2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

嫌韓厨が知りたくない、西洋人が見た併合前の朝鮮

1 :日出づる処の名無し:2005/04/06(水) 14:59:51 ID:qsY5i0Rq
嫌韓厨が知りたくない、西洋人が見た併合前の朝鮮
http://d.hatena.ne.jp/Jonah_2/20050323

ジェームス・スカース・ゲイル(James Scarth Gale)
(前略)それにマラキ書でいう「洗濯人」でさえ、夢に見たこともないほど真っ白に仕上がった靴下を
組み合わせる。それはまことに世界でただ一つの美しい履物だった。こうしてゆったり歩くと、長衣のせいで
背丈が数インチは高く見え、これを見た西洋人をすっかり驚かせたものだった。

パーシヴァル・ローウェル(Percival Lowell)
それ〔朝鮮式の家屋〕はほかに類がないほど独創的である。これまでにドーム、ミナレット、教会の尖塔など
いろいろと見てきたが、これほど簡素で美しいものはない。(後略)

パウル・フォン・メレンドルフ(Paul von Moellendorff)
朝鮮人は日本人よりすぐれており、西洋の科学を習得するという点で、やがてこの島国の人間を
追い越すだろうと堅く信じる。

ヘンリー・サヴェジ-ランダー(Henry Savage-Landor)
朝鮮人は普通野蛮人のなかに入ると言われているが、偏見にとらわれないで彼らの性質を考えてみると、
私はいつも彼らがきわめて知的で知識の習得も速いことにびっくりさせられていることを白状しなければ
ならない。彼らにとって、外国語を学ぶのはまったくたやすいことである……彼らはすばらしく鋭い分析力
を持っているだけでなく、理解の速さも驚くほどである。

アンガス・ハミルトン(Angus Hamilton)
〔ソウル〕の通りは壮大で広々としていて、清潔で見事につくられており、排水も十分だった。狭くて汚い
路地は広げられ、排水溝にも蓋がかぶせられて、車道の幅も広がった……ソウルは遠からず東洋で
もっとも進んだ、興味のある、清潔な都市になるであろう。

2 :日出づる処の名無し:2005/04/06(水) 15:00:48 ID:zd2Lj5Xo
2ゲット

3 :日出づる処の名無し:2005/04/06(水) 15:01:58 ID:PnGYF+AG
単に自分達の自慢の上に外人の名前をおいただけじゃん(w
どこの誰がいつなんという名の本、又は雑誌で、どのページに掲載したのか
全く触れてない。
捏造大好きな朝鮮人のやりそうなこった。
もう恥ずかしいからこういう行為やめろよ。


4 :日出づる処の名無し:2005/04/06(水) 15:03:22 ID:hjWXnwtd
>>1

っ[イザベラ・バード著 朝鮮紀行]

5 :日出づる処の名無し:2005/04/06(水) 15:04:06 ID:PnGYF+AG
これは日本軍の捕虜となったオーストラリア兵の証言を一部を抜粋したもの。
『不安におののき、先の日本軍工兵との遭遇を思い出した。
その日の締めくくりとして、コリア人に引き合わされた。
彼らは大型で、顔は平たく、知性に劣り、日本人が与えた屈辱を
我々に転嫁した。どんなに試みても、我々は彼らと本当の
付きあいは確立できず、体罰となると、日本兵よりも彼らをはるか
に恐れた。』ケニス・ハリスン
「あっぱれ日本兵」 ケニス・ハリスン著 塚田敏夫訳  成山堂書店(本体2400円)

221 名前:朝鮮兵は陰湿だった 投稿日:03/06/11 20:01 nRgGg1Nr
多摩大学学長グレゴリー・クラークはオーストラリア兵捕虜のほとんどは、
収容所の番兵だった朝鮮系日本人に対する憎悪があり、
日本兵は捕虜をなぐるくらいだったが、朝鮮人はありとあらゆる陰湿で執拗な
残虐行為を行っていた。これらの朝鮮系BC戦犯をかばおうという動きが
サヨクの間でかつてあったことをクラーク氏は信じられないことと語っていた。
日本兵は朝鮮系に比べはるかにましだったことは、連合国捕虜の間では常識だった

「別に日本人戦犯の責任を軽減するつもりはないが、占領地域で最も嫌われたのは、
このころ日本国籍を持っていた朝鮮人だったことに注意しておかなければならない」
元パリ・マッチ特派員アルフレッド・スムラー著「日本は誤解されている」日本教文社

6 :ヘボ剣道部員@厨房:2005/04/06(水) 15:04:28 ID:5WGd+vuU
日本統治時代の話という可能性もあるな

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/06(水) 15:06:16 ID:ih28V5Qk
■不動産管理会社社長を5億6000万円脱税容疑で逮捕・東京地検

 不動産管理会社「伸富開発」(東京都港区)など2社が2003年3月期までの4年間で、
法人税計約5億6000万円を免れたとして、東京地検特捜部は6日、同社社長、田村秀成
こと姜大成容疑者(53)を法人税法違反(脱税)の疑いで逮捕した。
調べによると、姜容疑者は00年3月―03年3月の間、伸富開発など2社の利息収入や
不動産売却益の一部を除外する手口で計約18億9000万円の所得を隠し、法人税計約
5億6000万円を脱税した疑い。 (12:39)
http://www.nikkei.co.jp/news/shakai/20050406AT1G0601406042005.html
■この朝鮮人不動産会社社長のニュースをNHKで見たが
在日エロ牧師幼女連続強姦レイプ事件を永田保こと金保容疑者と朝鮮名で報道したそのまさに直後だったので
日本人の在日朝鮮人への印象が悪くなるのを恐れて朝鮮名の姜大成ではなく通名の田村秀成で報道していた!
NHKは一体どんな理由で在日朝鮮人犯罪者を通名と朝鮮名に分けて報道しているのだろうか?
これは大問題です。NHKはあまりにも在日朝鮮人が連続で犯罪を犯すものだから
ビビって自主規制して間引いて報道しているのかもしれない!誰かNHKに電突してくれ〜!!



8 :日出づる処の名無し:2005/04/06(水) 15:06:54 ID:PnGYF+AG
■中国人 謝永光著『日本軍は香港で何をしたか』
最初の数日間は平穏無事で、「皇軍」の姿は全くみられなかった。
ところがある日、突然五、六人の‘獣兵‘が現れ、麻雀をしていた四人の女優を輪姦したという。
女優は日本軍の馬丁に暴行されたが、この馬丁とは恐らく朝鮮人に違いなかった。
(中略)
一般の日本人よりも背が高く、日本の正規軍よりももっと凶暴だった。
民家に乱入して婦女暴行を働いたのは、ほとんど日本人の手先となって悪事を働いていた朝鮮人であった。
当時香港住民は日本軍に対するよりももっと激しい憎悪の念を彼らに抱いた。

■中国人が描いた絵「日本の軍旗を振り回す朝鮮人が中国人を殺す!」
http://japanese.joins.com/transboard/upfile/up28088.jpg

■仏誌Paris Match元特派員アルフレッド・スムラー著『日本は誤解されている』
別に日本人戦犯の責任を軽減するつもりはないが、占領地域で最も嫌われたのは、このころ日本国籍を持っていた朝鮮人だったことに注意しておかなければならない。
http://bookwebpro.kinokuniya.co.jp/files/magazine/Paris%20Match.jpg

■ある医師の述懐『キヤンガン、山下将軍降伏の地』
(登山中の)小休止の時アンがコリアンと知らないフィリピン人の彼が言った。
「日本の占領下で最も残虐だったのはコリアンだった。赤ん坊を投げて銃剣でうけたのも彼らだった。皆がそう信じている。」
一気に遭難しそうになったパーティを何とか支えつつ、私はキアンガンの将軍の亡霊を見たような心持だった。
その後も各地でこの噂のような言説をきくたびに、愛国者たるアンの胸中が想われてならない。
http://www.net-ric.com/advocacy/datums/95_10irohira.html

■オーストラリア人 ケニス・ハリスン著『あっぱれ日本兵』
その日の締めくくりとして、コリア人に引き合わされた。
彼らは(日本人に比べ)大型で、顔は平たく、知性に劣り、日本人が与えた屈辱を我々に転嫁した。
どんなに試みても、我々は彼らと本当の付きあいは確立できず、体罰となると、日本兵よりも彼らをはるかに恐れた。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4425946316/qid=1099204982/sr=1-1/ref=sr_1_8_1/250-8480028-1317830


9 :日出づる処の名無し:2005/04/06(水) 15:06:59 ID:81p/tLii
>>3
>>1のリンク先くらい見ろや。

10 :日出づる処の名無し:2005/04/06(水) 15:08:57 ID:R98xnwH0
メレンドルフ、パウル・ゲオルク・フォン
(Moellendorff,Paul Georg von/韓国名穆麟徳)[1847〜1901]
1847年2月17日ベルリン北部の町ツェーデニックで生まれ、ハレ大学で法学と東洋語を専攻、駐清ドイツ領事館に勤務した。1869年清の税関吏として働いたのち、李鴻章の推薦で朝鮮の統理衙門参議・協弁を歴任し、外交と税関業務を受け持った。(後略)

つまり南京事件でのティンパーリーのような、朝鮮側の人間だったらしいね



11 :日出づる処の名無し:2005/04/06(水) 15:09:34 ID:hjWXnwtd
>>3
パウル某とやらはそれらしき記述も見つかったが
あとは>>1のリンク先のblog以外の信頼できそうな記述は
見当たらんな。

12 :日出づる処の名無し:2005/04/06(水) 15:12:18 ID:PnGYF+AG
>>9
見たよ。
朝鮮人が書いた本をプロ市民が翻訳した本だろ?
その本の中にも誰がどこでどの状況で言ったか一言を触れて無いじゃん。
所詮は朝鮮人の捏造。

13 :日出づる処の名無し:2005/04/06(水) 15:14:30 ID:T9zrRm6i
一つの物事でも見る人の視点によってバラバラに映るということだろ。

14 :日出づる処の名無し:2005/04/06(水) 15:15:25 ID:zQkNDjqy
>>10
プロパガンダですか。そうですか。

15 :日出づる処の名無し:2005/04/06(水) 15:17:48 ID:LP703KJK
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4750317942/hatena-22/ref%3Dnosim/249-9360497-4908315#product-details
>現代朝鮮の歴史―世界のなかの朝鮮
>著者はスターリニストで主に北朝鮮における社会主義研究の世界的権威。
>他の著書に『いちばん遠い国・北朝鮮案内』がある(94年、内容紹介「孤立し、
>閉ざされた「楽園」国家・北朝鮮。次代の首領にゆだねられたこの不思議の国の
>真の姿を、写真家集団・マグナムの唯一の日本人・久保田博二のカメラが捉えた。
>不透明なこの国の明日を占うに必見必読の一冊。」)。
>歴史的な半島の研究で当時半島を訪れた人々がどのように感じたかの言説が数多く
>抄録されており便利。同時代史学会3号に拠ればこの本は元々「この本はもともと
>は大学のテキストとしての企画」だったという。その後だおうなったかは定かでは
>ない・・・・。まあテキストにならなくて正解だったろう。

16 :日出づる処の名無し:2005/04/06(水) 15:18:25 ID:TJWcFbX4
パウル・フォン・メレンドルフ(Paul von Moellendorff)
日本に渡り、駐日ロシア公使と結託、朝鮮にロシア勢力を引き入れたとして外務協弁に在職中の1885年、
李鴻章の圧力で解任され、朝鮮を離れ1901年4月20日中国の寧波で亡くなった

パーシヴァル・ローウェル
天文学者。火星に知的生命がいると信じ,その観測のために半生を捧げた。
晩年になると、彼は海王星の外側にある惑星の探索に情熱をそそぐようになるが
1916年、ローウェルは新しい惑星を発見できないまま、そのユニークな生涯をとじた。

とりあえず二人非業の最期



17 :日出づる処の名無し:2005/04/06(水) 15:27:25 ID:8OfaZW5G
この作者ってクリントン政権の頃に
「北朝鮮は悪くない!核兵器も造らない!
 アメリカが全て間違ってる!軽水炉を送ってあげよう!」
って言ってたなー

18 :日出づる処の名無し:2005/04/06(水) 15:36:24 ID:81p/tLii
>>16
パーシヴァル・ローウェルは日本とも関係が深いようだね。
http://www.geocities.co.jp/CollegeLife-Labo/6989/PercivalLowell.htm
>>1の引用先のブルース カミングス、>>15で他の書籍の評価を見ると…

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4750319503/qid=1112768923/sr=8-1/ref=sr_8_xs_ap_i1_xgl/250-4274001-2860245
>北朝鮮とアメリカ 確執の半世紀
>著者は北朝鮮を擁護するものではないと、初めに断っているが、北朝鮮寄りの
>姿勢がちょっと気になる。「朝鮮戦争の起源」などの優れた業績があり、
>和田春樹と比較するのはかわいそうだが、匂いが似ている。アメリカの左翼の
>考えを知るにはいいかもしれない。
>挿話として、韓国人がロゼッタストーンのところで、神聖文字の韓国起源説を
>真剣に主張していることに著者はあきれていたが、私もあきれ果てた。
>韓国の異常な反日・ナショナリズム教育のせいだが、国際摩擦必至の迷惑な
>民族である。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4877140883/qid=1112768923/sr=8-3/ref=sr_8_xs_ap_i3_xgl14/250-4274001-2860245
>朝鮮戦争の起源 第1巻―解放と南北分断体制の出現 1945年-1947年 (1)
>「朝鮮戦争は北の侵略」という、冷戦時代に形成された反共史観を、
>米軍捕獲文書などを通じた徹底した研究によって打ち破る第一級の歴史書。
>朝鮮戦争への道を、抗日武装闘争から大国による朝鮮分断への流れの中で
>解明し、朝鮮戦争が突発したものではなく、朝鮮人民の反帝闘争の流れの
>中で、自主独立の統一国家を建設する闘争として起こったものであることを解明。
>この本なくして朝鮮戦争を語ることはできない。

バリバリの親北派っぽいな。
それでもさすがに

>挿話として、韓国人がロゼッタストーンのところで、神聖文字の韓国起源説を
>真剣に主張していることに著者はあきれていたが、私もあきれ果てた。

この辺の電波にはついていけなかったか(w

19 :日出づる処の名無し:2005/04/06(水) 15:38:38 ID:8OfaZW5G
A・S・ランドー  Arnold Henry Savage Landor (1865−1924)
フィレンツェ生まれの英国人冒険家。パリで画家としての教育も受けた。
1890年来日、単身で北海道を一周、アイヌの人々と生活をともにし、1893年その旅行記を出版。
中国、チベット、ヒマラヤや、ロシアからカルカッタへのアジア縦断、ネパールのランパ山登頂、
リオデジャネイロからリマまでの南米横断、アフリカ大陸横断、フィリピン、ミンダナオ島の探検など、
数々の冒険旅行を重ね、著作を刊行した。

"Alone with the hairy Ainu. Or, 3,800 miles on a pack saddle in Yezo and a cruise to the Kurile Islands" London : J. Murray, 1893.

20 :日出づる処の名無し:2005/04/06(水) 15:43:57 ID:C1yoUXrv
>>1
リンク先の幾つかの文面を検索かけたけど、リンク先しか引っかからない。
その内容が歴史資料として正しいなら、もっと色んなところで使われててもいいと思うんだけどな〜。

一つ参考までに…。

http://www.google.co.jp/search?hl=ja&safe=off&c2coff=1&q=%E3%81%9D%E3%82%8C%E3%81%AB%E3%83%9E%E3%83%A9%E3%82%AD%E6%9B%B8%E3%81%A7%E3%81%84%E3%81%86%E3%80%8C%E6%B4%97%E6%BF%AF%E4%BA%BA%E3%80%8D%E3%81%A7%E3%81%95%E3%81%88&lr=

21 :日出づる処の名無し:2005/04/06(水) 15:45:19 ID:qq/tDVR7

>ジェームス・スカース・ゲイル(James Scarth Gale)
>(前略)それにマラキ書でいう「洗濯人」でさえ、夢に見たこともないほど真っ白に仕上がった靴下を
>組み合わせる。それはまことに世界でただ一つの美しい履物だった。こうしてゆったり歩くと、長衣のせいで
>背丈が数インチは高く見え、これを見た西洋人をすっかり驚かせたものだった。

そりゃそうだ。両班は何もしないで下の女どもがひたすらその布を磨いていて、
麻が絹のようになったとか自慢していたが、結局そんなムダな風習が国力を
落としたという話だろ?


>パーシヴァル・ローウェル(Percival Lowell)
>それ〔朝鮮式の家屋〕はほかに類がないほど独創的である。これまでにドーム、ミナレット、教会の尖塔など
>いろいろと見てきたが、これほど簡素で美しいものはない。(後略)

西洋から見れば珍しいでしょ。そりゃ

>パウル・フォン・メレンドルフ(Paul von Moellendorff)
>朝鮮人は日本人よりすぐれており、西洋の科学を習得するという点で、やがてこの島国の人間を
>追い越すだろうと堅く信じる。

あんたらは人の技術をパクる能力は世界で一番早いよ。
独創性が全く無いけど

>ヘンリー・サヴェジ-ランダー(Henry Savage-Landor)
>朝鮮人は普通野蛮人のなかに入ると言われているが、偏見にとらわれないで彼らの性質を考えてみると、
>私はいつも彼らがきわめて知的で知識の習得も速いことにびっくりさせられていることを白状しなければ
>ならない。彼らにとって、外国語を学ぶのはまったくたやすいことである……彼らはすばらしく鋭い分析力
>を持っているだけでなく、理解の速さも驚くほどである。

前に同じ。

22 :日出づる処の名無し:2005/04/06(水) 15:52:49 ID:knmj8gy+
そりゃあロシアの犬だからね

メレンドルフ、パウル・ゲオルク・フォン
(Moellendorff,Paul Georg von/韓 国 名 穆 麟 徳 )[1847〜1901]

1847年2月17日ベルリン北部の町ツェーデニックで生まれ、ハレ大学で法学と
東洋語を専攻、駐清ドイツ領事館に勤務した。1869年清の税関吏として働い
たのち、李鴻章の推薦で朝鮮の統理衙門参議・協弁を歴任し、外交と税関業
務を受け持った。1883年第一銀行に海関税収納業務を委託し、1884年ロシア
公使C.ウェーベルと協調、朝露修好通商条約を締結させた。1884年甲申政
変の際には金玉均の開化派に反対、守旧派を助けた。漢城条約が締結された
後、特命全権大臣徐相雨と共に副大臣として日本に渡り、駐日ロシア公使と
結託、朝鮮にロシア勢力を引き入れたとして外務協弁に在職中の1885年、李
鴻章の圧力で解任され、朝鮮を離れ1901年4月20日中国の寧波で亡くなった。
韓国の歴史に造詣が深く満洲語に精通していた。

23 :日出づる処の名無し:2005/04/06(水) 15:54:38 ID:8OfaZW5G
うは、原典見つけたくさい。
・・・英語読めねぇorz

http://www2.cddc.vt.edu/gutenberg/1/3/1/2/13128/13128-h/13128-h.htm

24 :日出づる処の名無し:2005/04/06(水) 15:57:13 ID:hXuzEAPT
>>1
>アンガス・ハミルトン(Angus Hamilton)
>〔ソウル〕の通りは壮大で広々としていて、清潔で見事につくられており、排水も十分だった。狭くて汚い
>路地は広げられ、排水溝にも蓋がかぶせられて、車道の幅も広がった……ソウルは遠からず東洋で
>もっとも進んだ、興味のある、清潔な都市になるであろう。

併合前は漢城(ハンチャン)だろ?、併合後が京城(ソウル)になったわけで。
つまりハミルトンは日帝の施政を褒め讃え、うわなにをするはなsdrftgyふじこlp;


25 :日出づる処の名無し:2005/04/06(水) 15:57:53 ID:VGQkxyaA
>>1は在日なのかな?
2ちゃんで、いつもくやしい思いをしてるんだろうな。
ちょっと可哀想かな。

26 :日出づる処の名無し:2005/04/06(水) 16:01:45 ID:TJWcFbX4
アンガス・ハミルトン(Angus Hamilton)
〔ソウル〕の通りは壮大で広々としていて、清潔で見事につくられており、排水も十分だった。狭くて汚い
路地は広げられ、排水溝にも蓋がかぶせられて、車道の幅も広がった……ソウルは遠からず東洋で
もっとも進んだ、興味のある、清潔な都市になるであろう。

この発言って併合後じゃない?併合前はソウルっていう呼称じゃないし。
これが事実だとすると、この人は少なくとも過去に一回朝鮮を訪れており、その際に
狭くて汚い路地と蓋がかぶせられていなく排水も不十分な排水溝、汚く狭い車道と通りを見ているはず。
何年の発言なんだろ?

また、>ソウルは遠からず〜なるであろう。という表現からこの大きな発展は現在進行形で急速に起こって
いることがわかる。このような大転換期とはどの時代のことなんだろう?

さらに>遠からず東洋で もっとも進んだ、興味のある、清潔な都市になるであろう。
という発言からはこの時点においてソウルは東洋でもっとも進んでいた都市ではなく、改善されつつは
あるものの興味をそそらない汚い都市であることがわかる。これが仮に併合前の発言だとすると韓国の言う
「日帝以前はもっと発展していたが日帝が全部破壊した」説は嘘となり、彼らの望みは「萌芽説」のみと
なってしまう。


27 :日出づる処の名無し:2005/04/06(水) 16:02:02 ID:tce9WeGA
ID:qsY5i0Rqは立て逃げか?

28 :日出づる処の名無し:2005/04/06(水) 16:04:24 ID:NTOTMKmH
>朝鮮人は普通野蛮人のなかに入ると言われているが

これが当時の西洋人のみた朝鮮の一般的なとらえ方だったということだろ。
自爆ぎみだな。

29 ::2005/04/06(水) 16:07:06 ID:VTK9Nn5l
わざわざ日本と比べてるのが嘘っぽい。
朝鮮日報みたいだな

30 :日出づる処の名無し:2005/04/06(水) 16:07:53 ID:Vf1R2cYZ
>>28
う、うむ・・・
なんというか  独   創   的  な意見ですな。

31 :日出づる処の名無し:2005/04/06(水) 16:09:04 ID:3RxZdjZN
ま た 自 爆 か 。

さすがだな。

32 :日出づる処の名無し:2005/04/06(水) 16:10:31 ID:knmj8gy+
ANGUS HAMILTON MACAULAY. 1 8 9 3 -1 9 6 4
こいつ韓国併合の時にはたった17才。

33 :日出づる処の名無し:2005/04/06(水) 16:11:25 ID:knmj8gy+
ANGUS HAMILTON MACAULAY. 1 8 9 3 -1 9 6 4
こいつ16才の時に上の文章書いたのか?w

34 :日出づる処の名無し:2005/04/06(水) 16:11:51 ID:Vf1R2cYZ
すまん。
少し文を感じがいしたみたい。

35 :日出づる処の名無し:2005/04/06(水) 16:14:31 ID:TJWcFbX4
参考資料 : 細井肇 「漢城(ソウル)の風雪と名士」
 「韓国内地を旅行すれば、路傍や街路中に累々たる黄金の花(糞)が場所も嫌わず狼藉と咲き乱れて居て、
足の踏み場もなく、潔癖者は一見其不潔と臭気に驚くのだ。現にこの国の中央都会の地たる京城
(現在のソウル)の如き、一名を真の帝都と綽名されて居る程で、至る所人糞あるいは牛馬糞を見ざる無で、
粉々たる臭気は鼻を襲い眼を顰める者とてない。そこで京城市内を流れて居る川の如き各戸より、
排泄する糞尿を混じ、この水は一種の黄色を帯び、ドロドロになって居るなど、実に眼もあてられぬ光景で
洗濯などに使って居る。なんと鼻持ちならぬ話ではないか。毎年夏になると伝染病が流行し、その伝染病に
罹る患者の多くは韓人で、非常なる大流行を極め何千人を驚かすは珍しくない」

参考資料 : イザベラ・バード「朝鮮紀行」
ソウルを描写するのは勘弁してもらいところである。北京を見るまで私はソウルこそ、この世で一番不潔な
町と思っていたし、紹興へ行くまではソウルの悪臭こそこの世で一番ひどい匂いだと考えていたのであるから。
都会であり首都であるにしては、そのお粗末さはじつに形容しがたい。礼節上二階建ての家は建てられず、
したがって推定二十五万人の住民はおもに迷路のような横町の「地べた」で暮らしている。路地の多くは
荷物を積んだ牛どうしがすれちがえず、荷牛と人間ならかろうじてすれちがえる程度の幅しかなく、
おまけにその幅は家々から出た個体及び液体の汚物を受ける穴か溝で狭められている。悪臭ぷんぷんの
その穴や溝の横に好んで集まるのが、土ぼこりにまみれた半裸の子供たち、疥癬もちでかすみ目の
大きな犬で、犬は汚物の中で転げまわったり、ひなたでまばたきしている

36 :日出づる処の名無し:2005/04/06(水) 16:18:10 ID:UjfgFW2y
ということで併合後の朝鮮を見た感想でした、と

37 :日出づる処の名無し:2005/04/06(水) 16:23:36 ID:Laoiajo7
とりあえず本は売っているらしい。

ttp://bookweb.kinokuniya.co.jp/htmy/1903350069.html

38 :日出づる処の名無し:2005/04/06(水) 16:24:48 ID:knmj8gy+
>>36
朝鮮紀行―英国婦人の見た 李 朝 末 期 講談社学術文庫
イザベラ・L. バード (著), Isabella L. Bird (原著), 時岡 敬子 (翻訳)

ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4061593404/250-2384130-9081815

39 :36:2005/04/06(水) 16:27:28 ID:UjfgFW2y
>>38
いや、>>1がさ

40 :日出づる処の名無し:2005/04/06(水) 16:29:48 ID:knmj8gy+
英人女性旅行家イザベラ・バードが描く19世紀末の朝鮮の素顔

>>36
英国人女性旅行家イザベラ・バードが朝鮮を訪れたのは、
1 8 9 4 年、6 2 歳 の 時 のことである。以 後 3 年 余 、バードは4
度にわたり朝鮮各地を旅した。

韓国併合は1910年。



41 :36:2005/04/06(水) 16:31:00 ID:UjfgFW2y
>>40
いや、だから>>1がさ

42 :40:2005/04/06(水) 16:31:33 ID:knmj8gy+
>>39
ああ皮肉で書いたのか(T_T)

43 :日出づる処の名無し:2005/04/06(水) 16:32:21 ID:qq/tDVR7
まあ、>>1がアホだったという事でこのスレ終了。

44 :日出づる処の名無し:2005/04/06(水) 18:08:49 ID:B0C1ztRl
>>23
ちょこっとみたら、こんなこと書いてあるしw

The attractions of Seoul, as a city, are few.
Beyond the poverty of the buildings and the filth of the streets,
I do not know of much else of any great interest to the casual globe-trotter,
who, it must be said, very seldom thinks it advisable to venture as far as that.
No, there is nothing beautiful to be seen in Seoul.
If, however, you are on the look-out for quaintness and originality, no town will interest
you more. Let us go for a walk round the town, and if your nose happens to be of a
sensitive nature, do not forget to take a bottle of the strongest salts with you.

45 :日出づる処の名無し:2005/04/06(水) 18:10:09 ID:B0C1ztRl

No, there is nothing beautiful to be seen in Seoul.


46 :日出づる処の名無し:2005/04/06(水) 18:27:02 ID:B0C1ztRl
>>23
だけど

"Why not laugh at illnesses, death, and deformity?" I once heard a Corean argue.

で検索して、その周辺だけでも読んでみなよ。
ハンセン病の患者を笑いものにしていたチョン達・・・・
サイテーだ。


47 :日出づる処の名無し:2005/04/06(水) 18:30:45 ID:B0C1ztRl
ヘンリー・サヴェジ-ランダー(Henry Savage-Landor)
朝鮮人は普通野蛮人のなかに入ると言われているが、偏見にとらわれないで彼らの性質を考えてみると、
私はいつも彼らがきわめて知的で知識の習得も速いことにびっくりさせられていることを白状しなければ
ならない。彼らにとって、外国語を学ぶのはまったくたやすいことである……彼らはすばらしく鋭い分析力
を持っているだけでなく、理解の速さも驚くほどである。



どこに書いてあったがしらないが歪曲理解しすぎ

48 :日出づる処の名無し:2005/04/06(水) 18:33:17 ID:B0C1ztRl
わるいけど胸糞わるくなったので続きは読みません。
朝鮮人は昔から最悪だとわかりました。

49 :鳥取県推進委員会 ◆AjRMxc8IVg :2005/04/06(水) 18:34:47 ID:PgK9EFJ5
事実を突きつけられた嫌韓右翼が必死な模様。

必死に捏造だと言い張っているところが笑える。

50 :日出づる処の名無し:2005/04/06(水) 18:37:10 ID:d8JsivYG

日本統治前と日本統治後の朝鮮
http://bbs.enjoykorea.naver.co.jp/jaction/read.php?id=enjoyjapan_2&nid=71651&work=list&st=&sw=&cp=2


51 :日出づる処の名無し:2005/04/06(水) 18:39:03 ID:iF6wBkY7
スレタイがちと間違ってるけど、捏造だなんて言わないよ。
きちんとした資料だと思うよ。
スレタイは正しくはこうでそ?

「反日厨が知りたくない、西洋人が見た併合後の朝鮮」

52 :日出づる処の名無し:2005/04/06(水) 18:43:09 ID:hyoJzXNm
>>49
プ

53 :鳥取県推進委員会 ◆AjRMxc8IVg :2005/04/06(水) 18:46:41 ID:PgK9EFJ5
>>51
併合後だという根拠は?

54 :日出づる処の名無し:2005/04/06(水) 18:47:55 ID:iF6wBkY7
>>53
併合前だと、これ書いた人の年齢16歳とかになるらしいよ?

55 :鳥取県推進委員会 ◆AjRMxc8IVg :2005/04/06(水) 18:50:06 ID:PgK9EFJ5
>>54
だから何?
16歳でも十分書けますよ。

56 :日出づる処の名無し:2005/04/06(水) 18:53:06 ID:hbz76sAo
>>54
昔の16歳と、現在のそれとは違う。昔の方が精神的にも成熟が早い。
だから16歳の「大人」が書いたとしてもおかしくはない。

57 :日出づる処の名無し:2005/04/06(水) 18:54:09 ID:0VCMVkVx
>>49
べつに日本人の大半は「嫌韓」でも「親韓」でもないよ。
しょーじきどうでもイイ存在なの。 けど蚊や蛭みたいに日本の周りに群がって
くるんで、手で払いのけてるだけ。 「韓流ブーム」にしても、多くの日本人は
「韓国は昔日本の植民地で、日本や日本人に対して抜きがたい劣等感を持っている」
と認識した上で、日本人らしい奥ゆかしさで「韓国人の自尊心を尊重してあげよう」
って感じで受け入れてるだけなのに。

58 :日出づる処の名無し:2005/04/06(水) 18:54:25 ID:iF6wBkY7
>>55
ま、確かにそうだ。
ただ資料に年月日が書いてないしなー。
イザベラバードの紀行と比べると併合後と見るのが妥当じゃない?

>路地は広げられ、排水溝にも蓋がかぶせられて、車道の幅も広がった……ソウルは遠からず東洋

このあたりの表現から、過去との対比が見て取れる。
併合前と併合後の比較かと。

59 :日出づる処の名無し:2005/04/06(水) 18:54:32 ID:TJWcFbX4
>>55

>>26
で指摘した首都名称の矛盾点や韓国の日帝以前は遙かに栄えていたという主張との矛盾については?

60 :日出づる処の名無し:2005/04/06(水) 18:55:19 ID:QpMHpWNp
>>1
以上、ブルース・カミングス(横田安司・小林知子訳)『現代朝鮮の歴史―世界のなかの朝鮮』(明石書店 2003年、原題はKorea's Place in the Sun)200−206ページより再引用。

『現代朝鮮の歴史』訳者あとがき
本書は、ブルース・カミングスの著書Korea's Place in the Sun: A Modern History (Norton, 1997)の翻訳である。
カミングスは一九四三年生まれ。コロンビア大学で政治学を学び、
シアトルのワシントン大学国際関係学部を経て八七年からシカゴ大学歴史学部教授を務めている。
一九六七年から六八年にかけて、徴兵を忌避して平和部隊に参加し、韓国で英語教師として働いた。
それ以来、朝鮮現代史に関心を持ち、その研究を精力的に進めてきた。

http://www.akashi.co.jp/menue/books/1794/atogaki.htm

ベトナム戦争を逃げ出したところから確実にサヨだな
しかも韓国へいってる
客観的な人物の主張といえるのか?これ

61 :鳥取県推進委員会 ◆AjRMxc8IVg :2005/04/06(水) 18:56:18 ID:PgK9EFJ5
勝手な解釈は要りません。

62 :日出づる処の名無し:2005/04/06(水) 18:56:40 ID:hbz76sAo
>>55
その通り。読んでみても解るとおり、初めて訪れた朝鮮に対して非常に
好意的な修辞がたくさん見られる。16歳の大人と言えども、まだまだ純粋さも
残っていたのだろう。実際には悪い部分も目にしたであろうが、総体的な印象が
良ければ悪くは言わないものでしょう。

63 :日出づる処の名無し:2005/04/06(水) 18:57:56 ID:dWSwr2kG
安重根万歳!

64 :日出づる処の名無し:2005/04/06(水) 18:59:31 ID:hWpfHgVr
>61、>55の質問に答えてから捨て台詞を吐けよ

65 :日出づる処の名無し:2005/04/06(水) 19:00:31 ID:iF6wBkY7
>>62
これを併合後と信じて疑わない?
参照資料に年月日が書いてないのに?
それとも手元にその書籍があって年月日が書いてあった?

16歳云々てのは取り下げるね。
その真偽を判定しようと思ったら生没年から経歴まで調べんといかんからメンドイw

66 :日出づる処の名無し:2005/04/06(水) 19:01:48 ID:9qIOuOqJ
「おおやっといいものが見つかった!さあ2ちゃんで自慢してこよう」って
思ったのかな。

67 :日出づる処の名無し:2005/04/06(水) 19:01:55 ID:QpMHpWNp
>>64
無理だよ サヨの特徴は
自分に都合の悪いことには絶対答えない
相手に都合の悪いところは狂ったように回答を求める

これだから


68 :64:2005/04/06(水) 19:02:11 ID:hWpfHgVr
間違った、59の質問だった。スマソ

69 :日出づる処の名無し:2005/04/06(水) 19:03:23 ID:7Y0JfK41
つーか、ちゃんとした併合前の韓国の写真とか出せばそれで済む話なんだが。

70 :日出づる処の名無し:2005/04/06(水) 19:03:49 ID:UGQPddHL
まあ、26に尽きるな.

71 :日出づる処の名無し:2005/04/06(水) 19:05:51 ID:B0C1ztRl
おまえらほんとに
↓これ読んだのかよ。
>>23
チョン的にはイザベラのよりこっちを翻訳されたほうが困るだろ。
なにしろ、うわさにはあった朝鮮人のハンセン病や障害者を馬鹿にする
伝統芸までしるしてあるからなw


結局・・また自爆だな

72 :日出づる処の名無し:2005/04/06(水) 19:06:55 ID:hbz76sAo
どうして日本が韓国を侵略したのか。1のソースにもあるように、韓国は
西洋の文化や技術を自分のものとし、着々と国力の増大に励んでいた。
それに脅威を感じた日本が早いうちに叩いたのです。

73 :日出づる処の名無し:2005/04/06(水) 19:07:16 ID:QpMHpWNp
北朝鮮とアメリカ 確執の半世紀
ブルース カミングス

北朝鮮寄りの碩学, 2004/08/30
レビュアー: czr05074 (プロフィールを見る)   福岡県 Japan
著者は北朝鮮を擁護するものではないと、初めに断っているが、
北朝鮮寄りの姿勢がちょっと気になる。「朝鮮戦争の起源」などの優れた業績があり、
和田春樹と比較するのはかわいそうだが、匂いが似ている。アメリカの左翼の考えを知るにはいいかもしれない。

<挿話として、韓国人がロゼッタストーンのところで、
神聖文字の韓国起源説を真剣に主張していることに著者はあきれていたが、私もあきれ果てた。
韓国の異常な反日・ナショナリズム教育のせいだが、国際摩擦必至の迷惑な民族である。>

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4750319503/250-4310497-2107420

74 :鳥取県推進委員会 ◆AjRMxc8IVg :2005/04/06(水) 19:08:53 ID:PgK9EFJ5
>>72
朝鮮半島の技術や人材を搾取しようとしたんですね。

75 :日出づる処の名無し:2005/04/06(水) 19:10:43 ID:QpMHpWNp
現代朝鮮の歴史―世界のなかの朝鮮 世界歴史叢書

レビュアー: オレ王 (プロフィールを見る)
<著者はスターリニストで主に北朝鮮における社会主義研究の世界的権威。>
他の著書に『いちばん遠い国・北朝鮮案内』がある(94年、内容紹介「孤立し、閉ざされた「楽園」国家・北朝鮮。
次代の首領にゆだねられたこの不思議の国の真の姿を、写真家集団・マグナムの唯一の日本人・久保田博二のカメラが捉えた。
不透明なこの国の明日を占うに必見必読の一冊。」)。
歴史的な半島の研究で当時半島を訪れた人々がどのように感じたかの言説が数多く抄録されており便利。
同時代史学会3号に拠ればこの本は元々「この本はもともとは大学のテキストとしての企画」だったという。
その後だどうなったかは定かではない・・・・。まあテキストにならなくて正解だったろう。

著者はスターリニストって・・・。ソ連もうないし

76 :日出づる処の名無し:2005/04/06(水) 19:10:45 ID:B0C1ztRl
>>72

>>23
↑を読め。そして反省しろ。

77 :日出づる処の名無し:2005/04/06(水) 19:11:02 ID:iF6wBkY7
>>72
当時の日本にとって、強い朝鮮はまさに望んでいたものだったよ。
最初は欧米列強に対して、日中朝で対抗しようとしてたんだから。

それが何度言ってもなかなか自主発展どころか開国すらしないもんだから、
おせっかいではあると知りつつも、自国の安全保障上ちょっと強引に
保護国→併合として朝鮮富国に努めたんじゃないか。

78 :鳥取県推進委員会 ◆AjRMxc8IVg :2005/04/06(水) 19:13:44 ID:PgK9EFJ5
>>77
そんな自己中心的で勝手な解釈は通用しません。

79 :日出づる処の名無し:2005/04/06(水) 19:14:50 ID:EO3T30cj
ソウルは広々として綺麗だ=何にも無いと言うことか

80 :日出づる処の名無し:2005/04/06(水) 19:16:53 ID:hbz76sAo
>>74
それもあるだろうけど、一番の狙いは韓国の足を引っ張ることだと推測される。
日本にある文化や技術と言うものは、中国から朝鮮半島を経て日本に
入ってきたものが多いのは事実ですね。朝鮮半島という橋を通過する間に、
文化や技術はさらに洗練されたものとなって、日本に入ってきました。
日本はいつでも一番最後。兄弟でたとえるなら末っ子の様な立場に日本は
居ました。そこに不満を感じていたとしても少しもおかしくはありません。
そして、ペリーに開国を迫られ日本は積極的に西洋文明を取り入れることに
なります。これが日本と中国・韓国の立場を逆転させることになったのです。


81 :日出づる処の名無し:2005/04/06(水) 19:17:15 ID:w4tkq9dN
>>1 にある、
パウル・フォン・メレンドルフ(Paul von Moellendorff)

この人は次のページによれば、“the first western political advisor to a Korean king”だそうだ。
そりゃ悪口は言わないわな。
ttp://www.germany-info.org/relaunch/info/publications/week/2004/040916/politics3.html

82 :日出づる処の名無し:2005/04/06(水) 19:17:27 ID:WHIVGNZ2
>>78
アンタに言わせれば未だに韓国は「米帝の傀儡」なんじゃないのかw

83 :日出づる処の名無し:2005/04/06(水) 19:18:56 ID:iF6wBkY7
自己中心的じゃなくて、一般に認識される当時の日本の世相と思想です。
それはさておき。

別に必要以上に貶めたいわけじゃないんだけどなー・・・
日本からの使節団も、朝鮮の簾や扇などの工芸品を賞賛していたらしいし。
事実認識を共有したいだけなんだが・・・

84 :日出づる処の名無し:2005/04/06(水) 19:19:30 ID:hbz76sAo
 当時のアジアでは伝統を守る為に、西洋文明を取り入れるのに躊躇
していました。それを平然とやってのけたのが日本なのです。成功と引き換えに、
尊厳を売り渡してしまったのです。

85 :日出づる処の名無し:2005/04/06(水) 19:20:29 ID:8R2FVLhs
>>78,80
119に電話するとあなたたちをしかるべき所に、連れて行ってくれる
人たちが来てくれますよ。

86 :日出づる処の名無し:2005/04/06(水) 19:20:42 ID:QpMHpWNp
たとえば韓国史学の世界的権威でシカゴ大学の<ブルース・カミングス教授>も、
日本の朝鮮経営はイギリスのインド経営とは対照的だったと指摘しています。
イギリスはインドの産業化を逆行させてたのに、1930年代の興南窒素肥料工場、水豊の水力発電所、鎮南浦の工業団地などは、
当時世界的に見ても最高水準の施設だったと。

サヨの情報操作はうんざり

87 :日出づる処の名無し:2005/04/06(水) 19:22:26 ID:qq/tDVR7
>>84

伝統を守る為に西洋文明を取り入れるのが尊厳が無いと主張するなら
その前にまずお前の目の前のPCの回線切れ。

コンピューターの起源はイギリスだ。インターネットの起源はアメリカだ

88 :日出づる処の名無し:2005/04/06(水) 19:23:15 ID:iF6wBkY7
>>84
それは確かにある。日本国内でも異論はあったでしょう。
ただ周辺諸国の状況を実際に視察に出て目の当たりにし、
一時の矜持を捨て国を守るために西洋文化を取り入れることを選んだのです。
尊厳を売り渡したとか愚弄しないでください。

89 :日出づる処の名無し:2005/04/06(水) 19:23:31 ID:UAgI2DOD
ぐぐるとわかるけど
ネタ元ぜんぶチョンだぜ

90 :日出づる処の名無し:2005/04/06(水) 19:23:39 ID:QpMHpWNp
知りたくないのは朝鮮人では?

韓国史学の世界的権威、ブルース・カミングスによれば、
┌──────────

日本による朝鮮経営は、産業を逆行させ農業社会に退行させたイギリスのイン
ド経営と比較してみると、極めて対照的である。植民統治の全期間に亘り朝鮮
半島と日本列島は、経済のみならず政治および文化でもひとつの単位にくくら
れた。
日本は将来、朝鮮半島が独立するとは夢想だにしていなかったため、躊躇する
ことなく朝鮮半島に、とてつもない数の産業施設を建設しました。1930年
代から朝鮮半島に入ったフンナン(興南)の窒素肥料工場、スブン(平安北道)の
水力発電所、チンナンポ(平安南道)の工業団地などは、当時からみても最先端
の重工業産業の施設だったというだけでなく、世界的にも最高水準の施設でし
た。
また日本が、朝鮮の農業生産性向上のために投資した灌漑事業や農業開発事業
も、他の植民地ではいくら探してもみつからないものです。このような投資や
事業を行う植民地経営は、植民地そのものの発展に積極的に役立った。












91 :日出づる処の名無し:2005/04/06(水) 19:26:07 ID:2i1vg7lK
http://www.tcnweb.ne.jp/~perfect/china.htm
そんなことより、こっちが大きな反響を呼んでいる。

92 :日出づる処の名無し:2005/04/06(水) 19:26:49 ID:hbz76sAo
>>85
なにそれ?脅迫のつもりですか?なんでネットの掲示板に自論を書き込んだ
だけで逮捕されなくちゃなんないんだよ(笑)。
>>87
当時の話だよそれは。

93 :日出づる処の名無し:2005/04/06(水) 19:28:08 ID:bP07dGo3
>>92
119に電話したら警察が来て逮捕されるんだ・・・w

94 :日出づる処の名無し:2005/04/06(水) 19:30:07 ID:qq/tDVR7
>>92
この場合は犯罪とかではない、文化の話だから当時とかの時間軸は関係ないのだが。
あんた自身の心根の問題だ。

95 :日出づる処の名無し:2005/04/06(水) 19:32:06 ID:8R2FVLhs
>>92
どこが脅迫なんだよ。

96 :鳥取県推進委員会 ◆AjRMxc8IVg :2005/04/06(水) 19:41:30 ID:PgK9EFJ5
またネット右翼の集団虐めですか・・・。
自分と違う意見の人を寄ってたかって虐めるのはやめましょう。

97 :日出づる処の名無し:2005/04/06(水) 19:41:58 ID:0LqP4B9j
>>91
グ、グロすぎ。
マジかよ。これ

98 :日出づる処の名無し:2005/04/06(水) 19:43:31 ID:Vf1R2cYZ
>>92
キチガイは逮捕されて当然。

99 :日出づる処の名無し:2005/04/06(水) 19:44:52 ID:qq/tDVR7
>>96
「日本国内では119をかけると警察が来る」という意見の人は
とにかく是正した方が本人の為だと思いますが。

まあ、彼もなんかどこかで人生狂ったんでしょう。

100 :日出づる処の名無し:2005/04/06(水) 19:47:28 ID:bP07dGo3
>>99
もしくは、「119に電話をかけて来る救急隊員には、患者を逮捕する権利がある」
という意見かもしれん。

101 :日出づる処の名無し:2005/04/06(水) 19:48:31 ID:hbz76sAo
>>96
別に庇ってくれなくてもいいよ。2ちゃんねるはそういう所だと認識した
上で書き込んでいるしさ。俺たちは少数派なのは間違いないだろう。
だけど、俺達サイレントマイノリティーが声を挙げないと、この国はどんどn
おかしくなっていく。

102 :日出づる処の名無し:2005/04/06(水) 19:50:26 ID:TJWcFbX4
>>96

>>96だって警察は115だってことぐらいはわかってるよ。

ちょっとした勘違いでみんなも責めるなよ。

103 :日出づる処の名無し:2005/04/06(水) 19:50:48 ID:txe3CYKf
さんざんおかしな国にしてくれた方々がまだ満足しておられないのですか・・・

104 :日出づる処の名無し:2005/04/06(水) 19:52:11 ID:53mZ2uF2
72 名前:日出づる処の名無し 投稿日:2005/04/06(水) 19:06:55 ID:hbz76sAo
どうして日本が韓国を侵略したのか。1のソースにもあるように、韓国は
西洋の文化や技術を自分のものとし、着々と国力の増大に励んでいた。
それに脅威を感じた日本が早いうちに叩いたのです。

84 名前:日出づる処の名無し 投稿日:2005/04/06(水) 19:19:30 ID:hbz76sAo
 当時のアジアでは伝統を守る為に、西洋文明を取り入れるのに躊躇
していました。それを平然とやってのけたのが日本なのです。成功と引き換えに、
尊厳を売り渡してしまったのです。

矛盾してますな。

105 :日出づる処の名無し:2005/04/06(水) 19:52:33 ID:hbz76sAo
110は警察。119は消防署。 
俺の勘違いだから、この話はもうやめよう。

106 :日出づる処の名無し:2005/04/06(水) 19:52:45 ID:iF6wBkY7
むしろ唯一真面目に煽りなしで話そうとしている自分だけがスルーされる件について on_

107 :日出づる処の名無し:2005/04/06(水) 19:53:21 ID:dvRP13+Z
あ〜〜
幼児のキーセンと一発ヤリてー!   By 金 保

108 :日出づる処の名無し:2005/04/06(水) 19:54:14 ID:VRSLQCtz
>91
やべぇ。全部みちまった。鬱。_| ̄|○

109 :鳥取県推進委員会 ◆AjRMxc8IVg :2005/04/06(水) 20:00:37 ID:PgK9EFJ5
>>91
その幼児の死体は明らかに作り物ですよね。

>>101
頑張りましょう。

110 :日出づる処の名無し:2005/04/06(水) 20:02:31 ID:qq/tDVR7
>>106
まあ、真面目に話しても

T:まず左翼側が理論を理解できる可能性がかなり低い。
  (裏返せば、サヨ側は物事を科学的に論証する事が出来ない)
U:論破しても数日後には論破された事を忘れてまた同じネタで暴れる

というのがずっと続いてるからねえ。

基本的にサヨは厚顔無恥なんで、結論としては
「一々論破もできるけど、てっとり早く罵倒して火病おこさせて
とっとと板から消えてもらう」ほうが楽だし、早いと言うわけだ。

111 :日出づる処の名無し:2005/04/06(水) 20:02:37 ID:bP07dGo3
>>105
んじゃ、>>104についての説明ヨロ

112 :日出づる処の名無し:2005/04/06(水) 20:02:51 ID:zs53K2Li
 ま た エ マ ー ル ・ キ ム か

113 :日出づる処の名無し:2005/04/06(水) 20:05:21 ID:81p/tLii
匿名掲示板の名無しから学者まで、サヨのアホさがよく分かるスレだね。

114 :日出づる処の名無し:2005/04/06(水) 20:08:11 ID:TJWcFbX4
ハイ、ここからこのスレでの指摘された点を全て論破する左翼の論理的で筋の通った反論が
次々とカキコされますよ〜。





ではどうぞ↓

115 :日出づる処の名無し:2005/04/06(水) 20:09:04 ID:SYDX/Oyj
ぶっちゃけ、併合って1910年だろ?
それ以前から日本の開発が始まってるよな?
併合前だからって朝鮮人が独自で進化した証にはならんて。

116 :鳥取県推進委員会 ◆AjRMxc8IVg :2005/04/06(水) 20:11:24 ID:PgK9EFJ5
>>115
なぜです?

117 :日出づる処の名無し:2005/04/06(水) 20:12:55 ID:oAahDFr5
>>1
>パウル・フォン・メレンドルフ(Paul von Moellendorff)
>朝鮮人は日本人よりすぐれており、西洋の科学を習得するという点で、やがてこの島国の人間を
>追い越すだろうと堅く信じる。

予想、思いっきり外しとるやんw。


118 :日出づる処の名無し:2005/04/06(水) 20:13:09 ID:hbz76sAo
>>103


119 :日出づる処の名無し:2005/04/06(水) 20:14:59 ID:hbz76sAo
>>103
身近なレベルからの実感を言っているのですよ。日本はまともではありません。
最近では日常生活においても、それはあります。例えば、ファミリーレストランでです。
ファミリーレストランは家族連れが集まる店ですよね。そんな場でも、子供が
居るにも拘らず堂々と韓国や中国の悪口を言う人をみかけます。
スーパーに買い物に来る主婦の中にもいました。韓国人に対する蔑称を使い、
口汚く散々韓国人の悪口をまくし立て、「私は小泉さんを支持するよ!韓国人を
竹島から追い出せ!」とコブシを振り上げました。信じられないような光景を目の当たりにしました。
私はそれはあんまりではと思いましたが、驚いたことに周りの人も笑って同調していたのです。
彼らの冷たい視線に気付き、私はそそくさとその場を立ち去るほかありませんでした。


120 :日出づる処の名無し:2005/04/06(水) 20:15:23 ID:iF6wBkY7
併合の前に保護国になってるね

121 :日出づる処の名無し:2005/04/06(水) 20:15:28 ID:TJWcFbX4
>>117
追い越す時期は明らかにしてないから外れてはいない。


122 :日出づる処の名無し:2005/04/06(水) 20:16:48 ID:dJ6fSZGs
>>91>>97
何なの?怖くて見れない((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

123 :日出づる処の名無し:2005/04/06(水) 20:17:36 ID:QpMHpWNp
>>115
それ禁句
はっきりいっちゃあ
このスレが終わる

124 :日出づる処の名無し:2005/04/06(水) 20:17:42 ID:zs53K2Li
>>119
どこの国だっけ?
平気で他国の国旗を燃やしたり人形焼いたりするのは?

125 :日出づる処の名無し:2005/04/06(水) 20:17:54 ID:dJ6fSZGs
>>119
それ、どこの話?

126 :日出づる処の名無し:2005/04/06(水) 20:18:22 ID:bP07dGo3
誰か>>119の読み方教えてくれ。

127 :日出づる処の名無し:2005/04/06(水) 20:18:29 ID:TJWcFbX4
>>122
中国での胎児(人のね)の調理方法(写真入り)

128 :日出づる処の名無し:2005/04/06(水) 20:19:04 ID:qq/tDVR7
>>119
>彼らの冷たい視線に気付き、私はそそくさとその場を立ち去るほかありませんでした

そのファミレスの客がただの客のあんたを見る理由は無いのに、
なぜかあなたは「彼らの冷たい視線」を感じたとしたならば、精神科行って下さい。

被害妄想に近いなんらかしらの病気である可能性が高いです。

129 :日出づる処の名無し:2005/04/06(水) 20:19:25 ID:dJ6fSZGs
>>115
たしか韓国の電話事業も日本よりそんなに遅れないで開始されてて不思議だったけど
それってもしかして日本の協力で行われたのかな?

130 :日出づる処の名無し:2005/04/06(水) 20:21:47 ID:dJ6fSZGs
>>127
((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル
((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル
((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

見なくて良かった_| ̄|○

131 :日出づる処の名無し:2005/04/06(水) 20:21:50 ID:XKnE44ga
>>1
朝鮮人がそんなに素晴らしい民族なら、どうして征韓論反対論者で
しかも総理大臣の伊藤博文を殺すなんて馬鹿な真似したの?
日本に宣戦布告したようなもんじゃん。韓国併合に反対した国が
殆どなかったのって、それが原因じゃないの?自業自得やん。

132 :日出づる処の名無し:2005/04/06(水) 20:22:42 ID:TJWcFbX4
>>128
人をいきなり疑ってはいけません。疑いというものは、彼が真実を語っているというあらゆる可能性を考えて
それでもなお成立し得ないときだけ仕方なくもつものです。



チマチョゴリを来て日章旗を燃やしながらキムチを注文してファミレスにいたかもしれないじゃないか!!

133 :日出づる処の名無し:2005/04/06(水) 20:24:26 ID:iF6wBkY7
鳥取県推進委員会さんて在日の人?

134 :日出づる処の名無し:2005/04/06(水) 20:26:00 ID:7TR8zZOs
ここまで読んで言える事は僕は韓国人が嫌いだという事です。

135 :日出づる処の名無し:2005/04/06(水) 20:26:45 ID:683lwLvE
>>109

>>91
その幼児の死体は明らかに作り物ですよね。


なんで作り物ってわかる ? 根拠キボン
正直、正視に堪えんのだが、、、。

136 :日出づる処の名無し:2005/04/06(水) 20:26:53 ID:2i1vg7lK
http://www.tcnweb.ne.jp/~perfect/china.htm
そんなことより、こっちが大きな反響を呼んでいる。

137 :日出づる処の名無し:2005/04/06(水) 20:28:28 ID:qq/tDVR7
>>132
いたとしたら、その鮮人有る意味潔い(w

138 :日出づる処の名無し:2005/04/06(水) 20:44:48 ID:W9PlaivH
>>130
                     /
              |_     \                  ○
      \/\    _|   \/      _  ○/      | ̄
_| ̄|○    /○   ○   ○    ○|_|    \/\     ̄|   _| ̄|○正解!

139 :日出づる処の名無し:2005/04/06(水) 20:45:26 ID:UGQPddHL
>>119
それ、どのへんの話だよw
日本の一般人は政治的な話なんかするほど中韓に興味なんかもってねぇし。
ましてや主婦がスーパーで首相支持とか風刺漫画でもあり得ない。
せいぜいがワイドショーにのぼる反日報道についての駄話ぐらいだろ。

考えられるとしたら、その嫌韓中どもの騒ぎの原因は、おまえじゃないかということぐらい。

140 :日出づる処の名無し:2005/04/06(水) 20:56:33 ID:1l0jk8le
優秀な朝鮮民族なのに統一することすらできないの?

http://bbs.enjoykorea.naver.co.jp/jaction/read.php?id=enjoyjapan_8&nid=1043164

141 :日出づる処の名無し:2005/04/06(水) 20:57:57 ID:T3lcr3Gb
悪いけど、しゃべらない限り、日本人と朝鮮人と中国人の区別がつくとは、思えん。

142 :日出づる処の名無し:2005/04/06(水) 21:06:04 ID:qPh2oCIB
で、>>1は何がいいたいのかな?

反省と謝罪をしろと?それは1965年から延々と続けてるじゃない。
賠償も十分しているぞ。
漏れは嫌韓厨ではないが、ヒステリーを起こし続ける相手にはそれなりの対応しか出来ないし
やるべきでないと思う。


143 :日出づる処の名無し:2005/04/06(水) 21:09:05 ID:XKnE44ga
>>141
そらそうだ、俺なんてたとえしゃべってたって、
アメリカ人とイギリス人の区別つかんもの。

144 :日出づる処の名無し:2005/04/06(水) 21:12:50 ID:B0C1ztRl
オランダのように強制栽培法みたいな法律を作って
本国で高く売れるような作物しか作らせなくて、原住民が
貧乏になって搾り取るのが西洋の植民地支配。

日本は併合してやったわけで、投資したぶんも回収してない。
もちろん赤字。

チョンは日本が相手してやらなければ今頃チェチェンみたいになってるよ。

145 :日出づる処の名無し:2005/04/06(水) 21:14:21 ID:B0C1ztRl
>>141
エラでわかるよw一緒にスンナチョン

146 :日出づる処の名無し:2005/04/06(水) 21:26:32 ID:yqSlPZe4
>130
一応言っておくと、下にスクロールしないと見れないから
間違って開いただけなら大丈夫。

147 :日出づる処の名無し:2005/04/06(水) 22:32:20 ID:7RCSX4MD
>>141
日本人と中国人は似てることもあるけど、朝鮮は雰囲気が全然違う
少なくとも日本人から見れば朝鮮人の区別はさほど難しくないはず

148 :日出づる処の名無し:2005/04/06(水) 22:41:43 ID:INMXQZHP
>>143
いやー…イギリス人とアメリカ人は聞き分けられると思うよ。


149 :日出づる処の名無し:2005/04/06(水) 22:47:06 ID:vq1N2om5
>141
ダウト。

「しゃべらない限り」 すなわち、『黙っている=日本人』なんだよ! とキバヤシってみる。

150 :日出づる処の名無し:2005/04/06(水) 22:48:58 ID:EaNErfm7
つーか最低限の国力あれば普通戦争になるだろ。
自分達の先祖の間抜けぶりを恨めよ。

151 :日出づる処の名無し:2005/04/06(水) 22:52:42 ID:EVIZwtAz
要は救済合併だったわけだから。

152 :日出づる処の名無し:2005/04/06(水) 23:15:33 ID:bTRhQXSc
http://bbs.enjoykorea.naver.co.jp/jaction/read.php?id=enjoyjapan_2&nid=71651&work=list&st=&sw=&cp=2
併合前http://nandakorea.sakura.ne.jp/img/03.jpg
併合後http://page.freett.com/heijyo/keijo/keijo20
併合後も、まだ朝鮮の伝統的な波打ち屋根が残ってるね。

153 :日出づる処の名無し:2005/04/06(水) 23:18:34 ID:XKnE44ga
>>149
マジ?すげえな。2ちゃんも国際化だなあ。

154 :日出づる処の名無し:2005/04/07(木) 00:34:39 ID:0jIfYkPS
>>119
嘘つけ。
主婦が「チョン」だなんて言葉しらねーよ。

155 :日出づる処の名無し:2005/04/07(木) 00:41:25 ID:51A2ISRn
まともな日本人は人目のあるところで
他人を誹謗中傷したりしません。
 
どこぞの国じゃあるまいし。

156 :糞スレ乙太郎:2005/04/07(木) 01:33:47 ID:jHhOl9u7
>>1糞スレ乙。

157 :日出づる処の名無し:2005/04/07(木) 01:41:17 ID:5Pcizar5
>154
>119の言う事は真実も含まれてるんだよ。

主婦「へっくしょん!」
>119「ペクチョンだと!?」

>119がその主婦の「心の声」を聞いてしまったとしても責められないでしょうね。ええ。

158 :日出づる処の名無し:2005/04/07(木) 02:27:30 ID:XOBV1TkO
戦後の混乱期を知っている婆様なら、「チョン」「チャンコロ」くらいは言うかもしれんな。
主婦?そうだなあ、ざっと半世紀ほど前なら、主婦をなさってたかと思うよ。

159 :日出づる処の名無し:2005/04/07(木) 03:20:12 ID:KOZzrggF
>>1
興味深い引用だけど原典ぐらい明らかにして欲しいね
カミングスの孫引きじゃあ・・・

あのひと、朝鮮戦争はアメリカの陰謀、見たいな事いってる左翼だし


160 :日出づる処の名無し:2005/04/07(木) 08:57:03 ID:dcqLJQoV
このようなサイトも有るから、賛否はともかく覗いて見れ、

http://photo.jijisama.org/index.html
http://photo.jijisama.org/dependency.html
http://photo.jijisama.org/OldKorea.html
http://photo.jijisama.org/hg.html
http://photo.jijisama.org/slaughter.html

161 :日出づる処の名無し:2005/04/07(木) 09:22:10 ID:qkCJmnVU
左翼は日本人なら朝鮮人に死んでわびろ。

162 :日出づる処の名無し:2005/04/07(木) 09:40:56 ID:RofkwUHx
>1
で、写真は?

163 :日出づる処の名無し:2005/04/07(木) 10:11:09 ID:McWyXWtj
韓国が曲がりなりにも、存在できるのは、日本のお陰だと言う事を、
韓国の教科書に書くべきだ。

164 :日出づる処の名無し:2005/04/08(金) 00:37:01 ID:L5Prw55a
>119
まあ、いつもどおりの捏造だろうけどさ、
もし、ホントだとしたら・・・
俺的には中韓を叩く人が多くなったと思えて嬉しいw

165 :日出づる処の名無し:2005/04/08(金) 01:22:35 ID:0xO2YGQ3
>>164
捏造するにしても、人はそれらしい状況を自分の経験などから、
想像と混ぜ合わせてお話をつくりあげるものである。
>>119はファミレスで堂々と嫌いな国の悪口を言う情景や、
スーパーで主婦が拳を振りあげてスローガンを叫ぶという情景を、
不自然とは思わない人生を生きてきたんであろう。

166 :日出づる処の名無し:2005/04/08(金) 22:11:01 ID:Ig9I4WeN
>>119
侵略者である韓国軍を、侵略された島から追い出すのは
平和主義者として当然のことですが、何か?


167 :日出づる処の名無し:2005/04/09(土) 13:08:17 ID:iz/xwCku
>>165
嫌いなものを嫌いと言える自由が無い国の人には想像もつかないんだね。
お気の毒様。

168 :日出づる処の名無し:2005/04/09(土) 18:41:15 ID:xaOLBtr0
>166
侵略者はアメリカだ。韓国は在韓米軍の引継ぎを行ったに過ぎない。

169 :日出づる処の名無し:2005/04/09(土) 18:49:26 ID:Xzy8ja6K
日本統治時代だったらワロス

170 :日出づる処の名無し:2005/04/09(土) 18:53:42 ID:GvyCEBYJ
答えはもう出てるよ。だからこのスレは終わり。

171 :日出づる処の名無し:2005/04/09(土) 18:54:02 ID:k3+UkmDM
>〔ソウル〕の通りは壮大で広々としていて、清潔で見事につくられており、排水も十分だった。狭くて汚い
>路地は広げられ、排水溝にも蓋がかぶせられて、車道の幅も広がった……ソウルは遠からず東洋で
>もっとも進んだ、興味のある、清潔な都市になるであろう。

明らかに日本の手が加えられた後の描写。

172 :日出づる処の名無し:2005/04/09(土) 19:02:13 ID:K72MKAt8
ジェームス・スカース・ゲイル(James Scarth Gale)
(前略)それにマラキ書でいう「洗濯人」でさえ、夢に見たこともないほど真っ白に仕上がった靴下を
組み合わせる。それはまことに世界でただ一つの美しい履物だった。こうしてゆったり歩くと、長衣のせいで
背丈が数インチは高く見え、これを見た西洋人をすっかり驚かせたものだった。

この人の奥さん韓国人みたいだね。米アマゾンの紹介みたけど

「過大評価しすぎだ。これを韓国の本と思ってこれだけを見るのはやめるべき」ってかかれてたよw

173 :日出づる処の名無し:2005/04/09(土) 19:07:02 ID:AGMuxeac
イザベラ・バード:1894年始めてソウルを訪れたバードはソウルについて
次のように述べている。58−60頁

「北京を見るまで私はソウルこそこの世で一番不潔な町だと思っていたし、
紹興へ行くまではソウルの悪臭こそこの世で一番ひどいにおいだと考えていた。
都会であり首都であるにしては、そのお粗末さは実に形容しがたい。礼節上2階
建ての家は建てられず…」

「こういった溝に隣接する家屋は一般に軒の深い藁葺きのあばら屋で、通りからは
泥壁にしか見えず、ときおり屋根のすぐ下に紙をはった小さな窓があって人間の住
まいだと言うことが分かる。又溝から2,3フィートの高さに黒ずんだ煙穴がきまって
あり、これは家の中を暖めるとと言う役目を果たした煙と熱風の吐き出し口である。」

「瓦屋根の反り返った上流階級の家屋でも、通りから見た体裁の悪さと言う点では
なんら変わりがない。」

シャルル・ダレ、住居の項にて:289頁

「貴方はみすぼらしい茅屋というものを見たことがあるでしょう。では貴方の知ってい
る最も貧しい茅屋を、その美しさと強固さの程度を更に落として想像してみてください。
するとそれがみすぼらしい朝鮮の住まいについての、殆ど正確な姿となるでしょう。」

「2階建ての家は探しても無駄です。そのようなものを朝鮮人は知らないのです」

韓国誌  573−574頁

「貴顕紳士の家にありては通常瓦葺きの門ありて廣き邸宅の入り口をなし、門に対して
主屋あり。主屋は南に向きて……。家屋の高さは人の身長よりやや高きのみにして……」

「平民の家は前に記すものと著しく相違し、憫なる小屋にして、粘土よりなり、低矮なるが
故に注意せざれば頭天井に触撃せらるべし。家の広さは最も大なるもの約4坪余りにして、
3坪を超えざる物甚だ多く、外面の高さは僅かに4尺7寸とす。

174 :日出づる処の名無し:2005/04/09(土) 19:13:08 ID:AGMuxeac
イザベラ・バード著、時岡敬子訳『朝鮮紀行』講談社学術文庫1998年

イザベラ・バードはイギリスの旅行作家で、世界各国を旅行しその旅行記を
残している。結婚後ビショップと改姓した。従ってビショップ夫人としての文献
引用も多い。1894年から1897年にかけ4度にわたり朝鮮旅行をした。
その旅行記である。尚彼女は1881年日本奥地紀行を出版したが、この本も
平凡社学術文庫に入っている。

シャルル・ダレ著、金容権訳『朝鮮事情』平凡社東洋文庫1979年

この本はシャルル・ダレの『朝鮮教会史』の序論部分である。ダレ自身は朝鮮
に入国したことはなく、主としてダブリュイ主教(1866年ソウルで処刑された)
が収集した資料を基礎に、他の宣教師の手紙等をまとめ、整理した物である。
前2書と異なり、朝鮮とはどのような国であるかを紹介するものである。従って
目次も自然地理、歴史、国王、政府、法廷、科挙、朝鮮語、社会身分、女性の
社会的地位、家族、宗教、性格、娯楽、住居、科学と整理されている。

『韓国誌』龍渓書舎復刻1996年

本書はロシア大蔵省が調査した資料を日本の農商務省山林局が抄訳した物で、
1905年日露戦争に勝利した年に東京書院から発行された物の復刻版である。
前書に比べ産業関係の記述が多い他、前書同様朝鮮社会制度の分析書である。


175 :日出づる処の名無し:2005/04/09(土) 20:05:02 ID:/7f3ke87
イザベラ・バードの「朝鮮紀行」を得意げに引用して貼り付ける人間に限って、
講談社学術文庫で470ページほどあるこの本を、実は読んでいない。
たいていは、反韓サイトか2ちゃんねるのコピペで数行の引用を読んだだけ。

だから、この本の中でイザベラ・バードが朝鮮人について

「顔だちから察せられるのは、最良の場合、力あるいは意思力よりも明敏さである。」
「朝鮮人はたしかに顔だちの美しい人種である。」
「知能面では、朝鮮人はスコットランドで「呑みこみが早い」といわれる天分に文字どおり
 恵まれている。」
「その理解の早さと明敏さは外国人教師の進んで認めるところで、外国語をたちまち
 習得してしまい、清国人や日本人より流暢に、またずっと優秀なアクセントで話す。」

と書いていることなんか、まったく知らない。(だって読んでないから)

さらには、イザベラ・バードは「日本奥地紀行」という作品も書いていて、その本の中では、
日本の農村ではふんどしを着けただけの男や、上半身が殆ど裸の女や、お守りを首から
さげただけの子供が、殆ど体を洗ったことがないかと思われる汚れた姿で暮らしている、
などと書かれていたり、日本人の不潔な生活についての詳細な記述に続いて、北海道の
アイヌの素晴らしい文化が感動と理解をもって語られているなどということは、もっと知らない。

要するに朝鮮人も日本人も100年前は平民は泥まみれの糞まみれで暮らしていたけど、
互いにそんなことはすっかり忘れてしまい、朝鮮人はみんな自分のルーツを両班だと信じ、
日本人はみんな自分のルーツが武士だと信じているだけのこと。

朝鮮紀行
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4582763294/qid=1113043328/sr=8-1/ref=sr_8_xs_ap_i1_xgl/250-7648257-7037806

日本奥地紀行
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4582763294/qid=1113043328/sr=8-1/ref=sr_8_xs_ap_i1_xgl/250-7648257-7037806

176 :日出づる処の名無し:2005/04/09(土) 20:06:45 ID:GvyCEBYJ
首都の比較だろ?

177 :日出づる処の名無し:2005/04/09(土) 21:22:27 ID:AGMuxeac
>>175
>日本人はみんな自分のルーツが武士だと信じているだけのこと。
アホな。
そんなこと思ってないよ。
おまえ、自分以外は愚民だと考えていない?

178 :日出づる処の名無し:2005/04/09(土) 21:31:04 ID:W3AXx8fp
>>176
首都の比較がどうしたって?

179 :日出づる処の名無し:2005/04/09(土) 21:31:56 ID:W3AXx8fp
>>177
おまえ、いかにも愚民だな


180 :日出づる処の名無し:2005/04/09(土) 21:37:28 ID:AGMuxeac
>>179
やっぱそう考えているってことだな。
176の意味がわからないようだが、愚民の質問は理解できないようだな w

181 :175:2005/04/09(土) 22:19:39 ID:zshbkU24
「朝鮮紀行」を得意げに引用して貼り付ける人間に限って「朝鮮紀行」をまともに
読んでいない、という俺の見立てがもし誤っているなら、俺は貼ってる人を馬鹿に
したことになるから、謝罪せんといかんな。賠償はしないとしても。

でも、ちゃんと読んでるにしてはいつもいつも同じページの同じパートばかり貼って
あるし、李氏朝鮮末期の朝鮮の精神世界を指摘したいのなら他にも引用できる
文章がいっぱいあるのに引用されないし、大多数のスレでは「日本奥地紀行」なんて
タイトルすら登場しないし。

唯一の例外はニュース極東板の「朝鮮紀行」のスレくらい。

182 :日出づる処の名無し:2005/04/09(土) 22:22:16 ID:AGMuxeac
ttp://plaza.rakuten.co.jp/khiroba/diary/200501100000/

183 :日出づる処の名無し:2005/04/09(土) 22:25:22 ID:AGMuxeac
>>181
>「朝鮮紀行」を得意げに引用して貼り付ける人間に限って「朝鮮紀行」をまともに
得意けとかなんとかおまえの主観で書き込むんじゃない。
読んでいるとか読んでないとかそんなこと問題にしてないのだが。
なにをそんなところにこだわっている?

184 :日出づる処の名無し:2005/04/09(土) 22:27:40 ID:AGMuxeac
>>181
>李氏朝鮮末期の朝鮮の精神世界を指摘したいのなら他にも引用できる
ぜひおまえが自ら引用してわれわれ愚民を感化してくれ。

185 :日出づる処の名無し:2005/04/09(土) 22:39:13 ID:91PsplTG
日本と朝鮮の歴史的な違いは、アジアの植民地化が進む中で、
西洋技術をとりいれて近代化を目指したかそうでないかという違いだな。

186 :日出づる処の名無し:2005/04/09(土) 22:40:32 ID:AGMuxeac
ttp://bbs.enjoykorea.naver.co.jp/jaction/read.php?id=enjoyjapan_8&nid=1094806&work=list&st=&sw=&cp=1

187 :日出づる処の名無し:2005/04/09(土) 22:44:32 ID:AGMuxeac
ttp://toron.pepper.jp/jp/20cf/kougyou/zaiseihtml.html

188 :日出づる処の名無し:2005/04/09(土) 23:22:20 ID:XMEqxBH9
>175
日本の平民が汚くてアイヌが美しい、というくだりでうさんくさいというか
意図的にそういう風に書きたかっただけという事が丸分かりなのだが。

日本刀は飾りだったと主張する人間と同じくらい馬鹿。
詭弁の特徴にもある。 「新しい考えかたこそが正しいと主張する」と。
なるほど、従来の考え方を覆すかのような論説は、
突拍子の無いものでも、根拠が無くても、
個人的感情に傾き客観性や公平性が無い意見でも、
これまでに無い奇想天外な考えかたなら正しい真実と脳内変換されるわけですか。

189 :日出づる処の名無し:2005/04/09(土) 23:26:50 ID:XMEqxBH9
ちなみに貧民層の多い地方は、そりゃあ税金の取立てに苦しみ
娘を売るような生活してたんだから、着るものもボロだろうよ。
だが、100年前の江戸など都市部はかなりの発展を遂げていた。
全世界で一番人口の多い都市だった時期もあったくらいだ。

で、朝鮮は、都市部は日本のよりも整備され発展していたんですかな?
地方は貧民だらけ(その国の経済水準から)なのは何処の国でも世界共通
ですから、朝鮮の農民が泥だらけ糞だらけなのは当たり前として。

190 :日出づる処の名無し:2005/04/09(土) 23:40:29 ID:hh4M5rgV
>181

「朝鮮紀行」の対比に「日本奥地紀行」はないだろw
普及版翻訳じゃない「日本紀行」の方でバランスとってやらなきゃ。

どちらにしろバードおばさんは、対日本の方が辛辣な表現が多い気がするけどね。

191 :日出づる処の名無し:2005/04/09(土) 23:43:21 ID:XMEqxBH9
>190
そうそう。 日本を批判したいだけだろって言いたくなるんだよね。
朝鮮びいきというか、紀行とか民族文化とか書く人の割りに客観視出来てないんだよね。

192 :日出づる処の名無し:2005/04/10(日) 00:02:50 ID:iRDrMQHS
>>181

>でも、ちゃんと読んでるにしてはいつもいつも同じページの同じパートばかり貼って
>あるし、李氏朝鮮末期の朝鮮の精神世界を指摘したいのなら他にも引用できる
>文章がいっぱいあるのに引用されないし

理由を簡潔に言おう。

 打つのがめんどい (八文字)

193 :日出づる処の名無し:2005/04/10(日) 00:56:16 ID:HBL+EUem
>>175 君が読んだというのは、どの「日本奥地紀行」かね?
日光について、「結構という資格がある」とまでハマってたのは無視か?
アイヌの素晴らしい文化?すさまじい容貌の描写や、いつも酔っ払っている有様が?
というか、そんなに非難したいなら、自分で引用するがいい。

194 :日出づる処の名無し:2005/04/10(日) 01:36:37 ID:x40GCIKa
ttp://todai.exblog.jp/1815143/
>1910年の武力併合から1945年の日本敗戦までの38年間で朝鮮半島は日本の過剰な搾取により見る影も無い悲惨な状態になりました。

45−10=38?

195 :日出づる処の名無し:2005/04/10(日) 02:12:40 ID:UvK3NP6X
>>152
http://bbs.enjoykorea.naver.co.jp/jaction/read.php?id=enjoyjapan_2&nid=71651&work=list&st=&sw=&cp=2

確かに日程併合時期の方が格段に美しいな。

しかし李朝時台の写真の南大門前の
掘っ立て小屋の人はどうなったの?

まさか、成田空港の時のようなことになってたりして。

右や左の旦那様におそえてもらいたい。
南大門前の彼らは誰が、どこへどういううふうに、移動させたのか。


196 :日出づる処の名無し:2005/04/10(日) 02:21:20 ID:Br9OUmsu
age

197 :195:2005/04/10(日) 02:38:02 ID:Br9OUmsu
>>195 訂正します

右や左の旦那様におそえてもらいたい。×
右や左の旦那様におえしてもらいたい。○

198 :ホロン部新入部員 ◆t/GUd7ef.2 :2005/04/10(日) 02:57:09 ID:kHnLyFFr ?
鳥取よ、夢を見たかっただけなんだよね、かわいそうに。
さぁ、君には、祖国「痴情の楽園」があるじゃないか、
夢を追いかけるのは止めるんだ!そして、一日も早く帰国するんだよ。

199 :日出づる処の名無し:2005/04/10(日) 03:53:23 ID:vVhDVhlU
イギリス人だよな。相当な人種差別感が入ってて当たり前。日本の都市は本国と同水準だったんじゃないの?
で特に書くには当たらないと。奥地までいってようやく書けること見つけたって感じじゃないのかな??

200 :日出づる処の名無し:2005/04/10(日) 08:44:03 ID:sGZT+xRt
>>199
勘違いの模様。
「日本奥地紀行」というのは都市部をのぞいた普及版を翻訳した物。
これに「バード日本紀行」を加えた二冊で初版原本になる。もちろん翻訳されている。

201 :日出づる処の名無し:2005/04/10(日) 13:10:47 ID:1nmfPH2G
>>188
詭弁のガイドラインですか。
いかにも聞き齧ったわずかな知識を縦横無尽に披露してますね。

202 :日出づる処の名無し:2005/04/10(日) 21:44:52 ID:WjYktajV
イギリスとて、昔からロンドンは素晴らしい都市だったが、
貧民窟に一歩足を踏み入れると…なのだし。
産業革命以前は徳川支配以前の江戸みたいな惨状だったし。

でも半島は都市部も貧民層の地域も差が無いのがねえ…

72 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)