \_/  ヽ     \___/     | 
 |   __( ̄ |    \/     ノ 
 |    __)_ノ
 ヽ___) ノ


225 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 23:21:40 ID:BnmuLkZ1
>>223
秦ですら、虐殺が無かったとか言ってませんけど?

226 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 23:22:00 ID:VqHac5U7
>>219
「無かったはず」じゃない。
「無かった」んだ。

ウソだと思うのなら、この南京ウソスレ1から現行のこのスレまで、過去ログ全部よんでみな。
南京がありましたなんて口が裂けても言えなくなるから

227 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 23:22:48 ID:0Hji2azs
>>221
なにをいまさら。露骨に正面切ってやるのは陰謀といわないんだよ。

つーか、JCAのソースしか出さねーなモマエは

228 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 23:23:55 ID:i9llgjdf
・南京で虐殺(不法殺害)はあった

・民間人無差別30万大虐殺はなかった

何度やっても同じ結論

229 :Hi-Sa-Me ◆HiSaMeAei2 :2005/04/11(月) 23:24:07 ID:hCzu73XK
>>219
歴史学者からすればどうなんだろうか?という話にいきつかないか?
よくわからんが。
中には
「南京虐殺?シラネーヨ」
みたいなやつはいたりして。

しかし、本当にいないのか?
門外漢というかそもそも理系なんでわからん。

230 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 23:24:23 ID:VqHac5U7
>>225
なるほど。つまり君の脳内はこうか。
「いかなる証拠があっても、どんなに筋が通っていても、素人の言うことは間違い。
だが歴史学者の言ってることは絶対正しい。間違ってない」

231 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 23:26:23 ID:BnmuLkZ1
>>226
・・・・・・・・・・

ここは極東隔離スレだもんな
せめてここぐらいは残しておいてやるべきかw

232 :恵也 ◆1BgPjyxSE. :2005/04/11(月) 23:26:26 ID:2BChKfrJ

>>182
>それ以外でもここの段差を埋める方法は恐らく、考えればあるだろうと。

自分でやってから言いなさい。
あなたの言葉は、一般的な言葉であまりにも軽すぎる。
作ってる人間の迫力が、全く感じれない。

少なくとも俺は、フォトショップというソフトで似た事を
やろうとした実績は持ってる。
その結論は、生き埋め写真は本物だ。
あんな曲線の継ぎ足しは、脳内妄想に過ぎん。

233 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 23:27:00 ID:qMH3WtZd
>>225
スレタイになんて書いてあるのか読めないのか?

234 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 23:27:26 ID:fhv5hh0C
しかし何だね。
湾岸戦争含めその手の情報操作(例えばイラクの大量破壊兵器云々)
についても当然知ってるだろうに、東京裁判は無条件で肯定とは
正真正銘の馬鹿なのか?

235 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 23:27:44 ID:i9llgjdf
>>230
とりあえず、
不法殺害「とされる」行為が無かったという研究者は居ない訳で。
東中野氏は、司令官の逃走等を根拠に敵の権利を全否定する考え。

236 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 23:27:50 ID:RMYRG6E0
>>恵也 ◆1BgPjyxSE
「けいや」って読むのかと思ったら、「えなり」なんだね。
えなり君wwwwwwwwww

237 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 23:29:09 ID:fhv5hh0C
そりゃまあ不法行為そのものはゼロではあるまい。
イラク戦争の米軍にも有る程度のことはあったろうよ。

238 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 23:29:12 ID:0Hji2azs
>>232
ソ連のスターリンが政敵を失脚させて処刑した後に証拠になる写真をすべて捏造したものと摩り替えた
って話聞いたことがないのか?たまにテレビでもやってるぞ?

239 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 23:30:23 ID:BnmuLkZ1
>>230
秦まで否定しますかw

南京での虐殺が無かったと
歴史学者が認めるだけの証拠でも無ければ、筋も通っていない
シロート考えかもとか、普通の人ならまず自らを省みるよねw

240 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 23:30:43 ID:VqHac5U7
>>231
はいはい。南京大虐殺をマトモに証明できるようになってから偉そうな口叩いてくださいね。
なんにも証明できてないどころか、見事なまでに論破されてるのにそんなこと言われてもねえ。
笑いが出ちゃうよw

>>232
お前ごときがちょこっとフォトショップいじっただけで出した結論など、屁ほどの価値もないです。
自覚しましょうね。

241 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 23:30:50 ID:qMH3WtZd
>>232
君のフォトショスキルが根拠となりうる合理的理由を説明してください。

242 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 23:32:16 ID:VqHac5U7
>>236
やめろよ!
えなりかずきに物凄い失礼じゃないか!!!!!
こんなやつと一緒にされたらあっちが可哀相だ!

243 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 23:33:26 ID:BnmuLkZ1
>>235
東中野は歴史学者なのか?w

>>238
捏造映画とか写真とか見たけど
あからさまに偽造だって解るレベルでしたが、何か?

244 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 23:33:37 ID:qMH3WtZd
>>239
だって秦ってば曽根日記に引っかかるようなうっかり者なんだもの。

245 :Hi-Sa-Me ◆HiSaMeAei2 :2005/04/11(月) 23:34:06 ID:hCzu73XK
>>232
フリーのpixiaでも十分可能なんですが……
だからといって絶対に処理したといえるわけじゃないんだけど。

246 :恵也 ◆1BgPjyxSE. :2005/04/11(月) 23:36:34 ID:2BChKfrJ
>>182
>紅卍会は日本軍やその他の権力に金貰って生活するようなヘボ団体じゃねえぞ。

普通の状態と混同しなさんな。
この時は、日本軍が全能状態で、南京市が凶行状態の真っ盛り。
日本軍にぶら下がってないと、簡単に殺されんだよ。

>南京陥落後三日目に私は市街を自動車で通りました。それは日本兵
・が卍協会に死体埋葬の相談をしに来たからであります。
・私はどんな様になって居るかを見に出かけました
http://members.at.infoseek.co.jp/NankingMassacre/mondai/maisou.html#m2

247 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 23:36:46 ID:pkY86AzS
>>245
こいつ背景処理すらできないからなんともいえんです。はい。



248 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 23:37:24 ID:BnmuLkZ1
>>240
悪いがなぁ、いまんとこ世界中で南京での大虐殺はあった事として認知されてる
無論日本でもね
なので、無かったと言いたいオマイがそれを世界に証明しなきゃイカンって話

で、オレ様が無かったと思っているから無いんだい
とか言い出すお人なら、そう表明しておいてね
そっとしておいてあげるからって事だよw

249 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 23:37:33 ID:qMH3WtZd
>>243
学者とか学会の言うことは絶対だと権威主義に陥るのはどうかね。

恵也流に言わせてもらうと
シュリーマンは全歴史学者に馬鹿にされたけどトロイの遺跡を発掘した。

250 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 23:40:01 ID:pkY86AzS
>>246
あんたの言っている普通じゃない状態で大本教の教祖出口王仁三郎とかは
蒙古につっこんでいって馬賊とかに捕まって死ぬ直前まで行ってます。

それの兄弟分とされる宗教団体ですが。

251 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 23:40:08 ID:BnmuLkZ1
だから、デジタル技術でやれるから
アナログの切り張りで同じ事がやれた筈なんて言い出さないでね

252 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 23:40:10 ID:qMH3WtZd
>>248
世界中でどう認知されているかはともかく
お前は>>1に反駁する根拠があるのか?

253 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 23:40:28 ID:pn75t4hb
掲示板で大破綻に陥らない戦術として、
恵也氏は、
関係ありそうで、関係ない事象に話題を拡げること、
を金科玉条にされております。
戦車将軍グデーリアンに倣って一点集中ですよ。


254 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 23:41:10 ID:fhv5hh0C
>この時は、日本軍が全能状態で、南京市が凶行状態の真っ盛り。
>日本軍にぶら下がってないと、簡単に殺されんだよ。

この文は「南京虐殺の根拠は南京虐殺」だと言ってるようなモンだな。
トンデモ循環論にまで突き進みましたな。

255 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 23:41:19 ID:pkY86AzS
こいつらなら自分が滅んでもそれで他の人間を救えるならそれをやるのが
神の道と信じて突っ込んでいくでしょう。



256 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 23:41:45 ID:7m8Xw44U
>>248
>>無かったと言いたいオマイがそれを世界に証明しなきゃイカンって話
「あった」と立証されてなきゃ「無かった」なんだけどね
順番が違うねw

257 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 23:41:46 ID:VqHac5U7
>>248
>悪いがなぁ、いまんとこ世界中で南京での大虐殺はあった事として認知されてる
>無論日本でもね
ソースください

>なので、無かったと言いたいオマイがそれを世界に証明しなきゃイカンって話
悪魔の証明って知ってます?w(プゲラ

258 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 23:42:31 ID:pkY86AzS
>>251

出来ますが何かあ?(w
精密カッターや上書きの技術使えば大して変らんよ。

突破する方法もあったしな。

259 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 23:43:14 ID:pYNfT9rQ
>>194
>市内の人口<虐殺人数
>なわけですが、無理矢理こじつければ外部からもってこれば一応説明できます。

ラーベ日記によると、日本軍が南京に迫っている数日間のあいだに、南京周辺で
戦闘に敗北し、部隊が崩壊したと思しき中国兵がかなり南京に流入しているようですね。

もともと100万都市だった南京市(開戦前は125万人、11月に40数万人)
の中にいた中国人は大量に流出し、情勢判断のできない下級兵士たちが統率を失って、
大都市南京へ紛れ込めば生き延びられるかも、と考えるのはごく普通の現象でしょう。

260 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 23:43:44 ID:VqHac5U7
>>246
>この時は、日本軍が全能状態で、南京市が凶行状態の真っ盛り。
>日本軍にぶら下がってないと、簡単に殺されんだよ。

こういう状態だったという証拠プリーズ。
無理ならソースでも勘弁してやる。

261 :Hi-Sa-Me ◆HiSaMeAei2 :2005/04/11(月) 23:45:50 ID:hCzu73XK
>>251
むしろ職人であればアナログのほうが加工できる幅は広いというのを某作家からきいたが、いずれにしてもこの程度ならやってのける職人はいてもおかしくないと思う。
でも実際はどうかわからん。
アナログ手法についてはしろうとだから……

262 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 23:45:52 ID:fhv5hh0C
>>259
普通に考えると統制も取れておらず、食料も十分にもってないであろう
兵士が大量に都市に流れ込んだら、略奪狼藉の嵐が巻き起こるが。

263 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 23:46:38 ID:GS7ICV+z
>>259
>情勢判断のできない下級兵士たちが統率を失って、
>大都市南京へ紛れ込めば生き延びられるかも、と考えるのはごく普通の現象でしょう。

これ、普通に日本軍の攻撃対象にならないか?

264 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 23:46:51 ID:BnmuLkZ1
>>249
だから、シュリーマンばりに全財産傾けて、多大な年数かけて
歴史学者が納得するだけの
南京での虐殺が無かったっつー証拠をあんたが示せば良いだけ

>>252
1山ほどあるじゃん
2戦闘詳報ほか資料
3裁判で証拠提出された写真ってどれ?
4東京裁判資料見直してこい
5安全区の人口≠南京市の人口
6安全区に人が流入してきた=そこ以外の南京市の治安の悪化


265 :恵也 ◆1BgPjyxSE. :2005/04/11(月) 23:48:00 ID:2BChKfrJ
>>194
>市内の人口<虐殺人数

これは間違い。
南京市 >> 南京城区 >> 安全区

であって、安全区の人口が虐殺人口より少ないという、トリックに過ぎない
南京市の戦争前の人口は100万人でした

>今となっては南京アトローシティによる正確な被害統計を得る
・ことは、理論的にも実際上も不可能に近く、あえていえば
”神のみが知る”であろう
http://www.geocities.jp/yu77799/giseisha.html

266 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 23:48:59 ID:pkY86AzS
>>264
1山ほどあるじゃん
2戦闘詳報ほか資料
3裁判で証拠提出された写真ってどれ?
4東京裁判資料見直してこい
5安全区の人口≠南京市の人口
6安全区に人が流入してきた=そこ以外の南京市の治安の悪化


既にバカが暴れまくって証拠として悉く使い物になってないので
なんか別のモンもってこい

267 :Hi-Sa-Me ◆HiSaMeAei2 :2005/04/11(月) 23:50:25 ID:hCzu73XK
>>259
>>262
てことは(市民を守るため等々の目的で)そいつらを殺せば納得できそうな説明はできるな。
いや、強制連行みたいなのを考えてたんだが、そっちのほうがずっとわかりやすいわん。

268 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 23:51:10 ID:0Hji2azs
>>248
なかったことを完全に証明できなければあったこととなるんですか…

「推定無罪」とか、「疑わしきは被疑者に有利」という言葉を聞いたことがないんですか?

こういうような人が冤罪事件の片棒を担いで冤罪になったら知らぬ存ぜぬと答えるんでしょうな

269 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 23:53:22 ID:qMH3WtZd
>>264
論点をすり替えないでください。
権威主義を批判されての反論になっていません。

1検証されていません。
2民間人大虐殺のですか?ソース希望。
3崇善堂の埋葬写真他
4目撃者3人以上のソース希望
5論破済み スレを1から見てください。
6意味不明

もしかして中共の30万人大虐殺を支持してるのですか?

270 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 23:53:39 ID:BnmuLkZ1
>>256
残念ながらあったとは証明されてる、日本も認める南京&東京裁判でw
なので覆すのは無かったと言いたい側

>>257
つことで、無罪であるところの審理に耐えるだけの証拠を出せば
再審ってされるよね

>>258
あのな・・・・精密カッターで「ぼけあし」をどう切り抜くんだ?

複写する時はガラスで押さえるのも基本中の基本
最近のガキンチョでもアニメのセルをどーやって撮影してるかぐらいは見てるだろ?

271 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 23:54:17 ID:0Hji2azs
>>265
> であって、安全区の人口が虐殺人口より少ないという、トリックに過ぎない
> 南京市の戦争前の人口は100万人でした
ってかいてあるけどさー、
> 今となっては南京アトローシティによる正確な被害統計を得る
> ・ことは、理論的にも実際上も不可能に近く、あえていえば
> ”神のみが知る”であろう
ここがソース?w

272 :Hi-Sa-Me ◆HiSaMeAei2 :2005/04/11(月) 23:54:42 ID:hCzu73XK
>>265
ごめん、実はただの>>1の脊髄反射レスだったりする。
ただ、人口の約三割だよな……
死体の処理は外部に流さないと危険だ。

273 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 23:58:24 ID:pkY86AzS
>>268
>あのな・・・・精密カッターで「ぼけあし」をどう切り抜くんだ?
>
>複写する時はガラスで押さえるのも基本中の基本
>最近のガキンチョでもアニメのセルをどーやって撮影してるかぐらいは見てるだろ?

だから。
そのガラス何枚重ねても基本的には問題なさそうですが?
薄くすればいいんでしょ?あとは光の反射とかその程度っすよ。

また、「ぼけあし」はたぶん切り抜かんな。

274 :日出づる処の名無し:2005/04/11(月) 23:58:57 ID:qMH3WtZd
>>270
極東軍事裁判は日本も連合国も認めていません。
詳しくは>>89以降(前々スレ900以降のコピペ)を読んでください。

275 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 00:00:01 ID:2YpoLCAT
>>270
>>256
悪魔の証明ですね
逃げちゃイカンなw

276 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 00:00:32 ID:KSITGyM8
作家 火野葦平が目撃した南京の惨劇
誰にも申し開きのできない捕虜虐殺の模様です。
以下引用
つないで来た支那の兵隊を、みんなは、はがゆさうに、
貴様たちのために戦友がやられた、こんちくしよう、はがいい、とか何とか云ひながら、蹴つたり、ぶつたりする、
誰かが、いきなり銃剣で、つき通した、八人ほど見る間についた。
支那兵は非常にあきらめのよいのには、おどろきます。たたかれても、
うんともうん(ママ)とも云ひません。つかれても、何にも叫び声も立てずにたほれます。
中隊長が来てくれといふので、そこの藁家に入り、恰度、昼だつたので、飯を食べ、表に出てみると、
既に三十二名全部、殺されて、水のたまつた散兵濠の中に落ちこんでゐました。山崎少尉も、一人切つたとかで、首がとんでゐました。
散兵濠の水はまつ赤になつて、ずつと向ふまで、つづいてゐました。僕が、濠の横に行くと、一人の年とつた支那兵が、死にきれずに居ましたが、
僕を見て、打つてくれと、眼で胸をさしましたので、僕は、一発、胸を打つと、まもなく死にました。
すると、もう一人、ひきつりながら、赤い水の上に半身を出して動いてゐるのが居るので、一発、背中から打つと、
それも、水の中に埋まつて死にました。泣きわめいてゐた少年兵もたほれてゐます。壕の横に、支那兵の所持品が、すててありましたが、日記帳などを見ると、
故郷のことや、父母のこと、きようだいのこと、妻のことなど書いてあり、写真などもありました。戦争は悲惨だと、つくづく、思ひました。
ソースhttp://www.geocities.jp/yu77799/hinotegami1.html

277 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 00:01:00 ID:BnmuLkZ1
>>269
1検証されてないってどこから出てきたネタだ?
2中国人への虐殺行為
3で、その証拠写真で裁判が確定したとか
 その写真故に南京での虐殺があったとか言い出してる歴史学者はドコに?
4東京裁判資料
5安全区の大きさに対し南京市の大きさがどれぐらいだったか知ってるか?
6増えたのは安全区の人口

日本が認めた範囲の南京での虐殺は、あったろうと思ってるよ

278 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 00:01:50 ID:eQ4i0tDl

>日本が認めた範囲の南京での虐殺は、あったろうと思ってるよ

30万か?

279 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 00:02:45 ID:uT/3QOrV
>>277
手抜きしないでソースを提示してください。

280 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 00:03:36 ID:VqHac5U7
すげえ、恵也に次ぐバカが舞い降りたぞwww

>>270
>残念ながらあったとは証明されてる、
いいえ。全然。

>日本も認める南京&東京裁判でw
とっくに撤回しました。屁理屈叩くにしたって過去ログくらい読め

>なので覆すのは無かったと言いたい側
悪魔の証明も知らないのか。呆れた。議論する立場にすらないな。

>つことで、無罪であるところの審理に耐えるだけの証拠を出せば
>再審ってされるよね
いや全然返事になってない。逃げないでソース出して

281 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 00:03:46 ID:9eMvPSuO
>>262
>>259
>普通に考えると統制も取れておらず、食料も十分にもってないであろう
>兵士が大量に都市に流れ込んだら、略奪狼藉の嵐が巻き起こるが。

とりあえずは80万人ほどの流出市民の留守宅から、間に合わない兵士は
その辺の人間から平民服を奪い合っていたという記述は読んだことあるな。
窃盗、強奪には違いないが、即座に死刑というほどの罪ではないでしょう。
普通の刑法だったら生命保存のための緊急避難で違法性が阻却されるし。

>>263
>>259
>>情勢判断のできない下級兵士たちが統率を失って、
>>大都市南京へ紛れ込めば生き延びられるかも、と考えるのはごく普通の現象でしょう。

>これ、普通に日本軍の攻撃対象にならないか?

南北戦争の頃だとソルダ・オー・コンバといって、攻撃しても交戦法規違反
にならなかったけど、1899年以降は違法。

282 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 00:06:03 ID:uT/3QOrV
もうね、スレも読まずに一から疑問を提示するのは勘弁してもらいたいね。

283 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 00:06:42 ID:MobPnhx9
>>273
オマイ、何のためにガラス重ねると思ってるんだ??
まさか、フォトショのレイヤー代わりだとか思っているんじゃ無いだろな???
つーか、暗室作業からやってこい とか言っちゃうぞマジでw

>>274
否定したも同然とかいう妄想しか聞いたことありませんが、何か?

>>275
殺人なんかやってないと言う証明を重ねて再審にも持ち込んでる方もいるから
まぁ、くじけすオマイも頑張るんだよ。

284 :Hi-Sa-Me ◆HiSaMeAei2 :2005/04/12(火) 00:07:40 ID:TydFtjOq
>>278
日本が具体的にどこどこまでは認めるよーみたいなことってあったか?
少なくとも30万人は後ででてきた資料等の数字だから多分最高でも20万人じゃないか?

285 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 00:08:22 ID:uT/3QOrV
>否定したも同然とかいう妄想しか聞いたことありませんが、何か?
これじゃ反論になってないよ。


286 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 00:08:55 ID:MobPnhx9
>>280
いったい何時日本政府が東京裁判の受諾を否定したんだ?w

で、殺人なんかやってないと言う証明を重ねて再審にも持ち込んでる方もいるから
まぁ、くじけすシュリーマン目指してオマイも頑張るんだよw

287 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 00:10:08 ID:2YpoLCAT
>>286
>>275

288 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 00:10:39 ID:3gsiQla0
>>282
それが手口だろ。
「主張する→論破される→何事もなかったかのようにまた同じことを主張(過去ログなんて読まない)→論破される→エンドレス」
こうすれば、いつまでたっても肯定派ががんばっているように見える。
それで何も知らないパンピーを騙そうってわけだ。

>>283
お前は肯定派なのか否定派なのかよくわからんやっちゃな。

289 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 00:10:48 ID:uT/3QOrV
>いったい何時日本政府が東京裁判の受諾を否定したんだ?w

929 :日出づる処の名無し :2005/04/05(火) 13:13:54 ID:LU5rmTix
BC級戦犯に関する衆議院決議の田子一民議員趣旨説明(「官報号外」昭和27年12月9日)
「 およそ戦争犯罪の処罰につきましては、極東国際軍事裁判所インド代表パール判事によりまして有力な反対がなされ、
また東京裁判の弁護人全員の名におきましてマツカーサー元帥に対し提出いたしました覚書を見ますれば、裁判は不公正である、
その裁判は証拠に基かない、有罪は容疑の余地があるという以上には立証されなかつたとあります。
……また外地における裁判について申し上げましても、裁判手続において十分な弁護権を行使し得なかつた関係もあり、
また戦争当初と事件審判との間には幾多の時を費しまして、あるいは人違い、あるいは本人の全然関知しなかつた事件もあると聞いておるのであります。」



290 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 00:11:28 ID:MobPnhx9
>>284
東京裁判では約2ヶ月間に南京市と近郊で10万以上ないし20万以上って認定だったから
日本が認めてるのはその範囲

291 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 00:14:10 ID:YR328Qkp
魔王(恵也センセイ)を倒してもいずれまた第二第三の魔王が現れる…ってか。

292 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 00:14:34 ID:MobPnhx9
>>289
古い古いw
平成13年の小泉答弁で東京裁判を受諾してると言ってますけど

293 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 00:15:31 ID:Z0Ndw+vc
>>281
>1899年以降は違法。

そうだったのか。
てっきり、武器とか持ってたら撃ち殺しても構わないかと思ってたが。
日本軍も迷惑な相手を前にして苦労してたんだろうな。

294 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 00:16:32 ID:uT/3QOrV
>>292
でも連合国がこの決議による戦犯赦免要求に同意したのは事実ですから。

>平成13年の小泉答弁で東京裁判を受諾してると言ってますけど
念のため、ソース希望。

295 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 00:16:53 ID:3gsiQla0
>>291
過去ログとか完全にスルーして、何事もなかったかのように主張し始めるからね・・・。
何度論破しても何事もなかったかのように復活する。たとえるならゾンビ。

296 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 00:17:23 ID:rZ4BO8Tl
>>292
河野も宮沢も「慰安婦強制連行」を認めましたが何か?

297 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 00:18:25 ID:eQ4i0tDl
>>283

はあ?暗室に戻れ?
要するに写真を「複写」すればいいだけやろ。

まさか暗室で再度合成でもする気か?



298 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 00:21:14 ID:BkRKFMdK
名無しの恵也だな。

299 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 00:22:21 ID:MobPnhx9
>>294
日本が赦免要求を決議しただけで、同意したのは早期釈放
特赦でも恩赦でもない、罪を無かった事にする訳でもない
早めに釈放するってだけの行為に反対する謂われはない

ググレ、辻元で出てくるからw

>>296
だから最近でも、裁判でも強制にあたるとか判断されてたじゃん

300 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 00:22:39 ID:11+8A948
慰安婦という売春制度に謝罪したんだよ。
女子挺身隊は売春組織じゃないよ。

301 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 00:24:29 ID:MobPnhx9
>>297
だからガラス板を何枚も何のためにのせるんだ?

で、そーいう基本的な事からおべんきょし直せやゴルァの
嘗ての業界用語ですよw

302 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 00:25:20 ID:9eMvPSuO
>>293
>>281
>>1899年以降は違法。

>>日本軍も迷惑な相手を前にして苦労してたんだろうな。

自衛隊員もたとえばPKO出動の際に指揮系統が壊滅し、武装勢力に包囲さる
ということがあり得る。

このときに、武装勢力が「捕虜ヲ採ラヌ方針(=殺される)」であると信ずるに足る
十分な理由があれば、制服を脱いで民間服に着替え、武器なしで民間人に紛れる
という選択肢を認めてあげるべきでしょう。いくらなんでも「靖国で会おう」路線を
強要するのは酷だな。

303 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 00:26:08 ID:uT/3QOrV
>>299
そんな手抜きをしないできちんとソースを提示してください。

304 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 00:28:19 ID:3gsiQla0
>>299
>日本が赦免要求を決議しただけで、同意したのは早期釈放
>特赦でも恩赦でもない、罪を無かった事にする訳でもない
>早めに釈放するってだけの行為に反対する謂われはない
ソース。

305 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 00:29:10 ID:rZ4BO8Tl
>>299
> だから最近でも、裁判でも強制にあたるとか判断されてたじゃん

歴史を知らない小泉や河野や宮沢と同レベルの判決に何の意味がある?

306 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 00:30:41 ID:MobPnhx9
>>303
うだうだ言える余地残してあげないと
オマイら他にする事ないでそ?w

つか、もう何度も何度も、あちこちで見たり、自ら貼ったりもしたから
もう飽きた、つかいい加減にこーいう基礎は
仕入れてから来てよ、頼むから

307 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 00:31:27 ID:Z0Ndw+vc
>>302
>制服を脱いで民間服に着替え、武器なしで民間人に紛れる
>という選択肢を認めてあげるべきでしょう。いくらなんでも「靖国で会おう」路線を
>強要するのは酷だな。

酷かもしれない。けど、軍隊に緊急避難を認めてしまったら、それはそれでシャレにならない。


308 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 00:31:36 ID:3gsiQla0
ななし恵也キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!

>>306
ソース出せない言い訳にしてはお粗末ですね(プ

309 :Hi-Sa-Me ◆HiSaMeAei2 :2005/04/12(火) 00:31:59 ID:TydFtjOq
>>299
確か
違法性は認めるけどなんとか条約で提訴する権利はないから請求は無効だよーん
ってやつだっけ?

最近のことなのにもう忘れ寺。

310 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 00:33:34 ID:3gsiQla0
>>309
違法性のある裁判にどうして信憑性があるんだって話だよな

311 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 00:33:39 ID:MobPnhx9
>>304
保釈の決議、国会議事録サーチしてこい

>>305
いちおー日本は法治国家なんで、日本人なら判決を尊重しようねw

312 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 00:34:44 ID:eQ4i0tDl
>>301

合成したのをそのまんま複写しても筆跡が残って?目立つんでしょ?
ならとりあえずそれを消せばいいだけの話でしょが。しかもあの時代の写真で。

加工した写真そのものをガラス1枚か2枚挟んで、そのガラスにある程度の
加工してぼかせればそれで突破できると見てますがねえ。
照明と撮影が難しいけどさ。


313 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 00:35:27 ID:uT/3QOrV
>>306
もしかして辻本清美の単なる発言が根拠だったのでしょうか?
それではあんまりな根拠ですねw

314 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 00:36:06 ID:3gsiQla0
>>311
>保釈の決議、国会議事録サーチしてこい
逃げ口上はいいからさっさとソース出せ。

>日本人なら判決を尊重しようねw
「正しい」判決ならな

315 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 00:37:11 ID:3gsiQla0
>>313
ソース出さずに言い訳コネて逃げてるところをみると、どうやらそうらしいな

316 :Hi-Sa-Me ◆HiSaMeAei2 :2005/04/12(火) 00:38:35 ID:TydFtjOq
だめだ、携帯じゃぐぐるのメドイさんorz

とりあえず塗装会社や詩人は関係ないよな?

317 :日出づる処のエドワード:2005/04/12(火) 00:41:02 ID:BJTbESLc
いわゆる「チョセン人強制連行」「従軍いわん婦」「南京ビッグ虐殺」は
ペテン左翼、シナ・チョセン人の3種の神器なのでそれらの虚構は中世の
地動説の如く、絶対に認められないものなのです。 普通の人なら
「大きな不幸」が実際になかったと聞けば、「ああ、よかった」と思う
のですが、連中はそういうふうには考えません。彼らは自分以外の他者を
裁かずには平和でいられない低脳だからです。



318 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 00:42:15 ID:BkRKFMdK
絶好調時→コテ。

吊るし上げ時→名無し。無理な語尾。辻本シンパ。

319 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 00:43:15 ID:uT/3QOrV
>>311
国会議事録を検索しましたがソースはありませんでした。
ID:MobPnhx9の説明がなければ虚言と言うことでスルーしていいでしょう。

320 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 00:44:00 ID:MobPnhx9
>>312
やれるとみてるんなら、もう良いからやってみw
レンズとピントには気をつけるんだよ

>>313
辻元の質問への小泉の答弁

>>314
やだw こーやって引っ張ればまた明日もオマイらと遊べるじゃん
つか、マジ知りたいなら検索してみそ
釈放するための決議とか、施行とかちゃんと解るから

で、オレが正しくないと思う判決には従わなくていいなんて
やー近年まれにみる立派なアナーキストですねw

321 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 00:45:28 ID:MobPnhx9
>>319
おやおやw
で、昭和何年の衆参どっちで検索したんだ?

322 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 00:45:33 ID:uT/3QOrV
>>317
あの・・・地動説は認めないとまずいんじゃないでしょうかw

323 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 00:45:59 ID:5mA9rxCC
http://post.baidu.com/f?ct=&tn=&rn=&pn=&lm=&sc=&kw=%BF%B9%C8%D5&rs2=0&myselectvalue=1&word=%BF%B9%C8%D5&tb=on
ふざけた中国の抗日サイト

324 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 00:46:45 ID:uT/3QOrV
>>321
何かを主張するなら自分でソースを提示してください。
当然のことではないですか?

325 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 00:49:13 ID:uT/3QOrV
南京大虐殺はなかった。ソースはお前がぐぐれといえば>>321はソースを探しますか?

326 :302:2005/04/12(火) 00:49:31 ID:9eMvPSuO
>>307
>酷かもしれない。けど、軍隊に緊急避難を認めてしまったら、それはそれでシャレにならない。

遅くとも国際連盟成立以降の武力行使の目的は、可能な限り少ない人命と資産の毀損、および
最小限の費用で紛争を終結することだから、戦闘から外れた兵士(ソルダ・オー・コンバ)
が緊急避難を行って自己保存をすることわ合理的です。

というか、これは田岡良一説だが、1837年の英植民地カナダと米国の間での
カロライン号事件で、戦闘にかかわる行為について緊急避難あるいは正当防衛が法理
として適用されてますね。

自衛隊員の自己保存権はシャレじゃないです。

327 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 00:49:38 ID:MobPnhx9
>>324
だから検索してみたんだろ?
探し方間違ってるならそれを教えてやるから

簡易検索だったのか?、何年から何年の
衆参どっちで検索したか言ってみ

328 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 00:51:50 ID:MobPnhx9
>>325
ちゃんとある国会決議をサーチの場所まで教えてますけど?

南京での虐殺が無かったのかいう、オマイの脳内理解をサーチするよね
夢の検索システムは、今も未来にも無いんだよw

329 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 00:52:08 ID:eQ4i0tDl
>>320

そういうお前さんはどうみてるんだいw

つうか、国の力かけて、その程度の捏造写真すら出来ないと主張するのは
ふつうおかしいと思わないか?

330 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 00:54:34 ID:uT/3QOrV
>衆参どっちで検索したか言ってみ
お断りします。
ソースの提示がなければID:MobPnhx9 の主張は無根拠と言うことになります。

331 :Hi-Sa-Me ◆HiSaMeAei2 :2005/04/12(火) 00:56:38 ID:TydFtjOq
>>320
すまん、何月何日の答弁だ?
なんか無関係のことをひいていったら候補がなくなった。

332 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 00:56:52 ID:MobPnhx9
>>329
東中野が主張する写真の偽造は、写真技術について知る者なら
当時の中国の技術レベル、また器機ではあり得ないと断言できるからね


333 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 00:59:25 ID:eQ4i0tDl
>>332
あたしゃ東中野氏の件については断定はしてないからねえ。

334 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 00:59:49 ID:uT/3QOrV
>>331
無理でしょ。嘘ですから。

335 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 01:00:57 ID:Z0Ndw+vc
>>326
ふむ。なるほど。

>>302
"武装勢力が「捕虜ヲ採ラヌ方針(=殺される)」であると信ずるに足る十分な理由があれば"

この状態で民間人に紛れるのは被害拡大もいいところだと思ったのだけどね。
でも、それがOKだというなら仕方ないのかな。

336 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 01:01:53 ID:MobPnhx9
>>331
平成13年7月10日つかちゃんと検索してんだ ご褒美
ttp://www.shugiin.go.jp/itdb_shitsumon.nsf/html/shitsumon/b151121.htm

>>330
オマイは、ちゃんと調べて出直せ
1955年7月「戦争受刑者の即時釈放要請に関する決議」


337 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 01:03:10 ID:uT/3QOrV
>>336
最初から素直に出せばいいのにw
なんで人にやらせようとするかな。

338 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 01:03:14 ID:BkRKFMdK
MobPnhx9 は恵也。間違いないw

339 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 01:06:06 ID:MobPnhx9
>>337
ちゃんと調べようというヤシとはそれなりに議論するさ

検索もせん呆けが、適当に検索したとかいう戯言に
付き合う必然を感じないだけ

340 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 01:07:48 ID:uT/3QOrV
>>339
何かを主張するなら自分でソースを提示してください。
当たり前でしょ。

341 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 01:09:17 ID:eQ4i0tDl
>>338
なんだかよく判らんが、これを潰せばいいのか?

というかさあ。あの東中野氏の写真云々の前にさ、
証拠として出自・目的・場所・時間がはっきりとしている写真なんざ数少ないやろ。
南京虐殺以前の問題だと思うがな。



342 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 01:11:16 ID:MobPnhx9
>>340
検索もしないで検索したとか言い出す、あからさまな嘘吐きに
真面目にソース提示して、議論する気にはなれませんって話

343 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 01:12:14 ID:eQ4i0tDl
>>342

なんだ、要はえなりか

344 :Hi-Sa-Me ◆HiSaMeAei2 :2005/04/12(火) 01:13:05 ID:TydFtjOq
>>336
dクスコ
この答弁では四にあるところは
極東裁判で有罪になったのは事実←極東裁判の判決は受理
→政府として有罪を認定
って解釈でいいのかな?

345 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 01:13:57 ID:eQ4i0tDl
本当だ、IDが変ってから一回も出てきてない

346 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 01:14:29 ID:uT/3QOrV
戦争受刑者の即時釈放要請に関する決議
を読みましたが全く罪を認めていません。
それどころか極東軍事裁判の不当性を訴えていますw

つーわけでID:MobPnhx9の言うことに根拠がないことが判明しました。

347 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 01:14:41 ID:YR328Qkp
何かだんだん口調が恵也センセイみたいになってきたな。

もしかして?

348 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 01:16:30 ID:eQ4i0tDl
えなりだとすると、先ほどの偽造方法で写真できる可能性がかなり高くなるな(w

349 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 01:16:58 ID:BkRKFMdK
無理に半角使ってw
不自然極まりないわなw

350 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 01:17:49 ID:uT/3QOrV
>>342
ちゃんと保釈の決議と辻本で検索しましたよ。
これは大変な親切だと思いますw

主張する側が根拠を提示するのは全世界共通のマナーでしょうw
何かを主張しておいて相手に根拠を探せとは気違いの類としか思えません。

351 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 01:22:26 ID:eQ4i0tDl




                          止まった。





352 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 01:23:07 ID:uT/3QOrV
これで出るかな?
戦争受刑者の即時釈放要請に関する決議by国会議事録
http://kokkai.ndl.go.jp/cgi-bin/KENSAKU/swk_dispdoc_text.cgi?SESSION=23160&SAVED_RID=1&SRV_ID=2&DOC_ID=823&MODE=1&DMY=23216&FRAME=3&PPOS=5#

353 :Hi-Sa-Me ◆HiSaMeAei2 :2005/04/12(火) 01:23:49 ID:TydFtjOq
>>346
まんまで検索したら(当方の携帯では)約6件ヒット。
どうやら三回もおこなわれたらしい。

354 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 01:25:10 ID:eQ4i0tDl
>>353
国会議員の人も働いているんですね

355 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 01:27:42 ID:uT/3QOrV
>299 :日出づる処の名無し :2005/04/12(火) 00:22:21 ID:MobPnhx9
>>>294
>日本が赦免要求を決議しただけで、同意したのは早期釈放
>特赦でも恩赦でもない、罪を無かった事にする訳でもない
>早めに釈放するってだけの行為に反対する謂われはない
>
>ググレ、辻元で出てくるからw

これは大変な大嘘だったわけですねw

356 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 01:28:25 ID:BkRKFMdK
行き詰まると、便衣兵になるから要注意!

357 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 01:30:54 ID:5YNLiJQw
>>342

なんだ、要はえなりか


358 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 01:34:50 ID:eQ4i0tDl
便衣兵になるケースがあることを環境電力板などの各国に伝達して
有事の際に連携した行動を取るようなガイドラインを作成する必要があります

359 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 01:37:22 ID:BkRKFMdK
>>358
多分みんな知ってると思うw
コテ変えたこともあったみたいだしw

360 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 01:38:57 ID:eQ4i0tDl
どうせだから事後法使ってみようか(w

361 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 02:14:15 ID:SqCUFn64
>>276
「一般市民無差別虐殺」とは次元の違う話ですね
(その支那の兵士が便衣化してるか否か不明だが)

誰にも申し開きのできない日本兵正規捕虜虐殺の模様です。
http://web.archive.org/web/20021016075931/www.geocities.com/lovael/Ymtcnn.htm

362 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 02:16:39 ID:ebo/wRsk
このスレには関係無い事なのかな(´・ω・`)
まだ出てないようなので (=゚-゚)ノ□ペタッ

太平洋戦争の終戦前後に連合国軍の東南アジア最高司令官だった英海軍のマウントバッテン提督が、東条英機元首相ら「A級戦犯」を裁いた1946〜48年の極東国際軍事裁判(いわゆる東京裁判)の開催を誤りと批判していたことが10日までに判明した。 
  
 東南アジアにおける対日戦の最高指揮官だった英軍首脳による東京裁判批判が終戦60周年の節目に明るみに出たことで、同裁判の正当性をめぐる日本国内の議論に一石を投じそうだ。 
 英国立公文書館に保管されている48年の同国政府文書によると、マウントバッテン提督は、当時進行中だった東京裁判を念頭に、 
「軍は純粋に政治的な性格の裁判にかかわるべきでない」 
と主張し、日本の戦争指導者を戦犯裁判にかけることに反対を表明した。  

ソース 時事通信 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050411-00000214-jij-int 



363 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 02:19:40 ID:SqCUFn64
>>332
東中野の本でコラージュによる偽造なんて幾らもないじゃん。
それでも戦車が建物に向かって火を吹いてるのとかあからさまな偽造だけどね。

364 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 03:35:31 ID:/lXtezXz
基地外な国に旅行に行くことを全面的に規制してほしい
理由は「危ないから」ってことにして・・・
一番平和的に相手にダメージをあたえれるんじゃないっすか?

てか優秀な日本国民の皆さんは
あんな基地外な国に旅行なんて一生行こうなんて思わないでしょうが・・・


365 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 04:45:27 ID:JkWir1cb
東中野って、松尾君の作業を横取りして、松尾君には「大学教授でも無いくせに
生意気言うな」と恫喝したセコイおやじですか?

366 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 07:00:15 ID:IYsKFwt+
セコいというかショボいなw

367 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 07:09:44 ID:LPvg1VQT
今回のデモとその後の政府対応見れば
どっちの民族が異常か良く分かる

368 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 07:41:34 ID:i2Adh7+j
JkWir1cb=IYsKFwt+

369 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 08:03:27 ID:EBFct/Lk
ある日本人女子大生の認識
 ↓
南京大虐殺やらなにやら、あんなに歴史上にでかでかと残ってしまうのならば事実にあったのでしょう。さっさと謝罪やら補償やらすればいいと思う。そのほうがいいお付き合いができるんじゃないか。やっぱり利害関係からんでるとそれはムリな話なんだろうか。

http://d.hatena.ne.jp/purpleblossum/20050411


370 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 08:15:13 ID:i2Adh7+j
そういうのにトラックバックで1から説明すんのめんどい

>事実にあったのでしょう。
便衣化兵の処刑は合法なので>>276のように公然と行われた
それは外国人も日本人記者も見ている。そういう事実はあったといえる。
それがハナシが膨らんで南京大虐殺になったのでしょう。

371 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 08:40:18 ID:3gsiQla0
>>355
ウソがバレた瞬間、名無し恵也逃亡wwwwww
マジワロスwwwwwwwwやっぱこの逃げは恵也だわwwwww

372 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 09:14:48 ID:mto42dtF
>>370
処刑の対象になったのが、
便衣兵だけではないのも問題

373 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 09:18:33 ID:C+8rIPl9
火野葦平のは便衣化兵ではない(南京でのことではない)
南京含めた従軍中彼にとって一番衝撃だった出来事がこれなのだろう。
捕虜処刑が常態化していることを示すものではない。

374 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 09:31:52 ID:C+8rIPl9
リンドバーグ著・第二次大戦日記、より
「翼よ、あれがパリの灯だ」で有名な初の大西洋横断飛行の
チャールズ・A・リンドバーグ氏が従軍した時の日記(記録)

1944年6月21日(水)
偵察隊の一人が日本兵”捕虜”に煙草と火を与えた。煙草を吸い始めた途端に
日本兵”捕虜”の頭部に腕が巻きつき喉元が「一方の耳元から片方の耳元まで
切り裂かれた」のだった

1944年6月26日(月)
ニューギニア戦線で2000人の日本人捕虜を飛行場に連れて行き
機関銃を乱射して殺害しました。

1944年7月24日(月)
そこには1人の日本軍将校と十人〜12人の日本兵の死体が、切り刻まれた
人体だけが見せるような身の毛もよだつ姿勢で四肢を伸ばしたまま
横たわっていた。頭蓋骨を覆う僅かな肉片だけが残っている。

1944年8月6日(日)
「オーストラリア軍の連中はもっとひどい。日本軍の捕虜を輸送機で南の方に
送らねばならなくなった時のことを知っているかね?あるパイロットなど
僕にこう言ったものだ・・・。捕虜を機上から山中に突き落とし
ジャップは途中でハラキリをやっちまったと報告しただけの話さ」

1944年8月30日(水)
タラワ島・・・・「英語を話せる者は尋問のため、連行されあとの連中は
一人も捕虜にせず虐殺した」という。

375 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 09:32:38 ID:7be3j2cx
南京事件と戦時国際法
http://www.kokusairinri.org/database/21.html
http://www.kokusairinri.org/database/22.html


376 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 09:39:34 ID:7be3j2cx
>>372
兵士でなかった人は返したらしいよ

377 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 09:47:24 ID:+8fD1ftm
中国人は、氏ね!

378 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 10:11:47 ID:VG1cV58A
■■「投影」について■■

心理学の言葉。
例えばケチな人間が、自分のケチを認められない時に、他人のケチな部分を拡大して
見てしまう・・・というような事。己の姿を他者に「投影」してしまうのである・・・。
中国人や朝鮮人の場合、己の残虐さを日本軍に「投影」する事が通常になっている。

★例@・・・「済南事件」の場合

■済南事件で中国人に虐殺された日本人の検死写真を・・・
http://www2u.biglobe.ne.jp/~sus/horrible.htm
■なんと!「731部隊の人体実験」として蝋人形にして展示する中国人!
ttp://www.geocities.co.jp/SilkRoad/3921/china12-3.jpg

★例A・・・「凌遅刑」の場合

■白黒写真ですが、それでもグロです。閲覧注意!
ttp://japanese.joins.com/transboard/jp_bbs/content.html?tname=history&num=2959&page=1&startpage=1&oDest=num&sc=desc
■画像のみのURL。閲覧注意!
ttp://japanese.joins.com/transboard/jp_bbs/../upfile/01.jpg
■リンク先より抜粋
>これが、中国の死刑の方法である。
>併合前の韓国は中国の処刑を手本にしていた。
>「凌遅刑」と呼ばれます。
>この後、この男は周りの人たちに、肉を切られ食べられました。

「凌遅刑」とは「なるべく苦痛を与えるようにゆっくり時間をかけて殺す刑」という意味です。
その為に止血までして、念入りに苦痛を与えました。
こうした残酷さを中国人は日本人に「投影」しました。
日中戦争の時に描かれた「日本人が中国人に凌遅刑を行なっている」という、絶対にあり
えない反日漫画が日本の歴史教科書に掲載された事もあるのです。

379 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 10:13:10 ID:VG1cV58A
■■三光作戦について■■

捏造で他者を告発するとき、おのれの本性を告白してしまうという喜劇はよくある。

その日本人が、かつて「焼きつくし、殺しつくし、奪いつくす」という三光作戦を行ったと、
現行の歴史教科書は教えている。ご存知の方も多いと思うが、これは日本軍の作戦では断じてない。
「光」と言う字に「〜しつくす」と言う意味は日本語には無く、この作戦はもともと中国の作戦
なのである。この点に関しては、中華民国の辞典、「増訂中共術語彙解」(1977年増訂再版)
には、三光作戦は「中国共産党が行った作戦」と書いてあり、逆に中共側の「中国人民術語辞典」
(1950年)には、「国民党反動派軍隊が解放区に向かって攻撃した際の作戦」と書いてある。
と言う事は、いずれが正しいにしても、三光作戦は「日本軍とは無関係」なのである。
ttp://wwwi.netwave.or.jp/~mot-take/jhistd/jhist5_2.htm

日本兵の非人間性を強調するために、幼児を空中へ放り上げて落ちてくるところを銃剣で刺し殺すと
いつた話まで作り出してゐるが、中国の『蜀碧』といふ書には、これが中国の伝統的な子供の殺し方
の一つであると書いてある。これは中国の風習であつて、絶対に日本の風習ではない。ここでもまた
中国人は日本人に仮託して自らの嗜虐性を語つてゐるのである。
ttp://www.nipponkaigi.org/index.htm
     ↓
「わたしたちの主張 」の{3}歴史・教育・家庭問題→「南京大虐殺の真実とは何か」 に書いてある。


380 :恵也 ◆1BgPjyxSE. :2005/04/12(火) 10:21:28 ID:XUu6IHjW
>>370
>便衣化兵の処刑は合法なので>>276のように公然と行われた

便衣兵の処刑は合法じゃありません。
合法というなら、一般市民を便衣兵の疑いがあるとしてどれだけでも
処刑できます。
一般市民を殺さない為の法が、便衣兵の処刑を合法とするのはおかし
な理論

何の為、法を作ったのか考えなさい。
一般市民を殺さず、降伏した兵士を殺さない為の法なんだよ。
合法、不法の前に、何のために法を作ったのか根源的なところを考えな

それにhttp://www.geocities.jp/yu77799/hinotegami1.html
は正規兵の捕虜処刑で、便衣兵ではありません。

もうこの頃の日本兵には、武士の情けも何も無かったんでしょうな。
捕虜の処刑が常態化して、将校がそれを止めようとする雰囲気さえない。
復讐心の塊かな。


381 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 10:30:12 ID:C+8rIPl9
>>380
だから南京含めた従軍中彼にとって一番衝撃だった出来事がこれなのだから
捕虜の処刑が常態化している根拠にはならんのよ。
つまり彼は南京大虐殺なんて知らないってことじゃん。
だいたい南京じゃないから、南京事件じゃないじゃん。
じゃあ>>374みたいなのは何事件なんだよ?


382 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 10:32:07 ID:Z0Ndw+vc
>>380
>便衣兵の処刑は合法じゃありません。

一応、確認してもいいかな。これって、処刑方法が違法という意味だよね。
(個人的には、便衣兵が法で守ってもらおうと考えるだけでも甘えてるとは思うが・・)


383 :恵也 ◆1BgPjyxSE. :2005/04/12(火) 10:33:32 ID:XUu6IHjW
>>374
>リンドバーグ著・第二次大戦日記、より

これは本当のことだと思うよ。
どこの国にも凶暴な連中はいるが、それを抑えるべき将校が凶暴では
暴走するのが当然。
インディアンの真似をして、人間の頭皮を記念に持って帰ったアメリカ
兵もいるという。どこにもキチガイはいるもんだ。

しかし戦勝国の兵隊を処罰する手段が無いのが、苦しいとこだがな。
逆に南京攻撃した軍隊の中にも、冷静な将校はいたと思うが司令部の
捕虜処刑命令が出ては、従わざるを得なかったかも。

384 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 10:37:33 ID:C+8rIPl9
>>380
そのように一般市民が巻き込まれてしまう結果を引き起こすから
便衣兵は厳しく禁止されているんだが。
何の為、法を作ったのか考えなさい。

385 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 10:42:36 ID:C+8rIPl9
捕虜ハセヌ方針が捕虜処刑命令かよ
捕虜処刑命令がでてるなら上海に使役に送った捕虜たちはなんなんだ?

386 :日出ずる処の名無:2005/04/12(火) 10:43:04 ID:+WaxO0e/
>380
>もうこの頃の日本兵には、武士の情けも何も無かったんでしょうな。
>捕虜の処刑が常態化して、将校がそれを止めようとする雰囲気さえない。
>復讐心の塊かな。
勝手な思い込みは危険です。当事は、まだまだ我邦軍は規律・戦意共に高揚しており、
武士の情けも大いにあった時期です。
捕虜の処刑については、指令が無ければ一平卒では何もできません。
恵也氏も、もっと自国の軍隊について勉強すべきです。



387 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 10:43:07 ID:YR328Qkp
恵也センセイ復活!


やっぱ昨晩のあれって…。
(´дヒソ(´д`)ヒソд`)

388 :恵也 ◆1BgPjyxSE. :2005/04/12(火) 10:48:32 ID:XUu6IHjW
>>379
>三光作戦を行ったと、現行の歴史教科書は教えている。ご存知の方
>も多いと思うが、これは日本軍の作戦では断じてない。

あなたはバカ!
日本軍の作戦用語では、ジンメツ(尽滅)作戦といってたれっきとした
作戦なんだよ。
もちろん戦時中の日本国内には、こんな作戦内容はマスコミには出されない

「軍部に反感を抱かしむる虞ある事項 」「惨忍の感を与ふる事項 」は
警察から厳重に検閲されてるんだから。

やられたほうの中国人はこれを三光作戦と読んでただけの話。
今では三光作戦が日本語の地位を持ってしまっただけのことだ。

>メディア統制
・1928年5月21日 内務省警保局長より各庁府県長官宛通牒 「軍事
・活動写真フィルム検閲に関する件」
http://www31.ocn.ne.jp/~hinode_kogei/DATA.html

389 :恵也 ◆1BgPjyxSE. :2005/04/12(火) 10:52:02 ID:XUu6IHjW
>>384
>便衣兵は厳しく禁止されているんだが。

便衣兵が厳しく禁止されてる法を出しなさい。

390 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 10:54:36 ID:C+8rIPl9
ジンメツ(尽滅)作戦のソースがそのリンク先かと思いきや

どこの戦争かてメディア統制しますがな。

391 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 11:25:56 ID:3gsiQla0
>>388
日本軍が尽滅作戦を行っていたというソースを要求する

392 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 12:03:07 ID:/FigMD4a
恵也お前さぁ自己矛盾生じてるんだけど・・・
まぁ季節が季節だけにお前みたいな香ばしいのが発症するんだよ。

も う 議 論 に な ら な い か ら 
医 者 行 っ て く れ 。

393 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 12:06:42 ID:9R0NqqlF
30万の証拠がないってホントか?
大変だぞ左翼ども!今から南京に行って
足りない分を帳尻あわせに殺して大虐殺を
事実にするんだ!旧日本軍のいない今、
それが出来るのは君たちしかいない!ガンガレ!!

394 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 13:12:07 ID:uT/3QOrV
恵也主張30万人大虐殺説

1・南京陥落時人口70万人説 → 根拠なし 論破済み
2・東京裁判史観 → デマ。論破済み
3・東日記 → 最高裁上告却下により捏造確定
4・曽根日記 → 新仮名遣いの日記w 捏造
5・大田証言 → 中帰連。捏造
6・崇善堂埋葬記録 → 「中華民国27年度南京市概況」により埋葬事実なし。捏造
7・大虐殺写真 → 全部捏造

恵也発言パターン

A・事後法容認
 A2・ 国際法における罪刑法定主義原則の否定
B・反論大量スルー
C・妄想根拠
 C2・妄想根拠による誹謗中傷
D・虚言
E・無知
F・歪曲

こうですか?


395 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 13:28:46 ID:m2TErX1b
>>389
つハーグ陸戦条約・ジュネーブ条約

396 :ZERO ◆ZERO/Az8XM :2005/04/12(火) 13:39:19 ID:muC0e+c5
>>388
一般論として、敵の作戦行動にスローガンをつける奴がいるか?
それに、「三光作戦」を学んだとされている岡村寧次は、まったく逆の
「焼くな、犯すな、殺すな」という訓示をしているのだが。

397 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 13:53:50 ID:m2TErX1b
>>388
蒋介石の国民党軍が人民を殺害するために使ったスローガン
(『中国人民述語辞典』(中共の辞典))

共産党軍の地主や資本家を粛清するためのスローガン。「分光」(分け尽す)「吃光」(食い尽し)「用光」(使い尽す)
(『中共述語彙解』(台湾の辞書))

おーい、本人達ですら言ってないぞ〜

398 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 14:22:01 ID:2jL1NRPf
恵也、君はよくやった。
もう少しで君や君の所属する団体、模範としている国家の主張が『勝利』していたのにな。
インターネットさえ無かったら、これほど多くの人が君の意見に反論する事も無かったのにな。

399 :恵也 ◆1BgPjyxSE. :2005/04/12(火) 14:34:25 ID:XUu6IHjW
>蒋介石は各地より部隊を江南地方に集結し,反撃を始める。

・これは,日本軍が兵力劣勢で,補給も困難な状況にあることを見越
・した攻撃で,軍事的に当然の攻勢である。

・ここで,勝利すれば,連敗していた中国軍の士気も上がり,日本が
・講和を求めてくるかもしれない。
http://www.geocities.jp/torikai007/japanchina/1937.html

400 :392:2005/04/12(火) 14:48:10 ID:/FigMD4a
繰り返すが・・・

恵 也

も う 議 論 に な ら な い か ら 
医 者 行 っ て く れ 。


401 :恵也 ◆1BgPjyxSE. :2005/04/12(火) 14:48:54 ID:XUu6IHjW
>>369
>さっさと謝罪やら補償やらすればいいと思う。そのほうがいい
>お付き合いができるんじゃないか

俺もこれが正解と思うぜ。
国家間の補償は終わってるんだから、慰安婦みたいな個人補償を
形だけでも早いところ終わらすべき。
見ていても、逃げ回ってみっともない日本政府。

しかしウヨボウもみっともない。
南京虐殺が30万人でも、1万人でも国家が起こした罪にどれだけの差が
あるのか全くわからん。
歴史の中に埋もれた物を、ホジクリだして無かった事のようにしては
反日感情を煽るのは当然の流れ。

10年先のお付き合いを考えれば、争いの種は表に出すべきことじゃない
良いお付き合いを、アメリカとだけやっとけば、日本社会が良いという
もんじゃ無かろうに。

402 :恵也 ◆1BgPjyxSE. :2005/04/12(火) 14:50:52 ID:XUu6IHjW
>>392
>恵也お前さぁ自己矛盾生じてるんだけど・・・

そう思うのは、あなたの理解力に問題があるの。
座禅でもやって反省しなさい!

403 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 14:53:29 ID:Z0Ndw+vc
>>401
>国家間の補償は終わってるんだから、慰安婦みたいな個人補償を
>形だけでも早いところ終わらすべき。
>見ていても、逃げ回ってみっともない日本政府。

まさか、南京大虐殺だけでなくて従軍慰安婦まで信じているのか?

404 :前々428 ◆akb33F3Knc :2005/04/12(火) 14:57:39 ID:HmxuJ+yp
ゾヌだとレス番が100近くズレててやり辛いが…

>国家間の補償は終わってるんだから、慰安婦みたいな個人補償を
>形だけでも早いところ終わらすべき。
国家間の補償が、「後の個人的補償は賠償を受けた国の国内問題とする」という形になっており、それが両国合意の上で成立した以上、
日本には一切相手国の人間個々人の賠償訴訟に取り合う理由がない。
示談が成立したのに相手にたかる香具師は、恐喝罪で捕まるのがオチ。
例えば飯島はそんなヤクザまがいの事をしてるわけだ。

>南京虐殺が30万人でも、1万人でも国家が起こした罪にどれだけの差が
>あるのか全くわからん。
散々論破されてなお言うか。

405 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 15:02:46 ID:zRF1be6e
個人補償を訴えるのなら、日本政府に言うんじゃなくて
日本政府からの金をネコババした形になってる韓国などのその当事国政府に抗議するのが筋
「なんで日本が個人補償を主張したのに国家賠償の形にした挙句、個人に回さなかったんだ?」って
日本に責任を押し付けるのはまったく理屈に合っていない

406 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 15:04:32 ID:3gsiQla0
大体やってもいないことでなんで賠償しなきゃあかんねん。調子のるのもいい加減にしろ。

407 :前々428 ◆akb33F3Knc :2005/04/12(火) 15:07:34 ID:HmxuJ+yp
ttp://www.sankei.co.jp/news/morning/12iti002.htm
対日知識欠く中国反日デモ 歴史問題 独裁の根拠 宣伝教育、染まる若者

今月二日の四川省成都市での日系スーパー襲撃事件をきっかけに、中国の反日運動は街頭デモに発展した。
中国ではデモは厳しく制限され、例えば住民らの陳情デモも許可されるケースはほぼ皆無で、無許可でやれば即座に弾圧される。
今回の一連のデモについて、中国当局は、その暴力行為を含め黙認、擁護さえした。
官民一体の反日行動と呼ばれる理由だ。今後の反日ムードの高まりは避けられそうもない。

九日の北京。デモ行進に途中から加わり、周囲の若者たちと会話を交わした。大学二年生という女性は
「日本はなぜ侵略の歴史を反省せず、中国に謝罪も賠償もしないのか」と言い、同級生という男性は
「わが国の領土である釣魚島(尖閣諸島)を奪おうとするのは許せない」と言った。

その他の若者を含め、「日本人は卑劣で狡猾(こうかつ)」「右翼の軍国主義者が政治を握る危険な国」というイメージを持ち、
「国連安保理常任理事国になる資格はない」という。しかし基礎的な知識を欠き、現在の常任理事国を答えられたのは
五人中一人だけだった。まして日本の国連分担金比率の高さや対中ODAを含めた国際支援活動への寄与を知る人はいないし、
日本は核武装をしていると思っている人さえいた。
日本の歴史問題への対応についても同じだった。

今年二月、在中国日本大使館が「日中関係重要文献集」というパンフレットを作製した。一九七二年の国交正常化以来の
共同文書や日本の首相の発言に年表を付けたもので、中国国民向けの広報が目的だったが、中国政府機関からも要求があり、
当初の五千部で足りず、計二万部を発行した。

これを読んだ若者たちはそろって、日本が共同声明以来、繰り返し過去の歴史に「反省」を表明してきたことを知り、
驚くと大使館関係者は言う。共同声明で中国側が賠償請求権を放棄したことも、一般国民は知らないか、忘れている。



408 :前々428 ◆akb33F3Knc :2005/04/12(火) 15:08:04 ID:HmxuJ+yp
つづき
評論家の劉暁波氏によると、現代中国の若者たちは、共産党の支持者は極めて少ない半面、共産党に逆らうこともないという。
激しい受験競争の中で、若者たちは与えられた知識を丸暗記することに慣れ、党の情報管理はたやすくなった。

中国にとって、対日歴史問題は、抗日戦での勝利をもって独裁政権の合法性を主張する根拠になっていて、被害を強調すればするほど
根拠は強まる関係にある。日本軍による中国人死傷者数が二千万人から江沢民前政権下で三千五百万人に膨らんだのは一例だ。

こうした共産党の宣伝教育は若者たちに疑問なく受け入れられている。この点は八〇年代の社会の激変期に、民主化を求め、
党の腐敗を批判する行動を繰り返し、天安門事件で散った若者との大きな違いだ。

今回の一連のデモは、政府の日本批判の立場をバックアップする性格を持つがゆえに、警察の介入を恐れることはなく、気軽に
参加した人も多かった。中には担任教師から言われ参加した高校生もいた。

若者の間では、日本のアニメやポップスは圧倒的な人気がある。浜崎あゆみやGLAYのコンサートに殺到した若者に比べれば、
反日デモの参加者ははるかに少ないが、ある大学教師によると、デモを機に日本人を見る学生の目が変わったそうだ。(北京 伊藤正)

409 :前々428 ◆akb33F3Knc :2005/04/12(火) 15:11:00 ID:HmxuJ+yp
日本じゃ中学生でも国連常任理事国ぐらい習うと思うが…ケーブルTVで見た「週間こどもニュース」ですらやってたしw
大学生にもなって正答率2割って、いかに歪んだ思想教育がなされ、限られた情報しか与えられてないかよくわかる例だ。

410 :前々428 ◆akb33F3Knc :2005/04/12(火) 15:20:02 ID:HmxuJ+yp
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1113235870/l50
「A級戦犯裁いた"東京裁判"、誤り」英提督の批判、公文書で明るみに
N速+板のスレ

411 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 15:20:50 ID:3gsiQla0
ま、シナは言論統制独裁国家ですからね。

412 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 15:30:29 ID:dvrKy+Pr
南京大虐殺は、そもそも東京裁判で議論もされていない。

413 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 15:48:05 ID:rQRjk2FT
昔から大げさに言うの得意な国だからなぁ

414 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 16:06:18 ID:3zreOYj/
【日本人の南京大虐殺に関する意識調査】

 南京大虐殺は無かった 2.0%||
 南京大虐殺は有った 1.0%|
 わからない   16.0%||||||||||||||||
 昔のことなので、どっちでもいい      67.0%|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||
 南京大虐殺ってなに? 14.0%||||||||||||||


415 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 16:06:29 ID:eQ4i0tDl
>>389
>便衣兵が厳しく禁止されてる法を出しなさい。
>便衣兵が厳しく禁止されてる法を出しなさい。
>便衣兵が厳しく禁止されてる法を出しなさい。




高校の政治経済の本でも最初から読み直して来い

416 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 16:13:17 ID:uT/3QOrV
つ[中国利権の真相"赤い貴族"に群がった日本の政・官・財・メディア]
 青木直人編著 宝島社

「反日」で潤う日中「利権」共同体!

反日をすると誰が儲かるのか実名で告発しています。
非常にわかりやすい。

417 :恵也 ◆1BgPjyxSE. :2005/04/12(火) 16:28:37 ID:XUu6IHjW
>>395
>ハーグ陸戦条約・ジュネーブ条約

その条約の根本は、武器を持たない人の保護と、降伏した兵士の保護。
決してゲリラ兵の禁止を定めたものでも、厳罰を許したものでもない。

もちろんゲリラ兵でもスパイでも自由に殺していいという条約ではない。

>ハーグ条約 (1899年)
 「19世紀には文明の進化とともに、戦争において、
敵国に属する個々人と、戦闘員からなる敵国その
ものとの概念が明確に区別されるようになった。武
器を持たない国民は、その命も、財産も、名誉も可
能な限り戦争で奪われることがないようにすべきで
あるという原則がますます認識されるようになって
きた」

>兵器を捨て又は自衛の手段尽きて降を乞へる敵を殺傷すること
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%BC%E3%82%B0%E9%99%B8%E6%88%A6%E6%9D%A1%E7%B4%84

418 :恵也 ◆1BgPjyxSE. :2005/04/12(火) 16:34:17 ID:XUu6IHjW
>>396
>一般論として、敵の作戦行動にスローガンをつける奴がいるか?

それはスローガンというのでなく、名前というの。
名前をつけなければ人に、自分の意思を伝えられないだろ。
ジンメツ作戦なんて、日本軍が勝手に内緒で名前をつけて実行してたんだから

419 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 16:37:14 ID:eQ4i0tDl
>もちろんゲリラ兵でもスパイでも自由に殺していいという条約ではない。

殺せるぞ。アホ

憲法以前に「自由法」があるやろ。本来、人は何をやってもいいという基本原則。
人殺しても物奪っても良心もっても人を救っても本来なら何やってもいいという基本原則。

政府に対してその権限を譲渡/貸すことで法によってその自由の権利を制限してかわりに
安全などを補完する。そこから市民法とか近代市民法の4大原則が出てきたんでな。

敵国の、しかも国際法に則った兵士ですらないスパイ・ゲリラに関しては政府の管轄外で
最悪の場合人権すら与えられません。

近代法の基礎やろ


420 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 16:38:01 ID:E/XzsNtc
>>412
>南京大虐殺は、そもそも東京裁判で議論もされていない。

時々こういう主張を見かけるのだが、誰が言い出したのかな?
松井石根氏をはじめ、複数が証言しています。

421 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 16:39:48 ID:1Q6B/hWW
597 Mr.名無しさん New! 2005/04/12(火) 15:30:15
The Ministry Of Public Securityの名義で警告メールが来た・・・
英語なんだが、翻訳ソフトにかけると中国公安当局からっぽい・・・
不正アクセスについて警告されてるようなのだが・・・
串を刺してるのになんで俺のメインのメアドが分かるんだ・・・orz

422 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 16:47:41 ID:eQ4i0tDl
>>419 続き

この場合、ゲリラが中国政府と何の係わり合いもないと証明できた場合は
完全な自由権を持つゲリラと、法人としての日本政府の軍事機関との間で
銃を使った「万人の万人に対する闘争」が発生し、強い方が生き残る。
負けた方は死に損。

まあゲリラ部隊が中国政府と係わり合いが無いと考える方が無謀だがね。

ちなみにもう一つ言うと、本来は軍隊にも適応されるはずだったが、
軍服の着用等の一定のルールに沿って戦争しかけてきた場合は
人間として保護せよと主張したのがグロティウス。国際法の父やな。

そこらへんわかっていないと自衛隊を軍隊として承認せよとか言っている
最近の軍事関係全部が全くパープーやな

423 :恵也 ◆1BgPjyxSE. :2005/04/12(火) 16:48:12 ID:XUu6IHjW
>日本軍の主観的な判断として、敗残兵を「便衣兵」と見なしていたということ
なのでしょうが、本来の意味である「分散し、かつ移動性の高い軍事組織が
軽火器を使用して奇襲・待ち伏せ等によって行う交戦行為(『国際法辞典』
より)」を行うという意味での「便衣兵」ではありませんでした
http://members.at.infoseek.co.jp/NankingMassacre/aandv/ilow01_02.htm


424 :恵也 ◆1BgPjyxSE. :2005/04/12(火) 16:52:17 ID:XUu6IHjW
>>420
>時々こういう主張を見かけるのだが、誰が言い出したのかな?

相当な単細胞だろ。
捏造の田中正明氏でさえ、そんな馬鹿は言ってないはず。

425 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 16:52:27 ID:eQ4i0tDl
>>423

軍服着てない人間が発砲した場合は便衣兵かそうで無いかにかかわらず攻撃されますよ。
その場合は正当な軍隊と認められず、保護もうけられません。

426 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 16:52:41 ID:uCmmWODu
なんだ、やっぱり捕虜(もしくは便衣兵)の殺害の方法や法的論争が南京事件のキモで
三十万虐殺とかは全く根拠がないわけね
じゃ、中国側も日本兵・日本人をむごたらしく虐殺しているからお互い様だ罠

427 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 16:55:34 ID:eQ4i0tDl
スパイやテロに対する軍による人権保護の概念なんぞ今ですら主張が難しいからな。
だから今でもたまにこういう問題もおきます↓

【イラク】イラク派遣 文民なのに…施設庁職員が戦闘服[04/10]
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news5plus/1113143991/


428 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 17:10:47 ID:3gsiQla0
>>418
何いってんの?
さっさと日本軍が尽滅作戦を行ったソース出してよ。
本当に逃げが大好きなんだね。

まいいけど、君がソース出すまで日本軍は尽滅作戦は行わなかったというスタンスでいくから。

429 :恵也 ◆1BgPjyxSE. :2005/04/12(火) 17:11:35 ID:XUu6IHjW
>>425
>正当な軍隊と認められず、保護もうけられません。

ジュネーブ条約では、敵対行為に直接に参加しない者
(武器を放棄した軍隊の構成員及び病気、負傷、抑留その他の事由
 により戦闘外に置かれた者を含む。)
を保護する事が目的。

たとえゲリラでもスパイでも、裁判の後の処罰や、正当防衛のための
射殺くらいだろう、殺すのを認められるのは。
条約は軍隊だけを保護するというものじゃないよ。

http://www.jda.go.jp/j/library/treaty/geneva/geneva1.htm

430 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 17:21:43 ID:eQ4i0tDl
>>429
>たとえゲリラでもスパイでも、裁判の後の処罰や、正当防衛のための
>射殺くらいだろう、殺すのを認められるのは。

その前にこう書いてあるのだが。

>>425
>軍服着てない人間が発砲した場合は便衣兵かそうで無いかにかかわらず攻撃されますよ。

銃持って発砲した人間に正当防衛が働かないとでも言うのか?

下手をすると銃を保有して攻撃の意思があると判断された段階で攻撃受けても
認められる算段は高いが?


431 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 17:21:45 ID:oX21UdJg
>>419
>憲法以前に「自由法」があるやろ。本来、人は何をやってもいいという基本原則。
>人殺しても物奪っても良心もっても人を救っても本来なら何やってもいいという基本原則。

憲法以前にあるのは「自由法」ではなく「自然法」だな。(これを認めない法学者もいっぱいいるが、
認めるか認めないかの議論になるのは「自由法」ではなく「自然法(あるいは倫理)」だと言う点では異論は無い。)

で、「人殺しても物奪っても良心もっても人を救っても本来なら何やってもいいという基本原則」
というのは、基本原則じゃなくホッブスの「自然状態」だ。人間とはそのように浅ましいものだ
という「事実認識」。もっともこれは「事実」ではなく、「法」による人間の管理統制を
正統化するための「論理的仮説」にすぎないわけだが。

この「自然状態」が、人間のアホさ加減を一面的に強調しすぎているというのがそれ以降の
議論なのだが、いずれにしても「素の人間」がアホで性悪であればあるほど法と権力による
管理統制の強さが正当化されるという仕組みだ。アホは自戒しよう。

432 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 17:23:53 ID:3gsiQla0
http://nankinrein.hp.infoseek.co.jp/page022.html

433 :恵也 ◆1BgPjyxSE. :2005/04/12(火) 17:24:22 ID:XUu6IHjW
>>428
>さっさと日本軍が尽滅作戦を行ったソース出してよ。

自分で探しなよ。
いっぱい出てくるから。
検索の仕方知らないのかね?
まあ、この程度じゃ不満かな・・・

>八路軍(中国共産党軍)が日本に対する最初の勝利をおさめました。
・その後日本軍は、報復の意味もあり、山西省全域において徹底した
・尽滅作戦(中国では三光作戦と呼ぶ)を展開した
http://homepage3.nifty.com/gentree/datong.html

434 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 17:25:24 ID:uCmmWODu
で、便衣兵に対して処罰を行なってはいけないって法律はあるの?

435 :恵也 ◆1BgPjyxSE. :2005/04/12(火) 17:28:35 ID:XUu6IHjW
>>428
>1940〔昭和15〕年,北京の北支方面軍司令部に,各師団長,
旅団長が集められて『燼滅作戦を実施す』との作戦命令が下ったの
がそれである。

命令は
@敵地区に侵入した際は,食糧は全て輸送するか焼却し,敵地区に
 残さないこと,
A家屋は破壊または焼却すること,
B敵地区には人を残さないこと」であった。

そして作戦は,山岳地帯で日本軍の進攻が鈍っていた山西省で開始された
=平岡正明『日本人は中国で何をしたか』。
http://www.cc.matsuyama-u.ac.jp/~tamura/nittyuusennsou.htm


436 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 17:29:36 ID:eQ4i0tDl
>>431

そうだの。書いた後間違っているのに気が付いた。
でも所詮対えなりだからそれでいいかと放って置いた(w
まあ、そこらへんの自然法云々は哲学上の議論でしかないから、ほとんど使う事は無い。
政治経済とかでは出てくるけどね。基本だから。

だが、国際法に関しては、そういう、民間への攻撃等の滅茶苦茶な戦闘行為を
国家は自省すべきだという発想から生まれてる。それから考えても
規定にそぐわない違法攻撃に対して行われる処分は当然と主張できよう。


437 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 17:31:18 ID:3gsiQla0
>>433
そのソースじゃ「尽滅作戦という作戦を日本軍が実施した」という証明には全然ならない。
例によって中共の捏造かもしれん。その可能性も十分に考えられる。

「尽滅作戦を日本軍が本当に実施した」という明確な証拠を携えたソースを要求する。
「自分で調べろ戦法」でいつものように逃げようとするだろうが、言いだした奴がソースを求められて提示するのは義務であり常識。
そんな当たり前のことも守れないようなら、議論の場に立つ資格すらない。

さあ、ソースを出せ。

438 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 17:46:42 ID:eQ4i0tDl
>>434 少しだけ考えてみてくれ。

>>429のこの文↓

>ジュネーブ条約では、敵対行為に直接に参加しない者
>(武器を放棄した軍隊の構成員及び病気、負傷、抑留その他の事由
> により戦闘外に置かれた者を含む。)
>を保護する事が目的。

>たとえゲリラでもスパイでも、裁判の後の処罰や、正当防衛のための
>射殺くらいだろう、殺すのを認められるのは。


敵対行為をしないゲリラやスパイはそもそもゲリラとかスパイと呼ばれないと思うのだが


439 :恵也 ◆1BgPjyxSE. :2005/04/12(火) 17:53:15 ID:XUu6IHjW
>>419
>スパイ・ゲリラに関しては政府の管轄外で最悪の場合人権すら
>与えられません。 近代法の基礎やろ

いえ、近代法の基礎じゃありません。
それはタダのひとつの理論。

スパイも軍人並みにチャンと保護されてるぜ。

>間諜に対する裁判は、1864年リーバー法時代は義務化されて
・いなかったが、1874年ブラッセル宣言当時から裁判は義務化
・されていることが確認でき、1888年オックスフォード提要を
・経て、1899年ハーグ陸戦規則において条約化されたことになります。
http://members.at.infoseek.co.jp/NankingMassacre/aandv/ilow02_02.htm

440 :恵也 ◆1BgPjyxSE. :2005/04/12(火) 18:01:48 ID:H4Pe+8jI
>>438
>敵対行為をしないゲリラやスパイはそもそもゲリラとかスパイと
>呼ばれないと思うのだが

ここで書いてあるのは、捕まった時点で敵対行為をあきらめた連中だろ
ゲリラでもスパイでも活動中は、射殺されても当然だが武器を捨て降参
したら、敵対行為は終わってるわけだ。

441 :恵也 ◆1BgPjyxSE. :2005/04/12(火) 18:14:00 ID:H4Pe+8jI
>>430
>銃持って発砲した人間に正当防衛が働かないとでも言うのか?

南京虐殺で問題になってるのは、銃を発砲するどころか持っても
いなくても、便衣兵容疑者として多勢の人間を裁判無しで殺した事。

俺はたとえ便衣兵であっても、裁判をすべきと思うぜ。
さもなければ、市民の保護は出来ん。
もちろん発砲した時点でも、銃を取り出した時点でも射殺は正当防衛だ

でも南京ではそれ以前の問題。

>捕虜剔出には人数を数える暇なく、どんどん捕まえました。
・捕虜といっても中国服を着た男ばっかりでしたよ。

・掃蕩をやる時は中隊長の指揮によってです。注意事項というものは
・なく「戦争に耐えると思えるような者は全部殺してしまえ」と上部
・の命令として言われていました。
http://members.at.infoseek.co.jp/NankingMassacre/mondai/gyakusatu.html#tanakaj

442 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 18:18:44 ID:eQ4i0tDl
>>スパイ・ゲリラに関しては政府の管轄外で最悪の場合人権すら
>>与えられません。 近代法の基礎やろ

>いえ、近代法の基礎じゃありません。
>それはタダのひとつの理論。

>間諜に対する裁判は、1864年リーバー法時代は義務化されて
>・いなかったが、1874年ブラッセル宣言当時から裁判は義務化
>・されていることが確認でき、1888年オックスフォード提要を
>・経て、1899年ハーグ陸戦規則において条約化されたことになります。

これこそ一つの理論でしかないが。
しかもこれ、スパイであってゲリラじゃねえじゃねえか(w

便衣兵についての記載なんてどこにもありません。

443 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 18:21:07 ID:3gsiQla0
>>440
>射殺されても当然だが武器を捨て降参
>したら、敵対行為は終わってるわけだ。

つかまったけど、生き残って徹底的に戦おうと思ったら、みんなこうしますが。
それに、そいつがまた中国軍側について攻撃してこないとも限らんし。
ま、捕まっても「お前らなどには死んでも降伏しない!」なんていうやつがゴロゴロしてたら、中国軍ももうちょっとマシだったんだろうがねw

>>441
>南京虐殺で問題になってるのは、銃を発砲するどころか持っても
>いなくても、便衣兵容疑者として多勢の人間を裁判無しで殺した事。
はい証拠プリーズ。
もしかして、また「証言」ですか?(プププッ

444 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 18:22:35 ID:eQ4i0tDl
>>440

>>438
>>敵対行為をしないゲリラやスパイはそもそもゲリラとかスパイと
>>呼ばれないと思うのだが

>ここで書いてあるのは、捕まった時点で敵対行為をあきらめた連中だろ
>ゲリラでもスパイでも活動中は、射殺されても当然だが武器を捨て降参
>したら、敵対行為は終わってるわけだ。


あのさあ。
「敵対行為が終わってる」、つまり武器を捨てたという証明はどこさね。
両手挙げて白旗でも上げたのか?それを見た、つまり証明できるヤツはどこにいる(w











445 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 18:23:42 ID:3gsiQla0
日本軍の行為はたとえ証拠不十分でも徹底的に叩くが、すでに事実として確立している通州事件での、中国兵による日本人虐殺にはノータッチ。

やっぱ恵也ってチャンコロだったんですねwwww

446 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 18:24:18 ID:q/XNGU1M
日本人必殺のソースキタ
何処見てるの
なんで検証からはじめるの
よく写真を見ようよ
反省の姿勢も見せようよ。
日本人的だ
ランラン



447 :恵也 ◆1BgPjyxSE. :2005/04/12(火) 18:25:51 ID:H4Pe+8jI
>ハーグ陸戦協定
第30条:間諜の現行犯は裁判を経て罰しなければならない。
第31条:所属する軍勢に復帰後に捕らえられた間諜は、俘虜として取り扱い、
 復帰前の間諜行為を罪に問うことは出来ない。

448 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 18:26:50 ID:eQ4i0tDl
>>430
>>銃持って発砲した人間に正当防衛が働かないとでも言うのか?

>南京虐殺で問題になってるのは、銃を発砲するどころか持っても
>いなくても、便衣兵容疑者として多勢の人間を裁判無しで殺した事。

そもそも、その証拠すらねえなあ。あんた以外の人間でも有効なのが。

>俺はたとえ便衣兵であっても、裁判をすべきと思うぜ。

あんたのようなデンパの主張なんぞ誰も聞いてません♪

>さもなければ、市民の保護は出来ん。
>もちろん発砲した時点でも、銃を取り出した時点でも射殺は正当防衛だ

市民の保護自体便衣兵さえいなければ出来ますが?

>でも南京ではそれ以前の問題。

各板跨る究極デンパが何を抜かす(藁



449 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 18:28:22 ID:eQ4i0tDl
>>447

>ハーグ陸戦協定
第30条:間諜の現行犯は裁判を経て罰しなければならない。
第31条:所属する軍勢に復帰後に捕らえられた間諜は、俘虜として取り扱い、
 復帰前の間諜行為を罪に問うことは出来ない。


間諜とゲリラとテロリストは全く違うものですからね。
あんたは知らないかも知れないけど(w

450 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 18:30:51 ID:3gsiQla0
想像してみよう。

あなたは日本兵。南京の街角を警戒ついでに散歩していたら、いきなり近くにいた(民間人の服を着ている)中国人が隠し持っていた銃を出してぶっ放してきた。
だがすんでのところで弾は当たらなかった。「この野郎!」と、あなたはライフルをその中国人に向ける。
すると中国人は銃を投げ出し、「撃つな!降参する!」といって両手を上げてきた。

さてどうする?(笑

451 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 18:32:42 ID:Uych4Zkh
>>446
何かを主張するにはその根拠を示さなくてはならない

これは法治国家の常識だろう
君の国では違うのかね?


452 :恵也 ◆1BgPjyxSE. :2005/04/12(火) 18:34:23 ID:H4Pe+8jI
>>442
>便衣兵についての記載なんてどこにもありません。

調べたらいろいろ出ると思うがな。

>「敗残兵」を「便衣兵」と言い換えていることが解ると思われます。
・これは、南京陥落時に、多数の中国兵が私服となり、市民の避難
・場所であった国際安全区に逃げ込んだことが理由だと思われます。

・南京大虐殺で言われる「便衣兵」とは、通常の意味での「便衣兵」
・ではなく、正規兵が逃走時に私服化したものを指していることに
・なります。
http://members.at.infoseek.co.jp/NankingMassacre/aandv/ilow01_02.htm

453 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 18:34:59 ID:uCmmWODu
今までの所、肯定派全敗中
まぁコテも名無しもこの体たらくじゃ、少しはまともな肯定派なら同類と見られたくないからこのスレには寄らないか(藁

454 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 18:37:24 ID:eQ4i0tDl
>>452
>調べたらいろいろ出ると思うがな。

出してから言え。

といっても。あんたの頭じゃ資料の価値がわからないだろうがな(w

調べても絶対に便衣兵の意味を勝手に変えたりとか、ありえない夢想いれたりとか
あんたの場合めちゃくちゃありえるから、他の人間に代わりなさい(w


455 :恵也 ◆1BgPjyxSE. :2005/04/12(火) 18:41:12 ID:H4Pe+8jI
>>445
>通州事件での、中国兵による日本人虐殺にはノータッチ。

通州事件て日本の息のかかった、中国人のロボット政権が、間違って
日本軍に攻撃された事に怒って、日本人を虐殺したんだろ。
なんか問題なのかね???
自業自得というか、自己責任というか・・・・・

456 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 18:45:25 ID:3gsiQla0
>>451
能無し国家シナですからね。
論理っていう言葉自体知らないんじゃないでしょうかw

>>455
>通州事件て日本の息のかかった、中国人のロボット政権が、間違って
>日本軍に攻撃された事に怒って、日本人を虐殺したんだろ。
>なんか問題なのかね???
>自業自得というか、自己責任というか・・・・・

まってましたよその発言www
さあ、証拠を出してもらおうかwwww

457 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 18:45:33 ID:eQ4i0tDl

>通州事件て日本の息のかかった、中国人のロボット政権が、間違って
>日本軍に攻撃された事に怒って、日本人を虐殺したんだろ。
>なんか問題なのかね???

事実誤認で話し合いで済む程度のことで、
平時かつ無関係な人を殺して問題ないと考えるお前も凄いな(w



458 :恵也 ◆1BgPjyxSE. :2005/04/12(火) 18:45:57 ID:H4Pe+8jI
>>449
>間諜とゲリラとテロリストは全く違うものですからね。

これらの意味は、ずいぶん重なってると思うが?
全く別に出来るものじゃないだろう。

間諜もゲリラ行為をするしテロ行為もする。
ゲリラも間諜行為をするし、テロ行為もする。
そうじゃないかね?


459 :431:2005/04/12(火) 18:47:08 ID:fhXTjhkd
>>434
>で、便衣兵に対して処罰を行なってはいけないって法律はあるの?

「便衣兵」に違法行為があれば、占領国の軍事刑法その他国際法と整合的な法規により
裁判の後に処罰をすることは可。法的手続き無しに処罰することは違法(死刑にしたら単なる殺人)。
敗残兵が私服に着替えることはいかなる軍律、軍事刑法においても合法。
これを裁判無しに処刑することは違法。

そもそも正規軍兵士が軍服、顕彰等を付けて敵兵、器物を破壊する事自体法理としては
違法行為なのだが、これが宣戦布告をあらかじめ行っておくことによって「平時とは
異なりその違法性が阻却される」というのが当時の戦時国際法の原則。

宣戦布告を行わず、対外的に「これは戦争ではない。中国人に対する懲ヨウである」と
主張していた日本軍は、みずから違法性阻却事由を放棄していたという危険な状態に
あったんだな。もちろん意図は、戦争でないと言うことによって煩わしい「交戦規則」
から逃れようということだったのだが、これは後に国際的に厳しく追及される原因になる。

460 :恵也 ◆1BgPjyxSE. :2005/04/12(火) 18:47:29 ID:H4Pe+8jI
>>450
>さてどうする?(笑

当然、打ち殺す!

461 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 18:47:45 ID:3gsiQla0
>>458
>これらの意味は、ずいぶん重なってると思うが?

ド素人のトンデモ発言キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!
間諜とゲリラとテロリストが一緒とかいってるぞwwwwwwwうはwwwwwwwwww

462 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 18:48:04 ID:eQ4i0tDl
>>458

・・・・・究極のバカか(w

463 :431:2005/04/12(火) 18:51:26 ID:fhXTjhkd
>>436
君は素直だねえ。素直であるということが考えの正しさを保障する訳ではないというのは残念だが。

それで「便衣兵」が南京で違法な攻撃をやっていたかというと、12月の半ばに日本軍戦車
に手榴弾を投げつけたがこれは不発だったという報告が一件と、日本軍の宿営に忍び込んで
ナイフで殺傷事件を起こした中国人がいたという二件ぐらいしか主張されていないな。

東京裁判でも、こういうことが頻発していたという証言があれば、ある程度日本側に
有利な証拠となるのだが、残念ながらそれは無い。ほかの地方であったという話だけだ。

他地方での中国人犯罪に南京周辺中国敗残兵の連帯責任を求めることは法理上不可能だから
これは日本軍の南京での違法性阻却事由にはならない。

464 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 18:55:40 ID:eQ4i0tDl
>>459

>「便衣兵」に違法行為があれば、占領国の軍事刑法その他国際法と整合的な法規により
>裁判の後に処罰をすることは可。法的手続き無しに処罰することは違法(死刑にしたら単なる殺人)。
>敗残兵が私服に着替えることはいかなる軍律、軍事刑法においても合法。
>これを裁判無しに処刑することは違法。

そもそも、ここでいう「便衣兵」というのは
ふつう「一般の服を着て戦時国際法を遵守せず軍服などの着用などの義務を果たしていない
兵士」であり、一般人の影に隠れる攻撃を行うため、一般兵隊だが違法性が高い物の事なんすか。



465 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 18:56:09 ID:pTVUIfno
>>451
中国は日本の親。
よく写真を見てください。
そしていっしょに反省しましょうよ。

・・・・・検証はその次

466 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 19:02:26 ID:eQ4i0tDl
>>463
>正しさを保障する訳ではないというのは残念だが。

解釈としては一応正しいが?だって一番の基本的なラインだけ抑えた話だからな。
自然法に対する法の解釈が違う法学者は沢山いるだろうが、それがいたところで
それが基本ラインである事は結局変わりない。

戦争において、当時の解釈なら出来るだろうというのが結論です。
今では自然法の前に人権思想とかが出てくるだろうが。

>それで「便衣兵」が南京で違法な攻撃をやっていたかというと、12月の半ばに日本軍戦車
>に手榴弾を投げつけたがこれは不発だったという報告が一件と、日本軍の宿営に忍び込んで
>ナイフで殺傷事件を起こした中国人がいたという二件ぐらいしか主張されていないな。

日本軍が南京入城後攻撃を受けた事例自体無いんですが。
こちらの便衣兵による攻撃とされるのは、日本軍が攻撃する前の中国軍による中国人虐殺暴行の
話なんで。関係ありません。


>他地方での中国人犯罪に南京周辺中国敗残兵の連帯責任を求めることは法理上不可能だから
>これは日本軍の南京での違法性阻却事由にはならない。

それは「南京大虐殺があったら」という話でしょ(w


467 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 19:04:24 ID:3gsiQla0
>>463
一件も起こらなかったからといって「絶対に起こらない」という保障はない。

たとえば、大抵の人は空き巣や強盗に入られたことなど一度もないだろう。
しかし、だからといって絶対に自分がそういう被害にあわないと、何を根拠に断言できるだろうか?
そういった犯罪の被害者たちも、被害を受けるまでは「今まで一件も起こらなかったから大丈夫」と、何の根拠もなく思っていた。
一件も起こらなかったからといって、今後絶対におきないということにはならないんだ。絶対にな。

ここで南京に話を戻してみよう。
日本軍にとって便衣兵は敵だ。敵っていうのはつまりどういうことか。
自分らに敵意を抱き、殺すのも厭わないとしている存在だ。
今までなにもしてこなかったからといって、今後何もしてこないという保障はどこにある?
たまたましてこなかっただけかもしれないんだぞ?
しかも「敵」なんだ。

「起こってからでは遅い」んだよ。
一件も起こらなかったからといって、警戒や対策をとらない理由にはならない。

468 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 19:06:37 ID:3gsiQla0
>>465
よく写真を見てみたら、捏造だということが発覚しましたww
子供を騙して金を奪い取ろうなんて、随分と酷い親ですね(プッwww

469 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 19:08:31 ID:Z0Ndw+vc
ふと疑問に感じたのだが、市民に紛れた「私服敗残兵」というのは、攻撃の対象にしてはならないのだろうか。
どう考えても便衣兵の予備軍に思えるのだが。まさか職務質問(?)からするわけにもいくまい・・・。
胡散臭い動きをした人間は、即射殺ではないだろうか。(こうなるから禁止されているのだろうし)
そして、「運悪く」捕虜にしてしまった彼らをさっさと処刑した事は、倫理的には咎められないが確かに違法かもしれない。
けど、この人数は南京大虐殺と、大仰な名前をつけられるようなものだったのだろうか。
日本軍が、市民に紛れた「私服敗残兵」をどのような基準で捕まえていたのかが見えないので、
「そんなにたくさん捕まえたのかいな?」と思ってしまうのだが。



470 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 19:13:53 ID:eQ4i0tDl
>>469
現代の基本的人権が保障された「平時」ではならない。
その状況では職務質問自体から違法なんで、どうにもならない。

テロリストというのは、その基本的人権を隠れ蓑に使う。
職務質問も、別件逮捕も出来ないくらいマトモな市民として普段は生活して
時がきたら貿易センターみたいなビルに一気に突撃する。

事前に捕らえるのは、基本的人権を保障する先進国の憲法の精神に違反するので
防止はかなり不可能。だからその元を戦争で叩くしかない。
だからテロリストの本拠地を攻めるのは「自由のための戦争」なのである。

とアメリカは9・11の時に主張した。「自由のための作戦」とはそういう意味だ。

戦時ならそんなのどーでもできる。

471 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 19:15:41 ID:3gsiQla0
>>469
大体、その程度のレベルで「南京大虐殺」なら、
チベット侵略は「チベット大大大大虐殺」だし、文化大革命なんぞに至っては「文化大×10虐殺」だな。

472 :431:2005/04/12(火) 19:19:54 ID:fhXTjhkd
>>ナイフで殺傷事件を起こした中国人がいたという二件ぐらいしか主張されていないな。
>日本軍が南京入城後攻撃を受けた事例自体無いんですが。

軍の制服を着て攻撃してますね。これは(本来違法行為だが戦時国際法が適用されている状態では
違法性が阻却され)適法。

軍服を脱いで隠れたり、移動することはまったく合法。移動中に敵軍の軍旗、制服等を
着用することさえ偽モウとして戦時国際法上違法性阻却されるというのが19世紀以来の
確立された慣習法。

>こちらの便衣兵による攻撃とされるのは、日本軍が攻撃する前の中国軍による中国人虐殺暴行の
話なんで。関係ありません。

これは全く正しい見解ですね。制服、顕彰を着用せずに日本兵を攻撃した中国兵に関する
報告が東京裁判で出されていないということが、「便衣兵による攻撃」の不在を意味している
という問題です。

>>他地方での中国人犯罪に南京周辺中国敗残兵の連帯責任を求めることは法理上不可能だから
>>これは日本軍の南京での違法性阻却事由にはならない。

>それは「南京大虐殺があったら」という話でしょ(w

東京裁判では検察側が「南京大虐殺があった」という主張をしているわけですが、
それに対して松井氏や弁護側は「中国兵は一般的に民間人の服に着替えて攻撃をすることが
知られている。これが被害を大きくした原因だ。」と主張しているわけです。

南京で実際に「便衣兵」の攻撃があったという、日誌等いわば身内の側からの証拠さえ提出でき
なかったというのが、この争点の弱点だったのですね。

473 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 19:24:53 ID:eQ4i0tDl
>>472
>南京で実際に「便衣兵」の攻撃があったという、日誌等いわば身内の側からの証拠さえ提出でき
>なかったというのが、この争点の弱点だったのですね。

そりゃそうだ。攻撃受けて無いもん。

それに証拠として提出して、中国や連合国側がそれ認めるとでも?
東京裁判でなら、中国軍の不法行為を証明するのは不可能だろう。

どうせその裁判、原爆や東京大空襲の対民間攻撃は無視られてるんだろ?

474 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 19:27:19 ID:7UCMjlfP
BB弾がテロなんだから、大虐殺なら実際は尻蹴飛ばした程度

475 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 19:27:22 ID:eQ4i0tDl
便衣兵は、中国軍が民間や日本兵に化けて中国人を攻撃したものであって
東京裁判でいう「便衣兵」の定義自体とは違うものだが?




476 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 19:28:57 ID:8aUSvwVd
>>459
だからその理屈の根拠法
恵也ばりの長文妄言なんて誰も聞いてない

477 :恵也 ◆1BgPjyxSE. :2005/04/12(火) 19:31:13 ID:960jzS5m
>>464
>ここでいう「便衣兵」というのは

南京での便衣兵とはタダの敗残兵容疑者。
正規の軍服を着てた兵隊は、その前に処刑されてます。
むしろ逃げるには、一般人の服を着てて正解だったというべき。
おかげで逃げ出せた奴もいるんだから。

一般人の服を着てて、日本軍を攻撃したわけじゃないから戦時国際法
は守っていたというべきだ。
あなたの負け!

>上海行きの船に乗船する間際に、記者は埠頭で200人の男性が
・処刑されているのを目撃した。殺害時間は10分であった。

・処刑者は壁を背にして並ばされ、射殺された。それからピストル
・を手にした大勢の日本兵は、ぐでぐでになった死体の上を無頓着
・に踏みつけて、ひくひく動くものがあれば弾を打ち込んだ。
http://www.jca.apc.org/nmnankin/nanmin1.html

478 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 19:31:24 ID:8aUSvwVd
便衣兵については東京裁判でも日本側弁護団が言及し証拠も準備してるが
例によってまともな理由も無く却下されたがね
詳しくは『東京裁判 日本の弁明―「却下未提出弁護側資料」抜粋 講談社学術文庫』を参照


479 :431:2005/04/12(火) 19:32:42 ID:fhXTjhkd
>450 :日出づる処の名無し :2005/04/12(火) 18:30:51 ID:3gsiQla0
>想像してみよう。

>あなたは日本兵。南京の街角を警戒ついでに散歩していたら、いきなり近くにいた(民間人の服を着ている)中国人が隠し持っていた銃を出してぶっ放してきた。
>だがすんでのところで弾は当たらなかった。「この野郎!」と、あなたはライフルをその中国人に向ける。
>すると中国人は銃を投げ出し、「撃つな!降参する!」といって両手を上げてきた。

>さてどうする?(笑

憲兵に引き渡す。
当該は軍とは組織上独立した占領統治機関の裁判によって裁かれる。
これ以外の行為は違法。

480 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 19:34:47 ID:eQ4i0tDl
>>479
攻撃したとしても過失で処理できるけどな。

481 :431:2005/04/12(火) 19:36:16 ID:fhXTjhkd
>例によってまともな理由も無く却下されたがね

南京での中国側違法行為の容疑問題に、上海や通州の事例を証拠として提出しても
却下されるのはしょうがないな。

482 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 19:36:43 ID:3gsiQla0
>>477
>南京での便衣兵とはタダの敗残兵容疑者。
はいソースキボンヌ

483 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 19:37:07 ID:8aUSvwVd
>>479
馬鹿いってるんじゃない
相手は私服に着替えたとはいえ軍人
そして自ら捕虜資格を投げ捨てた
降伏したわけでもない、「自分から権利も義務も投げ捨てた敗残兵」を攻撃するケースなんて国際法は予定していなかった

484 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 19:37:57 ID:Z0Ndw+vc
>>477
本筋には全く関係ないのだが、
毎回のように後半部分に「残虐シーン」を引用してからURLを示すのが胡散臭い。
「日本軍はこんな風に虐殺しましたよ〜♪」と宣伝しているような感じなんだよね。
それはともかく本筋。

>一般人の服を着てて、日本軍を攻撃したわけじゃないから戦時国際法
>は守っていたというべきだ。

でも、戦時国際法とやらを全く守っていない存在かもしれない。
これを丁重に扱う事は、自軍兵の命よりも大事な事なのだろうか?


485 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 19:38:02 ID:8aUSvwVd
>>481
南京でのケースだって
勝手に上海とか通州とか決めつけるな(藁
まるで恵也だな。同類の逃げ方
とりあえず実際に読め。話はそれからだ

486 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 19:38:26 ID:eQ4i0tDl
>>477

そうかそうか(w負けだねえ。
「南京で虐殺がおきていれば」という仮定の話だがね(www



ばーーーーーーーーーか。
それ以前にその虐殺自体が発生してるかどうかのレベルだろうが。
その前に便衣兵と日本兵の城内での戦闘の記録自体がねーんだよ。

便衣兵もいない状況下で攻撃するか?

487 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 19:38:36 ID:3gsiQla0
あらゆる論点で論破され、もう後がなくなった虐殺派は、そのほかを一切無視して違法か合法かの話に逃げています。

苦しすぎだろwww

488 :431:2005/04/12(火) 19:39:46 ID:fhXTjhkd
>攻撃したとしても過失で処理できるけどな

過失致死傷ですか?
有罪じゃん。
無理でも正当防衛を主張する方が筋が良いと思うが。

489 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 19:41:18 ID:eQ4i0tDl
そもそもさあ。

便衣兵と一般人の区別ができないから虐殺したなんて一方的にいってるが、

便衣兵と日本兵の交戦の事態が南京市内で起きてないわけで。




490 :431:2005/04/12(火) 19:42:20 ID:fhXTjhkd
>降伏したわけでもない、「自分から権利も義務も投げ捨てた敗残兵」を攻撃するケースなんて国際法は予定していなかった

予定しているから欺モウを定義し、適法化してるのですね。


491 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 19:43:38 ID:8aUSvwVd
>>490
なんだ、適法って認めてるジャンww

492 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 19:45:52 ID:eQ4i0tDl
>>488

・・・日本以外の、どこの軍でもいえるけどさ。

敵地で過失致死傷を証明できるか?
近代法では証拠が必要。その証明ができなければどうにもならないし、
もみ消す事すら出来る。

実際の運用なら当たり前の如く使われているだろうよ。それに実際そういう話は多い。
バレなければ罪に問われない。しかも状況から見るとありえた場合はな。

悲しい話ではあるがな

493 :恵也 ◆1BgPjyxSE. :2005/04/12(火) 20:01:02 ID:960jzS5m
>>475
>便衣兵は、中国軍が民間や日本兵に化けて中国人を攻撃したもの

あんたバカじゃない?
日本軍が占領してる南京で、日本語も喋れない中国軍が化けるだけで
南京を動き回れると思うのかね。

ドイツがグライフ作戦というので、アメリカ軍の制服を着て頑張ったが
その時はチャンと、完璧な英語を訓練し準備をしてアメリカ軍を大混乱
に陥れたが、南京で中国軍がそんなことをやったと言う話は聞かないぜ。
何で記録に残ってないんだい?

>スコルツェニーによって計画されたグライフ作戦は、20名以上の
・ドイツ兵がアメリカ軍の制服を着て捕獲したジープやM-10駆逐戦車
・に偽装したパンター戦車、アメリカ軍塗装を施した3号突撃砲など
・を装備し、戦線の後方に侵入してアメリカ軍を攪乱する物であった。

・ルントシュテット攻勢(連合軍側の呼称ではバルジの戦い)でスコル
・ツェニーの部隊はアメリカ軍を恐慌に陥れた。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%82%B9%E3%82%B3%E3%83%AB%E3%83%84%E3%82%A7%E3%83%8B%E3%83%BC

494 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 20:02:46 ID:eQ4i0tDl
>あんたバカじゃない?
>日本軍が占領してる南京で、日本語も喋れない中国軍が化けるだけで
>南京を動き回れると思うのかね。

日本が動く前と言ってるだろ基地外

495 :431:2005/04/12(火) 20:07:17 ID:fhXTjhkd
>>485
>>481
>南京でのケースだって
>勝手に上海とか通州とか決めつけるな(藁
>まるで恵也だな。同類の逃げ方
>とりあえず実際に読め。話はそれからだ

裁判で敗訴した人たちの主張を集めて読んでみるというのは、なかなか興味深い
作業なのですが、それを歴史の真実と主張するのはいかがなものでしょうかね。

私は裁判記録を読んでますが。 1947年11月24日、33,784頁以下で南京大虐殺を
詳細に扱っています。もちろん証拠の提出とその却下も記録されています。

それで、南京で数十万の敗残兵を裁判無しに処罰することを正当化するに
足るような、「便衣兵」による日本軍に対する喫緊の攻撃というのは証拠として
提出もされていないし、当然却下もしようがない訳です。

496 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 20:08:30 ID:pUC0Bo3e
もうこのサイトを中国人、左翼日本人に見てもらいたい

一発で反論できなくなるよw

http://www004.upp.so-net.ne.jp/teikoku-denmo/no_frame/history/honbun/nanking.html

497 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 20:11:14 ID:uT/3QOrV
>431氏へ
>軍服を脱いで隠れたり、移動することはまったく合法。移動中に敵軍の軍旗、制服等を
>着用することさえ偽モウとして戦時国際法上違法性阻却されるというのが19世紀以来の
>確立された慣習法。

これらが戦地において合法とされる当時の国際慣習法を教えてください。
また戦地において軍服を脱いだ兵士が攻撃をしてこなければ便衣兵ではないとする国際法上の根拠はありますか?


498 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 20:11:43 ID:eQ4i0tDl
>それで、南京で数十万の敗残兵を裁判無しに処罰することを正当化するに
>足るような、「便衣兵」による日本軍に対する喫緊の攻撃というのは証拠として
>提出もされていないし、当然却下もしようがない訳です。

あのさあ。

>南京で数十万の敗残兵を裁判無しに処罰することを正当化するに
>足るような、「便衣兵」による日本軍に対する喫緊の攻撃

そんな事由の証拠は日本側は挙げないと思うぞ?

その前に、「やってない」と「やった事を正当化」の区別がつくのかあんた?

499 :431:2005/04/12(火) 20:20:26 ID:fhXTjhkd
>>491
>>490
>なんだ、適法って認めてるジャンww

あのー、欺モウが適法だというのは、民間服に着替えた中国兵について言えるわけで。。。
適法な敵兵(敗残兵でも)が武器を持っていない状態で捕獲したら、これは裁判無しで
殺しちゃあいけないのです。捕虜にするしかない。これが面倒だから日本軍は、
「これは戦争ではない」と主張していたのですね。

翻って、日本軍が国民党軍の軍服を着て武漢に向かってもこれは適法なんですね。
ただ、敵の軍服を着たまま、武力攻撃をしたら違法ということなんでね。
捕らえられたら捕虜資格は無いですが、裁判無しで処刑したらこれは処刑する側が
違法行為をやったということになります。

このあたりを丁寧に読んでおかないと自衛隊の皆さんに無理なことを要求する
ことになっちゃうんで、気をつけてくださいね。

500 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 20:23:41 ID:uT/3QOrV
>>495
少なくとも法律関係者ではないようですね。
>裁判で敗訴した人たちの主張を集めて読んでみるというのは、なかなか興味深い
>作業なのですが、それを歴史の真実と主張するのはいかがなものでしょうかね。

東京裁判は不当裁判であると言う主旨の決議をもとに戦犯赦免要求が行われ連合国はこれに同意してます。

501 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 20:30:20 ID:eQ4i0tDl
>>499
>これが面倒だから日本軍は、 「これは戦争ではない」と主張していたのですね。

無茶すぎるなその論理(w
管理する方法なら少なくとも満州まで戻す、占領した都市で管理するなど方法は
幾らでもあるんですが。



502 :恵也 ◆1BgPjyxSE. :2005/04/12(火) 20:31:49 ID:960jzS5m
>>468
>よく写真を見てみたら、捏造だということが発覚しましたww

タダのど素人が捏造とほざいてるだけの話。
もう少し良く見なさい。
仲間割れまで起こしておられる。

>斬り落とした首を持つ海軍兵
http://www.nextftp.com/tarari/Matsuo/kaiketsu.htm

>東中野氏は1998(平成10)年2月から翌年の2月までの間、自由主義
・史観研究会・プロパガンダ写真研究会の名目上の顧問(顧問は2名で
・その他に藤岡信勝氏)でしたが、顧問の2名は写真検証は1枚たり
・とも出来ず、間違いや勘違いが多く、むしろ何ら役に立っていない
・存在でした。
・東中野氏に関しては、勘違いや思い込みが激しく、顧問としての
・役職すらほぼ用を成さない状態でした。
http://www.history.gr.jp/nanking/titile_hiretu_galtukai02.html

503 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 20:37:48 ID:eQ4i0tDl
>>502

お前がレイヤー使っているのが無謀だとか言ってた話だが
ちょうど休みだったからやってみたが余裕でできたぞ。
スキャナーが無いからUpできないがな

504 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 20:41:59 ID:eQ4i0tDl
まあガラス板をレイヤー代わりにするのがバカとか言ってたが、
その前にそもそも段差は問題にならんな。

505 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 20:42:30 ID:pUC0Bo3e
「南京大虐殺」は無かった!! その最大の根拠、それは、「大虐殺」と言う行為そのものなのです。
「南京大虐殺」の事を支那は「南京大屠殺」と呼んでいます。「屠殺」です。


 屠殺 (鳥獣等の)体を切り裂く。切り殺す。屠(ほふ)る。
そして、「屠殺」と称する支那には、古来より「屠城」なる思想があるのです。
「屠城」 ── 文字通り、「城を屠る」事で、敵の城を陥落させた場合、敵対した軍隊は言うに及ばず、
その城内(市内)に住んでいた市民も老若男女を問わず、残虐な方法で皆殺しにしてしまう事です。
この「屠城」は支那の長い歴史の中で幾度と無く、繰り返されてきた「歴史的事実」です。
対する日本はと言うと、しいて挙げるとすれば、織田信長の「比叡山焼き討ち」(元亀2=1571年)くらいです。
あの戦国時代ですら、その程度なのです。又、前回のコラム(『82.日本は「中国侵略」等していない!!』)にも書きましたが、
「義和団事件」の際、北京に進駐した日本軍の軍規の厳しさと秩序の良さは、
列強諸国の中でも「折り紙付き」でした。その様な軍隊(日本軍)が、支那人よろしく「
屠城」(南京市民を老若男女問わず虐殺)等する訳がありません。そう考えると、「南京大虐殺」とは、そもそも、
「屠城」思想を持つ支那ならではの「風説」や「妄想」(南京が陥落した・・・きっと日本軍に「屠城」されたに違いない・・・)
であり、正に「歴史の捏造」だと言えるのです。


506 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 20:42:53 ID:uT/3QOrV
>>431さん
>>497をスルーしないでくださいね。

507 :431:2005/04/12(火) 20:45:03 ID:fhXTjhkd
>>497
>これらが戦地において合法とされる当時の国際慣習法を教えてください。

ハーグ 規則24条の「奇計」の中に、私が上で「欺モウ」と説明したものが含まれます。
これはジュネーブ条約第1議定書37条2項でより詳しく、カムフラージュ、おとり、
偽装行動として定義されていますが、第一議定書は戦後のものなので、大戦中にあった
より詳しい「奇計」の定義となると、ブルンチュリあたりを参照することになるかと思います。
洋書でよければF. Kalshoven の The Law of Warfare (1973) がこのあたり詳しいです。

>また戦地において軍服を脱いだ兵士が攻撃をしてこなければ便衣兵ではないとする国際法上の根拠はありますか?

「便衣兵」という定義自体が国際法には無いです。
正規軍兵士が制服を着用せずに移動したり隠れたりするのは適法。
背信行為を以て殺傷することは違法(1907年ハーグ規則23条b)なので、民間服に
着替えて銃撃してきたらこれは違法行為(違法な便衣兵行動)ということになるでしょう。

508 :恵也 ◆1BgPjyxSE. :2005/04/12(火) 20:48:24 ID:960jzS5m
>>496
>陥落直後の人口が20万人。しかし、その一ヶ月後には25万人と、
>何と5万人も増えているのです

ずいぶんいい加減な事が書いてある。
南京市の人口は、戦争前の平和な時に100万人(これは否定派も認めてます)

しかし、爆撃され、蒋介石は逃げ出し、おまけに上海からの敗残兵や
近郊からの避難民が入ってきたり、逆に逃げ出したり、ゴチャゴチャ
状態じゃ誰も調査できん。

だから20万人というのは、国際安全区に避難できた人数(これは少し当てになる)
国際安全区の外の、南京城内区、南京城外区などを含んだ南京市人口は
誰にもわからん。ここにゴマカシがあるの。

30万人以上死んだというのは、南京市のことで、この著者の言ってる
のと範囲が違う。

俺の考えとは少しずれてるが・・・・
>「人口20万とは断定できない、正確な人口数は不明」ということ
・であれば、上の立論の大前提が崩壊することになります
http://www.geocities.jp/yu77799/jinkou.html

509 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 20:52:49 ID:eQ4i0tDl
>>508
>しかし、爆撃され、蒋介石は逃げ出し、おまけに上海からの敗残兵や
>近郊からの避難民が入ってきたり、逆に逃げ出したり、ゴチャゴチャ
>状態じゃ誰も調査できん。

所詮、出口入り口は言うほどの数ないんで、そこのカウントで
大体関係なくできますぜ。
それが出来ずとも軍が技術として持ってる目算による計算方法等、
いくらでもやろうと思えば可能ですぜ。

そもそもあんた、一戸あたりの人間の数の平均とかで人口を
簡単にしらべる方法出してただろ。




510 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 20:55:03 ID:eQ4i0tDl

なんかこの男は、自分に都合が悪いところだけは「調査できん」「不可能」とかで
逃げるよね。

その状態で数えるある程度確立した手法を考える人間の創意工夫が
全く感じられん。

511 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 20:55:10 ID:3gsiQla0
っていうか気づいたんだけどさ、なんで違法適法の話になってんの?
違法適法以前に、南京でそのような虐殺自体ないんだから、全然関係ねーじゃん。
実際、このスレで大量に論破されてるし(まあ都合の悪い書き込みは全部無視して何事もなかったかのように振舞う人がいますが)。

512 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 20:56:58 ID:Z0Ndw+vc
>>508
>しかし、爆撃され、蒋介石は逃げ出し、おまけに上海からの敗残兵や
>近郊からの避難民が入ってきたり、逆に逃げ出したり、ゴチャゴチャ
>状態じゃ誰も調査できん。

これでは、普通は死んだ人間の数も把握できないよな。少なくとも、一般人はそう思う。
生きてる人間の数も動きもわからない街だけど、虐殺と、その数は把握してますなんて、
何の説得力もないと思うのだが。


513 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 20:57:05 ID:eQ4i0tDl
>>511
知らない(w



514 :恵也 ◆1BgPjyxSE. :2005/04/12(火) 20:58:08 ID:960jzS5m
>>494
>日本が動く前と言ってるだろ

馬鹿はあなただ。
日本が動く前とは、日本が占領する前に日本兵の軍服を中国兵が
着るわけか

それじゃ仲間の中国兵に、殺されるのが落ちだ。
敵が攻めてきてる大混乱中に、そんなバカが出来るか!

515 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 21:01:47 ID:pUC0Bo3e
>>514
昭和12(1937)年7月29日、北京の東方は、冀東(きとう)防共自治政府の首都・通州で「大虐殺」がなされました。
いわゆる「通州事件」と呼ばれるものです。「南京大虐殺」が大々的に取り上げられるのとは反対に
、何故か、意図的に年表からも削除されている事が多く、教科書にも全く取り上げられる事の無い、
この「通州事件」について、今回は書いてみたいと思います。


「通州事件」 ── 又の名を「通州大虐殺」とも呼ばれるこの事件は、「廬溝橋事件」の3週間後、起こりました
。当時、通州には、「廬溝橋事件」の余波で避難していた婦女子や朝鮮人(当時は日本国籍だった)を含む
日本人居留民、天津特務機関長・細木繁中佐ら軍人等200余人が住んでいました。通州には、
日本軍の守備隊も駐屯していたのですが、たまたま、主力が南苑攻撃の為、町を離れ
、僅か110名の留守部隊しか残っていなかった所へ、支那保安隊千数百名が襲撃を掛けたのです。

516 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 21:02:35 ID:uT/3QOrV
>431さん
返答ありがとうございます。勉強になりました。
交戦地において軍服を脱いだ兵が国際慣習法の保護すべき捕虜の条件を満たしている根拠はありますか?

517 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 21:02:48 ID:eQ4i0tDl
>>514
さあ?
最初から上からの指示だと見てるんで暗黙の了解だと思いますが?
それ以外にも方法はいっくらでも。

あと、一般の住人の服を奪って、とんずらするその一般の人間は結局どうなるんだろうねえ(w

518 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 21:02:59 ID:pUC0Bo3e
通州を襲撃した支那保安隊は、多勢にものを言わせて日本軍守備隊を全滅させ、余勢を駆って、
何とあろう事か、日本人居留民をも「標的」にしたのです。支那保安隊は、日本人居留民を通州城内に全員集め、
城門を閉めた上で(要は城外へ逃げられない様にして)、日本人居留民の住宅一軒々々に火を放ち、
女性には暴行を加えた上で局部に丸太を突き刺す等して殺害、子供は両手・両足を切断し、
男性には首に縄を巻き付けた上で引き回す等、「残虐」の限りを尽くしたのです。
前回のコラム(『83.「日本軍国主義」の象徴 ── 「南京大虐殺」等あり得ない!!』)で指摘した「屠城」。
正にその「屠城」が現実のものとして、支那保安隊によって繰り広げられた訳です。


「廬溝橋事件」は、日本軍と支那・国民党軍と言う軍隊同士による軍事衝突でした。
しかし、「通州事件」は、支那保安隊による日本人居留民 ── 「民間人」への殺戮行為でした。
これは、明らかに国際法違反です。しかも、その殺害方法が、正に「屠城」そのものであり、
残虐極まりないものであった事も重要です。支那は現在も、ありもしなかった「南京大虐殺」を持ち出しますが、
こと「通州事件」については、自らの過ちであるにも関わらず、謝罪も補償も一向にする気がありません。
支那が「正しい歴史認識」と言うのであるならば、虚構の「南京大虐殺」を主張する前に、まず「通州事件」
における日本人居留民虐殺について明確に謝罪すべきです。




519 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 21:05:21 ID:pUC0Bo3e
そして、もう一つ、言いたい事があります。
「廬溝橋事件」発生後、日本は、現地解決・戦線不拡大方針を表明し、国民党軍との間に停戦協定が成立していました。
要は、日本としては支那とこれ以上、事を構えたくはない。
日本は支那との全面戦争は欲していない。だからこそ、事態をなるべく穏便に済ませたいと思っていたのです。
しかし、支那は日本側のそんな期待を裏切って、「通州事件」を起こしました。
当然ながら、日本の世論は「支那を撃つべし!!」と激怒沸騰しました。この時も日本軍は隠忍自重し、
本格的な戦端を開こうとはしませんでした。やはり、支那との全面戦争を欲していなかったからです。
しかし支那は、8月13日、上海租界の日本人居留民を警備・保護する目的で駐屯していた日本海軍陸戦隊に対して、
国民党正規軍10個師団(20万人)もの大兵力を配置して、攻撃してきたのです(第二次上海事変)。海軍陸戦隊は、
警備を主任務とする小規模軍隊です。その海軍陸戦隊が国民党正規軍(本格的な戦闘をする軍隊)10個師団を相手に、到底持ち堪(こた)える訳がありません。
「帝國臣民ヲ保護スヘシ」として、上海租界の日本人居留民「保護」を任務としていた海軍陸戦隊は、
遂に陸軍に対して派兵を要請。8月15日、蒋介石が「対日抗戦総動員令」を発令した同日、
日本海軍機が南京を空爆し、遂に8年もの長期に及ぶ全面戦争 ── 「支那事変」(日華事変・日中戦争)へと
発展していったのです。


もし、「廬溝橋事件」後の停戦協定が守られていたなら(支那側は幾度と無く協定違反を繰り返した)、
「通州事件」が起きなかったなら(あの事件で日本の世論を硬化させた)、
そして、「第二次上海事変」による攻撃が無かったなら(全面戦争に発展する切っ掛けを作った)、
日本と支那の全面戦争は起きなかったのかも知れません。昔から、日本には「喧嘩両成敗」と言う言葉があります。
喧嘩をした同士双方に非があるのだと言う意味です。そう言う意味では、
蒋介石(第二次上海事変で先制攻撃)・毛沢東(廬溝橋事件で日本軍に発砲)による「挑発」が、
「支那事変」を招いた共言え、闇雲に「日本軍国主義」を糾弾して止まない支那にも「支那事変」における「戦争責任」があると言う事です。




520 :恵也 ◆1BgPjyxSE. :2005/04/12(火) 21:09:12 ID:960jzS5m
>>501
>占領した都市で管理するなど方法は 幾らでもあるんですが。

日本軍自身、食料が不足してるくらいなんだぜ。
何万人もの捕虜にどうやって、食料を与えるんだい?

>安全区委員会にとっての大きな懸念は日本軍の敗残兵や難民への
・暴虐だけではなく、当然難民への食糧供給にもあったのです。

・ラーベはいちいち「難民用の米を運ぶためのトラックは自由に通
・してくれよ、なあ」などと当たり前に思えるようなことに釘を
・指していますが、この不安は決して杞憂ではなかったのです。
http://www10.ocn.ne.jp/~war/kome.htm


521 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 21:11:39 ID:mto42dtF
>>518
>>519

君(pUC0Bo3e)の歴史認識がズレてる。

通州事件を起こしたのは、
日本が建てた傀儡政権下の、
日本が編成した中国人保安隊。

傀儡政府と日本政府との間で、謝罪等の話し合いも付いてる。
中国人の残虐さを表す事件ではある。

それに蒋介石の上海攻撃の前に、
日本から開戦通告を出して、都市占領を行ってる。

522 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 21:12:30 ID:pUC0Bo3e
>>520
だからなんで人口が増えてんのかって云う問題から答えろよ

なんで茶濁すんだ?

523 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 21:12:45 ID:eQ4i0tDl
>>520
>日本軍自身、食料が不足してるくらいなんだぜ。
>何万人もの捕虜にどうやって、食料を与えるんだい?

最悪の場合与える必要も無い。
軍隊の能力の限界を超えた場合はな。
とりあえず確保できるところまで戻す。

食料のために捕虜を鉄砲玉で殺すのは、
はっきり言って弾の無駄遣いだ。

524 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 21:14:03 ID:3gsiQla0
>>520
食料は不足してるけど、大した意味も無く30万人を虐殺し、出た死体を石油で跡形もなくなるまで焼くほどに、石油と弾が余ってたんですかw
笑える冗談ですねwお笑い芸人のセンスあるかもしれませんよ?(プッww

525 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 21:16:37 ID:3gsiQla0
>>522
きみ、新人?
だったら恵也がどんな奴か知っといたほうがいいよ→>>23

526 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 21:18:08 ID:3gsiQla0
>>521
>通州事件を起こしたのは、
>日本が建てた傀儡政権下の、
>日本が編成した中国人保安隊。

>傀儡政府と日本政府との間で、謝罪等の話し合いも付いてる。
>中国人の残虐さを表す事件ではある。

はい、証拠出して

527 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 21:19:53 ID:mto42dtF
>>526
通州事件を起こしたのは、
冀東防共自治政府所属の、
中国人保安隊。

528 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 21:21:31 ID:pUC0Bo3e
>>525
あ、そうなんだ。

なんかしっかり日本語で喋ってるから話せばわかるやつなのかと思ってたよ|_-)

529 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 21:21:45 ID:Uych4Zkh
>>522
彼は南京市には70万人説を語ってますから
もちろん脳内ソースで・・・

530 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 21:22:14 ID:eQ4i0tDl
>>528

環境電力板でも似た事やってるがな。
基本がデンパだ

531 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 21:26:22 ID:uT/3QOrV
>431さん
>>516をスルーしないでくださいね。

532 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 21:27:24 ID:3gsiQla0
>>527
え、その書き込みが証拠になると思ってんの?www

だったら、
「私は527に一億円貸しました」
これも証拠になっちゃうよwww

533 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 21:29:18 ID:mto42dtF
>>532
通州事件について
この程度(>>527)の事も知らないなら
勉強してから書き込めよ

534 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 21:33:17 ID:eQ4i0tDl
>>532
傀儡というが、裏切られた可能性もあるな。

535 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 21:37:06 ID:3gsiQla0
>>533
虐殺派お得意の「自分で調べろ」逃げ戦法キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!
言い出した奴がソースを提示するという議論の常識を無視できるからこそなせる技ですね。
恥すぎて僕にはマネできませんwwwwwww

536 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 21:38:06 ID:mto42dtF
>>535
基本的知識もなく、書き続ける君の方が恥ずかしい。
無知を晒して楽しい?

537 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 21:39:14 ID:uT/3QOrV
>431さん
「便衣兵」を裁判抜きで処刑しても違法ではない。でよろしいですね?

538 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 21:40:01 ID:eQ4i0tDl
>>536

もうあんたらそこまで信頼ないんだから仕方あるまい。

539 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 21:46:13 ID:3gsiQla0
>>536
常識すら知らない無知は君でしょ?w
言いだしっぺの癖に納得のいくようなソースも出せないなんて、議論に参加する資格すらない。
ちゃんとした議論の場だったらつまみ出されるよ。普通に。(平気だと思ってるんなら、それはそれでヤバいけどw)

540 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 21:48:48 ID:mto42dtF
>>539
ソース
http://www.geocities.jp/yu77799/tuushuu/tuushuu1.html

541 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 21:49:18 ID:pUC0Bo3e
とりあえず、通州事件でググッてみたらいいと思う

なんか、事件の内容が様々あるけど、裏切られたとか保安隊が反逆したってのが多いみたいだ
まぁ、そんくらい隠蔽されてきた歴史なんだろうな

542 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 21:51:45 ID:mto42dtF
>>541
寝返った張慶餘は最後まで態度がはっきりしなかった。
南京政府のデマ(日本軍敗走)に動揺したのが実情だろう。

張慶餘は「自分は日本軍が大挙して南苑を侵犯し、かつ飛行機を派遣して北平を爆撃したのを見て、戦機すでに迫り、もはや坐視出来ないものと認めて、ついに張硯田と密議し、七月二十 八日夜十二時、通州で決起することを決定した」と書いている。

日本軍は北京を爆撃してない。つまり初めから寝返るつもりだったという張慶餘の告白は信用できない。


543 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 21:57:24 ID:3gsiQla0
>>540
日本の命令でやったわけじゃないんだから、結局中国によって引き起こされたという事実はかわらんな。

544 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 22:03:50 ID:mto42dtF
>>543
基本的には所属元の責任。
当時の日本政府も、責任を求めたのは冀東政府の方。

545 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 22:03:53 ID:eQ4i0tDl
反乱部隊だった地点でダメだろ。また民衆攻撃に何の理由も無い。

まあ?100名だか200名だかの殺害事件で30万だか70万だかを殺したという理論は
あきらかに基地外の主張だが・・・

支援した奴らがいたかもしれんな。

546 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 22:06:13 ID:eQ4i0tDl
>>544
確かに政府に管理能力を問われるが、その政府には民衆虐殺の責任は無い。

民衆虐殺の指令をしたのは直接的にはその反乱軍隊長。

547 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 22:06:56 ID:3gsiQla0
>>544
なるほどね。どうせ俺らが虐殺やっても全部所属元の日本軍の責任になるから、やりたい放題やっちゃいましょうというわけか。

つくづく最低だねチャンコロはw

548 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 22:20:44 ID:nxwmcz2w
22時30分に反日サイトhttp://www.japanpig.com/に田代を
協力頼む
使用は自己責任で

http://www.eonet.ne.jp/~junpy-room/tasirohou/tasiro-top.html
田代砲

http://www.eonet.ne.jp/~junpy-room/tasirohou/tashiro.mega.html
粒子田代

その他
グレーゾーンの方法。
もしくは、IPを晒したくない人は気分的ですが串を使いましょう。
(ただし、あくまでも気分的。過信は禁物です)

Proxyの設定の仕方の簡易説明
http://www.geocities.jp/osaru3220/Proxy-set.htm

串リスト
http://www.cybersyndrome.net/pla.html


549 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 22:28:24 ID:7mLCPk/a
済南事件も忘れるな!

中国兵による略奪陵辱暴行殺人事件。略奪被害戸数136、被害人員約400とある。中国側も立ち会った、済南医院での日本人被害者の検死結果。

藤井小次郎
 頭および顔の皮をはがれ、眼球摘出。内臓露出。陰茎切除。
斎藤辰雄
 顔面に刺創。地上を引きずられたらしく全身に擦創。
東条弥太郎
 両手を縛られて地上を引きずられた形跡。頭骨破砕。小脳露出。眼球突出。
東条キン(女性24歳)
 全顔面及び腹部にかけ、皮膚及び軟部の全剥離。
 陰部に約2糎平方の木片深さ27糎突刺あり。
 両腕を帯で後手に縛られて顔面、胸部、乳房に刺創。助骨折損。
鍋田銀次郎
 左脇腹から右脇に貫通銃創。
井上国太郎
 顔面破砕。両眼を摘出して石をつめる。
宮本直八
 胸部貫通銃創、肩に刺創数カ所。頭部に鈍刀による 切創。陰茎切除。
多比良貞一
 頭部にトビ口様のものを打ち込まれたらしい突創。
 腹部を切り裂かれて小腸露出。
中里重太郎
 顔面壊滅。頭骨粉砕。身体に無数の刺創。右肺貫通銃創。
高熊うめ
 助骨折損、右眼球突出。全身火傷。左脚の膝から下が脱落。
 右脚の白足袋で婦人と判明した。

他の二体は顔面を切り刻まれたうえに肢体を寸断され、人定は不可能であった。


550 :恵也 ◆1BgPjyxSE. :2005/04/12(火) 22:28:40 ID:960jzS5m
>>500
>東京裁判は不当裁判であると言う主旨の決議をもとに戦犯赦免
>要求が行われ連合国はこれに同意してます。

間違い!
決議文ではそんな恐れ多い不当裁判だなんて、一言もいっておりません
タダひたすら赦免を連合国にお願いして、政府のケツを引っ叩いてる
だけです。

決議文の趣旨説明で、東京裁判の弁護人や同意見の方の話をちりばめた
くらいの苦しい言い訳。
趣旨説明でさえ東京裁判の判決が無効だなんて、コレッポッチも匂わ
してもいません。
苦しい趣旨説明をクレグレモ誤解なきように。
http://www.nipponkaigi.org/reidai01/Opinion3(J)/history/genten.htm

551 :恵也 ◆1BgPjyxSE. :2005/04/12(火) 22:37:08 ID:960jzS5m
>>520
>だからなんで人口が増えてんのかって云う問題から答えろよ

人口が判らんのに、増えたとか、減ったとか関係なし。
調査もしてない山勘、ドンブリ勘定の数字で、ウヨボウが騒いでるだけだ。

552 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 22:39:50 ID:7mLCPk/a
>>551
つスマイス調査
さ、お前の意見の根拠史料だせよ

553 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 22:42:51 ID:7mLCPk/a
さらに…
1.「南京安全地帯の記録」
 国民党政府の対外委員会監修。
 上海の Kelly and Walsh社出版。
 Documents of the Nanking Safety Zone
 南京市警察長官王固磐から国際委員会に提出した20万人という数値が記載。
 その後の行政の基礎として使われている。
 2.「11月25日電報」 
  ラーベからジーメンス中国本社宛(上海)
 ジーメンス・上海へ。ラーベより。十一月二十五日の電報、ありがたく拝受。しかしながら、当方南京残留を決意。20万人をこす非戦闘員の保護のため、国際委員会の代表を引く受けました。 
 3.『南京の真実』より 
 11月28日の時点。警察庁長王固盤は、南京には中国人がまだ20万人住んでいると繰り返した。
 ここにとどまるのかと尋ねると、予想通 りの答えが返ってきた
 (警察庁長王固盤は口頭と記録の両方で20万人を表明しています。)


554 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 22:43:18 ID:3gsiQla0
>>551
>調査もしてない山勘、ドンブリ勘定の数字で、ウヨボウが騒いでるだけだ。
30万人虐殺説のことですね?w

555 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 22:44:13 ID:uT/3QOrV
>>550
あなたの提示しているソースには
>この国会決議が東京裁判を否定する意図をもって行なわれたことは、この提案の趣旨説明に立った田子一民議員の次の趣旨説明で明らかだ。
と書いてありますw

ソースを提示するときはよく読んだらどうですかw
それから以前、赦免要求が罪を認めて行われたと嘘をつきましたね。
謝罪を要求します。

556 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 22:45:00 ID:3gsiQla0
>>554
訂正

×ウヨボウ
○ブサヨ

557 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 22:45:35 ID:7mLCPk/a
おまけに…
国民党軍・張群思少佐「南京衛戊軍の兵力数5万、非戦闘員10万ほど」
同じく劉啓雄少将「概ね20万」

558 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 22:46:58 ID:3gsiQla0
>>555
ムダムダ。恵也の得意技は「逃げ」だよ?
今までに幾千もの(自分にとって都合の悪い)レスから逃げてきた。
また逃げるに決まってる。

559 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 22:53:49 ID:uT/3QOrV
恵也主張30万人大虐殺説

1・南京陥落時人口70万人説 → 根拠なし 論破済み
2・東京裁判史観 → デマ。論破済み
3・東日記 → 最高裁上告却下により捏造確定
4・曽根日記 → 新仮名遣いの日記w 捏造
5・大田証言 → 中帰連。捏造
6・崇善堂埋葬記録 → 「中華民国27年度南京市概況」により埋葬事実なし。捏造
7・大虐殺写真 → 全部捏造

恵也発言パターン

A・事後法容認
 A2・ 国際法における罪刑法定主義原則の否定
B・反論大量スルー
C・妄想根拠
 C2・妄想根拠による誹謗中傷
D・虚言
E・無知
F・歪曲

こうですか?


560 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 22:55:29 ID:7mLCPk/a
第三者の調査及び記録・さらに当事者の国民党の行政及び防御側でさえ七十万なんてボケた数字は言ってませんか?
…って既に論破済みだったのねw>559

561 :恵也 ◆1BgPjyxSE. :2005/04/12(火) 22:57:40 ID:960jzS5m
>>524
>大した意味も無く30万人を虐殺し、出た死体を石油で跡形も
>なくなるまで焼くほどに

意味はあるよ。
「暴支膺懲」といって中国政府を懲らしめてやるつもりだったの。
その為に、当時の中国の経済、政治、穀倉地帯の中心地を再起不能に
痛めつければ、中国政府も謝って来てくれると思ったんだよ。

予定が外れて徹底抗戦をやられ、泥沼に引きずり込まれ第二次大戦
まで突っ走ってしまったんだぜ。
政治家や軍の指導者はこの程度の脳味噌しか、持てなかったんだ。
「暴支膺懲」といって日本が負けるまでたった8年しかかからなかった。

それに30万人とはいっても、中国人が埋葬したのが20万体くらいで
10万体は日本軍が揚子江に流したり埋葬したりした。
全部燃せたわけじゃない。

>自分の隊は同16日から18日までの3日間に長江岸の下関碼頭の
・西側で、同市内から運ばれた中国人の死体約1万9千体を長江に流した
http://www.jca.apc.org/nmnankin/lin5.html

562 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 22:59:24 ID:uT/3QOrV
やっぱりスルーかw

563 :恵也 ◆1BgPjyxSE. :2005/04/12(火) 23:03:53 ID:960jzS5m
>>553
>11月28日の時点。警察庁長王固盤は、南京には中国人がまだ
>20万人住んでいると繰り返した。

警察が、戦争の大混乱の中でどうやって人口調査できるんだい?
タダの山勘、ドンブリ勘定だろ。
蒋介石は逃げ出し、警察のエライサンだって市長さんだって逃げる
算段をしてる時に調べる職員がいるのかい?
12月13日には日本軍が占領してしまってるのに。

564 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 23:04:08 ID:3gsiQla0
>>561
お寺の鐘までも回収するほど資源に困ってたのにかw
相変わらずお前のトンデモ論には呆れるよ。
ああ、あとすぐに逃げる姿勢もなw

>それに30万人とはいっても、中国人が埋葬したのが20万体くらいで
>10万体は日本軍が揚子江に流したり埋葬したりした。
>全部燃せたわけじゃない。
散々ボロクソに論破されたのに、まだ30万人説唱えてたのかお前・・・。
ほんとにお前頭おかしいんじゃないのか?
三歩歩いたら物を忘れる鶏以下だなオイwww

565 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 23:06:09 ID:3gsiQla0
>>563
その屁理屈、上のほうでとっくに論破されてる。
やっぱこいつ、3秒経つと物を忘れるらしいなwww
バカなだけじゃなかったのかwwwww

566 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 23:06:35 ID:7mLCPk/a
>>563
ほほぅ?記録を信じないなら、「人口はわからない」というしかないな(藁
つまりどの道七十万はありえないと認めたってことだな

567 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 23:07:12 ID:PaKWdy9I
支那人のレベル

日本人が撤退したのは、人民解放軍に負けたからだろ?
アメリカにやられた?
本当か、その話?

568 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 23:07:11 ID:eQ4i0tDl
>意味はあるよ。
>「暴支膺懲」といって中国政府を懲らしめてやるつもりだったの。
>その為に、当時の中国の経済、政治、穀倉地帯の中心地を再起不能に
>痛めつければ、中国政府も謝って来てくれると思ったんだよ。

あいからわずソースも無いと。

その理論だと30万人殺したではなく100万人以上虐殺したとむしろ数多く言ったほうが
圧倒的に効果あるだろタコ
あの国では民衆30万程度ではまったく脅しにならんぞ。

つうか、隠す必要性が全く無い。世界の世論なんぞももう全体主義の囲い込みは完成している。
はっきり言っていらないといえばいらない。

南京の数は過去100万だったからそれを3日間で全滅させてその首はトラック数百台に詰まれて
全部重慶の住人に運ばれました、しかもその日本軍はあと2日で重慶攻撃開始しますとか
言ってたほうがよっっぽど効果あるだろ。

「再起不能に痛めつけるという作戦」としてもお前の論は弱すぎる(w
その作戦なら、むしろ戦死者の数を多く言いますよ?





569 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 23:07:56 ID:3gsiQla0
そろそろ恵也まとめサイト作るかww

570 :恵也 ◆1BgPjyxSE. :2005/04/12(火) 23:08:54 ID:960jzS5m
>>554
>30万人虐殺説のことですね?w

これは中国人が埋葬した遺体数や、日本軍が処理した遺体数を調べての事
調査し合計した数字で、ドンブリ勘定とはいえない。

>南京市崇善堂埋葬活動一覧表
http://members.at.infoseek.co.jp/NankingMassacre/mondai/maisou/suzendou.html

571 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 23:10:12 ID:7mLCPk/a
>>570
ぎゃはははは!また「中華民国27年度南京市概況」等により捏造と判明して、反証も反論もできなかった偽記録にしがみついてやがる
笑える芸人っぷりだ!ご苦労!

572 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 23:11:11 ID:pUC0Bo3e
>>563
ねぇ、おまえの資料全部そうなんだけさ。第3者は出てこないわけ?

573 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 23:11:51 ID:TydFtjOq
ノシ<質問

南京市の面積ってどれくらいなんですか?
やっぱかなり広くないとやばいよな

574 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 23:11:56 ID:3gsiQla0
>>563
都合の悪い資料は信じず、都合のいい資料は盲目的に信じる。
「人数は正確にわからない。山勘、ドンブリ勘定」といっておきながら、30万人虐殺説は何の疑問も証拠も根拠も無く信じる。
お前の「正確な人数はわからない説」でいけば、30万人虐殺説は真っ先に否定されます。
だって、殺された「正確な人数はわからない」だろ?
だから山勘ドンブリ勘定だな(プッw

575 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 23:13:26 ID:3gsiQla0
>>570
こいつに恥という感情はないんだねw

>>573
東京の世田谷くらい

576 :恵也 ◆1BgPjyxSE. :2005/04/12(火) 23:15:57 ID:960jzS5m
>>564
>お寺の鐘までも回収するほど資源に困ってたのにかw

これは戦争末期の1943年頃の日本の話だろ。
1937年頃は、経済制裁もやられてないし景気も良かったし、軍隊も
それほどいなかったし、資源にはあまり困ってないでしょう。
アメリカから石油も輸入してたんじゃない?
時間と環境を少しは考えなさい。


577 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 23:16:01 ID:3gsiQla0
何の根拠も無く、じゃないな。
「捏造資料を根拠に」だなw

578 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 23:17:25 ID:7mLCPk/a
恵也、いい加減お前のスルー=敗北土下座宣言と見なすぞ
それでいいな?

579 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 23:18:28 ID:eQ4i0tDl
まあ、それで南京大虐殺が成功したら。

報道としては・・・

「南京で日本軍1万が南京華軍十万を撃破、
 さらに抵抗する南京市内居住の南京軍百万を掃滅
 市民死者100万以上を斬首、抵抗する重慶政府に送付」
「無条件降伏、イエスかノーか」
「南京戦の焦土の火、徐州から望む」

「南京百万殺部隊の神兵、重慶へ進軍開始」


まあ、人間だけで30万殺せたらこうなるわ。
どーかんがえても強すぎるしその部隊。凄い身体能力や。

580 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 23:19:04 ID:TydFtjOq
>>575
サンクス
ググってみたんだけどでてこないっぽい。
漏れへたれすぎorz
ソースっぽいところってありまつか?

581 :恵也 ◆1BgPjyxSE. :2005/04/12(火) 23:19:21 ID:960jzS5m
>>571
>「中華民国27年度南京市概況」等により捏造と判明して

捏造と判明してるのは、あなたの脳味噌の中だけだろ。
中身も出さんで良く判明と言えるものだ。
これがウヨボウの強みというものだろう。

582 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 23:19:58 ID:uT/3QOrV
当時の日本軍は原爆以上の殺傷能力を持っていたらしいですw

583 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 23:22:17 ID:eQ4i0tDl
つうか、身体能力があまりに高すぎるから逆に報道するな(w
んなのが一万以上もいた部隊があったら国威発動になるわ。

そのままインパールにまで歩いていけるぞ、こいつらなら。

584 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 23:22:58 ID:7mLCPk/a
>>581
名 称  地 点 主持人  主要工作                    成立時間     現在情形 
崇善堂 金沙井 周一魚等 恤○・保嬰・施材・施診・施薬・惜字・散米 清嘉慶2年成立 工作進行範囲狭小
 「中華民国27年度 南京市政概況」
 督辨南京市政公署秘書処 編輯
 中華民国28年3月出版


585 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 23:23:23 ID:7mLCPk/a
これでも疑うなら自分で国会図書館いって直接調べろw

586 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 23:24:49 ID:YR328Qkp
>>581を見てつくづく恵也センセイはわざとやってると思ってしまうな。
もういかにもツッコんでください、でしょ、「お前がいうな」って。

587 :恵也 ◆1BgPjyxSE. :2005/04/12(火) 23:30:50 ID:960jzS5m
少し重いです。

>中国軍は,兵力は多いが弱いと過小評価していた日本軍は,高圧的な
態度で臨めば,中国が譲歩すると錯覚していた。

→日本のは,駐屯権で認められている程度の小兵力しかないので,中国
軍の戦意は必ずしも低くはなかった
http://www.geocities.jp/torikai007/japanchina/1937.html


588 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 23:31:00 ID:3gsiQla0
っていうかさ、ほんとになんなのこいつは?w

論破されても何事もなかったかのように妄言吐き続けるし、都合の悪いレスは全部無視するくせにメチャメチャ態度が偉そうだしw
やっぱりダメだなこいつは。恵也まとめサイト作って警鐘鳴らさないと、こいつに騙されるやつ絶対出てくる。

まずこいつの特徴は「逃げ」にある。
いくら論破されてもひたすら逃げ、何事もなかったかのように同じ主張を繰り返す。
>>581がまさにその例だ。笑いすら出てきてしまったw

要するに、過去ログを片っ端から読み返すことが偉い苦労で、大抵の人がそれをしないのをいいことに開き直っているのだ。
なので、過去ログを読み返せば恵也がどんな奴なのかは一発でわかる。だが大抵の人は面倒くさいからそれをしない。

そこでまとめサイトだ。
ここで、恵也が逃げた事例や実際に論破したところのログ、恵也自身の妄言や矛盾を過去ログから抽出して並べることにより、効果的に逃げを封じることができる。
恵也なんかのために努力をするのは正直嫌だが、何も知らないパンピーが騙され、南京があったと信じ込まれるのはなんとしても避けたい。

だから、まとめサイト作ることにする。

589 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 23:34:51 ID:eQ4i0tDl
>>582

しかしだ。可能性はある。

その同時期に朝鮮半島では、誰もが魅了されるという最高のカリスマをもった英雄、
金日成国家主席が占領する日本軍相手に、瞬間移動や病気治しの術を使ったり
して戦っていた頃だ。


本当だ。ソースは沢山ある

590 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 23:36:44 ID:TydFtjOq
>>575
度々すまん。
なんかググってみたら7500ku以上あるってかいてあった。
およそ87km四方か。
意外と狭いな。


591 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 23:38:30 ID:wUw+/rhF
>>588
いや、「南京」も「南京事件」もちゃんとあったんだけど。


「日本軍による南京における民間人大虐殺事件」は無かったけど。

おーぱるぱるさん。

592 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 23:51:16 ID:kqcfAqyt
>>581
「中華民国27年度南京市概況」
http://www.history.gr.jp/nanking/nankincity_gaikyo.pdf

593 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 23:54:18 ID:jgFcB6AV
えなり大先生は、
>タダの山勘、ドンブリ勘定だろ。
って勝手に決めつけてるけど、当時の公的な機関が作成した
公文書は山勘で作られる程いい加減だったの?
しかも、複数の文書で数字がほとんど同じなのに。
そのくせ、一企業?が作成した数字は盲目的に信じてるみたいだけど。

594 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 23:54:30 ID:eQ4i0tDl
>>592
PDFで置いてあるのは驚いたが、別にこれといって問題は無いな。

595 :日出づる処の名無し:2005/04/12(火) 23:57:23 ID:kqcfAqyt
>>594
元のページはここです

「南京大虐殺」に新史料
http://www.history.gr.jp/nanking/books_newdata_ara.html

596 :日出づる処の名無し:2005/04/13(水) 00:17:41 ID:M7w1tc+o
>>593
それが恵也クオリティ

597 :日出づる処の名無し:2005/04/13(水) 00:22:37 ID:WvfsGva7
こなくなったのには理由があるのかねえ

598 :日出づる処の名無し:2005/04/13(水) 00:56:32 ID:CdZrz8dj
いぢめると、便衣兵になるぞw

599 :日出づる処の名無し:2005/04/13(水) 04:32:38 ID:U2dmSPRm
南京大虐殺なんてものは、もちろん無かったわけだが、60年間あったといいつづけると
既成事実のようになっちゃうんだな。政治的にはさ。
じゃあ、こちらも辛抱強くなかったといい続けよう。
無かったのは真実なんだから、10年も言い続ければ、マジでなかったことになるだろう。
嘘でさえ継続すれば、政治的力を持つ。
まして、真実ならちょっとの辛抱でなんとかなる。

600 :日出づる処の名無し:2005/04/13(水) 04:49:09 ID:lIsBFRhE
・日本軍による組織的な捕虜殺害
・便衣兵と間違えての一般市民の殺害
・多少の軍規の乱れ
は数字は不確かだがあった。(それをなんと呼ぶかはともかく)
っていうのが否定派の最終防衛ライン?



601 :日出づる処の名無し:2005/04/13(水) 05:09:34 ID:0Zx68nis
日本の教育もちゃんと南京大虐殺と従軍慰安婦のようなフィクションを
妄想、でっち上げだってのを子供に教育していかないとまずいよね。
こびへつらって、仲良くしていこうなんて思う必要はない。
そもそも戦後保障の意味あいで中国や韓国などの後進国を支援してきたのが間違い。
あいつら日本の金で今があることを全然理解してないし、
もっと金をせびろうと、「反日」で日本を脅迫すらしてるんだもんな。
日本はもうあんなクレイジーな蛮国を相手にせず、
どうどうと常任理事国入りしてやつらの嫉妬心をさらに燃え上がらせてやればいいと思う。
国連がもし日本の常任理事国入りを否決したら、日本は国連から抜ける態度を示せばいい。
国連最大のスポンサーである日本が金を出さなくなったら、国連はかなり困るだろう。
金の無い蛮国と金のある日本、どっちが大事かおのずと判断はつくだろう。

602 :恵也 ◆1BgPjyxSE. :2005/04/13(水) 08:02:37 ID:oaOW3jpW
>>593
>しかも、複数の文書で数字がほとんど同じなのに。

複数の文書といっても、元はたいして多くない。
市長や警察が逃げ出す寸前の理解が、20万人くらいの南京市民だ。
その数字と安全区に居残ってたボランティア外国人委員が、安全区に
来た人口が20万人くらいで一致したので、ほとんどの南京市民が安全
区に逃げてきたと、委員たちも当初は勘違いしたんだろう。

食料や燃料の供給で安全区の外国人は、安全区内の人口をダイタイは
調べてたはず。
しかし安全区外の城内区、城外の場所は全く理解の外だったんだよ。
でも城外で多くの人間が殺されてる。

このHPは俺の考えと少し違うが・・・

>紅卍会(宗教団体)と崇善堂(慈善団体と葬儀社と両説ある。
・この時は日本軍より要請をうけ半ば営利事業としておこなった。)
・の作業報告である。
http://www3.kiwi-us.com/~ingle/topix-2/deadoutsidenanking.html

603 :日出づる処の名無し:2005/04/13(水) 09:14:20 ID:CVgGetFi
>>602
>ほとんどの南京市民が安全
>区に逃げてきたと、委員たちも当初は勘違いしたんだろう。

勘違いもヘッタクレも安全区外に人が大勢いた根拠をお前は一向に提示してないんだが。
ほとんど人がいなかった根拠は今まで沢山出てきたけどな。

そんなことより戦犯赦免要求が罪を認めていたって嘘を謝ったら?


604 :日出づる処の名無し:2005/04/13(水) 09:14:24 ID:M7w1tc+o
>>602
>その数字と安全区に居残ってたボランティア外国人委員が、安全区に
>来た人口が20万人くらいで一致したので、ほとんどの南京市民が安全
>区に逃げてきたと、委員たちも当初は勘違いしたんだろう。

くだらんな。お前の脳内妄想に過ぎない。
妄想じゃないというのなら証拠を出せ。

605 :日出づる処の名無し:2005/04/13(水) 09:59:39 ID:CVgGetFi
恵也主張30万人大虐殺説 Ver 1.01

1・南京陥落時人口70万人説 → 根拠なし 論破済み
2・東京裁判史観 → デマ。論破済み
3・東日記 → 最高裁上告却下により捏造確定
4・曽根日記 → 新仮名遣いの日記w 捏造
5・大田証言 → 中帰連。捏造
6・崇善堂埋葬記録 → 「中華民国27年度南京市概況」により埋葬事実なし。捏造
7・大虐殺写真 → 全部捏造

恵也発言パターン

A・事後法容認
 A2・ 国際法における罪刑法定主義原則の否定
B・反論大量スルー
C・妄想根拠
 C2・妄想根拠による誹謗中傷
D・虚言
E・無知
F・歪曲
G・選択的記憶喪失
H・謝罪拒否

こうですか?


606 :日出づる処の名無し:2005/04/13(水) 10:13:50 ID:SBIvXK67
>>602
>>>紅卍会(宗教団体)と崇善堂(慈善団体と葬儀社と両説ある。
>>・この時は日本軍より要請をうけ半ば営利事業としておこなった。)
>>・の作業報告である。

日本軍が埋葬を依頼したのは紅卍会だけ。
埋葬の賃金も紅卍会にしか払ってない。

607 :日出づる処の名無し:2005/04/13(水) 10:55:51 ID:4LRloZ4j
無差別に南京市民を30万人虐殺したと言いながら、
そのうち20万人を中国人が埋葬したと言うサヨボウ。
なんでその中国人は虐殺されなかったんだろう。
無差別に虐殺してるのにw

608 :日出づる処の名無し:2005/04/13(水) 11:22:05 ID:M7w1tc+o
http://www.4gamer.net/patch/demo/shanghaidragon.html
中国のゲーム会社が作ったゲーム。
かなりバカっぷり発揮してて笑えるwww

609 :日出づる処の名無し:2005/04/13(水) 12:43:33 ID:f42/J5xD
新スレです。

南京虐殺は無かったぁああああああああ!
http://love3.2ch.net/test/read.cgi/pure/1113347106/


610 :日出づる処の名無し:2005/04/13(水) 13:09:03 ID:lKjU6jdt
まあ何であれ、厨国といえば、無抵抗丸腰の自国市民を
治安維持なんて理由だけで躊躇もなく虐殺でき、
犠牲者なんていませんでしたなんてサラリと発表して
それがまかり通る(通す)国ですからね。
なあ、恵也。 おまえの国はたいしたもんだ。
おまえの自国の行動を省みない主張を見ていると、
なるほど。 
南京大虐殺なんてものはあり得なかったと確信できるよ。


611 :日出づる処の名無し:2005/04/13(水) 14:48:02 ID:CVgGetFi
>>609
なんで純情恋愛版にそんなスレが立つんだね。

612 :恵也 ◆1BgPjyxSE. :2005/04/13(水) 16:33:06 ID:TyT0kHDz
>>607
>無差別に南京市民を30万人虐殺したと言いながら、

誰も”無差別に虐殺した”とは言ってないと思うがね。
俺が調べた範囲では、南京では最初に兵隊、次に兵隊らしきもの
その次に兵隊になれそうな人間。
殺すにも順番があり、日本軍に歯向かいそうな男を処分したものだ

その中で日本軍に協力的な連中は、取り立てて遺体の処分をさせたり
荷物運びに使ったり、道路の片付けに使ったりして日本軍の為に働か
せていたんだぜ。
その証拠に南京の遺体は異常に、男が多いだろ。
特に農村地区の遺体は極端だ。

>南京市崇善堂埋葬活動一覧表
http://members.at.infoseek.co.jp/NankingMassacre/mondai/maisou/suzendou.html

613 :当然だが:2005/04/13(水) 16:34:56 ID:WvfsGva7
>>612

>俺が調べた範囲では、南京では最初に兵隊、次に兵隊らしきもの
>その次に兵隊になれそうな人間。


証拠提示要求

614 :日出づる処の名無し:2005/04/13(水) 16:38:12 ID:WvfsGva7
>>612

>その中で日本軍に協力的な連中は、取り立てて遺体の処分をさせたり
>荷物運びに使ったり、道路の片付けに使ったりして日本軍の為に働か
>せていたんだぜ。

証拠なし、証拠提示要求

>その証拠に南京の遺体は異常に、男が多いだろ。
>特に農村地区の遺体は極端だ。

その場合は女性の訴えが30万近く必要になる
さらに崇善堂資料に対する信憑性が有る事を再証明する義務発生


つまり、発言に全く根拠無し

615 :日出づる処の名無し:2005/04/13(水) 16:38:40 ID:cujZalTS ?
漏れは世界中の戦場で虐殺が行われた可能性があると思うよ。
だから南京でも虐殺があったかもしれない。

616 :日出づる処の名無し:2005/04/13(水) 16:38:54 ID:1UXwFsSQ
>>610
>まあ何であれ、厨国といえば、無抵抗丸腰の自国市民を
>治安維持なんて理由だけで躊躇もなく虐殺でき、
>犠牲者なんていませんでしたなんてサラリと発表して
>それがまかり通る(通す)国ですからね。

うっかり流し読みしてて、これ戦争中の日本のことをサヨクが攻撃してんだと
思っちゃったぞ。

617 :日出づる処の名無し:2005/04/13(水) 16:39:41 ID:e6NbC/ZE
「20世紀最大のウソ、南京大虐殺」っていう集会やってたけど、
もうやらないの?
もっとやればいいのに。

618 :日出づる処の名無し:2005/04/13(水) 16:41:10 ID:WvfsGva7
>>617
>「20世紀最大のウソ、南京大虐殺」っていう集会やってたけど、

21世紀に入ってもやってるからさ・・・

619 :ヌルハチ:2005/04/13(水) 16:42:24 ID:J0OE52Pv
>617

もう恥ずかしくて出来んだろう。

620 :日出づる処の名無し:2005/04/13(水) 16:44:36 ID:CVgGetFi
>>619
お前、その名前で漢民族に怒られないか?w

621 :ヌルハチ:2005/04/13(水) 16:45:13 ID:J0OE52Pv
>617

国内でオナニーしてるだけでは気持ちよくならないから、是非刺激を求めると言う意味でも
海外で一度やってもらいたいですな。「20世紀最大のウソ、南京大虐殺」集会。

622 :日出づる処の名無し:2005/04/13(水) 16:46:31 ID:WvfsGva7
>>619
まあ一々拉致被害者のようにテレビに出たくも無いだろうからなあ。
もはや捏造と暴かれているに等しいし。


もう南京大虐殺の捏造は暗黙の了解の中、あとは政治ゲームよ

623 :日出づる処の名無し:2005/04/13(水) 16:47:57 ID:WvfsGva7
>>621

そりゃあいい考えですね。
最近アメリカも反中国の動きを強めてますから政治的に乗ってくる可能性高いです。


624 :ヌルハチ:2005/04/13(水) 16:49:03 ID:J0OE52Pv
>620

言葉の読みの印象かな?ぬるぬるしたハチ公みたいな感じの友人がいるのでな。
それで付けた。意味ないな〜、恥ずかち。

625 :日出づる処の名無し:2005/04/13(水) 16:50:08 ID:WvfsGva7
>>624

なんかそのネーミングセンス、風俗とかでよく見かけますね

626 :日出づる処の名無し:2005/04/13(水) 16:50:14 ID:CVgGetFi
なあ、ヌルハチってのはわずか50万人で支那4億人を支配した人だろw
漢民族弾圧の鏡みたいな奴じゃんw
意味わかってんのかねw

627 :日出づる処の名無し:2005/04/13(水) 16:51:04 ID:1WWnRXda
日本は戦争っていうと原爆の話を持ち出して被害者意識丸出しにするけど
原爆のおかげで健康になった人もたくさんいるんだし(放射線ホルミシス効果)、
現在の広島が、原爆を売りにした観光都市として食ってるのも忘れてはならない。
それから原爆死者数というのは相当膨張されている。
直接原爆が原因で死んだのは2000人程度であろう。
残りは日本人同士の殺し合い、その後の枕崎台風で死んだものと思われる。

はっきりいえることだが原爆犠牲者数はいまだに年々増えているのだ。というのは、
原爆に関係なく寿命で死んでいった人も、全部ひっくるめて「原爆犠牲者数」
に加えているからである。これがインチキでなくて一体なになのか?
よく南京大虐殺の被害者数がおかしいという日本人がいるが、自国も同じような
被害者数の水増しをやっていることに気づいて欲しい。


628 :日出づる処の名無し:2005/04/13(水) 16:52:29 ID:gEnkUyna
>>627
ソース出せ

629 :日出づる処の名無し:2005/04/13(水) 16:54:24 ID:WvfsGva7

>はっきりいえることだが原爆犠牲者数はいまだに年々増えているのだ。というのは、
>原爆に関係なく寿命で死んでいった人も、全部ひっくるめて「原爆犠牲者数」
>に加えているからである。これがインチキでなくて一体なになのか?
>よく南京大虐殺の被害者数がおかしいという日本人がいるが、自国も同じような
>被害者数の水増しをやっていることに気づいて欲しい。


放射線が理由で死んだ場合は例えばガンの転移も特殊なので医学的に見ればそれと判るが、何か?


630 :日出づる処の名無し:2005/04/13(水) 16:54:51 ID:CVgGetFi
>>627
よそでやれ。スレ違い。

631 :日出づる処の名無し:2005/04/13(水) 16:56:56 ID:WvfsGva7
>日本は戦争っていうと原爆の話を持ち出して被害者意識丸出しにするけど
>原爆のおかげで健康になった人もたくさんいるんだし(放射線ホルミシス効果)、

証明が必要やね。健康になったという。
だが、それが成立したとしても。


サヨクも核兵器の使用を是認していると見てよいな。

「健康になる人間もいるから核兵器の使用はOK」という理由だ

632 :恵也 ◆1BgPjyxSE. :2005/04/13(水) 16:57:23 ID:TyT0kHDz
>>606
>埋葬の賃金も紅卍会にしか払ってない。

逆に言えば、紅卍字会は人を使うにも予算内しか雇えなかった。
遺体の数を多く言えば、金目当ての嘘かと疑われる立場だ。

崇善堂はボランティアが主だから、予算なんて有ってない様な物。
必要に応じて人間がどれだけでも使えた組織。

紅卍字会の責任者も、いろんなボランティア団体が出来ていたのを
証言してるよ。

>○サトン検察官
 それでは一般市民の埋葬に関係をして居った外の団体が南京にありましたか。

○許証人
 はい、他にもさう云ふ団体がありました。是等は主として博愛慈善
 の為めの団体でありました。紅卍協会は其の一つでありました
http://members.at.infoseek.co.jp/NankingMassacre/mondai/maisou.html#m1

633 :日出づる処の名無し:2005/04/13(水) 16:58:40 ID:gEnkUyna
>>632
捏造と判明した崇善堂にまだ拘ってるのか
反証が先だろう
できないなら引っ込んでろ(藁

634 :日出づる処の名無し:2005/04/13(水) 16:59:30 ID:vitmja58
どう資料を読んでも南京大虐殺はおろか、南京事件などと呼べるような出来事などなかった事はもはや明白だ。

このスレでも、「なんとか南京事件があった事にしたい」人間と、
それを阻止する人間との戦いが見えるだけだな



635 :日出づる処の名無し:2005/04/13(水) 17:02:48 ID:CVgGetFi
>>632
お前のソースじゃボランティアの証明になっとらん。

多人数が無償で労働した証拠がないので崇善堂記録は捏造。

そんなことより、罪を認めて戦犯赦免要求をしたという虚言を謝罪しなさい。

636 :日出づる処の名無し:2005/04/13(水) 17:06:53 ID:WvfsGva7
>>632

予算?人がいない?

寝言ほざくなや宗教理解できん共産ファッショが。
人は沢山いるだろう。しかも人件費無しの「信者」という人間が。
人を雇う必要なんぞあるまい。

というか人に任せたほうが危険だ。宗教的にみてな。
紅卍側から見れば、死んだ霊魂を成仏させる・救済するのには自分たちがやる以外には
やれる人間いないと普通考えるぞ。だって宗教家やもん。

戦争や何で死んだかはわからないが、生と死に関するところは全部宗教の範囲。
死因なんぞわからんし、宗教すらわからんが、とにかく出来るだけ
安らかに逝かせるための行動をとるだけだ。

だから埋葬やったんでしょが。

637 :日出づる処の名無し:2005/04/13(水) 17:15:04 ID:NChVgJlq
南京大虐殺の証拠として、中国政府も日本の左翼も、当時、日本軍将校で
あった太田寿男騎兵中佐(敗戦時)の撫順戦犯管理所で書いた供述書を
利用する。米国の独裁裁判の東京裁判でも利用された。
内容は、日本軍は南京を占領し、すぐに15万人を虐殺、その中で
7万人を川に流した。。。というもの。

しかし、これは、全くあてにならない。だいたい何で、彼一人だけがこんな事を
言い出した?しかも、どうやって15万人とか7万人もの数を数えた?
カウンターを持ってても、一人では不可能な事。

そして、一番の原因は、中国の撫順戦犯管理所。。。ここでは、嘘でもいいので、
悪行を書けば書くほど罪が軽くなり、早く日本に帰れたのだ。
一人殺したではダメ!100人、いや1000人!!!しかも、兵士でなく平民の方が、
中国人に褒められた。多くの日本兵は、めちゃめちゃな供述書を書き続けた。

中には、どうしても嘘を書けない日本兵もいた。正義感から、殺してもいないのに、
大虐殺した!等とは書けなかった。そんな人は、結局十年以上も収容所に入れられ、
悲惨で厳しい生活を送った。嘘でもいいので、1000人位の平民を虐殺した!
と書いて署名捺印したら、数ヶ月で日本に帰国出来たのにね。。。
俺なら1万人大虐殺でも書いて、数週間で帰る方を絶対に選ぶだろうな。

なので、結局現在でも中国で多くの論文や資料として使われてる
これら日本兵の証言集内容と、実際の当時の軍の記録が一致しないんだよね。
存在しない大部隊が存在したり、軍が行った事もない所で、何千人の大虐殺があったりね。

一度これらの証言集を徹底的に調査して解明した方がいい。 ほっといてるので、
結局現在では、『3500万人の人民が殺された!』と中国は世界中に叫んでる。

638 :恵也 ◆1BgPjyxSE. :2005/04/13(水) 17:20:06 ID:TyT0kHDz
>>633
>捏造と判明した崇善堂にまだ拘ってるのか 反証が先だろう

反証というのは、推理力のある大人が要求するもの。
マトモな推理力の無い”幼稚園児並みの知恵”しかない方が要求する
ものじゃありません。

あなたは子供の頃から、推理小説や探偵小説読んだ事さえ無いでしょう?
俺はいろいろ小説を読んだぜ。
シャーロック・ホームズや怪盗アルセーヌ・ルパン(漫画じゃないぜ)
松本清張の本や江戸川乱歩、横溝 正史・・・・

推理力やイメージ力の無い幼稚園児には無縁の小説だろうね。
言っておくが漫画じゃ推理力は出てこん!


639 :日出づる処の名無し:2005/04/13(水) 17:24:27 ID:WvfsGva7
>>637

一応反論はしておこう。バカを一方的に叩くだけでは公平性が保てん。

15万人を数える事は出来るだろうと思う。
何しろ原爆とかと違って、手作業なんで(w
軍隊の統率が取れていれば、乱戦にならない限り可能だろう。
まあ「あったらの話だが、な」
まあ、これで殺されたら中国人ただのアホだが。

しかし、7万人川に流したら死体だけで簡単に足がつく・・・のだが、何故か目撃証言は無いと。
彼一人だけそういう事を言った・・・のは知らん(w

640 :ヌルハチ:2005/04/13(水) 17:24:29 ID:J0OE52Pv
>638

ソース優しく教えても読みもせん連中ばかりというか、漢字が読めないのかなと、
そう思いますな。

641 :日出づる処の名無し:2005/04/13(水) 17:28:21 ID:WvfsGva7
>>638

>あなたは子供の頃から、推理小説や探偵小説読んだ事さえ無いでしょう?
>俺はいろいろ小説を読んだぜ。
>シャーロック・ホームズや怪盗アルセーヌ・ルパン(漫画じゃないぜ)
>松本清張の本や江戸川乱歩、横溝 正史・・・・


そんな本しか読んでないのか(w

戦争系が恐ろしいほど全くないな。よくそれで戦争語れるわ。

642 :日出づる処の名無し:2005/04/13(水) 17:29:05 ID:gEnkUyna
>>638
誤魔化しはいいから
崇善堂が当時埋葬にも従事しておらず、活動範囲も狭く到底万単位の埋葬なんぞできなかったという史料は何度も提示済み
崇善堂を出すなら、まずそれに対する反証が先だ
推理力は結構だが、当たり前の受け答えもできないのかお前?(プ

643 :日出づる処の名無し:2005/04/13(水) 17:30:06 ID:CVgGetFi
>>638
推理力とは笑わせるw
当時、崇善堂は活動停止中と記録にある。
ソースは何度も出てる。
活動停止の意味がわからんのかね。

644 :日出づる処の名無し:2005/04/13(水) 17:31:20 ID:WvfsGva7
>>642

>>638は重要ですよ。「私には学がありません」と主張しているんですから

645 :前々428 ◆akb33F3Knc :2005/04/13(水) 17:32:00 ID:lW8/elBx
夜中だから一言だけ

えなり

>俺はいろいろ小説を読んだぜ。
>シャーロック・ホームズや怪盗アルセーヌ・ルパン(漫画じゃないぜ)
>松本清張の本や江戸川乱歩、横溝 正史・・・・
お前に読解力なんぞ欠片もないことは今までで十分証明済み。
さらには、統一教会の本を斜め読みしただけで、さも聖書を知ってるかのように語るかと思えば
日本軍の行動(それも濡れ衣もいいとこの「残虐行為」)に旧約聖書が影響したとかいう、まるで
檀君伝説レヴェルのトンデモ話だったり、日系人に対する戦時に行われた"当時の憲法でも"
違法だった行為に対する後付の謝罪と賠償を定めた法整備を「事後法」だとか言って、だから
「事後法で裁くのはアリ」などというお前の暴論の根拠にしようとしたり。

そんなにしてまで自身の低脳ぶりを晒したいのか?w

646 :ヌルハチ:2005/04/13(水) 17:33:07 ID:J0OE52Pv
http://www.geocities.jp/yu77799/souka.html

「大量の浮遊死体を目撃したと言う事実自体はまず間違いないものと思われます」。

647 :日出づる処の名無し:2005/04/13(水) 17:35:55 ID:NChVgJlq
大量ってどんくらい?

10体でも大量でしょ

648 :日出づる処の名無し:2005/04/13(水) 17:36:07 ID:CVgGetFi
>>646
そりゃ、伝聞じゃねえかwwww
このヴァカwwww

649 :日出づる処の名無し:2005/04/13(水) 17:36:13 ID:WvfsGva7
>>646

他の証人は?

高城とかいう人一人だけでは証拠にならんぞ。
大量の目撃者がいるはずだからな

650 :日出づる処の名無し:2005/04/13(水) 17:37:12 ID:M7w1tc+o
>>638
恵也様の名言キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!(プゲラwww
推理小説で培った推理力で南京肯定してんのかwwwwwwうはwwwwwすげwwwww

651 :日出づる処の名無し:2005/04/13(水) 17:38:36 ID:M7w1tc+o
>>646
っていうか7万もの死体が川を流れてんのに、目撃者が一人だけって物凄く笑えるジョークですよねww

652 :日出づる処の名無し:2005/04/13(水) 17:40:15 ID:M7w1tc+o
>>638は殿堂入り間違いなしの伝説的書き込みだなwwwww
恵也様が自ら学がないことを証明してくだったんだからwwww

653 :恵也 ◆1BgPjyxSE. :2005/04/13(水) 17:41:40 ID:TyT0kHDz
>>626
>なあ、ヌルハチってのはわずか50万人で支那4億人を支配した人だろw

清の始祖は、日本の軍隊と違ってこんな大虐殺をやらなかったんだよ。
ジンギスカンにしても、協力な軍隊もあったが徳もあったんだ。

徳さえあったら、国民党と共産党が一致して日本軍に立ち向かう事も
無かったろうにな。
豊臣秀吉も、もう少し徳があったら???

654 :日出づる処の名無し:2005/04/13(水) 17:41:58 ID:gEnkUyna
歩兵33連隊、38連隊の戦闘詳報・それに宋希連手記によれば、日本軍は12月12日夕方から13日に揚子江を渡河しようとした中国軍を攻撃し、戦果を上げている(勿論戦闘行動)
だがどう見ても7万とか10万とか馬鹿みたいな数字はでてこないw

655 :日出づる処の名無し:2005/04/13(水) 17:43:33 ID:CVgGetFi
>「大量の浮遊死体を目撃したと言う事実自体はまず間違いないものと思われます」
赤星証言の嘘

(1)まず目撃場所が冒頭では揚子江となっていますが、後段では目撃場所
が八キロ下流ということになっています。通常ありえない勘違いですね。
 赤星氏は後段の噂話を元に、回想記を記述したものと思われます。つまり
五万もの死体を目撃したというのはウソだと思われます。

(2)戦闘があったのは13日ですから、14日に河を埋め尽くすような5
万もの死体が流れているわけがありません。揚子江は池ではないのです。

(3)川幅一杯、向こう岸まで死体を流すには、5万人を揚子江上に船で連れ出して河の上で殺害する必要があります。50人乗りの小船なら1000
隻必要ですが、前日に中国軍が撤退しており、船がない状況ですから、理論
的に考えて川幅一杯の死体が存在する可能性はありません。

(4)14日、揚子江上には第三国の船舶が滞在していますが、川幅一杯の
死体の目撃情報はありません。

(5)河に浮かぶ死体は、通常肉体の一部分しか見えませんから、民間人で
あるかどうかの判断は難しいでしょう。民間人の根拠は目撃時の状況ではな
く、後段の噂話が根拠のようです。

(6)撤退時の様子については中国軍人の史料が残っていますが、民間人を
乗せて脱出したという記録はありません(宋希連手記)。船が足りず軍人同
士で争うほどですから、民間人がいたとしても、船に乗って撃沈されるとい
う状態ではありません。

ヌルハチの相手は楽だなw

656 :日出づる処の名無し:2005/04/13(水) 17:44:56 ID:M7w1tc+o
>>653
今度は自分が中国人であることを証明してくださったwww
恵也様名言連発wwwwww

657 :日出づる処の名無し:2005/04/13(水) 17:45:27 ID:CVgGetFi
>>653
いやいやw 日本軍の大虐殺など嘘ですからw

658 :日出づる処の名無し:2005/04/13(水) 17:46:39 ID:M7w1tc+o
>>655
恵也の相手はもっと楽だけどなw

659 :日出づる処の名無し:2005/04/13(水) 17:47:06 ID:vitmja58
虐殺は中国の文化

660 :日出づる処の名無し:2005/04/13(水) 17:48:18 ID:HgMCmCwD
>清の始祖は、日本の軍隊と違ってこんな大虐殺をやらなかったんだよ。
>ジンギスカンにしても、協力な軍隊もあったが徳もあったんだ。

またも爆笑ですなw
歴史に無知だと幾らでも笑わせてくれる。

661 :日出づる処の名無し:2005/04/13(水) 17:48:50 ID:WvfsGva7
>>653

>ジンギスカンにしても、協力な軍隊もあったが徳もあったんだ。

バカ?
モンゴル軍はキエフを完全に焦土としましたが?女子供残らずぶち殺しましたよ?


お前の言った、
        「大量虐殺して相手の戦意を無くす」という技を実際に使ってな。



その時の話として、「そういう戦術の時は殺した数を多く言え」というのが原則だとさ。
脅しが目的だから、お前の日本軍戦術みたいに殺した数隠す事は

普通しません

662 :日出づる処の名無し:2005/04/13(水) 17:48:52 ID:gEnkUyna
中国軍の将校が隠れていた
情報によると、高級将校が外国大使館に隠れていた。12月28日に安全区で摘発、高級将校23名、初級将校54名、下士官、兵1498名。
南京保安隊長は難民区4区の工作を指導、八八師副師長馬宝山中将と警察局高官もいた。馬将軍は反日感情と動乱を扇動、
王新蕘保安隊長は部下3名と掠奪強姦市民に対する脅迫をしていた。
また、発見された武器は、大砲一基、チェコ製マシンガン21丁、ライフル50丁、手榴弾7000発などである。
(ラーベ日記。「なぜか」日本語訳版からは削除されている部分)
当時から中国人はこんなもん


663 :日出づる処の名無し:2005/04/13(水) 17:51:43 ID:NChVgJlq
>>653
大虐殺は中国の文化

「南京大虐殺」は無かった!! その最大の根拠、それは、「大虐殺」と言う行為そのものなのです。
「南京大虐殺」の事を支那は「南京大屠殺」と呼んでいます。「屠殺」です。

 屠殺 (鳥獣等の)体を切り裂く。切り殺す。屠(ほふ)る。
そして、「屠殺」と称する支那には、古来より「屠城」なる思想があるのです。
「屠城」 ── 文字通り、「城を屠る」事で、敵の城を陥落させた場合、敵対した軍隊は言うに及ばず、
その城内(市内)に住んでいた市民も老若男女を問わず、残虐な方法で皆殺しにしてしまう事です。
この「屠城」は支那の長い歴史の中で幾度と無く、繰り返されてきた「歴史的事実」です。
対する日本はと言うと、しいて挙げるとすれば、織田信長の「比叡山焼き討ち」(元亀2=1571年)くらいです。
あの戦国時代ですら、その程度なのです。又、前回のコラム(『82.日本は「中国侵略」等していない!!』)にも書きましたが、
「義和団事件」の際、北京に進駐した日本軍の軍規の厳しさと秩序の良さは、
列強諸国の中でも「折り紙付き」でした。その様な軍隊(日本軍)が、
支那人よろしく「屠城」(南京市民を老若男女問わず虐殺)等する訳がありません。
そう考えると、「南京大虐殺」とは、そもそも、「屠城」思想を持つ支那ならではの「風説」や
「妄想」(南京が陥落した・・・きっと日本軍に「屠城」されたに違いない・・・)であり、
正に「歴史の捏造」だと言えるのです。


664 :日出づる処の名無し:2005/04/13(水) 17:51:47 ID:gEnkUyna
南京の金陵女子大学に、避難民救助委員会の外国人委員として残留しているアメリカ人教授たちは、
逃亡中の大佐一味とその部下の将校を匿っていたことを発見し、心底から当惑した。実のところ教授たちは、
この大佐を避難民キャンプで2番目に権力ある地位につけていたのである。
この将校たちは、支那軍が南京から退却する際に軍服を脱ぎ捨て、それから女子大の建物に住んでいて発見された。
彼らは大学の建物の中に、ライフル6丁とピストル5丁、砲台からはずした機関銃一丁に、弾薬をも隠していたが、それを日本軍の捜索隊に発見されて、自分たちのもであると自白した。
この元将校たちは、南京で掠奪した事と、ある晩などは避難民キャンプから少女たちを暗闇に引きずり込んで、その翌日には日本兵が襲ったふうにしたことを、
アメリカ人や外の外国人たちのいる前で自白した。この元将校たちは戒厳令に照らして罰せられるだろう
(1938年1月3日上海発『ニューヨーク・タイムズ』)

665 :日出づる処の名無し:2005/04/13(水) 17:52:59 ID:CVgGetFi
>>653
ヌルハチはサルホ山で明軍を殲滅してるぞw
武力侵攻した奴に徳があるって?
じゃ、日本軍にも徳があるんじゃないの?

666 :日出づる処の名無し:2005/04/13(水) 17:56:44 ID:gEnkUyna
掃蕩実施に関する注意

1、軍司令官注意事項を一兵に至るまで徹底せしめたる上、掃蕩を実施すべし。

2、外国権益の建物を敵がこれを利用しある場合の外、
立ち入りを厳禁す。重要なる箇所には歩哨を配置すべし。

3、掃蕩隊は残敵を掃蕩を任とし必ず将校(准尉を含む)の指揮する部隊をもって実施し、
下士官兵以下、各個の行動を絶対に禁ず。

4、青壮年は全て敗残兵または便衣兵とみなし、全てこれを逮捕監禁すべし。

 青壮年以外の敵意の無い支那人民、とくに老幼婦女子に対しては寛容の心をもって接し、
彼らをして皇軍の威風に敬迎させよ。
(六旅団作命甲第138号 12月13日午後4寺30分より抜粋)

厳しい敗残兵・便衣兵摘発が行なわれたのは事実だが。計画的に民間人を大量虐殺したなんていう当時史料は存在しない

667 :日出づる処の名無し:2005/04/13(水) 18:07:31 ID:Jh3T8ibL
>>653
いいかい坊や。日本の義務教育ではね
「日本の平城京などと違い、大陸の都市は周囲を高い城壁で囲まれています。
なぜなら異民族同士の戦いの多い大陸では、市街を占領されると一般市民に
対する虐殺が始まるからです」
と教えているんだよ。これからは日本の義務教育についても勉強して
から発言しようね。

668 :恵也 ◆1BgPjyxSE. :2005/04/13(水) 18:11:59 ID:TyT0kHDz
>>627
>原爆のおかげで健康になった人もたくさんいるんだし(放射線ホルミシス効果)、

くれぐれも今のところは、これを信用なさらぬように。
ホルミシス効果というのは、今のところ学説のひとつというだけで、
放射線専門家の学会で認められたわけじゃない。

>許容線量の20分の1でもこれだけ突然変異が起こって、それ以上
・ではずっと線量と比例関係になるということが証明されました。
http://www.bea.hi-ho.ne.jp/kuroha/ichikawa_report3.htm

>その証拠にということで持ち出してるのが、いわゆる放射線がある
・量よりも、もっと小さくなったら、かえって生物にはプラスの面が
・出てくるんだと、マイナスじゃなくて。それは昔からそういう説を
・唱える人がいたんです。

・なぜかというと、生物はある放射線を浴びると、例えば最初に植物
・で見つかった例は、非常に微量の放射線だったら成長が良くなるんです
http://www.bea.hi-ho.ne.jp/kuroha/ichikawa_report7.htm

669 :日出づる処の名無し:2005/04/13(水) 18:15:51 ID:NChVgJlq
原爆は中性子だけでも何万殺せるんだけど

670 :日出づる処の名無し:2005/04/13(水) 18:17:12 ID:LmTRU/gg
ごく微量の放射線ならともかく原爆レベルの放射線で
健康になる奴なんかいねぇよ。

671 :恵也 ◆1BgPjyxSE. :2005/04/13(水) 18:26:03 ID:TyT0kHDz
>>627
>原爆に関係なく寿命で死んでいった人も、全部ひっくるめて
>「原爆犠牲者数」 に加えているからである

違います。
統計的に白血病では、発病者の50%は原爆のせいだ。

広島では2〜4ヶ月以内に死んだ人が10万人近くいます。
多すぎてハッキリした数字にはなってませんが・・・・

>被爆当時の広島・長崎の推定人口および推定急性
・(被爆から2−4カ月以内)死亡者数
http://www.rerf.or.jp/nihongo/faqs/faqsj.htm#faq1

672 :恵也 ◆1BgPjyxSE. :2005/04/13(水) 18:28:41 ID:TyT0kHDz
>>629
>放射線が理由で死んだ場合は例えばガンの転移も特殊なので
>医学的に見ればそれと判るが

間違い。
わかる場合もまれにはあるが、判らない場合が多い。

673 :恵也 ◆1BgPjyxSE. :2005/04/13(水) 18:35:47 ID:TyT0kHDz
>>635
>多人数が無償で労働した証拠がないので崇善堂記録は捏造。

あなたは自分の家の側に遺体が放ってあっても、知らん振りするかい?
当初は日本軍に、埋葬を許されなかったから手が出せなかったが腐敗し
伝染病を心配した日本軍が、早期の埋葬を望んだからボランティアが
多勢参加できたんだよ。

南京の実質上の市長さんラーベ氏ですら、何回頼んでも埋葬してもら
えなかったんだぜ。
あなたは遺体を毎日見ても、何も感じない鈍感人間かな?

674 :日出づる処の名無し:2005/04/13(水) 18:38:41 ID:k46V3ewe
参考までに張っておきますね

詭弁のガイドライン 
 1:事実に対して仮定を持ち出す
 2:ごくまれな反例をとりあげる
 3:自分に有利な将来像を予想する
 4:主観で決め付ける
 5:資料を示さず自論が支持されていると思わせる
 6:一見関係ありそうで関係ない話を始める
 7:陰謀であると力説する
 8:知能障害を起こす
 9:自分の見解を述べずに人格批判をする
 10:ありえない解決策を図る
 11:レッテル貼りをする
 12:決着した話を経緯を無視して蒸し返す
 13:勝利宣言をする
 14:細かい部分のミスを指摘し相手を無知と認識させる
 15:新しい概念が全て正しいのだとミスリードする

675 :日出づる処の名無し:2005/04/13(水) 18:39:43 ID:hNa1xtAy
>>668
そんなとこにレスしなくていいから

676 :日出づる処の名無し:2005/04/13(水) 18:39:47 ID:gEnkUyna
>>673
だからソース
あとスルーした問題についてはもうお前が負けを認めて土下座した、と認定するから
いい加減付き合いきれん

677 :日出づる処の名無し:2005/04/13(水) 18:56:35 ID:vitmja58
日本が台湾統治する際には、戦闘終結後は、ただの一人の死者も出なかった。
日本は台湾に投資し設備を整備し、日本人と同じ教育を施した。


日本の敗戦により中国国民党が台湾に入った際には数万に及ぶ虐殺、強姦、略奪行為が行われた。
その後、国民党は台湾人を搾取し続け、愚民化政策を行った。
いまだに台湾人は外省人(中国国民党)よりも下等な民族として扱われている。


678 :日出づる処の名無し:2005/04/13(水) 20:10:43 ID:WvfsGva7
>>672

ならソースをまずだせクズ

679 :日出づる処の名無し:2005/04/13(水) 20:13:07 ID:WvfsGva7
そろそろ処分しないとダメかねこの男>恵也


 テロとゲリラと間諜の区別もロクに付かないアホが
 専門家面して戦争語る事自体がおかしいと思うんですが




680 :日出づる処の名無し:2005/04/13(水) 20:31:43 ID:M7w1tc+o
>>679
あれは名言だったなー(苦笑
だってさ、テロとゲリラと間諜を同じものとしてみてるんだぜ?w
もうお前は戦争のことを二度と口にするなと言いたくなっちゃったよwwww

さすが恵也様はレベルが違うぜwww

681 :日出づる処の名無し:2005/04/13(水) 20:39:54 ID:4LRloZ4j
>>673
日本軍は無差別に虐殺したのに、
ボランティアできるだけの中国人は残してたんだw

682 :日出づる処の名無し:2005/04/13(水) 20:42:33 ID:KK/JD/Oz
私は最初南京大虐殺なんて大袈裟に書かれた話だと認識してました、
ココ最近の中国による反日デモなどを見たり
「日本は再度過去の過ちを認識せよ!」との表明を聞いたりして
本当に日本が悪いのか?なぜそこまで反日感情が強いのか?
ODA等の援助による感謝をかき消す位憎いのでしょうか?
と思い南京について少し調べてみました。

ttp://members.at.infoseek.co.jp/NankingMassacre/

ココとかでは日本を悪く書かれていますが本当なのでしょうか・・
読んでいると満更、嘘にも思えないのです・・
本当であれば今の反日は、やり方はどうであれ頷ける部分もあります・・。
詳しい方少し教えて下さいm(__)m

683 :日出づる処の名無し:2005/04/13(水) 20:46:07 ID:Hx4PwIic
このスレの方々には禿げしく基礎知識かもしれないけど、
中国共産党の犠牲になった中国人って6500万人なんだそうな。
こんな政府にとやかく言われる筋合いはないと思う。
http://www.doblog.com/weblog/myblog/26329/1244792#1244792

684 :日出づる処の名無し:2005/04/13(水) 20:51:02 ID:rlEiMY1m

 虐殺があったと言われてる時期より後になって人口が増えてたっていうのは、ちょっと驚いた
 結局骨も遺品も見つかってないんでしょ こんなのでよくもまぁ言えたもんだよな

685 :日出づる処の名無し:2005/04/13(水) 20:54:53 ID:xeYJ+HHa
骨ならあちこちから見つかるよ



国共内戦や大躍進や文革で中国人に殺された中国人の骨がどこからでも…

686 :日出づる処の名無し:2005/04/13(水) 20:56:40 ID:pfsTa7RW
数万の死体を1の位まで数える証言者のいる国だもんな。
しかもその間、日本兵には見つからなかったという・・・。

687 :日出づる処の名無し:2005/04/13(水) 20:59:04 ID:M7w1tc+o
>>682
わかってないねえ。
ああやってずーっと被害者面して、金むしりとろうとしてるんだよ。
いくら賠償金を払っても、いくら謝罪の言葉をのべたとしても、「まだ反省が足りない!」とかなんとかいって金をむしりとる。
これを永久に続けようとしている。
しかもその謝罪と賠償のネタ(南京大虐殺とか)がウソッパチの作り話ときてるからね。

きみ騙されそうだからいっとくけど、中国の思う壺にならないように気をつけなよw

688 :日出づる処の名無し:2005/04/13(水) 21:06:59 ID:1Rg/tfGf
>>687
まぁ俺も実際証言とか言われると否定できない。
日記とか手記とか証言って被害者側だからどうしても反論というか、
強いんだよね。
たとえば>>682に対して反論が欲しい。
死体が見つからなかったとかじゃなくて。

689 :恵也 ◆1BgPjyxSE. :2005/04/13(水) 21:07:46 ID:95ESFhlZ
>>667
>異民族同士の戦いの多い大陸では、市街を占領されると一般市民に
>対する虐殺が始まるからです

あなたはそんな単純な義務教育を受けてきたのかい・
どうりで単細胞になったはずだ。

一般市民に対する虐殺なんて、タビタビやってたらジンギスカンも
すぐに兵力不足になって、自滅してるよ。
占領して一般市民の役に立ち、喜ばれることをやったから兵隊も増え
大軍事力を持てなんだぜ。

俺が知ってるのでジンギスカンが大虐殺をやったこともあるが、それは
商人にたいする虐殺をやった都市に対して、見せしめでなされたという
決してそれは一般的事例じゃない。

あなたは根源的思考力不足。

>定住社会がその構成員を限定し、団結ある社会を築いたのに対し、
・遊牧民は雑多な人々を受け入れていました。

・匈奴には漢人が、突厥やウイグルには漢人の他にソグド人が相当
・いたことが知られています。

・つまり、遊牧国家は多民族国家で、騎馬遊牧民は異民族を受け入れ
・ることに抵抗感がなく、活躍の場を提供していました。
・中には流れ者や犯罪者、追放者も居たに違いありません。
http://homepage3.nifty.com/ladybird/hp2/2003/31.html

690 :日出づる処の名無し:2005/04/13(水) 21:13:37 ID:KK/JD/Oz
>>688
>>687
レスありがとう御座います。


691 :日出づる処の名無し:2005/04/13(水) 21:14:12 ID:M7w1tc+o
>>682
んじゃ、中国人の言い分を鮮やかに論破してみせよう。

「」内が中国のバカ共の言い分。矢印からこっち側が真実

「日本は中国に侵略してきた!」→確かにしたが、その原因を作った(つまりケンカ売ってきた)のはあっち(中国)
「その上、暴虐の限りを尽くした!」→南京大虐殺はウソッパチの作り話(このスレでも証明されてます)
「しかも、教科書にウソを書いている!」→上二つの「真実」を書いてきていることに対して言ってきているんです。まずウソじゃありませんので論外です。

じゃあ、中国は教科書にウソを書いてないのだろうか?
答えは「NO」です。
例えば、こんな中国の教科書の中の一文・・・

「我が中国は、一度として他国に侵略したことはない!」→真っ赤な大嘘。
まず1979年にベトナムに攻め込んでます(中越戦争)
http://www.panda.hello-net.info/keyword/ta/chuuetsusensou.htm

しかもお隣チベットに侵略し、虐殺と略奪の限りを尽くした上に占領。
しかも現在、中国政府はチベット人たちの宗教を禁止し、弾圧している。

自分達の国が行った侵略は知らん振りのくせに、自分達がされた侵略に対しては猛抗議。
え?なに?「侵略の歴史を反省しろ」だって?
お前らがいうな、お前らが(苦笑

692 :682:2005/04/13(水) 21:14:33 ID:KK/JD/Oz
すいません↑>>682です

693 :日出づる処の名無し:2005/04/13(水) 21:16:50 ID:M7w1tc+o
>>689
こいつは本当に恥の感情ってもんがないのかな?
過去ログ全部隅から隅まで読めば、お前がどんな奴か一発でわかるのにねw
ああそっか、自分に都合の悪い過去は封印ですね。

それが恵也さまの得意技でしたもんねw

694 :日出づる処の名無し:2005/04/13(水) 21:17:29 ID:MTU6eujM
どんなに資料出したって半島の方々は認めてくれないしどうでも良くない?


695 :日出づる処の名無し:2005/04/13(水) 21:21:35 ID:WvfsGva7
>>689

>一般市民に対する虐殺なんて、タビタビやってたらジンギスカンも
>すぐに兵力不足になって、自滅してるよ。

また軍事バカか。
お前騎馬民族と農耕民族の違いも判らんか。高校の世界史ですら出る話だってのに。

モンゴル軍の場合は他民族の兵士徴収など、そもそもしてないし、主力としてはしない。

 モンゴル軍の進撃スピードは他の3倍も5倍も速い。騎馬民族で馬だけで生活できるように
特化された部隊であり、その進軍スピードの速さが他の民族を大きく上回っていたから
モンゴル軍は連勝を重ねていたんだよ。

 農耕の兵力なんぞ移動遅くてやってられないんですわ。
 農耕民族系が強くなり出したのは火薬使用が始まったルネサンス以降だ。

それより下の文は、まず前提からして崩れてるから価値無し。
大兵力を持つとかは農耕民族対農耕民族とかの同種民族同士の戦いの時だけ。

アホ♪

696 :日出づる処の名無し:2005/04/13(水) 21:24:26 ID:KK/JD/Oz
>>691
なるほど・・・
レスありがとう御座います!

>南京大虐殺はウソッパチの作り話(このスレでも証明されてます)
このスレを全部読み返した訳ではないので今から読み返してみます。

でも1つ思った事は、中国の外交がまともでは通用しないと理解していながら
ベトナム・チベットを例にあげて「お宅も同じでしょう?」と言うのが中国側に通じるのかな・・
とも思います。水掛け論になりそうで恐らくコレ言い始めたら平行線たどるばかりか、
同じレベルに見られてしまうような気がします。
南京は南京で向こうが納得できる説明をし、1つ1つ解決させてあげなければまた同じことの繰り返しの気がします・・。


697 :日出づる処の名無し:2005/04/13(水) 21:31:06 ID:WvfsGva7
>>695の続き
あの時代に、圧倒的な移動能力を持つモンゴル以外にあの大帝国を作る事は不可能です。
かならずどっかしらでへたれます。

大兵力であれば大兵力であるほど維持費がかさみ、
遠征させれば遠征させるほど輸送の手間は膨らむ一方になる。
兵力10倍の距離10倍で遠征したら必要な軍需物資は100倍になる。
それの輸送は半端では無い。

モンゴルの場合、馬を主体としてた生活のためそれが無かった上、
あの時代では時速60キロ以上だっけ?
とにかく通常の数倍以上の常識ハズレの進軍速度を確保できた事が勝因であって。

兵力が多ければ必ずしも勢力大きくなるわけでは無い。


698 :431:2005/04/13(水) 21:33:26 ID:mEkqUhuo
>>516さん、一日たったのでずいぶん流れてしまいましたね。
>交戦地において軍服を脱いだ兵が国際慣習法の保護すべき捕虜の条件を満たしている根拠はありますか?

1907年ハーグ陸戦の法規慣例に関する規則第3条です。
ここでは兵力として「戦闘員および非戦闘員」をあげ、両者とも捕らわれた時には
捕虜になる資格が有ると定めています。

おそらく直前の条項で民兵、義勇兵、群民兵についていろいろ細かい決まりを定めているので、
紛らわしい解釈をする方々がいるのだと思いますが、中華民国の国家公務員である中国兵が、
軍服を脱いだだけで捕虜資格を失うということはありえません。

軍服を脱いだ兵士は、「非戦闘状態にある兵力」として、非戦闘員と同等に取り扱う
べきでしょう。軍服を脱いでいるが銃撃して来たとなれば、これはまた別の問題ですが。

699 :日出づる処の名無し:2005/04/13(水) 21:38:55 ID:7OSR68a+
>>691
ナイス!

他力本願で済まないが、後はこれをちゃんとした英語に訳せる人はいないものか。

700 :日出づる処の名無し:2005/04/13(水) 21:43:44 ID:xeYJ+HHa
>>698
んなこたぁない。戦闘者は交戦者資格の条件が問われ、その条件をみたす者のみが捕らえられた場合に捕虜資格を与えられる
軍人が降伏もせず、軍服を投げ捨てて潜伏するのは有害行為
有害行為を行なった相手への対処は捕虜云々ではない

701 :日出づる処の名無し:2005/04/13(水) 21:44:52 ID:xeYJ+HHa
第一章 交戦者の資格
第一条 戦争の法規及び権利義務は単に之を軍に適用するのみならず、左の条件を具備する民兵及び義勇兵団にもまたこれを適用す。
(1)部下の為に責任を負うもの其の頭にあること。
(2)『遠方より認識し得へき固著の特殊徽章を有すること。』
(2)公然と武器を携行すること。
(4)その動作につき戦争の法規慣例遵守すること。
民兵団又は義勇兵団をもって軍の作戦全部又は一部を組織する国にありては軍の名称中に包括す。
(ハーグ陸戦法規より)

702 :431:2005/04/13(水) 21:52:40 ID:mEkqUhuo
>軍人が降伏もせず、軍服を投げ捨てて潜伏するのは有害行為

有害かどうかは状況次第でしょうが、交戦法規で禁じられているわけではないです。


703 :日出づる処の名無し:2005/04/13(水) 21:54:05 ID:v40uj1jv
>>696
おもしろい事言うね。
うそっぱち話はじめた野郎にその話が覆るかも知れん納得得ようだなんて
そんなもん出来るもんかいw  そして更に対話が絶望的な理由は、
同じ悪事をしても自分は全て正義。他国はとんでもねー事しやがるなんて
本気で思い込めるその体質にある訳だ。 このスレにもいるだろ、
一方方向のみ悪人扱いして物事全て結論付けようとしてダラダラ
同じ事繰り返して居座ってる変なのが。

さてそんな中、君ならこの非常に変な隣人をどう納得させますか?

人の国の軍備がどうだとかこうだとかのたまいながら、自らは内緒でこっちに
潜水艦もぐり込ませて来たその挙句、こちらの適切な対応に不快感発表ですって。 ヤ〜ネェ。

704 :日出づる処の名無し:2005/04/13(水) 21:57:20 ID:WvfsGva7


二二二二二二l      | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|   引っ越し!引っ越し!!
 | |  ♪ _________ ♪   |      ∧_∧    さっさと引っ越〜し!!しばくぞッッ!!!!
 | |    |◎□◎|.   |     <`Д´ >つ─◎ 
 | | /´ ̄ ̄ ̄ ̄/⌒ヽ.|   /´ ̄し' ̄し' \ ///.  
 ̄ ̄|       | | ̄ ̄ ̄|  、_人_ /  彡 ◎ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    |       | |      |  _)  ◎彡.| |   バン
    |       | |     |  ´`Y´   .| |  バン
    t______t,,ノ     t_______t,ノ     



705 :日出づる処の名無し:2005/04/13(水) 22:01:17 ID:S8P54tqg
軍人が軍服を捨てて、民間人に扮装して
軍事的行動をしたらどうなる?

706 :日出づる処の名無し:2005/04/13(水) 22:01:46 ID:CVgGetFi
>>702
交戦法規で禁じられてはいないけど
>>701の(2)に違反するものを捕虜として扱わなくても違反じゃないわな。

707 :日出づる処の名無し:2005/04/13(水) 22:10:47 ID:Rh/DLTiJ
>>689
>一般市民に対する虐殺なんて、タビタビやってたらジンギスカンも
>すぐに兵力不足になって、自滅してるよ。
>占領して一般市民の役に立ち、喜ばれることをやったから兵隊も増え
>大軍事力を持てなんだぜ。

これはそのまま日本軍に当てはまらないのか?

708 :日出づる処の名無し:2005/04/13(水) 22:11:49 ID:CVgGetFi
>>673
いやいや、その前に崇善堂は活動停止してるしw
多数のボランティアが存在した証言さえないしw
ボランティアが崇善堂組織下で働く理由無いしw
日本軍は占領下で依頼した団体以外が徒党を組んでたら怒ると思いますw

結論:やっぱり崇善堂の埋葬記録は捏造。

709 :日出づる処の名無し:2005/04/13(水) 22:22:58 ID:KK/JD/Oz
>>703
あなたの意見に反論って訳ではないのですので悪しからず・・m(__)m

>うそっぱち話はじめた野郎にその話が覆るかも知れん納得得ようだなんて
 そんなもん出来るもんかいw

納得しなければまた同じことの繰り返しのような気がするのです・・。
感情的になり敵意剥き出しでバカにする事は簡単ですけど、
納得させる事の難しさ・・
ココで納得させられるだけの正当な理由と外交能力を見せ付ければ
常任理事国入りも一歩前進出来そうなものでけどね・・。
それだけの証拠を検証する能力が日本には無いのでしょうか・・。



710 :日出づる処の名無し:2005/04/13(水) 22:25:41 ID:M7w1tc+o
>>709
中国人が、証拠揃えて論理的に説明してあっさり納得するような、頭が良くて物分りのいい連中なら、こんな事態にはなってないってw
チョンにもいえることだが、あいつらには「論理」という言葉は無いの。
「叫び続ければ真実になる」
そういうクソ思想しかないの。

711 :日出づる処の名無し:2005/04/13(水) 22:38:08 ID:I2QrHKj9
ダーディンとスマイスと偕行社見ると
数千人の民間人と捕虜殺したってなるけど

これって口裏合わせてるの?

712 :日出づる処の名無し:2005/04/13(水) 22:55:04 ID:v40uj1jv
_| ̄|○ l||l

>>709
あのさあ・・・。

人の国の軍備がどうだとかこうだとかのたまいながら、自らは内緒でこっちに
潜水艦もぐり込ませて来たその挙句、こちらの適切な対応に不快感発表ですって。

                        ↑

こんな奴が常任理事国な訳なの。 それでウチらに 「来るな〜」 って暴力行為までして
それを正当化してんの。 でね、例えば、もし日本が感情論でこの国と同じ行動や対応を
この国や他の国にした時は、それは国際社会の一員としては絶対認められない筈でしょう?
それはなんだかおかしな仕組みだと思いません? そんな中、色々と不当に叩かれつつも
なんとか日本はうまく対応してきたと思いますけれど。 (ある意味何もしなかったのかもしれんがw)

愛国無罪。 他の国でも皆そう言い出したらどの国の正義が正義の名のもとに最後まで残るやら。 コマッタノウ。

713 :日出づる処の名無し:2005/04/13(水) 22:57:29 ID:CVgGetFi
>>711
スレ読んでくれ。

714 :日出づる処の名無し:2005/04/13(水) 23:05:30 ID:M7w1tc+o
愛国無罪っていうのは、国のことを愛し、それ故に起こした犯罪なら何やっても許されますってこと。
で、そんなとんでもない「愛国無罪」を本当にやっちゃってるのが、中国。


まだあの国の異常さに気づきませんか?

715 :日出づる処の名無し:2005/04/13(水) 23:43:45 ID:I2QrHKj9
>>713
何で一致してるの?
口裏合わせてるの?

口裏の話は出てない。読んでくれと言われても
核心に触れるからやだって聞こえるが?

716 :日出づる処の名無し:2005/04/13(水) 23:51:56 ID:CVgGetFi
>>715
ダーディンは記事の信憑性について
スマイスは加害者が誰か触れていない
偕行社も資料の信憑性について
すべてスレで触れている。
口裏合わせても少しも困らないが
その場合は証拠を出すことだね。

717 :日出づる処の名無し:2005/04/14(木) 00:12:06 ID:genqoGZB
一般南京市民の虐殺は無かった
南京に遅れて到着した上海攻囲軍を捕捉戦死させた。
南京防衛軍が城外に脱出するところを戦死させた。
上海攻囲軍または南京防衛軍に属する、降伏した中国軍兵士を処刑した。
城内外で便衣兵を摘出し処刑した。
城内外で同士討ちや現在地離脱者の射殺体が残存していた。

この辺が正解だと思う


718 :日出づる処の名無し:2005/04/14(木) 00:18:19 ID:m1G02LJA
>>717
禿同

719 :431:2005/04/14(木) 00:35:40 ID:EP6MyA/y
>>705
>軍人が軍服を捨てて、民間人に扮装して
>軍事的行動をしたらどうなる?

「軍事的行動」という曖昧な概念で、合法な行動、違法な行動を一つにくくり、
すべて違法化するところが、法学板でデムパと言われる由縁です。

1)軍人が軍服を捨てて、民間人に扮装し、移動、潜伏、虚偽情報の敵への伝達等
「軍事的行動」を行う事は奇計として適法と認められている(1907年ハーグ陸戦規則24条)。

2)軍人が軍服を捨てて、民間人に扮装し、敵兵を殺傷すれば「背信の行為を以て
殺傷」と認定され違法(同規則23条ロ)。

事実関係:1937年12月14日以降数週間のうちに、民間人に扮装した中国兵によって
日本兵が殺傷されたという事件は私の知る限り1例しかない。これも本当に中国兵で
あったのか、単なる民間人であったのか定かではないが。

720 :431:2005/04/14(木) 00:39:08 ID:EP6MyA/y
>上海攻囲軍または南京防衛軍に属する、降伏した中国軍兵士を処刑した。
>城内外で便衣兵を摘出し処刑した。

明確にハーグ陸戦規則23条ハ、二違反ですな。

721 :431:2005/04/14(木) 00:45:08 ID:EP6MyA/y
>>706
>>702
>交戦法規で禁じられてはいないけど
>>701の(2)に違反するものを捕虜として扱わなくても違反じゃないわな。

大日本婦人会の御夫人が、たすきを掛け忘れて不時着した米空軍機のパイロットを
竹槍で突き殺したらこれは交戦規則1条2項違反の故に罪を問われるのでしょうか、
それとも当該地で有効である刑法に定める殺人罪容疑とし罪を問われるのでしょうか?

ハーグ陸戦規則1条2項に対する適合、不適合がそれ自体犯罪を構成するか否か、
という問題なのですが。


722 :日出づる処の名無し:2005/04/14(木) 00:45:42 ID:Wvw8c5ct
>>720
便衣兵に交戦者の資格はないだろ。
処刑しても違法じゃない。

723 :日出づる処の名無し:2005/04/14(木) 00:55:52 ID:Wvw8c5ct
>>721
ハーグ陸戦規則1条2項に不適合でも犯罪ではない。
しかし交戦者の資格は喪失する。
俘虜の取り扱いを受ける権利がないってことだ。
全然違反してない。

724 :日出づる処の名無し:2005/04/14(木) 01:02:14 ID:m1G02LJA
軍事板FAQより抜粋

【質問】
ゲリラとは?

 【回答】
分散し、かつ移動性の高い軍事組織が軽火器を使用して奇襲・待ち伏せ等によって行う交戦行為(非正規戦)、又は、bこれらの戦闘方法で戦う集団。
かつては外国の侵入軍に抗する場合に、この語が用いられたが、現在ではこのような状況に限られない。
また、不正規軍に限ってゲリラの語が用いられたこともあったが、現在では正規軍についても上述の戦闘方法を使う場合にはゲリラ(行為)というのが一般的である。
わが国では、上記bの意味で、遊撃隊・便衣隊の表現があるが一般化していない。

(『国際法辞典』(有斐閣)p8)

軍事力で勝る正規の外国または自国の軍隊に対し、一般人の支持を背景として、隠密に軍事行動をとる不正規の小軍隊。
ゲリラ戦にはこれまでの戦時国際法は適用しにくく、ゲリラが正規の軍隊構成員でないため、捕虜になっても捕虜としての人道的待遇と保護が与えられる余地がなかった。
またゲリラは徹底抗戦するため、戦争の残虐性が増大することがあった。
1949年ジュネーブ第3条約に対する77年の追加第一議定書は、ゲリラにも捕虜資格を認めるとともに捕虜資格の条件を緩和し,ゲリラ行動中に自己を一般住民から区別できればよいとした。

(現代用語の基礎知識2000年度阪)


725 :431:2005/04/14(木) 01:12:51 ID:EP6MyA/y
>便衣兵に交戦者の資格はないだろ。
>処刑しても違法じゃない。

「便衣兵」として殺傷行為を行ったことが無ければ、別に便衣(民間の服)を着て
殺傷以外の軍事行動をとることは違法ではない。従って交戦者資格を失わない。

(というか、厳密に言えば「便衣兵」として殺傷行動を行っても、正規軍兵なら
交戦者資格、捕虜資格を失うわけではなく、捕虜として確保された上で軍事法廷に
おいて背信殺傷の禁止(規則23条ロ)に対する違反として刑罰を受けることは可ということ。
裁判なしの処刑は、処刑する側が違法)

726 :日出づる処の名無し:2005/04/14(木) 01:16:35 ID:m1G02LJA
>>725
>ゲリラ戦にはこれまでの戦時国際法は適用しにくく、ゲリラが正規の軍隊構成員でないため、捕虜になっても捕虜としての人道的待遇と保護が与えられる余地がなかった。
(中略)
>1949年(ここ重要)ジュネーブ第3条約に対する77年(ここもっと重要)の追加第一議定書は、ゲリラにも捕虜資格を認めるとともに捕虜資格の条件を緩和し,ゲリラ行動中に自己を一般住民から区別できればよい(ここ一段と重要)とした。

727 :日出づる処の名無し:2005/04/14(木) 01:18:43 ID:h7snsACJ
>>716
分る分けないもの要求してなのしい?
国内法の殺人事件とかぶして何がしたいのやら。

728 :431:2005/04/14(木) 01:24:29 ID:EP6MyA/y
>>723
>ハーグ陸戦規則1条2項に不適合でも犯罪ではない。

まったく正しいご理解ですね。ありがとう。

>しかし交戦者の資格は喪失する。

ハーグ陸戦規則の第1条は民兵と義勇兵の定義ですから、戦闘者としての徽章を
顕示していなければ公法上の戦闘者ではなく、ただのオッサン、おばさんという
ことですね。

>俘虜の取り扱いを受ける権利がないってことだ。

ただのオッさん、おばさんに捕虜の権利は無いのは当然だわな。

>全然違反してない。

日本軍が裁判なしで殺害したのは中華民国の戦闘要員としての国家公務員な
わけです。戦闘員が私服の状態で殺傷行為を行っていなければ、捕虜資格を
失う事は無いです。

おじさん、おばさんの場合は殺傷行為を行わなければ逮捕される事は無い。
戦闘要員である公務員の場合、私服で殺傷行為を行っていなくても逮捕される
場合が有る。その時には捕虜として名誉有る扱いを受ける権利が有る、
というのがごく普通の世界の常識に適合した法体系だと思うのですが。

実際条文も、判例もそうなってるし。


729 :日出づる処の名無し:2005/04/14(木) 01:24:47 ID:MYbVmfFr
米国の学者が言うには
「フランスがナポレオンを賛美してもスペインが文句を言うことはない」
だってさ。
で、
「歴史問題があるから批判するのではなく
 批判したいがために歴史問題を持って来る」んだとさ。

納得させられたね

730 :日出づる処の名無し:2005/04/14(木) 01:28:45 ID:5Qnn4mhm
>>729
こりゃまたずいぶん明確な答えだな(w

確かにそうだ

731 :日出づる処の名無し:2005/04/14(木) 01:29:07 ID:kl7/GA77
恵也について各界の反応

総理大臣/小泉純一郎さん 「何で今さら、こんなスレが出てくるのか分からない」
自由党党首/小沢一郎さん 「(事務所を通じて)コメントする価値を見いだせない。」
東京都知事/石原慎太郎さん 「くだらないねえ。何が楽しみでこんなレスしてるのかな。連中は。」
日銀総裁/速水優さん「頭の中までデフレが浸透していると、再認識せざるを得ない。」
ソニー会長/出井伸行さん 「ブロードバンドが普及すれば、こういう削除も速くなると思う。」
白鴎大学教授/福岡政行さん 「やっぱり自公保連立政権の発足からこういうスレが増えたと思います。」
タレント/デーモン小暮さん 「わが輩が地球を征服した暁には恵也から処刑するぞ。グハハハハ。」
新しい教科書を作る会/西尾乾二さん 「このスレほど戦後民主主義教育の欠陥を表しているものはない。」
元グリーンベレー/柘植久慶さん「海外にはこの程度の変質者はコンビニにもいる。日本が平和すぎた。」
女優/広末涼子さん「こういう人がいる日本って、やっぱりすごすぎると思う。」
プロデューサー/テリー伊藤さん「恵也は本当にバナナの皮を踏んで滑ってこけそうな人だよね。」
法政大学教授/田嶋陽子さん「これだから男社会はダメなんだよ」
マルチタレント/大橋巨泉さん「俺は恵也みたいなやつがいるから日本にいたくないんだ」
財務大臣/塩川正十郎さん「もうよろしやろ?」
元大阪府知事/横山ノックさん「いつまでこんなコトしているんだ!」
元ホステス/福田和子さん「恵也みたいなんが、盗聴するんや。危ない危ない。」
前総理大臣/森喜朗さん「恵也のような子供を作らないために教育は私立に任せるべきです。」
元保険外交員/林真須美さん「恵也がおったからカレーに毒入れたんや。」
元公務員/宅間守さん「ほんまは恵也を殺したかったんや。」
元教祖/松本智津夫さん「恵也は今後も駄レスを書きこむだろうからポワしなさい。」
外務大臣/田中眞紀子さん「恵也が生きているのは日本の国益にかかわる重要な問題です。」
学生/ゾマホンルフィンさん「いいですか!私は恵也が駄レスする事を許してはいけないと思う!」


732 :日出づる処の名無し:2005/04/14(木) 01:30:26 ID:yhgFkEnI
そりゃあそうだろう。
日本を批判していれば国内のことを批判されずにすむからな、
中国共産党は。

733 :日出づる処の名無し:2005/04/14(木) 01:32:19 ID:m1G02LJA
>>724>>726は華麗にスルーされちゃいました。

734 :日出づる処の名無し:2005/04/14(木) 01:45:59 ID:Wvw8c5ct
>>728
矛盾してるな。
軍服を脱いだらただのおじさんであると同時に捕虜資格を有してるのか?

第一条[民兵と義勇兵]

戦争ノ法規及権利義務ハ、単ニ之ヲ軍ニ適用スルノミナラス、左ノ条件ヲ具備スル民兵及義勇兵団ニモ亦之ヲ適用ス。

明らかに民兵と義勇兵だけの規定ではない。

交戦地で戦闘員が軍服を脱いだら捕虜資格を失う。
ハーグ陸戦法規の交戦者の資格がないから。
裁判無しで処刑しても何も違反してない。

735 :日出づる処の名無し:2005/04/14(木) 02:08:55 ID:Wvw8c5ct
なんで431みたいな半端な知識の奴ばかりが肯定派にいるのかね。
条文をちゃんと読んで当時の知識を勉強してから出て来いよ。
ヴァカ丸出しだろ。

736 :431:2005/04/14(木) 02:20:02 ID:EP6MyA/y
>条文をちゃんと読んで当時の知識を勉強してから出て来いよ。

第23条【禁止事項】
ロ「兵器を捨て又は自衛の手段尽きて降を乞へる敵を殺傷すること」

737 :431:2005/04/14(木) 02:30:59 ID:EP6MyA/y
大日本婦人会のおばさんが、たすきを掛けて戦闘員としての身分を明確にしている場合、
命乞いする遭難米空軍兵を竹槍で殺したらこの23条に違反することになりますね。

たすきを掛けていないと、交戦法規の適用がないですから単なる殺人罪になります。

たすきを掛けていて、米兵が武器を向けて来たら戦闘員としての応戦で、殺傷しても違法性阻却。
後に米軍に捕獲されたら捕虜資格を主張出来る。

たすきをかけていないで、米兵が武器を向けたら正当防衛で違法性阻却、捕虜資格は
ないけれど米軍に殺されるいわれもない、てなわけです。

だいたいこれくらいの順列組み合わせが20秒くらいでできない人の場合、戦闘地域で
軍事担当国家公務員やらないほうがいいと思いますがね。

738 :日出づる処の名無し:2005/04/14(木) 02:34:36 ID:QU2Y9Wgd
日本が公式に南京大虐殺を否定することをキボンヌ

739 :日出づる処の名無し:2005/04/14(木) 02:50:23 ID:Wvw8c5ct
>>736
支那軍は軍服を脱いで武器を捨てて「投降して」来たのかよ。
日本語が不自由なのか?
反論になってネーよヴァカ。

740 :日出づる処の名無し:2005/04/14(木) 04:33:40 ID:YIVaDdtd
ところで事実かどうかを置いといて、仮に嘘だとしたらなぜ中国は虐殺なんて嘘でっち上げる必要があったんです?

741 :恵也 ◆1BgPjyxSE. :2005/04/14(木) 04:39:54 ID:hRE4OfRl
>>655
>ヌルハチの相手は楽だなw

そら楽だろ。
他人のコピペを貼り付けるだけだからね。バカでもチョンでも出来る。
ここでコピペしたんだろ。
http://www.geocities.co.jp/Bookend-Ryunosuke/8312/page080.html

東中野教授のグループなのかね、名前が判らんが・・・
(1)下関から8km下流でも、揚子江だろ
(2)又聞きで前日の戦闘での遺体だと聞いただけ
   日本軍が遺体の水葬に、大量動員されたもの
(3)太田少佐の証言に一致してる
(4)目撃情報が無いなんて高城守一氏の証言が書いてあるのは無視かい?
(5)遺体の判別できる距離まで、近づいただけの話
(6)撤退時に、日本軍の長勇中佐の蛮行を知らないのか?
http://www.geocities.jp/yu77799/nihonjin.html
このHPの相手は楽だ、中身が薄い!

742 :恵也 ◆1BgPjyxSE. :2005/04/14(木) 05:04:11 ID:hRE4OfRl
>>662
>王新蕘保安隊長は部下3名と掠奪強姦市民に対する脅迫をしていた。

この東中野教授の話は板倉由明氏からさえ、疑問視された話。
避難民同士のチクリアイで、日本軍に殺された元南京警察の刑事さんが
王さんのようだぜ。

>日本軍の悪評を消すための絶好の宣伝記事だから、大々的に公表し、
・新聞に書かせるだろう。捕らえたのがどの部隊かも明らかでなく、
・第十六師団関係者、憲兵隊関係者の日記や証言に全く見当たらず、
・『東京日日』や『朝日』にも出ていない。
http://www.geocities.jp/yu77799/itakura2.html

>呉という人によれば、「王」は元、南京警察の刑事であったという。
http://otd2.jbbs.livedoor.jp/mondou/bbs_plain?base=15503&range=1

743 :恵也 ◆1BgPjyxSE. :2005/04/14(木) 05:26:37 ID:hRE4OfRl
>>739
>支那軍は軍服を脱いで武器を捨てて「投降して」来たのかよ。

支那軍は軍服脱いで一般の市民の中に隠れたのもいるし、軍服を
脱がないでそのまま、国際安全区委員会の仲介に従い投降したの
もいるよ。

先に軍服の連中から殺しただけで、後先の問題というだけ。
全部、殺されたのには間違いありません。

>あくまでも彼らのことを思ってしたこととはいえ、このため、
・あとになって私は若干良心の呵責を感じることになります。

・私は兵たちに、機関銃を装備した日本軍が遠くから進軍してくる
・と伝え、危険を知らせました。そして、武器を捨てるよう、私が
・武装解除するから安全区の収容所にいれてもらうようにとすすめ
・たのです。しばらく考えた後でかれらは私の忠告に従いました。
http://www.geocities.jp/yu77799/rabe2.html

744 :恵也 ◆1BgPjyxSE. :2005/04/14(木) 05:33:02 ID:hRE4OfRl
>>738
>日本が公式に南京大虐殺を否定することをキボンヌ

公式に日本政府は、否定してないでしょう。
否定したらオオゴトだよ、サンフランシスコ条約を無視する事になる
んだから。
推理力のないウヨボウどもの、遠吠えに過ぎん。

>第十一条【戦争犯罪】
 日本国は、極東国際軍事裁判所並びに日本国内及び国外の他の連合国
・戦争犯罪法廷の裁判を受諾し、
http://list.room.ne.jp/~lawtext/1952T005.html

745 :日出づる処の名無し:2005/04/14(木) 05:36:38 ID:genqoGZB
更衣兵の処分は戦闘現場ではしかたがない問題だと思う

戦闘捕虜の処分、これは多分それまでの戦闘で日本側の兵が捕まった場合
捕虜として確保されることは無く、残虐な方法での殺され方が一般的だったので
日本側は相当感情的に熱くなっていたのではないか?
捕虜になるのだったら自決せよ、は中国との戦闘で捕まったら拷問の上殺されるので
自ら死を選べ、って事になったんだと聞いた
相当酷かったらしい


746 :恵也 ◆1BgPjyxSE. :2005/04/14(木) 05:50:06 ID:hRE4OfRl
>>678
>ならソースをまずだせクズ

理解力のない方にソースを出しても、ソースがもったいない。
幼稚園児並みの知恵しか持たない方には、ソースは無駄と思うが。

>チェルノブイリ事故後の小児甲状腺がんは主に乳頭型であり、
・レットがん遺伝子 の再配列が確認されており、レットの再配列
・は放射線被ばく後に起こり、レット PTC3が増加している。

・これらの分子指標(マーカー)はがんが放射線によるもの か
・どうかを決めるのに役立つかも知れない。
http://wwwsoc.nii.ac.jp/jarap/nrpb_208.html

747 :恵也 ◆1BgPjyxSE. :2005/04/14(木) 06:03:36 ID:hRE4OfRl
>>745
>日本側の兵が捕まった場合 捕虜として確保されることは無く、
>残虐な方法での殺され方が一般的だったので

そういう話も読んだ事がある。
南京虐殺ころの中国軍の対応は、あまり出てこないんだよな。
日本軍自身が勝ち戦だったせいもあるが・・・・

しかし後の八路軍との戦闘で、捕虜になり逃げ出して日本軍に帰った
兵隊が自殺を強要されたという話も、読んだ事がある。
捕虜になることを恥辱とする考えが、当時の日本軍にあったんじゃないかね
「生きて虜囚の辱めを受けず」なんて言葉が残ってる。

アメリカみたいに捕虜を、精一杯危険な場所で戦った国家の英雄だと
いう思想ならこんな、南京虐殺なんて起きないと思うが。
英雄に対する礼儀というものがあるから。

748 :ZERO ◆ZERO/Az8XM :2005/04/14(木) 07:17:01 ID:4OSGaqt+
>>747
将棋とチェスの話を知ってたら出てこない発想だなw

749 :恵也 ◆1BgPjyxSE. :2005/04/14(木) 08:10:07 ID:howQjLOD
>>748
>将棋とチェスの話を知ってたら出てこない発想だなw

取った相手の駒が使えるのは日本将棋くらいのものだろう。
チェスも中国将棋も朝鮮将棋も、敵の駒は使えないよ。

日本が中国兵を虐殺したのは、使えなかったから頭にきて叩き殺した
というのかい?

750 :日出づる処の名無し:2005/04/14(木) 08:11:02 ID:genqoGZB
>生きて虜囚の辱めを受けず
の辱めって拷問虐殺の事だったらしい

つまり中国との戦いで生きて捕まったら辱め(拷問虐殺)されるので自ら死んだ方が良い
との兵を気遣った言葉だったらしい

それが何時の間にか捕虜は恥じなので自決、にすり替わったんだって

スーウン海岸上陸作戦では最初上陸した名古屋師団全滅だったらしい
その上陸作戦の日本側死者1万にものぼっていたとの事
その後も苦戦に次ぐ苦戦


751 :日出づる処の名無し:2005/04/14(木) 08:18:48 ID:uYvKX3jk
>「生きて虜囚の辱めを受けず」

戦陣訓なんて一般兵士は読んでねーよ。

752 :恵也 ◆1BgPjyxSE. :2005/04/14(木) 10:16:54 ID:howQjLOD
>>750
>つまり中国との戦いで生きて捕まったら辱め(拷問虐殺)されるの
>で自ら死んだ方が良い

戦陣訓は1941年に東条英機の名前で出されたもの。
あまりの軍紀の悪さに、官僚どもが勝手に作ったものだろう。

>その実態は、中国各地でのあまりにも腐敗、残虐化した日本軍の
・蛮行を知り、陸軍上層部があわてて作成に踏み切ったといわれている。
http://ch.kitaguni.tv/u/5028/%C2%E7%C6%FC%CB%DC%C4%EB%B9%F1%A4%CF%B7%F9%A4%A4%A4%C0/0000109367.html

753 :日出づる処の名無し:2005/04/14(木) 10:19:11 ID:zLS64JuM
さぁでましたよ
ソースすら「いわれる」などの伝聞憶測程度のものしか用意できないバカコテタイムが(ゲラゲラ

754 :日出づる処の名無し:2005/04/14(木) 10:19:27 ID:0uiFlUyD
「大」虐殺信奉の人の理屈は生存者の「私が悪うございました」発言やある種の写真に因ってるん
だろうけど、「虐殺なんか見たことない、ありえない」という発言や「ローカルの子供と仲良く遊んでる
大日本帝国軍兵士の写真」なんかは捏造だと思ってるの?

755 :日出づる処の名無し:2005/04/14(木) 10:38:17 ID:m1G02LJA
>>740
被害者面して賠償金搾り取るためのネタ

756 :恵也 ◆1BgPjyxSE. :2005/04/14(木) 10:57:26 ID:howQjLOD
>>754
>「虐殺なんか見たことない、ありえない」という発言や「ローカル
>の子供と仲良く遊んでる大日本帝国軍兵士の写真」なんかは捏造だと思ってるの?

捏造もあるだろうが、本物がほとんどでしょう。
地下鉄サリン事件のように、少しでもタイミングがずれたら大虐殺は
見れないし、オームの信者にしてもほとんどの人は関与してない。

しかし捏造をやってる連中、田中正明氏みたいなのがいるのも確実

>目の前に並んだ自衛隊の坂妻駐屯地資料館蔵の「松井日揮原本」
・(コピーならびにかなりの数の写真版)と、芙蓉社版・田中正明編
・『松井岩根大将の陣中日誌』第四章収録の「日記」との間には、
・見過ごすことのできない大きな差異が、それも単純ミスではない
・明らかに意図的な改竄がいくつも認められたのである。
http://www.geocities.co.jp/CollegeLife-Lounge/3924/article/tanakam.html

757 :肯定派のほうが露骨な捏造してるけどな:2005/04/14(木) 11:05:15 ID:zLS64JuM
歩兵第六十六聯隊第一大隊『戦闘詳報』の<洞富雄>による姑息な改竄

『朝日ジャ−ナル』1984.9.28 p10 虐殺否定論を圧倒する旧日本兵の記録
  洞 富雄 より
(略)
イ、旅団命令ニヨリ捕虜ハ全部殺スベシ。
其ノ方法ハ十数名ヲ捕虜(捕虜に原文ルビ 「ママ」あり)シ、逐次銃殺スベシ(一九三ページ)。
「銃殺スベシ」とはなんたる改竄なのでしょう。Mr.Netsuzou 洞としても本当の原文「シテハ如何」
では命令としてはおかしい、これでは命令にならないゾと気付いたのでしょう。そこで姑息な彼らしい改竄です。

758 :肯定派のほうが露骨な捏造してるけどな:2005/04/14(木) 11:06:16 ID:zLS64JuM
ミスター捏造 洞富雄のH.J.Timperley著書訳本における捏造例
ttp://f25.aaa.livedoor.jp/~zflag/mirrors/kaizan/6.htm

759 :日出づる処の名無し:2005/04/14(木) 11:07:27 ID:Wvw8c5ct
>>741
ヤレヤレ、お前はコピペの対応も満足に出来ないのか。
そんなにいろんなとこに首を突っ込むと全問題をスルーする羽目になるぞw

(1)赤星証言は獅子山から揚子江岸に降りてきた証言。そこは下関直近だから8Km下流じゃ嘘発覚なんだヴァカ。
(2)前日じゃなかったらいつの死体だカス。伝聞の噂と符合しないことが問題だろ。
(3)大田証言と一致してることは川幅いっぱいに死体が広がる物理的理由にならねえんだよヴォケ。これで反論のつもりか。
(4)第三国の船舶がいたのに証言がないのがおかしいと言っているんだアフォ。
(5)川幅いっぱいの死体に近づいたのかクズ。こじつけるな。
(6)長中佐の証言は伝聞の伝聞。コピペ元を読んでねえのか。ありえない捏造だぞマヌケ。

発言パターンから一歩も出てないアフォらしさ。一つたりとも反論できてねえじゃんか。
おまえがヌルハチと比べて性質が悪いのは大ヴァカなところだ。

760 :恵也 ◆1BgPjyxSE. :2005/04/14(木) 11:08:44 ID:howQjLOD
>>755
>被害者面して賠償金搾り取るためのネタ

国家間の賠償は、払わなくていいと大マケにしてもらったのを知らないバカ
もうこれ以上増えようが、減ろうが関係のない話。

蒋介石総統の中華民国にも、毛沢東の中華人民共和国にもその条件で
決着済みのお話。
でも逆に言えば、道義的に大きな借金を背負ったともいえる。

今残ってるのは、従軍慰安婦みたいな、日本政府と個人間の問題。
こちらはいまだに、ホッタラカシだ。

>中国側から日中国交回復に当っての条件を示してきた。しかも、
・その条件は、対日賠償請求権の放棄をも伴うかなり緩いものであった
http://www.geocities.jp/since7903/Syouwa-shinkenpou/65-Tanaka-vol1.htm

761 :日出づる処の名無し:2005/04/14(木) 11:11:53 ID:d24w0Nl3
>>760
なあ、恵也?
おまえの主張が誰かに伝わってると思ってる?


762 :日出づる処の名無し:2005/04/14(木) 11:11:56 ID:Wvw8c5ct
>>742
つまりラーベの日記は信用できない、でいいのか?w
どこまでもヴァカだなw

763 :日出づる処の名無し:2005/04/14(木) 11:13:52 ID:Wvw8c5ct
>>743
軍服を脱いだ敗残兵が投降したかどうかの話をしている。
ま、日本語が不自由なら文脈は読めんよなw
反論になってないんだよ。

764 :日出づる処の名無し:2005/04/14(木) 11:14:07 ID:zLS64JuM
また捏造慰安婦まで持ち出して来た(藁
で、日中共同声明で個人請求権も一緒に放棄されたんだがね
個人は〜ということこそ金ほしさの屁理屈

765 :日出づる処の名無し:2005/04/14(木) 11:20:53 ID:Wvw8c5ct
>>744
また、サンフランシスコ条約かよ。
お前も懲りない奴だな。
日本は南京大虐殺を否定しても全く問題にならん。
受諾したのは「判決」であって「裁判」じゃない。
英文を読んでみろクズ。
裁判受諾は誤訳。訳者も認めてる。
http://www.yasukuni.or.jp/siryou/siryou5.html



766 :日出づる処の名無し:2005/04/14(木) 11:23:03 ID:Ot4uIITb
>>740
通商事件など中国各地で日本人の民間人を大量に虐殺したこと
日本の敗戦後ロシアが満州を再侵略、満州にいた日本兵が先頭に立って中国をロシアの侵略から守った
この時日本兵100万人以上が捕虜として強制連行され、零下15度の酷寒のシベリアで裸同然の薄着で
奴隷として酷使され、大半が過労・衰弱・凍傷になり放置され殺された
ところがロシアの南下を必死でくい止めた日本兵がボロボロになった所を見計らって、今まで隠れていた
共産党軍が背後から日本兵に襲いかかり虐殺した、そして日本が莫大な投資をして近代化させた満州を
侵略占領し、根こそぎ奪い取った
(因みに満州は、満州族の先祖の土地で、歴史上一度も漢族(現中国)の支配地になったことはない)
まずこれらの卑劣極まりない犯罪を誤魔化す必要があった

また中国では抗日運動の末、共産党軍が日本軍をうち破り日中戦争に勝利したと言っているが大嘘
日本が戦ったのは、当時英米の支援を受けて抗日運動をしていた蒋介石率いる国民党軍であった

しかし国民党軍の蒋介石は日本留学経験のある知日派であり、結局白人支配を嫌って日本と談合し
満州を(日本指導の元)満州族が統治、北京以南を漢族中華民国が統治するという分割統治案を結んだ
それを知った英米は蒋介石支援を打ちきり国民党軍は兵力が減少した
逆にソ連コミュンテルンの策謀により中国共産党軍が国民党軍になりすまし日本軍を挑発し
日本と中華民国の軍事衝突を図った
これに騙された日本は中華民国を制圧するために南下政策を取り、これが日中戦争へと発展した
日本軍は国民党軍に完全勝利していたが、一方でアメリカと戦い敗戦した

英米は中国共産党軍を支援し、日本との戦いでボロボロになっていた国民党軍を中国から追いださせて
中国共産党に中国の支配統治権を与え連合国軍として迎え、その後国連常任理事国に据えた

結局勝ち組連合国軍のやりたい放題となった戦争犯罪をお互いにフタをするために、歴史の捏造という
連合国の間で口裏合わせが行われた、それが魔女裁判である東京裁判だったということ
特に中国にとって東京裁判の虚構(南京事件)を暴かれることは歴史の暗部が表に出てしまい
現在の中国の成立の根拠や正当性が完全に崩れてしまうので必死になるわけです

767 :恵也 ◆1BgPjyxSE. :2005/04/14(木) 11:33:49 ID:howQjLOD
>>759
>獅子山から揚子江岸に降りてきた証言。

(1)揚子江の下関から、8km下流の地点に降りて来たのなら矛盾なし。
(2)前日の流れなかった遺体を、当日に流してるだろうし、当日も
 処刑は続けてるだろう
(3)太田証言は、安達少佐が14日、15日で65000体を処理したと証言
(4)第三国の船舶、どうやって証言するんだね。新聞記者がたまたま
 乗ってたわけじゃあるまいし、船舶に電話がある時代じゃなかろう。
 揚子江で処刑をしてるのは、マスコミに出ててニュース価値なし。
(5)川幅いっぱいの遺体、文学的表現に気付かぬバカ。
 見てる範囲に遺体がどんどん流れてきたのを、科学的に言ったものじゃない
(6)伝聞でも証言者が、最後の殿様で間に入った人名もわかってるんだ

>死体運搬のためにトラック十台と蒸気船三十艘が準備された。私が来る前に安
・達少佐はニ日間で六方五千体を処理していた。他の隊もそれぞれ処理に当っていた。
「太田の供述書より」

768 :日出づる処の名無し:2005/04/14(木) 11:34:20 ID:Wvw8c5ct
>>740
>>766のレスが正しい。
また、国民党にとっては戦争プロパガンダだし、政治カードにも使えるしな。

769 :日出づる処の名無し:2005/04/14(木) 11:37:04 ID:m1G02LJA
>>767
こいつ何百万回論破されたら懲りるんだろうな。
あ、中共の手先か(苦笑w

770 :日出づる処の名無し:2005/04/14(木) 11:39:08 ID:m1G02LJA
>>766
>結局勝ち組連合国軍のやりたい放題となった戦争犯罪をお互いにフタをするために、歴史の捏造という
>連合国の間で口裏合わせが行われた
ホロコーストにもピッタリ当てはまるねw
ほんと連合軍最低。ありえない。

771 :日出づる処の名無し:2005/04/14(木) 11:39:20 ID:XAT+TTvj
まあでも基地害になに言っても無駄って気もする。
それが向うの狙いかもしれないけど。
一番腹立つのは基地害に御追従する日本人がいる
ってことだ。

772 :恵也 ◆1BgPjyxSE. :2005/04/14(木) 11:41:13 ID:howQjLOD
>>764
>また捏造慰安婦まで持ち出して来た

慰安婦を日本政府は認めて謝罪してんだ、あなたはそれで日本人か?
いまだに捏造と断言するとは、在日の方かい。
外務省のHPです。

>業者らが或いは甘言を弄し、或いは畏怖させる等の形で本人たち
・の意向に反して集めるケースが数多く、更に、官憲等が直接これ
・に加担する等のケースもみられた。
http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/taisen/im_050804.html

773 :日出づる処の名無し:2005/04/14(木) 11:42:27 ID:x74anxy3
南京大屠殺が事実だったのは中国共産党の決議でも認められている事実でしょ

774 :恵也 ◆1BgPjyxSE. :2005/04/14(木) 11:44:09 ID:howQjLOD
>>763
>軍服を脱いだ敗残兵が投降したかどうかの話をしている。

どちらも投降して、どちらも処刑されてんだよ。
どれだけの差があるんだね?
空気が読めないのはあんたの方だ。

775 :日出づる処の名無し:2005/04/14(木) 11:45:59 ID:m1G02LJA
>>774
>どちらも投降して、どちらも処刑されてんだよ。
証拠プリーズ

776 :日出づる処の名無し:2005/04/14(木) 11:46:26 ID:lwYlozKW
>>766
歴史認識が狂ってる

>英米は中国共産党軍を支援し、〜国民党軍を中国から追いださせて

逆。
アメリカは繋がりの強い国民党を推していた(常任理事国入りにも尽力)
仮想敵国であるソ連対策。
ソ連が強く共産党を後押しした為、諦めた。

>満州は、〜歴史上一度も漢族(現中国)の支配地になったことはない

満州族が中国最後の王朝(清)を作った事も知らないのか?
その時から満州の地も中国の範疇と考えられてるよ。

>満州にいた日本兵が先頭に立って中国をロシアの侵略から守った

別に中国をロシアから守る為に戦った訳じゃないよ。
ロシアは共産党をバックアップして、国民党を追い出すのに成功してるよ。

>通商事件など中国各地で日本人の民間人を大量に虐殺したこと

通州事件を起こしたのは、日本の傀儡政権下の中国人保安隊。
中国軍の仕業じゃないよ。

777 :日出づる処の名無し:2005/04/14(木) 11:48:22 ID:Wvw8c5ct
>>767
(1)お前、獅子山の場所しらねえだろw どこになるんだよ下関から8キロ下流の地点てのはwwww
  そういうのは降りてきたっていわねえんだよwww
(2)「だろうし」「だろう」 お前の妄想じゃ根拠にならん。
(3)だから川幅いっぱいがおかしいと言ってるんだよ。大田証言なんて捏造は証拠にも理由にもならない。
(4)第三国の船舶は遊覧船か?www 記録がないほうがおかしいのがわからんのか?wwww
(5)「川幅いっぱい」は「川幅いっぱい」という意味しかない。
  どんな文学的表現だよwwww。川幅いっぱい出ないのに同様の表現をした例を出してみろ。ほれ、出してみろwww。
(6)長中佐は上海派遣軍ニ課の参謀長。最前線の下関に突入した佐々木支隊と行動を共にしたという記録はない。
  (つまり下関の現場にいない)指揮系統から考えても情報二課の参謀長が、指揮権のない最前線で銃撃の指導をすることはまずない。
  結論:赤星証言は捏造。

778 :ZERO ◆ZERO/Az8XM :2005/04/14(木) 11:49:00 ID:4OSGaqt+
>>749
将棋 チェス 升田幸三 あたりでぐぐってみな。
ホイットニー民政局長(准将)の「将棋は取った駒を兵隊として使うが、
これは日本軍の捕虜虐殺につながる思想ではないのか」という質問に
升田幸三が堂々と応えてるから。お前と違って逃げ隠れせずに、ね。

ちなみに「生きて虜囚の辱めを受けず」は1941年、東条英機の「戦陣訓」が初出。
残念ながら、南京戦よりも3年もあとの話だ。時系列はおさえとこうな。

779 :恵也 ◆1BgPjyxSE. :2005/04/14(木) 11:50:43 ID:howQjLOD
>>765
>日本は南京大虐殺を否定しても全く問題にならん。
>受諾したのは「判決」であって「裁判」じゃない。

判決に南京虐殺の人数まで、書いてあるんだぜ。
ここでは判決でも、裁判でも差はないだろ。
英語が読めれば値打ちが上がるとでも、信じてるバカタレ。

でも日本は公式には「南京虐殺を否定してない」ことは認めてるんだ。
そこまではバカじゃない訳か!!

780 :日出づる処の名無し:2005/04/14(木) 11:55:43 ID:1x2p+g3P
どこで>>766の様な、変な知識が身に付くんだ?

781 :日出づる処の名無し:2005/04/14(木) 11:55:47 ID:m1G02LJA
>>779
>ここでは判決でも、裁判でも差はないだろ。
またまた恵也様の名言キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!(プゲラwwwwwwwwwwwww

782 :日出づる処の名無し:2005/04/14(木) 12:03:52 ID:Wvw8c5ct
>>779
判決を受諾したのは刑の執行を約束しただけのこと。裁判を受諾したのとは訳が違う。って何べんいわせんだクズ。
しかも連合国は戦犯赦免要求に同意してんだよヴァカ。

そういえばお前はまだ嘘を謝ってなかったな。
今すぐ謝れ。

783 :Hi-Sa-Me ◆HiSaMeAei2 :2005/04/14(木) 12:09:45 ID:nXTJeSix
>>779
そもそも
裁判=判決
なら誤訳じゃないよな……
誤訳じゃないもんをどうして誤訳としなきゃいけないんだろ?

784 :日出づる処の名無し:2005/04/14(木) 12:12:05 ID:68xgthY6
裁判受諾なら大変じゃん
東京裁判の「GHQが作った国内法でも国際法でもない事後法」により、「どれだけ説得力があっても弁護側有利な史料証拠証言は一切却下」した上、再審も無しのトンデモ裁判を日本の法理判例に加えなきゃならなくなる
司法制度崩壊…

785 :日出づる処の名無し:2005/04/14(木) 12:13:58 ID:h7snsACJ
裁判しないと判決出ないのに。

786 :日出づる処の名無し:2005/04/14(木) 12:16:54 ID:bTOawRjw
おまいら、いい機会だから
http://news.bbc.co.uk/2/hi/talking_point/4436425.stm
ここ行って南京大虐殺を語って来い。

787 :日出づる処の名無し:2005/04/14(木) 12:18:18 ID:68xgthY6
>>786
ブラクラチェックに引っかかったぞ

788 :日出づる処の名無し:2005/04/14(木) 12:18:53 ID:Wvw8c5ct
本条約の草案を起草した国の言葉(英語)では、この部分は「accepts the judgment」となっています。
日本語正文で「裁判」と翻訳されている単語「judgment」は、英米の法律用語辞典
に照らしてみても「判決」と訳すのが適当のようです。
この条文の大切な部分を「裁判」を受諾すると解するのと、「判決」を受諾すると
解するのとでは、条文の意味(内容)が随分変わってきます。

http://www.yasukuni.or.jp/siryou/siryou4.html

789 :日出づる処の名無し:2005/04/14(木) 12:33:22 ID:Wvw8c5ct
>>776
アメリカが共産党を支援したことをなかったことにするつもりか?

漢民族が満州を支配したことがないのに変わりはない。

>別に中国をロシアから守る為に戦った訳じゃないよ。
言葉のあやだと思うが満州をロシアから守ったって事じゃないか。

中国人が裏切って虐殺を犯し、国民党に走ろうとしたのは事実。

790 :日出づる処の名無し:2005/04/14(木) 12:33:59 ID:JLlmA2F7
>>776
>満州は、〜歴史上一度も漢族(現中国)の支配地になったことはない

満州族が中国最後の王朝(清)を作った事も知らないのか?
その時から満州の地も中国の範疇と考えられてるよ。

満州の女真族が清王朝をつくったのは確かだが、満州へのシナ人の立入りは禁止としていた。
女真族はシナ人ではないからシナ人に満州云々言われる筋合いはない。
清朝末期にはシナ人は清朝を裏切り、満州をロシアに売り払い満州はロシアの支配下となった。
またこの時、対日本対策として日露戦争には清が参戦することにもなっていた。
<この露清密約はワシントン会議(1921)で暴露された。>
この後、日露戦争に日本が勝利したためロシアは満州を捨てていった。露清密約を知らない
日本はこの満州を清に返してやるわけだが、清にまんまとだまされたことを知った日本政府・軍
はどのように思ったか想像はつく。

オマイらだったらどうする?

791 :日出づる処の名無し:2005/04/14(木) 12:34:05 ID:bTOawRjw
>>787
ブラクラなんかあるわけないだろ。
そもそもドメイン名よく見れ、BBC放送だぞ。

792 :日出づる処の名無し:2005/04/14(木) 12:36:56 ID:68xgthY6
>>791
そうか。すまん
隠しスクリプトとかの表示が出たもんだからつい

793 :恵也 ◆1BgPjyxSE. :2005/04/14(木) 12:45:00 ID:howQjLOD
>>766
>大半が過労・衰弱・凍傷になり放置され殺された

シベリア抑留は60万人くらいじゃないか。
死亡者が6万人くらい。最初の1年目が辛かったようだ。
それに死亡原因は、寒さ、栄養失調、重労働、赤痢、自殺など。

>当時ロシアの将校達は、これが我々が恐れていた関東軍の実体なの
・かと、あきれていたと言う話も聞いたことがありましたが、私達は
・「生きる」と言うことの大切さを十分に味あわされ、何としても
・生き抜いて祖国へ帰りたい、との想いが一杯、命の大切さをしみ
・じみ感じさせられた次第です
http://www.asahi-net.or.jp/~IR4N-KHR/takedasan/

794 :日出づる処の名無し:2005/04/14(木) 12:58:39 ID:Wvw8c5ct
恵也主張30万人大虐殺説 Ver 1.01

1・南京陥落時人口70万人説 → 根拠なし 論破済み
2・東京裁判史観 → デマ。論破済み
3・東日記 → 最高裁上告却下により捏造確定
4・曽根日記 → 新仮名遣いの日記w 捏造
5・大田証言 → 中帰連。捏造
6・崇善堂埋葬記録 → 「中華民国27年度南京市概況」により埋葬事実なし。捏造
7・大虐殺写真 → 全部捏造

恵也発言パターン

A・事後法容認
 A2・ 国際法における罪刑法定主義原則の否定
B・反論大量スルー
C・妄想根拠
 C2・妄想根拠による誹謗中傷
D・虚言
E・無知
F・歪曲
G・選択的記憶喪失
H・謝罪拒否

こうですか?


795 :恵也 ◆1BgPjyxSE. :2005/04/14(木) 13:00:26 ID:howQjLOD
>>775
>どちらも投降して、どちらも処刑されてんだよ。

ラーベの日記でも読んだらわかるよ。
プロバイダーbekkoame系統の、HPが軒並みつながらん。
それでいいHPが少なくなってな。

>銃殺する前に、中国人元兵士に死体の片づけをさせる場合もある。
・我々外国人はショックで体がこわばってしまう。

・いたるところで処刑が行われている。一部は軍政部のバラックで
・機関銃で撃ち殺された。
http://members.at.infoseek.co.jp/NankingMassacre/mondai/maisou.html#c1


796 :日出づる処の名無し:2005/04/14(木) 13:02:06 ID:d24w0Nl3
>>795
ラーベは虐殺現場は一件も見ていないと言っているから
その「処刑」は合法的処刑でしょう。

797 :日出づる処の名無し:2005/04/14(木) 13:15:37 ID:pW/JWvj+
自国が今日もなお繰り返し続けている反国際社会的行動の推進、容認等の
体質を省みずに、己の、しかも疑わしい、自身の考えに有利な主張のみ展開し、
さも問題はその部分だけであるかのように語る恥ずかしい方がおられるようですね。
随分とお気楽な主張で楽しそうですね。

798 :日出づる処の名無し:2005/04/14(木) 13:16:27 ID:F4I+J0AB
【英語のできる皆さん協力してください】
英国BBC
http://news.bbc.co.uk/2/hi/talking_point/4436425.stm

↑で今回の日中衝突・日本の歴史観について
世界中から意見を求めてるんだけど、
中国人の意見がやたら多く、
またその他マレーシア・欧米人の意見を見ても、
日本ではとっくにウソがバレた南京大虐殺などの
日本の残虐行為が完全に中国が喧伝したままの形で
既に「事実」として世界中に認識されてることがよくわかります。
やってもないことをやったことにされていいのでしょうか?
ドイツやアメリカの歴史美化と同列に扱われていいのでしょうか?
そもそもの根本は、中国こそが歴史を捏造し、
当時存在した人口よりも犠牲者の数が多いこと、
従軍慰安婦など存在しなかったこと、
なんでもない歩いている写真を虐殺した後の写真かのように公表し、
それを世界中に定着させたことを伝えなくていいのでしょうか?
また、日本人がそれら「中国のウソ」に既に気づいている、
新しい歴史教科書は何も間違っていないと言う「真実」を
きちんと再び世界中に知らしめるべきではないでしょうか?
あなたの意見投稿が日本を救います。
日本政府の安易な「中国のウソ」を認め、謝罪したことによって
欧米だけでなくアジアのその他の国ですら本気で中国の言うことを信じてます。
2chねらが思ってるほど世界は本当の歴史を理解していません。
どうか2chの力で誤解を解きましょう!


799 :日出づる処の名無し:2005/04/14(木) 13:16:31 ID:Wvw8c5ct
>>795
そのソースのどこに便衣兵が投降したと書いてあるんだ?
お前は本物の気違いだな。

ベッコウアメのHPは東史郎の写真をでかでかと載せた黄色にアカ文字のやつだろ?w
捏造がばれて恥ずかしいから潰れたんだよw

800 :前々428 ◆akb33F3Knc :2005/04/14(木) 14:06:30 ID:xPxNShDY
アメリカ含め英語圏在住7年、英検準1級の漏れの知識では
  judgement=判決
であって、裁判という制度や裁判所そのものと同じ意味には決してならない。
ちなみに、所謂東京裁判の正式名称は、International Military Tribunal for the Far East
 Tribunal=法廷

801 :日出づる処の名無し:2005/04/14(木) 14:27:03 ID:d24w0Nl3
>>800
さらに言えばな

Japan accepts the judgments of the International Military Tribunal for the Far East ・・・

「judgments」と複数形なわけだよ。
これはどう誤訳しても「諸判決」なわけだ。

ネイチブスピーカーの漏れの判断に間違いは無い。

802 :日出づる処の名無し:2005/04/14(木) 14:45:46 ID:P4SmU/wK
>>800>>801
>>798を何とか汁


803 :日出づる処の名無し:2005/04/14(木) 15:15:02 ID:SdmhNwk/
よしっ、おれも英語勉強するどー

804 :日出づる処の名無し:2005/04/14(木) 15:21:07 ID:IStdGpvu
えなりが出てくると名無し肯定派が消える件について。

805 :日出づる処の名無し:2005/04/14(木) 16:01:51 ID:+8E+kqmP
>>795 :恵也
>ラーベの日記でも読んだらわかるよ。

この脳無しは、伝聞だけで書かれた日記を証拠にするのかw
アフォすぎるw

806 :Hi-Sa-Me ◆HiSaMeAei2 :2005/04/14(木) 16:06:57 ID:nXTJeSix
>>798
これに田中某や東うんちゃらの知識をぶつけたらどうなるんだろ?
携帯じゃみれないぽorz

807 :日出づる処の名無し:2005/04/14(木) 16:18:31 ID:Jy6ef9i+
よみうりテレビ「やしきたかじんの そこまでいって委員会」 http://www.ytv.co.jp/takajin/

3月6日(日)放送  ◇司会 やしきたかじん、辛坊治郎(読売テレビ解説委員)
  ◇パネラー 三宅久之、金美齢、西村眞悟、川崎泰資、デーブ・スペクター 宮崎哲弥、桂ざこば、遙洋子
  ゲスト:東中野修道(亜細亜大学法学部教授)

番組の前半部分「 ▽南京大虐殺と反日プロパガンダ 」の動画ファイルです。約28MB

ttp://www1.axfc.net/uploader/6/ [No_2081.mpg] 2005年04/14(木)11:01 [DLPass vip]
ttp://up.upup2.com/src/ex2072.mpg.html
 (※注 両者とも本来は拡張子が wmv です。事情によりmpgになっています。また、どちらも同一の内容です。)

動画内で、大虐殺肯定派のデーブスペクターが自爆あり。(おすすめ。詳細↓)
 『 南京大虐殺があったら各国メディアはスクープだと取り上げて証拠写真が残るはずだ
  しかし、その写真が無いということは…

  なかった。南京大虐殺は無かった。 』

808 :恵也 ◆1BgPjyxSE. :2005/04/14(木) 16:24:01 ID:howQjLOD
>>777
>お前、獅子山の場所しらねえだろw

良く判ったじゃん。
検索したけど、どうも判らん。
知ってるんだったら教えろ。

しかし今回の返事は、真面目さが見える。
(6)に関しては少しは、説得力がある。
上海派遣軍参謀本部の具体的な仕事を知ってるわけではないから、俺と
しては何とも言えない。

809 :恵也 ◆1BgPjyxSE. :2005/04/14(木) 16:31:44 ID:SsgRynYc
>>782
>判決を受諾したのは刑の執行を約束しただけのこと。裁判を受諾
>したのとは訳が違う

東京裁判などの判決文が出てるのに、こちらは無視かい?
いい加減な考えだね・・・それは世界に通用できる思想かね。
まあ、あなたのような方が指導者になったら、また日本の孤立化が始まるだろう

810 :日出づる処の名無し:2005/04/14(木) 16:39:25 ID:d24w0Nl3
>>809
苦しくなると、日本の無能な政治家の脳みそを持ち出すの?お前ww


日本の政治家が無能な事と、真実か否かの判断とは全く無関係です。

811 :恵也 ◆1BgPjyxSE. :2005/04/14(木) 16:42:12 ID:SsgRynYc
>夕方より一部食事をやる、兵へも食糧配給出来ざる様にて
捕慮(虜)兵の給食は勿論容易なるものでない。
http://members.at.infoseek.co.jp/NankingMassacre/butaibetu/yamada/1daitai.html#araumi

812 :日出づる処の名無し:2005/04/14(木) 16:44:31 ID:d24w0Nl3
たとえ、「裁判を受諾」のままの文章でも、
これに、「裁判の正当性を認める」なんていう意味は含まれないよ。
全文から判断すれば明らか。


清少納言の枕草子を読んで、

「清少納言は『春はあけぼの』と言っている。
 昔は「春」を「あけぼの」と読んだのだ!」

なんていう奴が居たら、単なる馬鹿でしょう。

813 :防衛庁:2005/04/14(木) 16:51:58 ID:6BHMy23x
みんな知ることが必要だ!

パチンコ、新興宗教、朝銀、消費者金融、ロッテ 捏造ブームなどなど
チラシ制作&配り

学生は学校で、社会人は会社で、無職は、ポスティング頼みます!

店で安く作れます。

有名人なった。{ややモテ}


814 :日出づる処の名無し:2005/04/14(木) 16:51:58 ID:+jDncW2g
「われわれの取り扱った捕虜約2000人のうち、帰順を申し出る者は、若干の米麦と白旗を持たせて帰郷させた。
 年末頃までに約半数が帰順し、半数は使役として働かせた。
 腕章をつけて食糧の運搬や炊飯などさせた。
 中山門の内側の土嚢の中に玄米の麻袋があり、我が部隊は大助かりであった。
 が、水と燃料には苦労した。
 これらは捕虜の使役で補うことができた。
 かれらは一日中食糧の準備に終始した。
 私はその指揮に当たったが、「衣川先生(イーセンセンション)」と呼ばれ、
捕虜とわれわれとの間に自然に親近感が芽生え、捕虜殺害などとんでもない話である。
(第16師団歩兵第20連隊・衣川武一氏の手記)


815 :恵也 ◆1BgPjyxSE. :2005/04/14(木) 16:54:00 ID:SsgRynYc
>>794
>1・南京陥落時人口70万人説 → 根拠なし 論破済み

ダイタイ俺が論破してる筈だが、理解力ないね。
こんなHPではあなたの頭には、文章さえ理解出来ないかも。

>「南京と存亡を共にする」と表明し、下関=浦口間のフェリーを
・撤去するように命じ、部隊が揚子江を渡って北の方へ撤退するの
・を禁じ、背水の陣を敷いた。

・十一月二十三日から十二月十三日まででの南京が占領された二十日
・間に、一小部分の南京市民と地方から来た難民と負傷兵が他所へ
・移ったとはいえ、大多数の南京市民は「南京に最後まで踏みとどま
・る必要があった」。
http://www.niccs.co.jp/jcc/bjr99-19.htm

816 :日出づる処の名無し:2005/04/14(木) 16:57:05 ID:SdmhNwk/
東京裁判のように審理内容がでたらめでなく誰でも納得するちゃんと
したものであるなら誰でも裁判の判決にも納得すると思いますよ。

あと、渡部昇一も「捕虜を処刑しちゃったのは非常に不味い」とおっしゃってます。
(支那軍や、(リンドバーグ従軍記によると)連合国も捕虜処刑しまくってるようですが)
右の方も左の方も何の意見の相違がありましょう?


817 :日出づる処の名無し:2005/04/14(木) 16:59:25 ID:SdmhNwk/
>>815
>中華民国26年(1937年)11月26日に発布された「南京市政府訓令」の記載によれば、
>1937年6月時点の南京市の総人口は101万5450人。日本軍の南京侵略に伴い、
>国民政府は11月20日重慶へ遷都したが、ともに移動した軍人と市民は約20万人に上る。
>これ以外にも、地方から南京に出稼ぎに来ていた人々が戦火を逃れるために故郷へ戻り、
>また一部市民が南京から避難した。
>南京市政府が1937年11月23日、軍事委員会後方勤務部に送った避難民の退去に関する書簡には、
>「市の人口は50万人余り」、加えて「南京に駐屯している9万名余りの軍人」と記されており・・・

6月時点101万だった市の総人口が’とりあえず’1937年11月23日時点で50万人余り。

818 :日出づる処の名無し:2005/04/14(木) 17:00:28 ID:SdmhNwk/
>>815

>「アメリカ大使館報告」
>1937年11月27日
>ワシントン国務長官、漢口・北平米大使館、上海米総領事館宛 第963号  

>(略)市民の脱出は続いているが、市長の話では30万から40万の市民が
>まだ南京に残っているとのこと。

大量の避難民が流出が続く
11月27日の人口30〜40万

819 :日出づる処の名無し:2005/04/14(木) 17:02:03 ID:SdmhNwk/
>>815

>ワシントン国務長官、漢口・北平米大使館、上海米総領事館宛
>第993号 12月4日正午
>大使館電報第989号(12月3日午後2時発信)に関して。
>  
>(略)
>長江岸へ通じる邑江門は混雑している。おそらく今日行われた南京城内に
>対する爆撃(大使館電報第994号、12月4日 午後一時発信を参照)
>によって流出者はさらに増えることになろう。

>『徐永昌日記』 (関連部分のみ抜粋)
>12月3日
>水道故障。この数日下関(長江対岸に渡る船着場)には渡河を待つ者、常に三万五万、
>難民、退却軍であふれており、空襲でもあれば、その惨状は想像を絶する。
>12月7日
>昨日、敵機浦口を空襲、死傷者三百余ときく。下関碼頭一帯、渡河を待つ者、海、山の如く、
>待つこと三日、まだ渡れぬ者ありという。

>ベイツ『南京におけるキリスト教徒の活動に関する予備報告』(38年2月28)
>南京攻撃が予想された週に、南京住民の膨大な脱出があったにも 関わらず、
>25万が安全区に入り込み、’数千人が同区外に留まって’さらに悲惨なめにあうことになった。

南京戦を間近にして、さらにさらに大量の避難民が流出。



820 :日出づる処の名無し:2005/04/14(木) 17:02:58 ID:+jDncW2g
南京地区における戦争被害
1937年12月―1938年3月
都市および農村調査

1市部調査
T 人口
南京市の戦前の人口はちょうど100万であったが、爆撃が繰り返され、後には南京攻撃が近づいて中国政府機関が全部疎開したためにかなり減少した。 市の陥落当時(12月12日〜13日)の人口は20万から25万であった。

(日中戦争史資料集9 南京事件U 英文関係資料編P219・いわゆるスマイス調査)

821 :日出づる処の名無し:2005/04/14(木) 17:03:13 ID:SdmhNwk/
>>815

>報告書作成 1月15―24日
>郵送  1938年2月2日
>南京の状況---エスピー報告 1938年1月

>(略)それゆえ、日本軍が南京に入城したとき、実際には南京は無傷のままであった。
>住民の5分の4は逃げ去っていたが、残留した者の大部分は、南京安全区国際委員会が
>設定しようとした、いわゆる安全区に避難していた。

住民の5分の4は逃げ去っていた→残留人口約20万人

>(スマイス報告の前書き)

>1市部調査
>(略)市の陥落当時(12月12日〜13日)の人口は20万から25万であった。
>我々が3月に行った抽出調査で報告された人員を50倍すれば、
>すぐさま市部調査で表示されている22万1150人という人口数が得られる。
>この数は当時の住民総数のおそらく80ないし90%を表したものであろうし、

陥落時の人口は20万から25万
3月時の人口は(22万1150人が80〜90%であるので)24.5万から27.6万
とスマイス報告で断言。

822 :恵也 ◆1BgPjyxSE. :2005/04/14(木) 17:04:11 ID:SsgRynYc
>>799
>そのソースのどこに便衣兵が投降したと書いてあるんだ?

南京虐殺でいう便衣兵とは、兵隊が逃げる為に制服をぬいだ敗残兵。
戦ってもいないし、戦う気もない兵は捕まるだけの弱い存在。
保護すべきその連中を殺したのが、残念だが当時の日本軍。

823 :日出づる処の名無し:2005/04/14(木) 17:05:05 ID:+jDncW2g
>>822
>南京虐殺でいう便衣兵とは、兵隊が逃げる為に制服をぬいだ敗残兵。
オレ定義はいいから
ソース
逃げたら投降じゃないじゃん(笑

824 :日出づる処の名無し:2005/04/14(木) 17:08:09 ID:+jDncW2g
南京の金陵女子大学に、避難民救助委員会の外国人委員として残留しているアメリカ人教授たちは、
逃亡中の大佐一味とその部下の将校を匿っていたことを発見し、心底から当惑した。実のところ教授たちは、
この大佐を避難民キャンプで2番目に権力ある地位につけていたのである。
この将校たちは、支那軍が南京から退却する際に軍服を脱ぎ捨て、それから女子大の建物に住んでいて発見された。
彼らは大学の建物の中に、ライフル6丁とピストル5丁、砲台からはずした機関銃一丁に、弾薬をも隠していたが、それを日本軍の捜索隊に発見されて、自分たちのもであると自白した。
この元将校たちは、南京で掠奪した事と、ある晩などは避難民キャンプから少女たちを暗闇に引きずり込んで、その翌日には日本兵が襲ったふうにしたことを、
アメリカ人や外の外国人たちのいる前で自白した。この元将校たちは戒厳令に照らして罰せられるだろう
(1938年1月3日上海発『ニューヨーク・タイムズ』)

まぁ流石のアホコテの定義でもこいつらは保護すべき相手には入らんだろうが

825 :恵也 ◆1BgPjyxSE. :2005/04/14(木) 17:08:29 ID:SsgRynYc
>>799
>捏造がばれて恥ずかしいから潰れたんだよw

潰れた訳じゃない、チャンと存在してる。
http://www.bekkoame.jp/

826 :日出づる処の名無し:2005/04/14(木) 17:10:56 ID:SdmhNwk/
兵隊が逃げる為に制服をぬい・・・・・じゃいけないんですよ。
この時点で捕虜資格を失うんじゃなかったっけ?

827 :日出づる処の名無し:2005/04/14(木) 17:14:29 ID:+jDncW2g
「1月9日朝、安全区内の池で日本軍将校1名と兵士1名が哀れな市民服姿の兵士を処刑しているのを見た」
(中略)
「日本軍の行う合法的な処刑について、我々に講義する権利などはない」
(『南京安全区の記録』)

南京安全地帯国際委員会も、「市民服の兵士」という義務(この場合は兵士であるとわかる徽章等着用)を果たさなかった兵士を日本軍が合法的に処刑するのは仕方無い、としているな

828 :鳥取県推進委員会 ◆AjRMxc8IVg :2005/04/14(木) 17:15:01 ID:VfnQAcAw
>>826
失います。

829 :日出づる処の名無し:2005/04/14(木) 17:21:38 ID:d24w0Nl3
>>826
捕虜の資格を失うだけではなく、そんな戦法を取られたら
一般市民と戦闘員の区別がつかなくなって、
一般市民に被害が及ぶから、国際法で禁止しているわけ。


830 :恵也 ◆1BgPjyxSE. :2005/04/14(木) 17:23:17 ID:SsgRynYc
>>805
>この脳無しは、伝聞だけで書かれた日記を証拠にするのかw

ラーベの日記は伝聞じゃないよ。
当時では、日本軍の次に情報が集まったエライサンだ。
なんといっても、ナチス党員としてプライドを持ちヒットラーを尊敬
してた勇者ではある。

あなたには逆立ちしても無理な仕事だろう。
そんな人の日記には、第一級の価値がある。

>シンドラーとは比較にならぬほどの義人―それが私の率直な感想
・だが、その当否は別として行間から伝わってくる存在感と迫力に
・圧倒される思いを抱いた人は少なくないはずだ。
http://www.geocities.jp/yu77799/rabe.html

831 :日出づる処の名無し:2005/04/14(木) 17:25:06 ID:+jDncW2g
>>830
そうだね。ラーベ日記によれば人口は二十万だものね(笑

832 :ヌルハチ:2005/04/14(木) 17:26:21 ID:LRFQvGPQ
今テレビでドイツのシュレーダーの話やってるぜ。「自らの過去と冷静に向き合わない限り
日本は隣国の信頼を得られないし、リーダーにもなれない」とよ。

833 :日出づる処の名無し:2005/04/14(木) 17:27:36 ID:+jDncW2g
「中国の将校が隠れていた!
報道によると、高級将校が外国大使館に隠れていた。十二月二十八日に安全区で摘発、高級将校二十三名、初級将校五十四名、下士官、兵一千四百九十八名。
南京保安隊長は難民区四区の工作を指導、八八師副師長馬宝山中将と警察局高官もいた。馬将軍は反日感情と動乱を扇動、王新堯保安隊長は部下三名と掠奪強姦、市民に対する脅迫をしていた。
また発見された武器は、大砲一基、チェコ製マシンガン二十一丁、ライフル五十丁、手榴弾七千発などである」
(The Good man of Nanking(ラーベ日記) 一七二−一七三頁・日本語訳版からは何故か削除されていた部分)

ラーベ日記の第一級の価値を、政治的意図から誤魔化しにはしった出版社に抗議すべきだね(笑

834 :ヌルハチ:2005/04/14(木) 17:29:39 ID:LRFQvGPQ
>831

これでも読め。

http://www.geocities.jp/yu77799/rabe.html

勉強しな。

835 :日出づる処の名無し:2005/04/14(木) 17:30:19 ID:vm9LcChs
反日騒擾の動機:粗暴な中国の国連改革妨害

 温家宝中国首相が南アジア訪問で見せた人懐こさと、
北東アジアの隣人日本に対して中国が示した振る舞いは、際立った対照をなしている。
先週末生じた反日デモは、韓国で起きた同様のデモと共に、
この地域で将来発生するであろう緊張を警告しているだけではない。
これらは世界全体の統治と国連機構のありかたに深い意味を持っている。
 中国のデモは民衆の手によるものであることは間違いないが、
当局の黙認のもとに行われたことは疑いがない。
昔からある、日本の中国占領の記述をめぐる教科書問題は単なる口実であり、
今回の騒乱のおもな引き金は、日本の国連常任理事国の座への取組である。
 学生が国内の不正に対する怒りのはけ口を、当局でなく外国人に向けるというのは、
常に憂慮すべき兆候であり、自らの失政から目をそらさせるために
国粋主義的感情を煽り立てにつながっていくのである。
日本の過去の罪について謝罪を求めるという行為は、極めて選択的に行われている。
 日本が人々が望むほど懺悔していないのは事実であるし、
いくらかの戦犯が祭られている靖国神社への首相の参拝は、下手な外交ではある。
しかし、例えば、
非常に多くの英国の教科書は、阿片戦争や夏宮の破壊について中国の見方を一顧だにしていない。
同じように米国の教科書はフィリピンの「文明化」統治中に発生した虐殺を無視している。
エリザベス二世はアムリッツァールの虐殺をインド人に謝罪していないし、
大英帝国が行った血にまみれた搾取を記念する銅像はロンドン中いくらでもある。
また、北京政府が忘れたがっている事実として、中国と韓国以外のアジアでは、
日本帝国主義は欧米帝国主義の終末を早めるものとして歓迎されていたということがある。
 日本をさらに土下座させたがっている韓国について言えば、
経済発展の奇跡を実現したとして幅広い人気を集める朴正煕大統領が
満州国駐留の日本軍将校だったことを忘れたがっている。

ソース:ヘラルド・トリビューン(原文英語) 
http://www.iht.com/articles/2005/04/11/opinion/edbowring.html


836 :日出づる処の名無し:2005/04/14(木) 17:31:01 ID:+jDncW2g
>>834
ブラクラチェックの隠しスクリプトに引っかかったぞ

837 :日出づる処の名無し:2005/04/14(木) 17:31:48 ID:SdmhNwk/
ドイツが謝罪したのはアウシュビッツでありこれは
戦争犯罪ではない とよく言うね

838 :日出づる処の名無し:2005/04/14(木) 17:32:22 ID:d24w0Nl3
>>830
ラーベは

安全区に支那兵がなだれこんで、軍事施設まで作り軍事拠点にしたことについて、
「これではとても安全区とは呼べない。日本軍に攻撃の口実を与えてしまう。」
と嘆いているね。

それでも安全区を攻撃しなかった日本軍に対して感謝の言葉を述べているし。

安全区の避難民に食糧援助した事にも感謝の言葉を述べているし。

とても南京大虐殺などあったとは思えないね。

839 :日出づる処の名無し:2005/04/14(木) 17:33:39 ID:xFP9Kfyt
>>1
南京事件など無かった。
それには同意。しかし・・・

>前スレまでレス3000にいたるも下記の根拠は覆されませんでした。

これについては、>>1が挙げている根拠は散々概出だが・・・。

840 :ヌルハチ:2005/04/14(木) 17:35:26 ID:LRFQvGPQ
>838
はい、ラーべの感謝状

何に感謝してんだ?

841 :恵也 ◆1BgPjyxSE. :2005/04/14(木) 17:35:50 ID:SsgRynYc
>>829
>一般市民と戦闘員の区別がつかなくなって、
>一般市民に被害が及ぶから、国際法で禁止しているわけ。

その国際法はチョッとおかしい。
これは戦闘員の捕虜をドンドン殺してる南京戦では通用しない。
捕虜を保護してる状態でこそいえる、論理なんだよ。

>つまり掃討作戦において、捕虜を作らず皆殺しにせよという命令でした。
・これは佐々木支隊にかぎらず、それを統括する第16師団全体の方針でした。
・それについて師団長の中島今朝吾中将は「捕虜掃討」という項目で、日記
(12月13日)に次のように記しています。

・「だいたい捕虜はせぬ方針なれば、片端よりこれを片づくることとなしたる
「半月城 南京虐殺60周年(5),捕虜の処置より」

842 :日出づる処の名無し:2005/04/14(木) 17:36:14 ID:+jDncW2g
「警察庁長王固盤は南京には中国人がまだ20万人住んでいると繰り返した。」
(ラーベ日記11月28日)
「安全区の20万もの人々の食糧事情はだんだん厳しくなってきた。米はあと1週間しか持たない。」
(ラーベ日記12月26日)
「難民の数は今や25万人と見積もられている。増えた5万人は廃墟になった所に住んでいた人たちだ。」
(ラーベ日記1月17日)

ラーベ日記を盲信するくせに、これらを信じない恵也はじめとする肯定派のダブスタぶりにまず説明を求める(笑

843 :日出づる処の名無し:2005/04/14(木) 17:36:32 ID:d24w0Nl3
>>834
ラーベは虐殺現場を一件も目撃していません。
安全区委員会のメンバーのだれもが一件も目撃しておりません。

ただ一人、マギー牧師が、合法的処刑を一件だけ目撃したに過ぎません。


844 :日出づる処の名無し:2005/04/14(木) 17:37:08 ID:+jDncW2g
>>841
また捕虜と便衣兵をごっちゃにする
ループさせたいのか本気で区別がつかないのかどっち?

845 :日出づる処の名無し:2005/04/14(木) 17:37:09 ID:d24w0Nl3
>>840
日本軍が安全区を攻撃しなかった事に対してですけど?

846 :日出づる処の名無し:2005/04/14(木) 17:39:53 ID:nRKv0rPM



【新疆ウイグル】「中国政府は宗教弾圧続けている」人権団体が報告 平和的宗教活動も拷問や処刑[04/13]
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1113353903/

33 名前:印象報道ハン記者。[sage] 投稿日:2005/04/13(水) 16:14:08 ID:XHf7cf+l
昨日クラインさんの日記(HP)に公開処刑の写真を掲載したHP
へのリンクが張ってあったので、覗いてみたが・・・

小6位の女の子を、後頭部の至近距離から撃ち殺す様子が、順を
追って掲載されてました、グロいけど、それが今の現実なんだろ
と思うと、マジ鬱になるよ。

ちなみにお子さまや心臓の悪い人は見ない方が良いかも、
さすがに自分も、胸くそ悪くなった。


URLはあえて貼りません。それでも見たい人は検索して下さい。無論、自己責任でお願いします。



847 :日出づる処の名無し:2005/04/14(木) 17:40:34 ID:d24w0Nl3
>>841

南京戦の四カ月前の八月五日、陸軍次官は「交戦法規ノ適用二関スル件」
という通牒を出し、戦闘の惨害を軽減するためにも「交戦規則(国際法)を
努めて尊重し降伏を申し出てきた敵兵を殺害するな」と命じている。
この通牒を踏まえて上海派遣軍第十三師団司令部は十月九日、
「戦闘に関する教示」という訓令を出し、
「多数の倖虜が出た場合は射殺せずに集結監視した上、司令部に報告すること。
一方、捕虜が少数ならば適宜処置すること」を命じた。 

848 :日出づる処の名無し:2005/04/14(木) 17:42:02 ID:d24w0Nl3
この訓令を出した日、上海派遣軍の飯沼参謀長は各師団の参謀長を集めて
「彼等(中国政府)は日本軍に捕われば殺されると宣伝しあり、之を是正する」
よう命じている。つまり、この「訓令」の目的は「日本軍に捕らわれれば殺される」
という中国軍の宣伝を是正することにあった。
是正するためにも「日本軍に捕まっても殺されない」という事実を
中国兵に知らせる必要がある

こうした文脈から考えれば、「捕虜の適宜処置」を単純に「捕虜処刑」と
解釈することはできない。むしろ「適宜釈放」を意味したと考える方が妥当である。
実際、第十三師団の山田栴二歩兵第百三旅団長は捕虜を釈放しようとした
(ただし捕虜の暴動が起こったため鎮圧を余儀なくされた)


849 :日出づる処の名無し:2005/04/14(木) 17:43:27 ID:d24w0Nl3
「捕虜をすべて殺害せよ」とする公式文書は存在しない上、
公式文書にそれとは逆のことを明示している以上、
「日本軍は初めから捕虜を殺害する方針だった」
との非難は全く成り立たない。 

850 :恵也 ◆1BgPjyxSE. :2005/04/14(木) 17:44:11 ID:SsgRynYc
>>808
>その写真が無いということは…

いっぱいあるよ。
ド素人の方が、捏造だとほざいてるだけの話。

>この写真を「ニセ写真」と断定する論拠
http://www.nextftp.com/tarari/Matsuo/zanshu_hen.htm

>ベイツを「中華民国政府顧問」という肩書き付きで紹介している
・のは、私の知る限り、東中野氏が発見したというこの記事のみです。
http://www.geocities.jp/yu77799/bates1.html

851 :ヌルハチ:2005/04/14(木) 17:44:49 ID:LRFQvGPQ
 「人口の掌握が必要」であるからといって「実際に人口を掌握を行えた」ということには全くならないこと(なお国際委員会が「20万人」に対して「食糧供与」を行った事実はありません)等、問題山積みの文章です

http://www.geocities.jp/yu77799/tian.html

852 :日出づる処の名無し:2005/04/14(木) 17:44:57 ID:SdmhNwk/
>捕虜はせぬ方針なれば、
一旦捕虜として採ってるじゃん?
そんで食い物が無いって困ってんだろ?

853 :日出づる処の名無し:2005/04/14(木) 17:49:55 ID:xFP9Kfyt
>850 :恵也 ◆1BgPjyxSE. :2005/04/14(木) 17:44:11 ID:SsgRynYc

↑これまでに散々と論破されて来たことを知らないのかね?
なにをどうあがいても無駄なのに・・・w

854 :鳥取県推進委員会 ◆AjRMxc8IVg :2005/04/14(木) 17:53:41 ID:VfnQAcAw
捕虜を殺すこと自体が犯罪行為。
反動の屁理屈は通用しない。

855 :日出づる処の名無し:2005/04/14(木) 17:54:13 ID:SdmhNwk/
>>851
「5万人増加」は俺も否定するが
スマイス報告の陥落時の人口は20万から25万で3月時の人口は25万から27.6万
松井大将のインタビューで1日に数百人帰って来るそうだ
ということから微増であったと思う(少なくとも市民大虐殺などない)
いったいそのリンク先のひとは何が言いたいんだろう?

856 :日出づる処の名無し:2005/04/14(木) 17:58:19 ID:SdmhNwk/
>>854 正規捕虜を処刑するのは犯罪行為ですよ
支那軍側もやってたとするならそれも含めてどう名称付けすべきか?

857 :日出づる処の名無し:2005/04/14(木) 18:04:40 ID:vlrI+Owc
>>854

南京事件と戦時国際法
http://www.kokusairinri.org/database/21.html
http://www.kokusairinri.org/database/22.html


858 :日出づる処の名無し:2005/04/14(木) 18:05:45 ID:d24w0Nl3
指揮官が逃亡し、軍服を脱いで市民を盾にした兵士に

捕虜の資格など無い。

859 :日出づる処の名無し:2005/04/14(木) 18:08:14 ID:d24w0Nl3
大体、支那軍は最初から国際法を無視した戦法をとっている。
国際法はお互いに批准した国同士で適用されるものであって、
相手が無視しているのに、こっちが国際法を守らなければならない等という事は無い。
それでも日本軍は最大限に国際法を遵守しているのだ。

「南京城の攻略及び入城に関する注意事項」
一、日本軍が外国の首都に入城するのは有史以来のことで世界が注目する大事件なので、将来の模範となるような心組をもって、各部隊が乱入して同士討ちをしたり、不法行為をすることがないようにすること。 
二、部隊の軍紀・風紀を特に厳粛にし、苟も名誉をけがすがごとき行為は絶対にないようにせよ。 
三、外国権益及び外交機関には絶対に接近しないこと。また、国際委員会が設定した安全区には必要のある場合を除いて立ち入りを禁じ、必要地点に歩哨を配置する。 
四、外国権益の位置を徹底し絶対に過誤がないようにせよ。 
五、掠奪行為や不注意による失火は厳罰に処する。軍隊と同時に多数の憲兵補助憲兵を入城せしめ不法行為を摘発せしめる。  





860 :日出づる処の名無し:2005/04/14(木) 18:09:21 ID:Q0zmWP8I
大体戦争は殺し合いだしか思ってない輩がこういう大事件
考えだしたんじゃないの?
負けそうになったら敵はみんな計画的に逃げちゃうんだよ


861 :日出づる処の名無し:2005/04/14(木) 18:11:22 ID:m1G02LJA
>>853
「3秒経てば忘れる」「自分に都合の悪いことは即座に忘れる」
それが恵也。騙されてはいけません。

862 :恵也 ◆1BgPjyxSE. :2005/04/14(木) 18:12:53 ID:SsgRynYc
>>814
>捕虜とわれわれとの間に自然に親近感が芽生え、捕虜殺害など
>とんでもない話である。

でもね、田中正明氏のインタビューじゃね・・・・・
同じ連隊の方で別の証言もしておられるぜ。

>而し到着した時には小銃中隊にて三百十名位 の敵の武装解除を
・やり待って居たとの事、早速行って全部銃殺して帰って来た。
http://members.at.infoseek.co.jp/NankingMassacre/butaibetu/16D/19ryo.html#kt

>「偕行」編集部の記述を見ると、田中氏がいかにいいかげんな
・「印象操作」を行っているか、はっきりとわかります。
http://www.geocities.jp/yu77799/kaikou.html

863 :日出づる処の名無し:2005/04/14(木) 18:13:59 ID:m1G02LJA
>>862
でも自分に都合のいい証言は全面的に信じるんだよねw
さすが恵也さま。その潔さにあこがれますwwwwwwwwwwww

864 :日出づる処の名無し:2005/04/14(木) 18:18:28 ID:Wvw8c5ct
>>808
恵也
お前、他にも沢山知らないことがあるだろ。
ほれ
http://www.laterra-net.co.jp/citymap/chn/4234.htm
長江大橋の下を見ろ。そこが獅子山だ。揚子江とは1Km位しか離れてない。
8Km下流とは北東に8Kmだ。
ありえないだろ。
赤星証言は捏造。

ついでに他の嘘も認めて謝っちまえ。

865 :日出づる処の名無し:2005/04/14(木) 18:20:37 ID:m1G02LJA
>>864
>ついでに他の嘘も認めて謝っちまえ。
恵也がそんなマトモなことするわけないじゃんwww
今まで自分に都合の悪いレスを全て無視してきたのをいいことに、「僕は論破されてないし嘘もついていない!」とか言い出す可能性は十分に有りうるけどなw

866 :恵也 ◆1BgPjyxSE. :2005/04/14(木) 18:24:25 ID:SsgRynYc
>>816
>東京裁判のように審理内容がでたらめでなく誰でも納得する
>ちゃんとしたものであるなら

あなたは東京裁判での証言を、ジカに読んだ事があるのかい?
くれぐれも田中正明氏みたいな方のだけじゃなく、自分で見なさい。

>中国人で私自身の家から連出され射殺された者もあります。
・私の隣人の家では彼等の妻が強姦されたので、二人の男が驚いて起
・きました所、私の家の庭の角にある池の先きで二人とも射殺されました。
http://members.at.infoseek.co.jp/NankingMassacre/mondai/simin/simin_a1.html#ts-bates01


867 :日出づる処の名無し:2005/04/14(木) 18:25:11 ID:Wvw8c5ct
>>809
なんども同じことを言わせるなよ。

国際法の専門家である佐藤和男教授は国際法学会でのやり取りも踏まえ
次のように指摘する。

 《第11条の規定は、日本政府による「刑の執行の停止」を阻止することを
狙ったものに過ぎず、それ以上の何ものでもなかった。日本政府は第11条の
故に講和成立後も、東京裁判の「判決」中の「判決理由」の部分に示された
いわゆる東京裁判史観(日本悪玉史観)の正当性を認め続けるべき義務があ
るという一部の人々の主張には、まったく根拠がない。》

世界に通用しまくるよ。
スレでも世界中の意見が出てるだろうが。

868 :日出づる処の名無し:2005/04/14(木) 18:27:08 ID:Wvw8c5ct
>>866
お前、東京裁判に偽証罪がないことや証拠・証言の検証もないことを知らないのか?
そんな裁判の証言や証拠がなんの役に立つ。

869 :日出づる処の名無し:2005/04/14(木) 18:29:00 ID:m1G02LJA
>>868
自分に都合のいいものは、たとえどんなものであっても全面的に肯定&信用する。
それが恵也クオリティ

870 :恵也 ◆1BgPjyxSE. :2005/04/14(木) 18:32:05 ID:SsgRynYc
>>821
>陥落時の人口は20万から25万
>3月時の人口は(22万1150人が80〜90%であるので)24.5万から27.6万
>とスマイス報告で断言。

あんたね、スマシス博士は3月時点で調査してるの。
3月時点の数字以外は、スマイス博士らの認識というか、山勘に過ぎないの
陥落時の人口なんて、出入りが激しく大混乱で神様にしかわからんもの
エライサンの言葉というだけで信用してしまう”幼稚園児並みの知能”

871 :日出づる処の名無し:2005/04/14(木) 18:35:10 ID:m1G02LJA
>>870
>陥落時の人口なんて、出入りが激しく大混乱で神様にしかわからんもの
それはとっくのとっくの昔に論破されてる。まあお前は例によって逃げたけどな。
3秒で忘れる脳味噌も結構だが、過去ログぐらい読め。

>スマイス博士らの認識というか、山勘に過ぎないの
はいソースちょうだい。言ってもムダだと思うけど、逃げないでね(苦笑

872 :日出づる処の名無し:2005/04/14(木) 18:35:35 ID:Wvw8c5ct
>>815
>>1・南京陥落時人口70万人説 → 根拠なし 論破済み

>ダイタイ俺が論破してる筈だが、理解力ないね。
>こんなHPではあなたの頭には、文章さえ理解出来ないかも。

お前がどこで誰を論破したんだよwwwwwwwwww!
南京陥落時70万人説の根拠さえ出せないだろうがwwwwww
安全区外に人がほとんどいないことは証明済み。
論破されてんのはお前www

支那軍の大将は背水の陣と言いながら川を渡って逃げちまっただろうが。

873 :恵也 ◆1BgPjyxSE. :2005/04/14(木) 18:36:18 ID:SsgRynYc
>>824
>アホコテの定義でもこいつらは保護すべき相手には入らんだろうが

この東中野教授の話は板倉由明氏からさえ、疑問視された話。
避難民同士のチクリアイで、日本軍に殺された元南京警察の刑事さんが
王さんのようだぜ。

>日本軍の悪評を消すための絶好の宣伝記事だから、大々的に公表し、
・新聞に書かせるだろう。捕らえたのがどの部隊かも明らかでなく、
・第十六師団関係者、憲兵隊関係者の日記や証言に全く見当たらず、
・『東京日日』や『朝日』にも出ていない。
http://www.geocities.jp/yu77799/itakura2.html

>呉という人によれば、「王」は元、南京警察の刑事であったという。
http://otd2.jbbs.livedoor.jp/mondou/bbs_plain?base=15503&range=1

874 :日出づる処の名無し:2005/04/14(木) 18:40:11 ID:m1G02LJA
>>815
>ダイタイ俺が論破してる筈だが
え?どこでお前が論破したって?
お前が論破されまくってることと逃げまくってることは知ってるが、お前が論破したところなど一度も見たことはないなあ。
論破したところの過去ログ見せてくんない?

875 :日出づる処の名無し:2005/04/14(木) 18:40:15 ID:JqlK6EM4
>>873
何こいつ?ニューヨークタイムズってソース元が出てるのに全く関係ない話してるよ
そこまでして自分が論破されたこと認めたくないんだ(藁

876 :恵也 ◆1BgPjyxSE. :2005/04/14(木) 18:46:04 ID:SsgRynYc
>>827
>南京安全地帯国際委員会も、「市民服の兵士」という義務(この場合
>は兵士であるとわかる徽章等着用)を果たさなかった兵士を日本軍が
>合法的に処刑するのは仕方無い、としているな

合法的な処刑であればなんだよ。
裁判を行い死刑の判決が出れば、抗議できないという意味。
裁判も行わず、池に追い込み射殺する事を認めた文章じゃない。

あなたは文章の理解力が不足してる。

>この処刑が、合法的な死刑執行かどうかは実は分からない。
・引用部分は、もしそうなら、という仮定の前文で、主文は「そうだと
・しても・・・」池の中での射殺は困るという抗議で、処刑を合法と
・認めたものではない。
http://www.geocities.jp/yu77799/itakura2.html


877 :日出づる処の名無し:2005/04/14(木) 18:51:25 ID:Wvw8c5ct
>>873
何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も言うけど
自分の提示するソースはよく読め! このヴォケ!

>*ゆう注 板倉氏は触れていませんが(気が付かなかった?)、この事件
>は、外国人には「王新倫事件」として知られていました。

って欄外に書いてあるだろうが! 
わずか数Cm下でも都合の悪いことは目に入らねえのか!
お前は遠近両用メガネでも使ってんのか!
動くものしか目に入らないのか!白黒の視界なのか!
温度差で感知してんのか!
それともわざとか!
なんとかいえ!

878 :日出づる処の名無し:2005/04/14(木) 18:57:55 ID:vm9LcChs
過去にはこだわらない 歴史問題で豪首相
ttp://www.sankei.co.jp/news/050414/kok067.htm

 オーストラリアのハワード首相は14日、日本人と中国人の記者団との会見
で、第2次大戦をめぐる日本の歴史問題について「歴史は否定できないが、歴
史に支配されて現在と将来についてまひするべきではない」とし、過去にこだ
わらない姿勢を強調した。

 首相は「起きたことはよく知っているし、戦争で苦しんだわが国の人たちの
感情も理解している」とする一方で、「私は未来を見ている人間だ。60年が
たち、日本は非常に貴重な友人になった」とも述べた。

 さらに「われわれは(日中)両国と良好な関係にあるが、互いの関係をどう
するべきかを他の国に言うつもりはない」と語り、18日からの日中歴訪の際
に両国の仲介役を務める意思がないことを明らかにした。(共同)

えなりはハワードさんにぶん殴られて来い

879 :恵也 ◆1BgPjyxSE. :2005/04/14(木) 19:02:10 ID:SsgRynYc
>>833
>ラーベ日記の第一級の価値を、政治的意図から誤魔化しにはしった
>出版社に抗議すべきだね(笑

詳しく読むと内容がずいぶん違う。
東中野教授の都合のいい部分だけの、翻訳だね。

>我々は、防空壕に隣接するという大使館の特定を求めたが、スポーク
・スマンは、自分にはそれを言う権限がないと思う、と言うのみだった
・彼はまた、アメリカ公使館から誰かが発見されたのかどうか、という
・質問を避けた
http://www.geocities.jp/yu77799/higasinakano127.html

880 :日出づる処の名無し:2005/04/14(木) 19:03:39 ID:JqlK6EM4
>>879
都合のいい部分だけの翻訳ねぇ
翻訳以前に意図的に本から削除されてたんだが
つまり虐殺派に都合が悪いから訳から削除したと認めるわけね

881 :日出づる処の名無し:2005/04/14(木) 19:08:49 ID:Wvw8c5ct
恵也
>>822
便衣兵は煮て食おうが焼いて食おうが当時の国際法じゃ違反にならない。

>>825
そりゃ、ベッコウアメ本体だろうが。HPは潰れたんだよw

>>830
ラーベの日記は伝聞じゃないと言うだけで、またまた何の根拠もないな。

獅子山を教えてもらったお礼はどうした?
嘘ついたことは謝れよ。

882 :日出づる処の名無し:2005/04/14(木) 19:09:59 ID:WUmMnNbR
流れを切って申し訳ない。
このネタ初心者のDQNなんだが、教えて偉い人。
何か色々調べて見たのだけど、俺は頭悪いのでどうにも分からない。
自分は肯定派でも否定派でもなく、分からない派。

昔から「南京大虐殺はあった」と言うのが普通の認識だとして育ってきて
最近になって、それはなかった、とか言われてる。
中国側が事を大袈裟に言ったり、捏造したりしてる部分はあるだろうし
資料が嘘だらけっていうのも分かる。

ただ「なかった」と言ってる方の弁を読むと、右翼的な極端な論調のものが多くて
どうにも、そちらも今ひとつ信用しにくいんだ。
あまりにも「日本に罪はない」と言い過ぎって言うか…
当時の日本軍がしたその他の事を思うと、
やっててもおかしくないと言う感情が拭えないんだよなあ。

何より、全くなかったことを「あった」事にするのって
難しいんじゃないかって事が一番気になる。
信憑性の高い歴史研究家なんかの本とかで、オススメとかあれば是非教えて欲しいです。
左寄りの人が書いたものなら、納得しやすいのだけどなぁ。


883 :日出づる処の名無し:2005/04/14(木) 19:18:35 ID:Wvw8c5ct
>>850
東中野が写真の素人としてもお前の勧めるタラリは写真のプロなのか?

>>862
「南京大虐殺の証明」洞富雄著 じゃ証拠にならねんだよ。
奴の捏造癖の悪さはちょっと前にも誰かが晒してたろうが。

884 :日出づる処の名無し:2005/04/14(木) 19:28:00 ID:Wvw8c5ct
>>882
そりゃ、日本軍が悪かったって洗脳されてんだよ。
全く悪事を働かなかったとは言わないが極少数だ。
兵站がいい加減だったせいで組織的な徴用も後期にはあったが
それ以上の悪いことはデマが多い。
(徴用≠略奪)
民間人を虐殺したなんてありえない話だ。
当時の全世界の軍隊と比べてもトップレベルの規律正しさだと思うぞ。

時間があるならスレを一からじっくり読んでリンクにも当たってみな。

885 :日出づる処の名無し:2005/04/14(木) 20:02:52 ID:m1G02LJA
>>882
きみ、このスレの新人?
だったら恵也ってやつには騙されないように気をつけてね→>>23

886 :日出づる処の名無し:2005/04/14(木) 20:04:03 ID:BGn5upxF
中途半端に事実が残ってたら摺り合わせ考証がたいへんだろ。
むしろゼロから創った方がてっとり早いよ。

887 :日出づる処の名無し:2005/04/14(木) 20:19:38 ID:GzURKI4J
>>882
>何より、全くなかったことを「あった」事にするのって
>難しいんじゃないかって事が一番気になる。

きちんと反論できればそうだけど、当時の日本は反論できなかったから
脳内ソースの垂れ流しで「事実」にされただけ。


888 :恵也 ◆1BgPjyxSE. :2005/04/14(木) 20:32:25 ID:SsgRynYc
日本の兵隊にも、いろんな部隊があったようだ。
俺も当時行ってたら、出来たらこんな部隊に当たりたいものだ。
でも当たらなかったら、個人では抵抗は出来んかもな!!

>一月二十日頃、別の分遣隊が到着して棲霞山鉄道駅の警備を交替
・しました。新手の兵隊を統率している中尉はよい人です。

・この人がきてから事態はずっとよくなりました。彼は寺にも警備兵
・を一人つけましたので、女や略奪品をもとめて他のところからここ
・へやってくる日本兵を締め出すのに大いに役立ちました
http://www.geocities.jp/yu77799/kokusaiiinkai.html##seikasan

889 :恵也 ◆1BgPjyxSE. :2005/04/14(木) 20:36:51 ID:SsgRynYc
>>844
>また捕虜と便衣兵をごっちゃにする

南京虐殺時は、捕虜はいても便衣兵はいなかったんだよ。
日本軍に攻撃できなかったんだから。
分からないかね??

890 :日出づる処の名無し:2005/04/14(木) 20:41:33 ID:Wvw8c5ct
恵也
お前、よく厚顔無恥なスルーが出来るね。
獅子山を教えてもらった礼はどうした?
嘘ついたことに対する謝罪はどうした?

お前はコルサコフ症の疑いがあるな。
>1887年にコルサコフが報告した記憶力の低下や作話症などの症状を
>示す精神病はコルサコフ症と呼ばれた。
http://www.naoru.com/vitamin.b1

ビタミンB1を取ったらどうだ?

891 :日出づる処の名無し:2005/04/14(木) 20:45:52 ID:+fAB1rf1
>>889
ソース
便衣兵がいて摘発されたというのはお前が大好きなラーベ日記やニューヨークタイムズなどでも証明されているが?

892 :日出づる処の名無し:2005/04/14(木) 20:46:27 ID:7YdSX9tM
>昔から「南京大虐殺はあった」と言うのが普通の認識だとして育ってきて

の南京大虐殺って勝った日本軍が一般市民を
大虐殺してしまったって思ってるんじゃない?

そこんとこ教えて



893 :恵也 ◆1BgPjyxSE. :2005/04/14(木) 20:52:15 ID:SsgRynYc
>>848
>実際、第十三師団の山田栴二歩兵第百三旅団長は捕虜を釈放しようとした
>(ただし捕虜の暴動が起こったため鎮圧を余儀なくされた)

これはデマのようだぜ。
最初から殺すつもりで殺して、あとで適当に自衛発砲説を言い出した感じだ
発言者自身の言葉を分析したHPがありました。
まあ、プロの分析だな。

>私は職業上、体験の聞き取りの豊富な経験があり、述べられたこと
・が真実か、虚偽かは予備知識なしにでもかなり正確に言い切れる
・自信があるからである。
http://www.nextftp.com/tarari/hirabayashi1.htm

894 :恵也 ◆1BgPjyxSE. :2005/04/14(木) 20:57:58 ID:SsgRynYc
>>849
>「捕虜をすべて殺害せよ」とする公式文書は存在しない上、

都合の悪い公式文書は、俺だって残さんよ。
残すのはバカ正直者といい、使い物にナラン人間。
重要なのは結果を見ること、実行者の証言。

結果の出ない公式文書は、屁みたいな物だ。
アリバイにも何にもナラン。
偽物の通信簿みたいなもん。


895 :日出づる処の名無し:2005/04/14(木) 21:02:09 ID:Wvw8c5ct
>>893
そのソースはタラリの感想にすぎず、全く何の反証にもなっていない。


896 :恵也 ◆1BgPjyxSE. :2005/04/14(木) 21:06:03 ID:SsgRynYc
>>852
>一旦捕虜として採ってるじゃん?

多勢だったら、いったん捕虜に取らないと能率が悪いじゃん。
手を上げて出てきたからと、その時殺してたら他の捕虜になろうかと
思ってた連中が銃を持ち直して、死に物狂いの抵抗を始めるぜ。

だから人数が少なかったら即殺すが、多勢だと武装解除して抵抗出来
なくしてから縛って、まとめて射殺してたんだよ。

>栗原さんによると、捕虜を殺したのは、十二月十七日から十八日の
・夜で、昼過ぎから、捕虜をジュズつなぎにし、収容所から約四キロ
・離れた揚子江岸に連行した。
 
・一万人を超える人数のため、全員がそろった時は、もう日が暮れ
・かかっていた
http://members.at.infoseek.co.jp/NankingMassacre/butaibetu/yamada/kurihara.html

897 :日出づる処の名無し:2005/04/14(木) 21:10:56 ID:+fAB1rf1
>>894
ありゃ!決定的史料がないと認めちゃったよ(爆笑

898 :Hi-Sa-Me ◆HiSaMeAei2 :2005/04/14(木) 21:19:06 ID:nXTJeSix
>>894
だから捏造どっさりの資料をもってくるのか!!


っていわせたいのか?

899 :日出づる処の名無し:2005/04/14(木) 21:19:51 ID:LEB8glrj
物証無き証言だけって信憑性あるの?

900 :恵也 ◆1BgPjyxSE. :2005/04/14(木) 21:24:46 ID:SsgRynYc
>>858
>捕虜の資格など無い。

軍服を脱がなかった捕虜まで殺してて、良くいうよ。
殺される捕虜には俺だってなりたくない。
そんな資格は屁みたいな物。

中にはいい兵隊もいたようだが・・・・

>日本兵が一人ならず、戦争は嫌だ本国に帰還したいと私共に語り
・ました。日本大使館員が親切で、私共を救ひ出さうとしましたが、
・彼等は無力でありました。而して良心的な日本兵は極く少く、
・全然有るか無いかです。
http://members.at.infoseek.co.jp/NankingMassacre/sougou/maccallum.html

901 :日出づる処の名無し:2005/04/14(木) 21:28:50 ID:+fAB1rf1
>>950
悉く反論反証されて再反証反論をスルーしてる分際でしつっこいな(藁
だからとっととソース出せ。スルーした話は全てお前が負けを認めて土下座したって扱いでいいな?

902 :日出づる処の名無し:2005/04/14(木) 21:30:03 ID:5Qnn4mhm
>>900
ところで。
お前捕虜捕虜言ってるが、
その前に捕虜って意味わかってるんか?

903 :日出づる処の名無し:2005/04/14(木) 21:40:44 ID:m1G02LJA
>>899
あるわけないだろw

904 :日出づる処の名無し:2005/04/14(木) 21:43:54 ID:m1G02LJA
              ∩
             | |
             | |
             | |
             | |
       ∧_∧  | |    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      ( ´Д`)//  < 先生!ソースを要求するとすぐ逃げる恵也君をしかって!
      /     /    \___________
     / /|    /
  __| | .|    | __
  \   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   \
  ||\            \
  ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄
  ||  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||
     .||              ||


905 :恵也 ◆1BgPjyxSE. :2005/04/14(木) 21:49:56 ID:SsgRynYc
>>864
>長江大橋の下を見ろ。そこが獅子山だ。揚子江とは1Km位しか離れてない。

有難う、確認できた。
長江大橋近くに出て、遺体の大軍を見たわけだ。
初めて来た南京で揚子江に出て、そこから上流に6kmのところの
下関で殺された遺体だと、又聞きで聞いたわけだよ。


実際には地図を見ると、2kmくらいだったんかな。
南京を良く知らない人なら、自然な話だと思うが・・・・
あなたも初めていった場所なら、人に6km先だと教えてもらえば
スンナリ信用すると思うが、イチイチ地図で確認するかい?

>このことについて私が聞いたのは、次のようなことであった。
・前日、南京城を撤退した何万人にのぼる中国軍と難民が、八キロ
・ほど先の揚子江流域の下関という港から、五十人乗りほどの渡し
・船にひしめきあい、向う岸へ逃げようとしていた。
http://www.geocities.jp/yu77799/souka.html


906 :日出づる処の名無し:2005/04/14(木) 21:56:01 ID:LEB8glrj
又聞きで聞いた物に信憑性はありますか?

907 :日出づる処の名無し:2005/04/14(木) 21:56:27 ID:5Qnn4mhm
>長江大橋近くに出て、遺体の大軍を見たわけだ。
>初めて来た南京で揚子江に出て、そこから上流に6kmのところの
>下関で殺された遺体だと、又聞きで聞いたわけだよ。


なんかずいぶん間接が多いな


908 :日出づる処の名無し:2005/04/14(木) 22:00:18 ID:Wvw8c5ct
>有難う、確認できた。
レスも4000に届こうかと言うところで初めて素直にいうこと聞いたな。
これについては以後不問にしよう。

地図の縮尺を間違ってみてるぞ。
さらに赤星証言は「8Km」だ。6Kmじゃない。
獅子山から降りて揚子江岸に着いたのなら下関との距離は
どう長く取ってみても3Kmだ。
どっちみち赤星証言は捏造。

まだ、嘘をついた謝罪が済んでないぞ。

909 :恵也 ◆1BgPjyxSE. :2005/04/14(木) 22:03:27 ID:SsgRynYc
>>867
>第11条の規定は、日本政府による「刑の執行の停止」を阻止することを
>狙ったものに過ぎず

それでは前文が完全に削除されるもの、なんで削除しないの?
前文が目的であって、この部分はその為の手段・アカシと見るのが自然な考え。
佐藤和男氏の間違い!

>日本国は、極東国際軍事裁判所・・・・の裁判を受諾し、且つ、
・日本国で拘禁されている日本国民に・・・執行するものとする
http://list.room.ne.jp/~lawtext/1952T005.html

910 :日出づる処の名無し:2005/04/14(木) 22:08:56 ID:Wvw8c5ct
>>909
アフォか。
後文だけならどこの判決か和からねぇだろが。

911 :日出づる処の名無し:2005/04/14(木) 22:09:34 ID:+fAB1rf1
また逃げた…
じゃ、恵也の土下座ってことで

912 :日出づる処の名無し:2005/04/14(木) 22:11:40 ID:Wvw8c5ct
梁鴻志氏は、のちに漢奸裁判にかけられて処刑されるが、その裁判の席上こう述べている。
 「綏靖軍(すいせいぐん・維新政府の軍隊)の成立は民国28年(昭和14
年)春で、兵士の大部分は投降兵から成り、応募者は僅少であった。4個師に
分けたが、1個師は僅か2、3千人であった」(益井康一著『漢奸裁判史』110ページ)。
 つまり、約1万人の綏靖軍は主として南京戦、武漢作戦における捕虜を起
用したというのである。
 のちに北京新民会首都指導部で活躍した劉啓雄少将も南京戦における捕虜
の一人である。

おいおい、ずいぶん釈放された捕虜がいるじゃねぇかw

913 :日出づる処の名無し:2005/04/14(木) 22:11:59 ID:5Qnn4mhm
トーシロが判決文を適当に読んで解釈するのは辞めてもらいたいんですが

914 :恵也 ◆1BgPjyxSE. :2005/04/14(木) 22:12:41 ID:SsgRynYc
>>868
>そんな裁判の証言や証拠がなんの役に立つ。

A級戦犯を処刑してケジメを付ける役に立ったし、南京虐殺を
当時の最高権力で調査する事が出来た。
この裁判がなければ、今の中国のチベット虐殺の噂みたいに噂の
段階でウヤムヤになってるだろう。

権力による強制で命をかけて、松井大将や谷中将の弁護ができたもの
結局有罪として死刑にされたけどね。
あなたの考えるような”理想的裁判”やってたら10年たっても終わらん
長期裁判は確定だろう。
麻原彰晃どころじゃないでしょう。


915 :恵也 ◆1BgPjyxSE. :2005/04/14(木) 22:18:54 ID:SsgRynYc
>>875
>ニューヨークタイムズってソース元が出てるのに全く関係ない話

新聞社じゃなく中の記事を判断しなさい。
南京は当時、外国の新聞記者は入れなくて上海からの電文。
それも日本軍の一方的な話だろ。
その後の続報もなかったというし、どこまで信用できるんだ?


916 :日出づる処の名無し:2005/04/14(木) 22:20:26 ID:Wvw8c5ct
>>914
じゃ、偽証罪がなくて、証拠・証言の検証がなしでも
時間短縮のためなら正当な法的手続きは要らないと
こういいたいのか?

917 :日出づる処の名無し:2005/04/14(木) 22:22:33 ID:Wvw8c5ct
>>915
お前は・・・あきれ果てるな。
自分で提示しているソースの「ゆう」とかいう奴も
その事件は認めてるんだぞ。
ちゃんとレス嫁よ。

918 :恵也 ◆1BgPjyxSE. :2005/04/14(木) 22:25:22 ID:SsgRynYc
>>910
>後文だけならどこの判決か和からねぇだろが。

それなら”判決を受諾し”じゃなく”判決の刑を執行する”だけだろ。
何で受諾がはいるんだ。
あなたは日本語の理解が出来てない!

919 :日出づる処の名無し:2005/04/14(木) 22:25:27 ID:5Qnn4mhm
>914

つまり偽証罪とか証拠証言の検証は近代裁判にはいらないというわけですね(w






920 :日出づる処の名無し:2005/04/14(木) 22:27:26 ID:+fAB1rf1
恵也 ◆1BgPjyxSEは負け犬

921 :日出づる処の名無し:2005/04/14(木) 22:28:09 ID:5Qnn4mhm
偽証罪・証拠証言の検証は裁判にいらない


とりあえず、事後法容認・罪刑法定主義否定の次の
えなり人権法律論に追加ヨロ

922 :日出づる処の名無し:2005/04/14(木) 22:32:41 ID:Wvw8c5ct
>>918
ただ刑を執行するだけなら何に基づいて執行するのかわからねぇだろが。
戦犯は国内法じゃ犯罪人じゃないんだよ。
それが証拠に巣鴨で選挙権を行使してる。
判決を受諾させなきゃ刑を執行させられないだろが。

お前、法律は全然無知なようだな。

923 :日出づる処の名無し:2005/04/14(木) 22:35:18 ID:m1G02LJA
なんでこのバカは都合の悪い大量の書き込みから逃げ続けているのに平然としていられるのだろう。
まったく神経が理解できない。

924 :日出づる処の名無し:2005/04/14(木) 22:36:00 ID:m1G02LJA
>>922
>お前、法律は全然無知なようだな。
法律だけじゃないよ。
「全てにおいて」でしょ?w

925 :日出づる処の名無し:2005/04/14(木) 22:37:50 ID:5Qnn4mhm
まあ、サヨクの本音っつーのがよく聞こえるスレだな。

926 :日出づる処の名無し:2005/04/14(木) 22:47:19 ID:Wvw8c5ct
恵也主張30万人大虐殺説 Ver 1.02

1・南京陥落時人口70万人説 → 根拠なし 論破済み
2・東京裁判史観 → デマ。論破済み
3・東日記 → 最高裁上告却下により捏造確定
4・曽根日記 → 新仮名遣いの日記w 捏造
5・大田証言 → 中帰連。捏造
6・崇善堂埋葬記録 → 「中華民国27年度南京市概況」により埋葬事実なし。捏造
7・大虐殺写真 → 全部捏造

恵也発言パターン

A・事後法容認
 A2・国際法における罪刑法定主義原則の否定
 A3・裁判において偽証罪・証拠証言の検証不要
B・反論大量スルー
C・妄想根拠
 C2・妄想根拠による誹謗中傷
D・虚言
E・無知
F・歪曲
G・選択的記憶喪失
H・謝罪拒否

こうですか?


927 :日出づる処の名無し:2005/04/14(木) 22:50:07 ID:m1G02LJA
>>926
そうです。

928 :日出づる処の名無し:2005/04/14(木) 22:55:47 ID:QIlYI2x8
http://photo.sohu.com/58/46/Img204914658.jpg
不許可流出の件www

929 :日出づる処の名無し:2005/04/14(木) 22:59:03 ID:5Qnn4mhm
>>928
これはまたどうとでもとれる写真だな


930 :ヌルハチ:2005/04/14(木) 23:03:33 ID:DD4DGAQ0
>926

今度はこちらから否定派の皆様にお願い。

>7大虐殺写真→全部捏造

↑これを証明してちょんまげ。

恵也氏は君等の度重なる下らん質問の全てといっていいほどに答えている。
さー今度は君等の番だ。

931 :日出づる処の名無し:2005/04/14(木) 23:04:33 ID:5Qnn4mhm
そういえば、中国側が出した不許可写真ってのも見たこと無いな。

932 :ヌルハチ:2005/04/14(木) 23:06:18 ID:DD4DGAQ0
20万の人口は安全区のお話だと言うことはもう既に証明済み。

質問1安全区と呼ばれた地域だけが「南京」?これを証明してくれ。

933 :日出づる処の名無し:2005/04/14(木) 23:06:29 ID:5Qnn4mhm
>>930

その前に法的に信頼するに足るもの1枚でも持ってこいや。
全く通用しないものばっか持ってきやがって。


よくそれで社会生活送れるな。

934 :ヌルハチ:2005/04/14(木) 23:07:24 ID:DD4DGAQ0
逃げずにちゃんと答えろよ。

935 :日出づる処の名無し:2005/04/14(木) 23:07:40 ID:FwmXdXVU
>>928
手元にある本に載ってたなぁ

936 :日出づる処の名無し:2005/04/14(木) 23:07:46 ID:QSDchhvh
>戦犯は国内法じゃ犯罪人じゃないんだよ。

これはこれは。
批准した戦時国際法を国内法化するのは各国の義務であり、これに違反した
自国民を自ら裁くのは主権国家としての義務であると同時に名誉でもあるわけですが。

これを当事国がやらなければ関係諸国が法の一般原則に基づいて法廷を設置し、裁かねば
ならないということですね。大日本帝国がみずからハーグ陸戦規則違反者を裁いていれば、
事後法がどうの、勝者の裁判がこうのという話が出てくる余地はなかったね。

(裁判所設置のための極東軍事裁判憲章は手続法ですから、大陸系法学の罪刑法定主義
の縛りから外れています。念のため。もっと砕いて言うと、刑罰を下す場合、刑法の条項
は行為以前になければならないけれど、それにかかわる刑事訴訟法は事後法でもかまわない
ということ。なぜそうなのか、法というものをきっちり考えてみてください。)

937 :ヌルハチ:2005/04/14(木) 23:13:30 ID:DD4DGAQ0
>933

私は恵也氏のような知識は持ち合わせてはいない。彼は、否定派の殆どの南京事件に

関する疑念を取り除いた様に思う。そう思うのは私だけではあるまい。ここで、金を

貰って書きこみを続ける右翼団体のアルバイト以外で、かの事件に興味を抱いて覗きに来る

初心者、学生の皆さんは恵也さんの真摯さは感じているに違いないと思う。



938 :日出づる処の名無し:2005/04/14(木) 23:16:18 ID:5Qnn4mhm
>>戦犯は国内法じゃ犯罪人じゃないんだよ。
>
>これはこれは。
>批准した戦時国際法を国内法化するのは各国の義務であり、これに違反した
>自国民を自ら裁くのは主権国家としての義務であると同時に名誉でもあるわけですが。

バカか?

政府で批准されても国会承認がおりず、国内法に出来ない場合もまずあるので
そもそも義務という言葉自体無茶ですが。

それにまた戦時国際法を批准したとしても、それ自体には罰則規定はありませんので
当然その下の法律にも罰則が発生するとは思えませんが?

>これを当事国がやらなければ関係諸国が法の一般原則に基づいて法廷を設置し、裁かねば
>ならないということですね。

限りなく内政干渉に近い内容で、国家主権の原則を危ぶむ危険思想ですな。
それだとその当該国がゲリラやテロつかった段階で制裁として攻撃もありえます。


939 :ヌルハチ:2005/04/14(木) 23:16:39 ID:DD4DGAQ0
真実は核よりも強し、と言ったところか。

940 :日出づる処の名無し:2005/04/14(木) 23:20:28 ID:5Qnn4mhm
>>937


既に事後法廃止・罪刑法定主義の撤廃・裁判の証言における偽証禁止の撤廃など
基本的人権に関わる重要事項を否定した人物を、自由と人権を守るために
非難しているだけですが?


味方するなら、貴方も自由と人権の敵ですな。

941 :日出づる処の名無し:2005/04/14(木) 23:21:18 ID:PEJAomV2
>>936
聞きかじりの知識でハッタリかますのはやめなさい。
国際法の論理を君の都合で構築してもしかたがないですよw


>批准した戦時国際法を国内法化するのは各国の義務であり、これに違反した
>自国民を自ら裁くのは主権国家としての義務であると同時に名誉でもあるわけですが。

国際法と国内法の関係は、国際法のテキストで多くのページを
割いていますがそんな珍説は見たことありませんよw

http://hunter.main.jp/IL/gIntroduction.shtm#internal
せめて検索して調べてからものをいいなさいねw

942 :日出づる処の名無し:2005/04/14(木) 23:21:23 ID:QSDchhvh
>>826
>兵隊が逃げる為に制服をぬい・・・・・じゃいけないんですよ。
>この時点で捕虜資格を失うんじゃなかったっけ?

偽装は奇計として古来、たとえばトロイの木馬以来認められています。
ただ偽装したまま敵兵を殺傷してはならないと1907年ハーグ陸戦規則で
規定されているけれど、これが捕虜資格喪失の理由になるというのは、
日本国内だけで通用している国際法理論。(もちろんプロの国際法学者は
そんなもの認めていない。佐藤和男氏は一橋大学商学部の出身であり、
通商条約関係のことを大学院で少し勉強しただけで、国際公法のプロとは言えない。)

こういう状態だから日本人は過去を反省していないと言われるんだな。同じ日本人として
迷惑だよ。

943 :日出づる処の名無し:2005/04/14(木) 23:23:42 ID:Wvw8c5ct
スゴイ法理論を持ってる奴がいるなwww

944 :日出づる処の名無し:2005/04/14(木) 23:23:48 ID:QSDchhvh
>>938

もうめちゃくちゃ。
お願いだから日本国籍離脱してくれませんか?

945 :日出づる処の名無し:2005/04/14(木) 23:27:29 ID:Wvw8c5ct
>>942
あらら、当時ラーベも認めているみたいだけどw
現在の話と混同するなよ。

946 :日出づる処の名無し:2005/04/14(木) 23:30:17 ID:m1G02LJA
>>930
>恵也氏は君等の度重なる下らん質問の全てといっていいほどに答えている。
>恵也氏は君等の度重なる下らん質問の全てといっていいほどに答えている。
>恵也氏は君等の度重なる下らん質問の全てといっていいほどに答えている。
>恵也氏は君等の度重なる下らん質問の全てといっていいほどに答えている。
>恵也氏は君等の度重なる下らん質問の全てといっていいほどに答えている。

目玉ついてない奴を発見しますたwwwwww

947 :日出づる処の名無し:2005/04/14(木) 23:35:30 ID:vBOc3Xbg
>>937
議論の前提を守らない者に説得力を感じてしまう程、
覗いてみただけの人は愚かではありませんよ。
愚弄してはいけません。

疑問を取り除いたとは、自論に資料の解釈を近づけることですか?
論は、資料の解釈から形成されるものです。逆なのです。
根拠とする資料を提示しない姿勢を度々非難されています。
また、提示した資料について矛盾などを指摘され、
その矛盾点を解消しないままに再び根拠として提示するなど、
意図的でなければ通常起こり得ない、恥ずべき論立てを行っています。

信条のよるものかはわかりませんが、自らの判断力を貶めることになりますから、
説得力のカケラもない誘導は慎まれた方がよいでしょう。

948 :日出づる処の名無し:2005/04/14(木) 23:40:00 ID:m1G02LJA
大体、自分に都合の悪いレスを片っ端から無視して何事もなかったかのように振舞う奴に、説得力なんか感じるわけねーだろ。
南京うんぬん以前のレベルで人間として間違っている。
世の中、そんなに自分に都合のいいようになってはくれないからね。

949 :Hi-Sa-Me ◆HiSaMeAei2 :2005/04/14(木) 23:41:19 ID:nXTJeSix
>>937
むしろ左翼団体から金もらってるという胡散臭さ感じる。
しかし、ここまでくるとそれはないか。
まるで逆効果だもんな。


950 :日出づる処の名無し:2005/04/14(木) 23:41:24 ID:Wvw8c5ct
ヌルハチ
お前はスレを1から百万遍読んでから書き込め。

951 :日出づる処の名無し:2005/04/14(木) 23:42:43 ID:Ubw2ob3r
>>950
読んでも分からないってw

952 :日出づる処の名無し:2005/04/14(木) 23:44:56 ID:fNjB77mW
えなりが消えると、名無しの肯定派(ID:QSDchhvh)が出現する件について。

>>946
確かにえなり君は、下らない質問には答えてるよ。
ただし、肝心な質問は全てスルーwwwwwww

953 :石原慎太郎:2005/04/14(木) 23:46:30 ID:5Qnn4mhm
犯罪者として扱われる人間にも、近代法の保護を受ける権利があります

954 :日出づる処の名無し:2005/04/14(木) 23:46:39 ID:7YdSX9tM
最も必要なのは中日合同で冷静に双方の資料を検証する事である
それが出来なければ御互いの主張はただの空論でしかない
戦場に居なかった我々には事実を認定する事は決して出来ない


955 :日出づる処の名無し:2005/04/14(木) 23:47:52 ID:m1G02LJA
>>951
バカだからねw

956 :日出づる処の名無し:2005/04/14(木) 23:49:05 ID:5Qnn4mhm
次は5次資料か・・・

ただのゴミクズだな(w

957 :日出づる処の名無し:2005/04/14(木) 23:49:12 ID:PEJAomV2
ID:QSDchhvhはトンズラですか?ww

958 :恵也 ◆1BgPjyxSE. :2005/04/15(金) 00:01:54 ID:SsgRynYc
>>899
>物証無き証言だけって信憑性あるの?

物証がどんなにあっても、推理力のない人には物証には見えないだけ

>腰の骨に、銃剣で刺された跡がある。 
・19才の少女だと言う。
http://www11.ocn.ne.jp/~mino0722/china3.html

959 :日出づる処の名無し:2005/04/15(金) 00:05:33 ID:UMBBgkki
>>958
>物証がどんなにあっても、推理力のない人には物証には見えないだけ

>>腰の骨に、銃剣で刺された跡がある。 
>・19才の少女だと言う。
http://www11.ocn.ne.jp/~mino0722/nanjing-taxi.jpg


これは普通、状況証拠と呼ぶのでは?

960 :日出づる処の名無し:2005/04/15(金) 00:11:52 ID:7oI8HWx6
そろそろ
国内法の犯罪者ではないという議決をもって
名誉回復とするレスがきそうだな。

961 :日出づる処の名無し:2005/04/15(金) 00:12:41 ID:I7CYFubW
>>958
>『侵華日軍南京大屠殺遇難同胞記念舘』 にたどり着いた。
と書いてあるが、現代人の旅行記が何の物証になるんだ?
しかも、「〜と言う」ばかりで受け売りじゃねーか。

962 :日出づる処の名無し:2005/04/15(金) 00:16:46 ID:lTCY+5h3
どんなに国内で言っても海外の方に知ってもらわなければ
いつまでも虐殺は真実として語り継がれてしまうよ。
なんとかして、外国人に知ってもらいたいですね。

963 :Hi-Sa-Me ◆HiSaMeAei2 :2005/04/15(金) 00:17:55 ID:n6VZUutg
>>958
確かに何をもって物証とするかという話はある。
だが、そもそも推理力を働かせないとわからんものを物証と呼んでいいのか?

964 :日出づる処の名無し:2005/04/15(金) 00:20:49 ID:UMBBgkki
>>963
え?じゃあ俺のレス(>>956)は間違ってたか?

965 :日出づる処の名無し:2005/04/15(金) 00:21:40 ID:nybsLlDw
>>958
その推理のことを、世間では「憶測」って言うんだよ。

966 :964:2005/04/15(金) 00:22:59 ID:UMBBgkki
>>959だった

967 :日出づる処の名無し:2005/04/15(金) 00:23:48 ID:KnMp77KS
>>965
憶測?
「妄想」の間違いじゃない?

968 :日出づる処の名無し:2005/04/15(金) 00:25:01 ID:v0den1Ue
おい、おまいら。
>>947が大物のような気がするのは俺だけですか?
あんまりリンクが参照されるから見に来たんじゃないですか?
(((( ;゚д゚)))アワワワワ

969 :Hi-Sa-Me ◆HiSaMeAei2 :2005/04/15(金) 00:29:44 ID:n6VZUutg
>>964
多分間違ってないと思う。
物的証拠といっても"物"でありゃなんでもいいとしたら怪しげな写真やら資料も物証になるわな。
あくまで個人的な考えだが、これに少女をさしたと思われる銃剣(もちろん日本軍のもので日本の軍人以外のやつはさわっていない)が見つかり、
日本のさらに傷口等からこの銃剣で刺したというのが明らかになれば初めて物証となる……のか?
しかし現存するのかなぁ?この銃剣


970 :日出づる処の名無し:2005/04/15(金) 00:53:56 ID:UMBBgkki
>>969
そもそも本当に日本兵かという点から既に怪しいからなあ。

971 :日出づる処の名無し:2005/04/15(金) 00:55:36 ID:oIb9pggZ
>>958
>推理力のない人には物証には見えないだけ
恵也様お得意の「推理小説で培った推理力」ですね?(プゲラッチョwwwwww

972 :恵也 ◆1BgPjyxSE. :2005/04/15(金) 01:14:25 ID:5iwKr7ym
>>969
>日本のさらに傷口等からこの銃剣で刺したというのが明らかに
>なれば初めて物証となる

この言葉は推理力のない人の、妄想的物証という。
”存在しないもの”を欲しがる役に立たない思考活動。

推理力とは、なんでもない物から推理を働かせて犯人を推定するもの
偶然怒る確率が少ないものをドンドン外してね。
推理力のない警察指導部が多くなったのも、迷宮入り事件が増えてる
原因のひとつと俺は感じてるよ。

あなたみたいな推理力がまともにないエリートが警察に入ってたらと
思うと寒気がする。
少しくらい推理小説読んでみたらどうだい?

>1.獄門島           横溝正史
2.刺青殺人事件        高木彬光         
2.虚無への供物        中井英夫
http://ktit.bizz.st/ZS/geneijyou/best.htm

973 :日出づる処の名無し:2005/04/15(金) 01:25:15 ID:UMBBgkki

>推理力とは、なんでもない物から推理を働かせて犯人を推定するもの

素で大量の冤罪を生むな。

974 :日出づる処の名無し:2005/04/15(金) 01:31:37 ID:B6UF2Rn0
現実と空想がごっちゃ混ぜになってるような気がする

975 :日出づる処の名無し:2005/04/15(金) 01:33:29 ID:nybsLlDw
>>972
その推理力のまともさは、何で検証するんだ?

976 :日出づる処の名無し:2005/04/15(金) 01:48:59 ID:qHY7NLrg
恵也の必死さがマジうけるw

御託ほざくのも今のうち。
日本の資本がインド、インドシナに移転したら中国イラネ。
むかつくなら、恵也クンが国連にでも訴えてくれ。
オリンピック開催前だしもっとおおっぴらに中国というキチガイ国を宣伝してください。

冤罪もいい加減にしとけ。

977 :日出づる処の名無し:2005/04/15(金) 01:50:02 ID:NmCQYZq7
「日本人は死ね」と殴打 上海の邦人留学生証言

 【上海14日共同】北京で大規模デモが起きた9日に上海市で日本人留学生が殴られた事件で、被害を受けた留学生(22)=滋賀県草津市=らが14日、共同通信社の取材に応じ、
容疑者の中国人が「日本人は死ね」などと、反日感情をあらわにしてビール瓶やいすで何度も殴りつけたと証言した。
さらに事件を処理した複数の警官まで「小日本(日本人の蔑称(べっしょう))」などと、留学生をののしる嫌がらせをしたという。
 留学生らによると、公安当局は事情聴取の際、「殴ったのが1人なら簡単だ。2人なら中国と日本の関係に影響する」と事実を曲げて証言するよう迫った。
公安当局は、中国人女性をめぐる留学生と容疑者の三角関係のトラブルとして事件を処理していた。
http://flash24.kyodo.co.jp/?MID=RANDOM&PG=STORY&NGID=main&NWID=2005041401004152

978 :日出づる処の名無し:2005/04/15(金) 01:59:10 ID:TxJLUkmS
恵也さん恵也さん、

物証はね、物証たり得る為にも条件がいるのですよ。
あなたが言ってるのは「それっぽい」だけでしょう。
「〜とも考えられる」というレベルで物事は確定しないのです。
類推といった、判断の過程に過ぎないので。
例えば、ナイフで刺された遺体があったとして、
自宅にナイフを持っていたというだけで犯人にされてしまうようなものです。
あなたの読んだ小説はそんな強引な解決をみるのですか?

そして、どのような妄言を吐いても相手をしてもらえるのは
2ちゃんだからだという事実を認識しましょうね?
小説で培った自慢の推理力で。

979 :日出づる処の名無し:2005/04/15(金) 03:05:03 ID:bVazReOB
自慢の推理ねぇ。
俺には井上夢人の「風が吹けば桶屋が儲かる」にでてくる両角一角と言う男にしか思えんよ>>恵也


980 :日出づる処の名無し:2005/04/15(金) 03:24:10 ID:UWbLSJLq
バカで知識が無い漏れは、ある派に揺れ戻されそうになるが、
こういうことを言ってくれると正気に戻れる。

>少しでもタイミングがずれたら大虐殺は 見れないし、
何十万人も「虐殺」された事件なら、1年や2年経ったって現地どころか
在住外国人の母国でさえ噂され続けるだろ。

>オームの信者にしてもほとんどの人は関与してない。
関与してなくたって、誰がやったかは知ってるぞ。
南京大虐殺は、元日本兵は誰も知らん。


981 :Hi-Sa-Me ◆HiSaMeAei2 :2005/04/15(金) 06:54:44 ID:n6VZUutg
>>972
一時期本格(っぽい)推理小説を(半年くらい)書いていた僕からいわせりゃそれはただの推定(正確にはそのうちのひとつ)。
推理とはあらゆる矛盾を廃し、可能なかぎりあらゆる事象を想定し現実にあてはめていくこと。
推理ってのは必ずしも一つの結論を導き出さないことがある……ってのは推理小説読んだことのある人はわかると思う。多分

982 :日出づる処の名無し:2005/04/15(金) 07:24:43 ID:/419jeqA
>>936
日本国内において戦犯の名誉は回復されているはずでは?
処刑されてこの世にいなくなっていた者を除いて

983 :日出づる処の名無し:2005/04/15(金) 08:26:03 ID:KnMp77KS


984 :恵也 ◆1BgPjyxSE. :2005/04/15(金) 08:26:40 ID:QddCPP2B
>>945
>あらら、当時ラーベも認めているみたいだけどw

ラーベ氏みたいな正義感のある義人と、先祖の悪行を無かった事にしたい
連中と格が違うよ。
ラーベ氏みたいな人が当時のナチスにいたから、ナチスもあれだけ勢力を
伸ばせたんだろうが、期待を裏切りやがってヒットラーも罪作りな男だったな。

985 :日出づる処の名無し:2005/04/15(金) 08:29:52 ID:uCopsZTR
>>984
なんでラーベと会って人間性を理解したかのような物言いなんだ?

まるで朝鮮人だな。

986 :恵也 ◆1BgPjyxSE. :2005/04/15(金) 08:33:13 ID:QddCPP2B
>>954
>戦場に居なかった我々には事実を認定する事は決して出来ない

マトモな推理力を持ってれば、双方の史料をネットで検証して認定
出来るぜ。
推理力のない病的形式主義者には不可能だけど、健康的実質主義者
には誰でも可能なの。
ここのウヨボウには推理力がないようだ。

987 :日出づる処の名無し:2005/04/15(金) 08:37:53 ID:KnMp77KS
>恵也
朝からレベル低いレスありがとうございます!
働くか学校行けよ〜

988 :恵也 ◆1BgPjyxSE. :2005/04/15(金) 08:42:18 ID:QddCPP2B
>>980
>南京大虐殺は、元日本兵は誰も知らん。

誰も知らんなんて、田中正明氏の本でも信じてるのかい?
元日本兵の証言なら嫌というほど、証言してるよ。

>上陸した時すぐ松井石根大将が、この地方は共産党思想が強いの
・であらゆる者は殺せと指示したと聞きました。
http://members.at.infoseek.co.jp/NankingMassacre/mondai/gyakusatu.html#hukudah

989 :恵也 ◆1BgPjyxSE. :2005/04/15(金) 08:58:00 ID:QddCPP2B
>>985
>なんでラーベと会って人間性を理解したかのような物言いなんだ?

ラーベの日記がそれだけ迫力のある文章だったんだよ。
あっても人間性なんて分からん奴はたくさんいる。
しかし実績に裏打ちされた日記には、人間性が出てくるんだぜ。

>日本軍は本当はわれわれの委員会を認めたくはないのだが、ここは
・ひとつ、円満にことを運んでおく方がいいということだけはわかって
・いるようだ。

・私は最高司令官に、次のようにことづけた。 「 『市長』の地位に
・はうんざりしており、喜んで辞任したいと思っています 」
http://www.geocities.co.jp/CollegeLife-Lounge/3924/article/hatuden.html#rabe1217

990 :Hi-Sa-Me ◆HiSaMeAei2 :2005/04/15(金) 09:02:00 ID:n6VZUutg

以下の語を区別せよ
(ひとつにつき最大10点)
断定
確定
確信
推理
推定
推測
憶測
予想
妄想
妄信



991 :ZERO ◆ZERO/Az8XM :2005/04/15(金) 09:04:56 ID:DoMEVDC7
>>989
人間性だの迫力だの、さすがは推理小説で裏づけられた推理力。
「眠りの恵也」と呼ばれる名探偵として頑張ってくださいw

992 :日出づる処の名無し:2005/04/15(金) 09:05:53 ID:xlTOnCse
>>972
なんでもないこのスレからあなたが犯人だと推理しました

993 :日出づる処の名無し:2005/04/15(金) 09:36:35 ID:xuf2vdDI
あれれ〜
南京市民70万人はドンブリ勘定の妄想で、
崇善堂資料は捏造で、
太田証言も捏造、
だったよね〜蘭姉ちゃん!


994 :日出づる処の名無し:2005/04/15(金) 10:47:01 ID:x5KMZ7IO
なんだこの肯定派が完全かつ一方的に論破されてるスレは
ってか中には自爆も沢山あるし
お笑いか?お笑いなのかー!?

995 :これがまとめ:2005/04/15(金) 11:49:53 ID:D0nNUY0o
中共の言う民間人無差別大虐殺は裏付け無し。

拘束兵や投降兵の殺害等の不法行為は、裏付け(日本側公文書等の比較検証)あり。

司令官の逃走等で、法解釈が分かれる面もある。

私服敗残兵と市民の区別が曖昧な処刑なども解釈が分かれる。


996 :日出づる処の名無し:2005/04/15(金) 12:43:09 ID:v0den1Ue
次スレたてたよ。
【世界の】南京大虐殺はウソ【常識】5次資料
http://tmp4.2ch.net/test/read.cgi/asia/1113536418/

997 :日出づる処の名無し:2005/04/15(金) 13:15:45 ID:x5KMZ7IO
じゃ、埋めるか

998 :日出づる処の名無し:2005/04/15(金) 13:17:07 ID:oIb9pggZ


999 :日出づる処の名無し:2005/04/15(金) 13:17:57 ID:oIb9pggZ


1000 :日出づる処の名無し:2005/04/15(金) 13:18:32 ID:oIb9pggZ
1000だったら南京大虐殺は無かった

1001 :1001:Over 1000 Thread
 ″ ゝ ″ ヽ   ″ ヾ  ″ ゝ " ヽ丿〜    。
 ヽ ″ ゝ ″ ヽ ″ ゞ  ″ ゝ ノ 〜  ゚       ゚
ヽ ″  ゝ ″ ヽ ″ ゞ ″ ゝ ″ ノ     。
″ ゝ ″ ゞ ″ ヽ ″ ゞ ″ ゝ ノ 〜            ゚
ゞ ″ヽiiiiii;;;;:::::  ″ノ ″ノ ″ ノ 〜  ゚         。
  ゞ   iiiii;;;;;::::: )::/:/                。
  。   |iiiii;;;;:: :|:/  。 このスレッドは1000を超えました。
      |iiii;;;;;:: ::|     もう書けないので、新しいスレッドを立ててください。
゚   。   |iiiii;;;;;:: ::|   。         ゚              。
      ,|iiiiii;;;;;:: ::|      。  __     。
     |iiiiii;;;;;::: ::|        ヽ=oノ          ゚
。  ゚  ,|iiiiii;;;;;;::: ::| ゚         / )゚Д  新スレで会おう ゚        ゚
    |iiiiiii;;;;;;:: :::|    。     ヽ  :|        ゚
。     |iiiiiiii;;;;;;:: ::|            |  :|    。   極東アジアニュース@2ch掲示板
,, , ,,/ヘ;;M;;;i;;iii;;ヾ、 ,,,,  ,,,,   しソ, , ,,,  ,, ,,   http://tmp4.2ch.net/asia/ 
"""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""

416 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)