2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

★独裁者から学ぶ極東戦略その3★

1 :カゼラ ◆SONY/ZIFXU :05/03/21 00:47:08 ID:jPQ+iD7q
                        _,,,,,,_
 ______________    '-ニ、l,    ______________
 ヽ二二二二二二二二二二二二ニ)    | ノ l    (二二二二二二二二二二二二二ノ
  ヽ-------------|-----|三三 ||、  /vvvvヽ  .ノ/三三|-----|--------------'
   \ニニニニニニニニニkニニニ-ヽ三三ヽヽ-':vvvvvv:i--'/ 三三ノ二二ノニニニニニニニニニ/
     ''---、------ヽ-=ニ~-ヽニ-~/.l.>、vvvvv/;-',ヽヽ-ニノ~ニ=-ノ------,,,--'''''~
        ~~~~~~~~~ヽニ-~,-',`-、// |.--vv--,|| lヽヽ/ヽニ-/'''''''''''''''''
               ヽ',-''ノ.// l l-l  .|:::|  :|--'~~lヽヽ,ヽ'~
                 ~'-'-ノノノ_l.|:||:|:::::|:||:|_l_lヽヽ-'^
                        ||~~~'||
        大切なのはただ一人の意志 後の者はそれに従えばよい
              統治とは上から始まり下で終わるものだ

                         ∧,,∧
                        ミ゚Д゚彡
                        <  y~|⊃
                       / ̄ ̄ ̄ ̄\
自らが抜きんでて優れているがゆえに大衆の主人として彼らを導く義務があると自負した独裁者達。
その峻烈な政治手腕から極東での戦略を学ぼう!

前スレ
★ヒトラーから学ぶ極東地域における方法論★
http://tmp4.2ch.net/test/read.cgi/asia/1102522853/
     ヒトラーに学ぶ    
http://tmp4.2ch.net/test/read.cgi/asia/1101722526/

236 :カゼラ ◆SONY/ZIFXU :2005/04/15(金) 23:57:06 ID:HFtJe20f
わが闘争より

読書や学習の技術というものも本質的なものを保持し
本質的でないものを忘れることにある。
際限もなく多く読む人、一冊一冊、
一字一字読む人々を博識と言うことはできない。
彼らはもちろん多量の知識を持っているが、
取り入れた材料を分類したり整理したりする事を知らない。
彼には本の中から自分にとって価値あるものとそうでないものを選別する技術が欠け
更にあるものはいつも頭の中に保持しあるものはできるなら無視するというように、
無用な厄介者を引きずっていかないという技術が欠けている。
読書というものは、それ自身目的ではなく目的の為の手段である。
だから、読書は各人の素質、能力を引き出し助長すべきものである。
その時々に読んだ内容があまつさえ読んだ本の順序に従って記憶にとどめられるのでなく、
優先順位的に与えられるべき地位と場所を与える事が必要である。
そうでなければ覚えこんだガラクタから錯綜した混乱が生ずる、
それは無価値であるだけでなく、他方においてその不幸な持ち主をうぬぼれさせ、
何か理解したような気にさせ、この種の教養が新たに増すにつれ、
世の中の実際からますます遠ざけてしまう。
そうした頭を持っているものは、混乱した知識の中から時代の要求に適合したものを
引き出す事ができず、永久に正しいものを見出すことができない。
正しい読書技術を持っているものは、どんな本、どんな雑誌やパンフレットを読んでも
長く記憶すべきだと考える。すべてのものに直ちに注意するだろう。
こうした方法で得れたものが人生に突然なんらかの解決を要する問題が表れた時、
直ちに規準をとらえ問題を解決したり、検討したり、新しい検分をしたりするのに
必要な知性を提供するのである。
読書はその時にのみ意義と目的を持つのである。
間違った方法で必要な手がかりを自分の知性に提供している演説者は、
その見解がいかに正しく現実に適っていてもすべての討論の際に記憶に見捨てられ、
自分の主張の根拠も、反対者を反駁する根拠も見出せない。

237 :カゼラ ◆SONY/ZIFXU :2005/04/15(金) 23:59:14 ID:HFtJe20f
>>236について
俺がヒトラーから学んだ事、
それ自身は目的の為の手段すぎないというなら、
ヒトラーの世界観を通じて、
日本にとっての不倶戴天の敵、シナ人・朝鮮人・華僑らの
これら滅ぼすべき中華主義の敵を知り得た事。
また、日本の政治の巨人、石原慎太郎氏を見出した事。
これこそが俺の学んだ目的であった。

238 :カゼラ ◆SONY/ZIFXU :2005/04/16(土) 00:00:26 ID:HFtJe20f
目下、シナ・朝鮮・華僑などの
中華主義的世界観との間で行なわれている宣伝戦は
のるかそるかの戦いであり、
この宣伝戦においては
「嘘もくり返すうちに本当になる」と言った
ゲッベルスの発言が全て正しい。

「宣伝それ自体には何ら特別な原則的な方法はない。
それにはただ一つの目的があるだけだ。
そしてこの目的とは政治では常に、大衆の獲得ということだ。
この目的に役立つなら、どんな手段でも良いのだ。
この目的を素通りしてしまうなら、どんな手段でも悪いのだ。
宣伝の方法は因果論的に日々の戦いそのものから発展してくるのだ。
我々の誰一人として生まれつきの宣伝家などではないのだ。
我々は日々の経験から効果的な大衆宣伝の方法と可能性を学んで、
それをまず何度も繰り返し使って一つの体系にまで仕立て上げたのだ。
宣伝は精神的認識を伝える必要もなければ、
おだやかだったり上品だったりする必要もない。
成功に導くのが良い宣伝で、望んだ成功をはずしてしまうのが悪い宣伝だ。
たといそれがどんなに魅力的であってもである。
重要なのは宣伝の水準ではなく、それが目的を達することである」

239 :カゼラ ◆SONY/ZIFXU :2005/04/16(土) 00:02:40 ID:/XTvFlp1
「中国人の日本商品の不買行動は一時的なもので
いずれ日本の商品が欲しくてたまらない層が勝つ」
だとか、
「中国の行動を世界中が見ているので相手にしなくても
他の国は日本に味方してくれる」
とか、
そんな夢みる幼稚園児のようなテレビコメンテーターを
今日までいくらでも目撃した。
この白痴達は宣伝戦の意味を一ミリも理解してない。
中共には蜃気楼の中から「南京大虐殺」なる実像をつくりだした実績がある。
俺にはアイルランド紛争の本質など分からないし、
アメリカとフランスの積年の確執など知りようがない。
他国のことについては、どこもわずかばかりの情報を探る程度なのだ。
そんな中では声の大きい宣伝の方が必ず優勢に立つ。
今日の問題の多くが「金持ち喧嘩せず」という態度をとりつづけた
日本の無策にあったと語ったのは石原慎太郎都知事である。
彼は事あるごとに「水爆をつくっている中国」
「チベットで200万人殺した中国」という前置きをつける、
バラエティー番組に出てもその姿勢を一切変えないのだ。
出演している他の芸能人どもの顔が凍りつくのが分かるのだが、
彼はそんなことおかまいなしだ。
これが宣伝戦で日本のとるべき態度であり、淡い期待を語る馬鹿に用はない。

240 :カゼラ ◆SONY/ZIFXU :2005/04/16(土) 00:04:05 ID:HFtJe20f
宣伝戦の材料については日本の方が遥かに優位である。
中華主義のこのおぞましい行為には吐き気を催すからな。

告発  非人間的な中国人は赤ん坊を食べる(画像あり)
http://tcnweb.ne.jp/~perfect/china.htm

道端に普通に捨てられている赤ん坊。
横を人々が気にも留めずに通る。(画像あり)
http://www.taliacarner.com/deadnewborningutter.htm

チベット僧を縛り上げ、棒でたたき殺し、寺を破壊する中国兵(動画あり)
http://www.kinaboykot.dk/video.htm

「日本人は死ね」と殴打 上海の邦人留学生証言
http://flash24.kyodo.co.jp/?MID=RANDOM&PG=STORY&NGID=main&NWID=2005041401004152

ヒムラーの言葉を思い出すのだが、
この不潔な人種を駆除することは政治上の問題ではなく、
衛生上の問題である。

241 :カゼラ ◆SONY/ZIFXU :2005/04/16(土) 23:49:52 ID:/XTvFlp1
胸のむかつく中国の反日デモは置いといて、
久しぶりにヒトラーのテーブルトークから。

1942年1月3日

私は盲目的に国家を信じる。もしこの信仰が失われればすべてが終わりだ。
危機には必ず終わりがある。問題はそれを切り抜けて生き残れるかどうかなのだ。
いつまでも零下50度のままの冬などありはしない。
だからどんな状況下にあっても決してひるまないこと、これが大切なのだ。
人が危機的状況を切り抜けるのを見るのは素晴らしい。
しかし、この危機を克服する力は残念ながら誰にでも与えられているわけではない。
私の生涯を通して危機は日常茶飯事だった。
第一に青年期に体験した貧乏、次は党の直面した難局、そして政府の問題。
幸いにもどれ一つとして永遠に続くことはなかった。これは救いだ。
吹雪の吹き荒れる冬にも、やがて春が来ることが分かっている。
今は氷に閉じ込められているとしても、
四月になれば太陽は照り輝き大地には生命が蘇るのだ。
南部の春の訪れは五月だ。二月、クリミアではもう暖かくなり始める。
四月末、まるで妖精が魔法の棒でも振ったように、
雪はほんの数日で解け、一面緑に覆われる。
この冬から春への変化は一瞬の出来事、過渡期というものがない。
人間の世界での出来事には比ぶべくもない力強い生命力の逆襲なのだ。

242 :カゼラ ◆SONY/ZIFXU :2005/04/16(土) 23:53:02 ID:/XTvFlp1
「まるで妖精が魔法の棒でも振ったように」
って表現がなんとも綺麗だった。

243 :カゼラ ◆SONY/ZIFXU :2005/04/17(日) 22:02:28 ID:BnKAgUAr
他スレで日本が北京オリンピック不参加をちらつかせることに
外交的圧力になるような効果が期待できないという意見があったが。
本当にそうなのかヒトラーの発言からみてみる。
周知のように現在の形のオリンピックはベルリンからであり、
ヒトラーが生み出したものである。
聖火リレーもこの時からだ。
聖火が通過中の国は自発的にベルリンオリンピックを
宣伝することになり、実際宣伝として素晴らしい効果があった。

そのヒトラーの1942年4月12日の発言

ドイツでオリンピックが開かれると決まった時、
内務大臣がスタジアムの建設計画を提出した。
二つの案があって、一つは百十万マルクかかり、
もう一つは百四十万マルクかかるものだった。
関係者のうち誰もオリンピックが国外での信用を上げ、
我々の威信を高めるまれに見る機会である事を
考慮していないようだった。
ベルリンスタジアム建設の予備的助成金として
二千七百万マルクを提案した時の閣僚の顔は忘れられないな。
実際にはスタジアムは七千七百万マルクかかったが、
五億マルク以上の外貨を呼び込んでくれたのだよ!

244 :カゼラ ◆SONY/ZIFXU :2005/04/17(日) 22:05:55 ID:BnKAgUAr
ヒトラーにはオリンピックに参加させれば、
世界のドイツに対する見方を180度好転することができるという自負があった。
それゆえ、世界のまだどの国もオリンピックの意義を理解していない時から、
不参加国のでないよう、参加国に対して最大限の気を遣ってきたのである。
そして、この外貨を呼び込むという一点だけとっても、
中国にとって日本の参加の意義ははかり知れない。
実際、全アフリカの国や全南米の国が落とす外貨よりも
ただ一国、日本の応援団や観光客が落とす外貨の方が遥かに多いだろう。
中国は自分達のお仲間の北朝鮮の参加などより、
日本の参加の方に魅力を感じているはずだ。
だから、日本のオリンピック参加、不参加が外交的圧力に
効果がないとする意見は完全な誤りであり、まったく根拠がないのである。
むしろ最大の効果的な戦略の一つといえよう。

安倍ちゃんは
「中国は(2008年に)五輪をやろうとしているが、
今の状況が続けば、五輪ができるのか、自由経済の一員の資格があるのか、
との疑問が生じざるをえない」
とオリンピックに初めて言及した。

「中国、五輪できるのか疑問」自民・安倍氏が批判
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050417-00000212-yom-pol

才覚のある政治家なら当然触れるべき問題だ。
これは最大の武器になるのだ。

245 :カゼラ ◆SONY/ZIFXU :2005/04/17(日) 23:07:56 ID:BnKAgUAr
人類の歴史上、最も偉大な扇動演説家
アドルフ・ヒトラーから学ぼう、その演出を。

まず様々な催し物について圧倒的に夜が多いことに気付く。
松明によるパレード、党大会、集会、演説、焚書、
そしてサーチライトをつかった光の宮殿など。
それについては『わが闘争』に書いてある。

「演劇に行って、何か一つの劇を午後三時と同じ配役の同じものを晩の八時に見ると、
人々はその異種の効果と印象に驚くであろう。この気分についてはっきりとしたものを
得るだけの感覚と能力のある人は、午後の上演の印象が晩の印象ほど大きくないことが、
すぐにわかるだろう。映画においてすら同じことが確かにいえる。
これは重要である。時間自体が一定の影響を及ぼしているのだ。
よくわからない理由からではあるが冷静にさせる会場というものがあって、
それがあらゆる気分の醸成に何か猛烈に反対するのだ」

246 :カゼラ ◆SONY/ZIFXU :2005/04/17(日) 23:08:51 ID:BnKAgUAr
そして、集会では開始の予定の時間よりも随分またされる。
この効果については石原都知事の著作からも見ることができる。
選挙遊説が千歳からの航空機の欠航で予定より半日遅れた時の話。

途中の街道が以上に混み車が全く進めなくなった。
これ以上遅れてはと、車を降りて外に立っている商店街の人に訳を聞いたら、
私の顔を見直して、
「ああ石原さんだっ、みんなあんたを待ってるんですよ」
相手がいう。
世辞にしても大袈裟なと思ったら、すでに見知りあっていた地元の応援者が
折りよく探しにやってきていて息せき切って腕をとり、
もうどうにもならないからここから走ってくれという。
言われるまま走り、走りながら聞いたら、飛行機の欠航で
スケジュールはずれたがそれを告知する術もなく、ほうっといたら人が出過ぎて
この有様だという。警察もお手上げで、町の中心部は完全に麻痺してしまっていた。
500メートルほど走って止まったままでいた宣伝車に飛び乗って眺めれば、
町の目抜きの大通りは何かの大きなお祭りのように人また人で埋め尽くされ
なんとも異常な光景だった。
そこで演説を終え、そのまま遅れを取り戻すべく次の高崎へと思ったら、
とんでもない、同じくらいの人たちが後まだ四ヶ所に集まっているという。
眉唾で移動してみればまさに言葉の通りで、みな呆然としていた。
飛行機の欠航が怪我の功名で異常な人の出になってしまった。

これと同様で開始を遅らされた聴衆はヒトラーの姿を見ただけで
熱狂する状態になっているのである。

247 :カゼラ ◆SONY/ZIFXU :2005/04/17(日) 23:10:40 ID:BnKAgUAr
話はじめる前は、聴衆が静まるまで辛抱強く待つ。
緊張を高め、自分の言葉を進んで聞く雰囲気をつくるのだ。
演説の手順は、はじめ、ためらいがちに、はにかみながら、手探りに、
そして、出し抜けに声を響かせる。
テレビではヒトラーの演説が興奮の絶頂にある部分だけ取り上げることが多いが、
70分ほどの演説全体を聞けば演説は静かに始まることに気付く。
それから演説の流れは、静と動、動と静のくり返しである。
静かに始まったかと思えば感情の昂りをみせ、そしてまた落ち着きを取り戻す。
聴衆に対してこきざみに興奮、恍惚をあたえているのだ。
くだらない決まりきった言葉でも病的に熱を込めることによって
聴衆にさも偉大なことのように感じさせ、
ジェスチャー、ポーズによって聴衆に印象をうえつける。
竹村健一氏がよく紹介していたがアメリカの研究で
言葉の内容が人に与える印象はわずか7%で残り四十数%が
声質や表情、もう残り四十数%が服装、体格、身振りだと。
演説中の拍手喝采は、あえて静止することによって次の拍手喝采の呼び水とし、
聴衆の熱気を最後まで持続させる。
重大なことを最初に話さず聴衆をひきつけてから話し、
充分な効果を引き出す。
そして何より自分の言葉を自分自身が完全に信じきる事。
これらが聴衆を熱狂させるのである。

248 :カゼラ ◆SONY/ZIFXU :2005/04/19(火) 00:28:15 ID:DoW2BK7y
中国の反日デモを嘲笑しようと、軽蔑しようと、
馬鹿にしようと、あるいは冷静に観察しようとかまわないが、
その対策としてただ無策に終わるなら、
日本こそが一番マヌケだったと最後に気付くことになるのだ。
ヒトラーやゲッベルスといった宣伝の天才からすれば
そんな日本の態度は完全に落第点だろう。
ゲッベルスは言う

「政治宣伝には秘訣がある。
何より宣伝の対象人物に、それが宣伝だと気付かれてはならない。
同様に宣伝の意図も巧妙に隠しておく必要がある。
相手の知らぬ間にたっぷり思想を染み込ませるのだ」

と。
中国のデモには、はっきりした目的がある。
それは日本の国連常任理事国入り阻止である。
ことはアナン国連事務総長が日本の常任理事国入りを支持し、
フランスが支持し、世界の理解が得られる見込みができた時から始まった。
中国が歴史認識の問題にしようとするのは
ゲッベルスの言葉通り宣伝の意図を巧妙に隠すためだ。
現に呆れるほど愚かな日本のマスコミは歴史認識が背景にあると
中国の宣伝にそのままのっかったのである。
あのデモ自体に目的があるのではなく、あれは日本の国連常任理事国入りを
中国が反対する時、そして拒否権をも持ち出そうという時、
単なる一国のわがままに過ぎないと思われないよう、
それが国際的な趨勢と思わせるよう、世界から中国への理解を得られるよう、
また日本への言い訳となるようにするための大規模な演出なのである。
あれがそのまま演出なのだ。
それに日本が気付かず歴史問題で怒っていると鵜呑みにするなら
どちらがマヌケか想像がつく。

249 :カゼラ ◆SONY/ZIFXU :2005/04/19(火) 00:29:01 ID:DoW2BK7y
かかる宣伝戦において
日本はこれを絶好の好機と捉え
攻勢に打って出ねばならない。
それは安倍晋三氏が明確に示したように
北京オリンピックへの疑問を宣伝することである。
中国と同じやり方でこれを演出し、
北京オリンピックへの不参加が何時でも可能な状態へと
国内世論をあたため、国際社会にそれが一国のわがままではなく
自然な形で理解が得られるような素地をつくるのだ。
これこそがヒトラーから学ぶ極東戦略である。

250 :日出づる処の名無し:2005/04/19(火) 07:07:10 ID:BLq7ILml
カゼラ師匠、頑張ってますな
日々勉強させてもらってます。

251 :日出づる処の名無し:2005/04/19(火) 17:45:48 ID:EDSYDgVQ
陰ながらこのスレ応援していますが、
sageすぎて、
DAT落ちはしないのですか?

252 :カゼラ ◆SONY/ZIFXU :2005/04/19(火) 23:55:31 ID:DoW2BK7y
>>250
ありがと。
見てくれる人がいなかったら
おそらくもっとAA貼りまくったと思う。

>>251
この隠れた地下スレに
更に隠れた住人がいるとはうれしいね。

今、DAT落ちの可能性があるとすれば圧縮だが、
それは書き込みがないスレから順番に落ちるから
誰かが書いてるかぎりこのスレは大丈夫。

253 :カゼラ ◆SONY/ZIFXU :2005/04/20(水) 00:08:44 ID:5xrH7nJi
ヒトラーの会談から

「私は一般大衆の友ではない。
私は一般大衆とひとかどの人物とを対置して捉えている。
歴史を作るのは人物であって大衆ではない。
大衆は指導されねばならない。
大衆の厳格な指導なしには重大な歴史的決断を
実行に移すことは不可能である。
一般国民を権威の秩序の中に編成しなければならないのである。
独裁制・・・・・・お望みならそう呼んでもらってもかまわない。
私の構想をその表現で呼ぶ事が正しいかどうかは、
にわかに判断できないが、
しかし、私は無定型の大衆の友ではなく、
ドイツを不運に陥れた民主主義の宿敵である。」

254 :カゼラ ◆SONY/ZIFXU :2005/04/20(水) 00:18:53 ID:5xrH7nJi
テレ朝の報道ステーションの世論調査で
歴史教科書の従軍慰安婦などの記述がなくなったことに、
若い人ほど「良いと思わない」と答えていて、
60代以上と20代の差は40%にものぼると
仰々しく驚いてみせていたが、
お前らマスコミと教育が若者をそう育てたのではないか。
大衆は指導を必要としている。
それはマスコミの指導ではなく、
厳格な指導者による指導である。

255 :カゼラ ◆SONY/ZIFXU :2005/04/20(水) 00:32:16 ID:5xrH7nJi
ヒトラーの演説における言葉の繰り返しの技術。

1937年4月29日の演説
「当時我々は、みな知っていた。
このドイツは過去のドイツより美しくなるに違いないと、
ドイツは過去のドイツよりよくなるに違いないと、
ドイツは過去のドイツより強くなるに違いないと、
そしてドイツは、より美しく、よりよく、より強くなった。」

1923年5月10日
「われわれ国家社会主義者は、わが祖国を愛し、
愛することを学び、熱烈に愛することを学ばんと欲し、
ただ一途に祖国あるを知り、他のいかなる偶像をも
これと並ぶことを許すものではない。」

スローガンにおいても
一つの民族
一つの国家
一人の指導者

また実際の音声で聞いても

総選挙による政権獲得後 の演説(音声)
ttp://vega2468.hp.infoseek.co.jp/hit.wma
1933年2月1日ヒトラー首相就任演説(動画)
ttp://www.earthstation1.com/pgs/wwii/dov-Hitler_021033.ram.html

言葉の繰り返しとリズム化は思考や反省する力を弱め、
言葉は独立したスローガンとなる。

256 :日出づる処の名無し:2005/04/20(水) 07:19:03 ID:hYDNNUYb
中国やアメリカの独裁者から学ぶ事は?
敵を知る事こそ、勝利への第一歩。

257 :カゼラ ◆SONY/ZIFXU :2005/04/21(木) 00:28:47 ID:NHfKKi0e
>>256
詳しい人に是非とも書いてほしい。
敵から学ぶことこそ最大の課題だ。
中共の毛沢東の『矛盾論』は石原都知事が読めと
言うだけあって名著だと思う。
毛沢東と会談したフランス大統領のポンピドーが、
「あなたは大陸間弾道弾なんぞを開発して、アメリカと戦争でもするつもりなのか。
そんなことをしたら何千万という国民が死ぬことになるぞ」と質したら、
「場合によったら戦争も辞さない。死者の数にはこだわらない。
大体わが国の国民は多すぎるから」と嘯かれ、
呆然とさせられたという述懐がその日記に記されているとか。
また、台湾人の金美齢さんの話で、
「台湾は日本に50年間統治されたがその間、政治犯として
死刑にされた者は一人もいなかった。
蒋介石は台湾の人間を2万から3万人も殺した、たった2年で。
しかも殺したのは政府に反抗したものだけでなく、
無関係な今後台湾人の指導者になりそうな
インテリ層もみんな殺した」と。
この中共の独裁者の残忍さから
日本も学ぶべきものがあるはずだ。
少なくとも日本が同じ残忍さを持っていたなら、
靖国への内政干渉など起こりえなかった。
西村眞悟議員が指摘した事だが
日本政府が「人命は地球より重い」といってテロに屈した時から
北朝鮮による拉致事件が続発して起こったのだと。
今日血を流すことをためらえば明日にはもっと多くの血が流れると
いいかげん歴史から学べそうなものである。

258 :カゼラ ◆SONY/ZIFXU :2005/04/21(木) 00:29:52 ID:NHfKKi0e
また中国から学ぶものの一つとして、
すでに書いているように
中共が日本の国連常任理事国入りを
阻止する為につかった世界への宣伝と同じやり方で、
北京オリンピックの開催への疑問を世界に宣伝するなら
これほど効果的な方法はない。

そして、北朝鮮の金正日からは
何より世襲制の愚かさを学べるであろう。
石原慎太郎氏の力は彼一世代のものであり、
息子達のものではないのだ。
政治家の親の素質を選択の条件にするなら
国は方向を誤るのである。

259 :カゼラ ◆SONY/ZIFXU :2005/04/21(木) 00:30:46 ID:NHfKKi0e
敵から学ぶことについて、
ヒトラー自身こう述べている

「私は常に自分の敵から極めて多くを学んできた。
私は革命の技術を、レーニン、トロツキーその他のマルクス主義者に学んだ。
カトリック教会、フリーメーソンにおいても、
他では知ることのできなかった洞察を得た。
他ならぬ敵から学ばぬのは、馬鹿者である。
そうすることによって、自分自身の着想を見失うのを恐れるのは、
臆病者だけである」と。

マルクス主義から学んだことについて

私はマルクス主義をただ克服したのではない。
マルクス主義が志向するもの、マルクス主義において正しいものから、
ユダヤ教義の衣を取り除くならば、私はマルクス主義の執行者でもあるのだ。
私はマルクス主義から多くのことを学んだ。
ためらうことなく、それを告白できる。退屈な社会理論と唯物史観、
その他の馬鹿げた代物のことではない。
マルクス主義の方法を学んだのだ。
小心な商人風情、書記風情がおっかなびっくり始めたものを、
私が本気でとらえなおしたのである。
国家社会主義の理論はすべてこの中にある。
もっと詳しく考察してみたまえ。
労働者運動、大衆デモ、もっぱら大衆に理解できるよう起草された宣伝文書。
これら政治闘争の新しい手法は、本質的にはマルクス主義に帰せられるのである。
私は、この手法をただ引き継いで発展させさえすればよかったのだ。
それだけで本質的に我々に必要なものは手に入ったのだ。
社民主義者において何遍となく破綻をきたしたことを、
私はただ首尾一貫させて継承すればよかった。
彼らの破綻は、革命を民主主義の枠内で実現しようとしたという事情のためである。

260 :カゼラ ◆SONY/ZIFXU :2005/04/21(木) 00:32:22 ID:NHfKKi0e
またカトリック教会から学んだことについて

カトリック教会は、とりわけその並々ならぬ、巧妙な戦術と世智のために、
また人間性の希薄化を信者の指導に導入したことのために模範的なものである。
だから、私は今後永久に効力を持続するわが党の憲法としての綱領を扱う際には、
教会がその聖なる信条書を扱うのと厳密に同じやり方に従ってきたのである。
教会はそれについて、あれこれいじり回すことを許さなかった。
変転する時代の、あらゆる願望を退けることができた。
1500年以上も通してきた形式に対する、
あらゆる論理的批判の攻撃を退けることができた。
教会は、相矛盾する要素も、相対立する要素も、
すべてこの書に付け加えることができるということを知っていた。
それを、敬虔な民は耐えた。
彼らは矛盾を決して論理的に受け取ったりしないのである。
だが、ただ一つのことによって信者は混乱させられる。
荘厳な信条の変更によってである。
たとえ、それが実生活においてはもはや妥当しないものであっても、
それが、今はただ聖なる記念碑にすぎぬものとなっていても。

261 :カゼラ ◆SONY/ZIFXU :2005/04/21(木) 00:33:06 ID:NHfKKi0e
これらを見れば、ヒトラーという政治的巨人が生まれながらに
すべての能力を有していたのではなく、
日々敵の中からその力を吸収する事によって育ったのだとよく分かる。

そしてこの事実は
日本の平和主義者どもの教義を知れば、
彼らを倒す手段も分かるという事である。
彼らはまさに現行憲法を、マッカーサー憲法を、
聖典か何かのように権威付けしようとしている。
だから一字一句を変えることに狂わしいばかりの抵抗を示す。
これを放置し、いたずらに時間の経過を与えれば
変更はますます難しくなるであろう。
だが、逆に考えれば一度でも変えてしまえば、
たちまち彼らは精神的拠り所に大打撃をうけ混乱させられる。
これこそが石原慎太郎氏の日々の主張の
憲法破棄の根拠であり、例え前文だけでも変更する事に
意味があるという根拠である。

262 :カゼラ ◆SONY/ZIFXU :2005/04/21(木) 00:34:41 ID:NHfKKi0e
              _______
   ∧_∧    / 
    (,,゚ー゚) <   話はかわってヒトラーの支配の原理
  ミ__ノ     \_______

支配とは常に優越している方の意志を
弱い方の意志に転移させることである。
いかにして、私は自分の意志を対立者に強制できるか。
あらかじめ、相手の意志を分裂させ、無力にする事によってである。
相手の意志を混乱させる事によってである。
異物は、相手の血液循環の中に侵入して定着し、
発病、衰弱を引き起こし、ついに相手はあらゆる抵抗力を失うに至る。
テロという補助手段は、その直接的効果のためというよりは、
むしろ、相手の抵抗力を動揺させるために欠くことのできぬものなのである。
このことは、同時に精神的武装を伴う未来の戦争の心理的公理でもある。
私がこの点についても、すべてを用意しているのを知った時、
全世界は驚嘆するであろう。
前大戦の敵方のプロパガンダなど、この私の手段に比べれば、
子供じみた序奏としか映らない。
戦争は、私にとっては決して単なる軍事行動としてのみ遂行されるのではない。
たとえ血なまぐさい戦闘が一方で行なわれようとも、
当の敵国民にわが意志を浸透させることにより、
不意の瓦解を起こさせることは計算ずみである。

263 :カゼラ ◆SONY/ZIFXU :2005/04/21(木) 00:37:27 ID:NHfKKi0e
>>262について
ここにオーストリアを支配した原理を見ることができる。
これはすごい。この政治闘争の中から学んだ戦術は
ヒトラー独自の財産である。
相手に打ち勝ち、相手の意志を砕き、
無力化した時はじめて相手に自分の意志を強制できる。
また逆に自分の意志を挫くことのできない相手に
自分が変えられることはない。
日本国についてもまったく同様であり、
中共の靖国参拝を止めろという戯言が、
単なる内政干渉と一笑されず、
日本国に強制できるのは日本の意志が
分裂し、無力化している限りにおいてそうなのである。
そしてまさに靖国参拝をめぐって中共が行なうデモやテロは
その直接的効果のためというより、
日本の抵抗力を動揺させるためにあるのだ。
また、歴史教科書で中韓から一方的に意志を強制され、
日本国側から中韓に意志を強いる事ができないのも、
日本の意志が混乱していることに原因がある。
日本は梃子でも動かぬ鉄の意志を持ったとき、
はじめて他国から意志を強制される側から
他国に意志を強制できる側へと転じれるだろう。
我々は、この過去の偉大な独裁者からなんと多くを学べることか!

264 :カゼラ ◆SONY/ZIFXU :2005/04/21(木) 03:18:09 ID:NHfKKi0e
              _______
   ∧_∧    / 
    (,,゚ー゚) <   忘れていたよ、4月20日はヒトラー誕生日だったね。
  ミ__ノ     \_______

部下はもう、いま以上のものを求めず、柔弱になっている。
いったいどうやって戦争が遂行できるだろう。
この連れと一緒では・・・・・・
これまで情熱的に打ち克とうと戦ってきたものを、
いまや逆に遂行しなければならないのか。
そもそも私は何事かを達成したのだろうか。
すべては私が頂上の席をおりると同時に再び砕け散ってしまうのではないか。
憲法を導入しておけば、自分が行なった立法を
少なくとも法の形に高めておくことができたのではないか。
もはやなにも私の死後まで残るものはないかもしれない。
私の後継者はすべてを壊し、すりかえてしまうのであろう。
私に関する記憶を踏みにじり汚すであろう。
ちょうど、私が、先行者、対立者の業績をそうしたように。
2、3の建築物を除いては、骨董品以外なにも残るまい。
建築!もしかしたら私は建築家にほかならなかったのだ。
すべては私に建築が許されるための回り道だったのだ。
建築家養成機関に入らなかった不器用な男のための回り道だ!
なんとグロテスクな人生の回り道だ!

265 :カゼラ ◆SONY/ZIFXU :2005/04/21(木) 03:18:38 ID:NHfKKi0e
実際は、永続的な生命のあるものはなにも創りはしなかった。
すべては混乱した朝夢のようにはかなく消える。
私は大衆をよく知っている。その中に生きてきたのだ。
あまりにも身近だったために、とことんまで軽蔑せずにいられなかった。
大衆の方も私を憎み軽蔑した。
いじけたもの特有の、息もつかせぬあえぎあえぎの執念深さで、
大衆はかつて私を信じたこと、私に歓呼の声をあげたことに対して復讐するだろう。
「奴も同じようにどん底の生まれだ。欺瞞によって浮かび上がったものの、柄でもない」
というわけだ。もっともけたたましい歓声をあげた大衆こそ、
まっさきに私に向かって石を投げるだろう。
女どもは私に唾を吐きかけるだろう。死んでから遠からずしてわめきたてるだろう。
だがもう私は死んだも同然ではないか。
まだ、こんなことを夢想していなくてはならないのか。
目まいがする。私の生涯は熱に浮かされた夢だったのだ。
おそらく最大の罪人ということになろう。
私はなにも成し遂げなかったのだ。ただ破壊しただけだ。
私が建築を進めようと思っていた土台が突然消えてしまった。
こういったことは皆夢のようだ。
帝国の建設はどうなったのか。オーストリアとチェコスロヴァキアも再び離脱するのではないか。
果たして私に維持できるだろうか。
私はドイツとオーストリアの間に永久に溝を掘ってしまったのではないか。
憲法はどこへいったか。
歴史的過去、諸侯に対する追憶を抹殺しようとして構想された大管区制はどうなったか。
大ゲルマン同盟・ヨーロッパの同盟秩序はどうなったか。
社会制度はどうなるのか。国防軍はどうなるのか。
孤独が私の胸をしめつける。孤独になるのが不安だ。
なにか恐ろしいものが私の周囲に胚胎している。
人間に会わねばならぬ。行動しなければならぬ。考えてはならない。
ただ一つ、行動あるのみだ。

266 :カゼラ ◆SONY/ZIFXU :2005/04/21(木) 03:26:04 ID:NHfKKi0e
すべて虚しいものだ。
このスレも。
終わったら痕跡もなく消える。
だが生きている間は、戦いこそがその意味だと
豪語した人間を俺は尊敬しよう。

        。 ◇◎。o.03 ☆οo.
       。:...◎:03 ☆∧_∧ ☆。∂03 ゜
       /。○。∂. (,,゚ー゚) O◇。☆
     /  ◎| ̄ ̄ミ__ノ . ̄ ̄ ̄|:◎:
    /    ☆。|   強者の神へ  |☆
  ▼       。○..io.。◇.☆____| 。.:
∠▲―――――☆ :∂io☆ ゜◎∂:.   

267 :カゼラ ◆SONY/ZIFXU :2005/04/22(金) 02:00:32 ID:ZkDnHLrs
              _______
   ∧_∧    / 
    (,,゚ー゚) <   日本においてはシナ・朝鮮人を指す。
  ミ__ノ     \_______

自然は無慈悲だ。だから我々も無慈悲であってよいわけだ。
願わしくない民族人種を計画的に、比較的苦痛もなく、ともかく多くの流血の惨事もなく、
死滅させるような方法はたくさんある。
私はその方法に帰依することを公言するのをまったく恐れない。
世界大戦のあとに、フランス側からドイツ民族は非難を受けた。
ドイツ人はあまりに多い、2千万人は多すぎると。我々はこの言葉を受け入れる。
我々はこのように計画通りに人口移動の計画的操作に賛成する。
だが、我々にその代わりにどこか他の場所の2千万人を抹殺することを許してもらおう。
数年間にわたって貧しい者たち、悲惨な者たちを保護するなどという
戯言が続いたあとで、今や強者を下等な者から守ることを認めるべき時がきたのではないか。
自然な本能は、あらゆる生物に、その敵を単に征服するのみならず、
絶滅することを要求する。昔は全人種、全民族を絶滅させることは、
戦勝者の当然の権利とみなされていた。
ゆっくりと、流血させることなく、これを遂行する事により、
我々は我々こそ優しさの持主であることを証明するのだ。

268 :カゼラ ◆SONY/ZIFXU :2005/04/22(金) 02:06:18 ID:ZkDnHLrs
(,,゚‐゚)/

この匿名掲示板に、
なかんずくこのスレのシリーズにおいて、
俺は自分の世界観を包み隠さず書けた。
実にこの国家主義こそが俺から片時も離れない忠実な友である。
御陰で俺が何時ネットに厭きて消え去っても
悔いは残らないであろう。

269 :カゼラ ◆SONY/ZIFXU :2005/04/23(土) 00:18:50 ID:c35xuj9i
『わが闘争』序文より

私はここでこの著作を、無縁の人々にではなく、
心からこの運動に従い、知性がさらに心から啓蒙を求めている
この運動の信奉者に向けているのである。
人を説得しうるのは書かれた言葉によるよりも話された言葉によるものであり、
この世の偉大な運動はいずれも偉大な文筆家にでなく偉大な演説家に
その進展のおかげをこうむっている、ということを私は知っている。
けれども教説を規則的、統一的に代弁するためには、
その原則的なものが永久に書き留められねばならない。
それゆえ、この著作を私が共通の事業に加える礎石たらしめんとするのである。

レッヒ河畔ランツベルク要塞営倉にて
アドルフ・ヒトラー

この言葉が俺の根幹だ。
世界を動かす力は書かれた文章などにはなく、
実際に情熱的に行動し、また話すことのできる
扇動者にこそあるのである。
神は決して哲学するだけの意気地なしには
ほほ笑みはしないだろう。
だから俺の尊敬の感情は哲学者や思想家にではなく、
実際に行動する人物にそそがれる。
現在、俺が極東板で最も強力な
石原慎太郎氏の支持者である理由も
まさにここにある。

270 :カゼラ ◆SONY/ZIFXU :2005/04/23(土) 00:58:58 ID:c35xuj9i
わずか七年という短期間に、
これほど途方もないものを創造した男が
かつてこの世にあったろうか。
正しく観察すれば、
それは今日すべて成就されているのである。
少なくとも、いたるところに礎石を置いた、
という意味では成就しているのである。
私の根本的変革の理念を与えなかった人間活動の領域が
一つでもあるだろうか。
私は、フリードリヒよりも偉大なのだ。
ナポレオンよりも偉大だ。
シーザーよりも偉大だ!
ここを去るわけにはいかない。
この孤独の中から、雲の上の神のように命令を下さねばならない。
誰にも妨げられぬこの山の水晶の家、鷲の高巣。
ここから統治しよう。

271 :カゼラ ◆SONY/ZIFXU :2005/04/23(土) 01:03:42 ID:c35xuj9i
日本の屈辱的な現状を超克し、
日本民族の誇りを取り戻してくれる人物なら、
どんな政治家であれ恐れはしまい。

272 :カゼラ ◆SONY/ZIFXU :2005/04/24(日) 01:18:25 ID:pZIHk4a4
レーム粛清に際し

私に向けられたすべての非難、我々の前に横たわるすべての困難を、
私はおせっかいな悲観論者の誰よりもずっと早く気づき、計算済みなのである。
どのような情勢の展開も私を驚かすことはない。
一貫した、ゆるがぬ確信を持って、我々の革命の巨大な目標を達成するであろう。
そのためには、自分自身の放縦を我々全体の発展法則にしようと企む物知りたち、
批評家たちは必要ではない。それは我々の没落を信じて、指折り数えて待ち、
偉大な仕事の始めには必ずある困難を誇張することに喜びを見出している連中なのだ。
この阿呆どもは、我々の偉大な作業の中の否定的な要素でなく肯定的な要素を
強調することによて、困難な闘いの中にある自分にも、
さらに私にも勇気を与えることができるということがわからないようだ。
いったい、我々が実はまだ実権を握ってないという事を、
私が彼らよりもわかってないとでも言うのか。
だが、決定するのは私の意志なのだ。私の命令に従わぬものは、抹殺されよう。
反抗がすでに誰の目にも見え、世間の口にのぼるようになってからでなく、
私が反逆の嫌疑をかけたときに。
私は迷うことなく断固としてわが道をゆくのだ。
老将軍が死ぬ五分前になって、犯罪者どもは私に面倒をかけたのだ。
誰が大統領の後任になれるか、私か、それとも反動グループの一人か、という重大な時期なのに。
この愚行だけで、すでにこの連中は射殺に値する。
一致団結した意志のみが、我々の行為を成功させるのだということを、
君達に繰り返し言っておいたはずだ。
隊列をはみだして踊ったりする者は射殺される。
連中には私の言う事を聞くよう十遍も百遍も言い聞かせたではないか!
党が一致団結しているかどうかにすべてがかかっている今、
私は自分の家の秩序と規律さえ保つことができないなどと反動の輩に言わせておかねばならないのか。
党が共産主義者よりも悪質な反抗のるつぼである、などという非難に耐えねばならないのか。
最後通牒をつきつけられなくてはならないのか。
この臆病な哀れな奴らに!
しかもこの私が、この私が!

273 :カゼラ ◆SONY/ZIFXU :2005/04/24(日) 01:26:22 ID:pZIHk4a4
あらゆる感傷は捨て去らねばならない。
あらゆるお芝居は終わりにせねばならない。
国家社会主義はワイマール諸政党のごとく、
おのれが愛国者であることをわざわざ証明してみせるまでもないのだ。
おおげさな芝居なしに我々の任務にとりかかることができるのだ。
ドイツ人の目標は、決して数日あるいは数週間で達成されるようなものではない。
世界に不信の念を呼び起こすようなことはすべて避けねばならない。
舞台にあがってお芝居をしたいだけなのか。
それとも本当にその事を欲しているかのいずれかなのだ。
だとすれば、我々は芝居はあきらめるべきなのだ。

274 :カゼラ ◆SONY/ZIFXU :2005/04/24(日) 01:34:07 ID:pZIHk4a4
それにしても小泉外交は屈辱的だ。
まるで意志がない。
やはり俺は指導者の意志によって切り開かれる
日本の姿を見たいな。

275 :カゼラ ◆SONY/ZIFXU :2005/04/24(日) 05:04:51 ID:pZIHk4a4
この掲示板の書き込みから見ただけでも、
日本では、まだ誰も開拓したことのない新たな領域で
謝罪することが総理の評価につながるらしいな。
橋本首相は誰もが見落としていたイギリスの下品な大衆紙
『サン』にイギリス兵への謝罪文を書いてきたのだから
評価されてしかるべきだな。
村山によって独占された謝罪市場の残った枠をめぐって
歴代内閣が我先にと謝罪を競い合い、奪い合うわけか。
馬鹿ばかしい!
小泉を評価してる連中は、どいつもこいつも正気かね?
小泉の行為が第二次大戦後に日本がとった謝罪外交の
一つにすぎないと認識できないものは馬鹿である。
小渕首相が金大中に謝罪し、お互いこれからは未来志向といったが、
今見る影もない現状になったことは、それほど古い過去なのか?
「この謝罪が最後だ」という淡い期待が何度砕け散ったか、
歴史からだけでなく、経験からも学べないのか、愚か者は!
正しい世界観、国家観、歴史観さえあれば未来の予測はできる。
日本にはこの記憶喪失の国民大衆を有無を言わさず服従させる
偉大な指導者が必要だ。抵抗は容赦なく叩きつぶされる、
下への権威、上への責任、服従あるのみだ。
無論俺も一大衆として服従させられる事を望んでいる。
石原慎太郎氏なら、こんな無様な外交はしなかった。

276 :カゼラ ◆SONY/ZIFXU :2005/04/24(日) 08:26:08 ID:pZIHk4a4
日本は侵略しました、と謝罪した事が評価されるべきではない。
我々の父祖を貶めた評価を新たに世界に定着させるべきでもない。
そして父祖を侵略者だと謝罪した男と同じ男が、
父祖の魂眠る靖国神社を「不戦の誓いを立てる場所」と
勝手に内容をすりかえるべきでもない。
今回の謝罪が評価されたから何なのだ?
ならば歴史の正当な女神が過去の日本の行為の正当性に光をあてても、
我々自身がそれを否定するつもりなのか。
これで中国の反日活動への根拠を失わせたというが、
逆に考えれば今までの反日活動に根拠があったと認めた事になるのだぞ。
中国は自分達の行なった数々の破壊活動の正当性を認めさせ、
日本には謝罪もせず、逆に日本から謝罪されたのだから外交上の勝利である。
日本は大使館、企業を破壊され謝罪させるどころか、
自分達が謝罪したのだから外交上の敗北である。
それに屈辱を感じないとしたら外交をおままごとのように思っている者だけだろう。
それを今回の謝罪は今までより評価が高いから
小泉外交は成功だなどと信じることは俺には到底不可能だ。
それ以上に小泉は中共のテロに屈したのである。

ヒトラーの演説を思い出すぜ。

断じて我々は完全に平等の権利の上に立たないでいかなる協定にも参加しない。
我々は孤立せしめられるかも知れないが、しかし名誉は汚されない。
断じて汚されない!
私は私の名誉を犠牲にせねばならぬような協定には参加しない。
そして彼らが、「しかし、それではお前は孤立せしめられるぞ」と言うならば、
私は宣言しよう、私は名誉を失っていられるよりも、
むしろ名誉を保って孤立せしめられようと。

我々日本人も名誉なくして生きる権利はない。

277 :日出づる処の名無し:2005/04/24(日) 15:22:32 ID:DlSxi77g
>歴史からだけでなく、経験からも学べないのか、愚か者は!
>正しい世界観、国家観、歴史観さえあれば未来の予測はできる。
>日本にはこの記憶喪失の国民大衆を有無を言わさず服従させる
>偉大な指導者が必要だ。抵抗は容赦なく叩きつぶされる、
>下への権威、上への責任、服従あるのみだ。
>無論俺も一大衆として服従させられる事を望んでいる。
>石原慎太郎氏なら、こんな無様な外交はしなかった。

    彡ミミミミ))彡彡)))彡)
   彡彡゙゙゙゙゙"゙゙""""""ヾ彡彡)
   ミ彡゙ .._    _   ミミミ彡
  ((ミ彡 '´ ̄ヽ '´/ ̄ ` ,|ミミ))
  ミ彡  ' ̄ ̄'  〈 ̄ ̄ .|ミミ彡
  ミ彡|  ) ) | | `( ( |ミ彡
  ((ミ彡|  ( ( -し`) ) )|ミミミ   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    ゞ|  ) )  、,! 」( ( |ソ   < 同意!
     ヽ( ( ̄ ̄ ̄' ) )/      \_______________
     ,.|\、)    ' ( /|、
   ̄ ̄| `\.`──'´/ | ̄ ̄`
      \ ~\,,/~  /

278 :日出づる処の名無し:2005/04/24(日) 15:27:29 ID:DlSxi77g
  ミミ彡ミミミ彡彡ミミミミ
,,彡彡彡ミミミ彡彡彡彡彡彡
ミミ彡彡゙゙゙゙゙""""""""ヾ彡彡彡
ミミ彡゙         ミミ彡彡
ミミ彡゙ _    _   ミミミ彡
ミミ彡 '´ ̄ヽ  '´ ̄` ,|ミミ彡
ミミ彡  ゚̄ ̄' 〈 ゚̄ ̄ .|ミミ彡
 彡|     |       |ミ彡
 彡|   ´-し`)  /|ミ|ミ   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ゞ|     、,!     |ソ  < とりあえず貼っておく
   ヽ '´ ̄ ̄ ̄`ノ /     \________
    ,.|\、    ' /|、
 ̄ ̄| `\.`──'´/ | ̄ ̄`
    \ ~\,,/~  /
     \/▽\/
http://www8.ocn.ne.jp/~senden97/index.html

279 :カゼラ ◆SONY/ZIFXU :2005/04/24(日) 20:56:48 ID:pZIHk4a4
>>277-278
はは、AAを貼りの元凶は俺だなw

280 :カゼラ ◆SONY/ZIFXU :2005/04/24(日) 21:06:22 ID:pZIHk4a4
「たかじんのそこまで言って委員会」
マス板からの転載。

505 名前:筑紫は呆道@人権擁護法反対[] 投稿日:2005/04/24(日) 19:24:19 ID:KXgy6K+6
今週分です。 (WMV)
1,2,...,7の順で見てください。
また、パスワード入力を省略した直リンはやめてください。

1 http://49uper.com/up20/download.php?no=27957
Keyword : veoriogu

2 http://49uper.com/up20/download.php?no=27958
Keyword : fuiraupu

3 http://49uper.com/up20/download.php?no=27959
Keyword : gau.peke

4,5 http://49uper.com/up20/download.php?no=27962
Keyword : ponkiash

6,7 http://49uper.com/up20/download.php?no=27961
Keyword : onsheoge

281 :カゼラ ◆SONY/ZIFXU :2005/04/24(日) 21:28:22 ID:pZIHk4a4
>>280
この番組での田嶋陽子は細菌的な売国奴であるが、
しかし、議論はよく訓練されている。
今日は客席に中国人が来ていたのだが、
彼らも一人一人物怖じすることなくしゃべっていたよ。
これらは子供の頃からの訓練の成果だろう。
いつか2chへの書き込みをしている人間を観客で
集めたこともあった番組だが、
その時の彼らは惨めなものだった。

ヒトラーは強い。
会談内容などを見ればわかる。
裁判でもあれだけの言葉を駆使できるのだからな。
ヒトラーの言葉。

他の党が運営している講習会で、
何人かの仲間に人前での話し方の講習を受けさせた。
このおかげで、我々の集会を野次り倒そうと送り込まれる連中の議論の仕方がよく分かり、
彼らが口を開いた途端に黙らせることができるようになった。
マルクス主義グループから来た女達が討論に加わった時は、
ストッキングに穴が開いているとか子供が不潔だとか言って馬鹿にしてやったものだ。
女を論理的な議論で納得させるのは不可能だし、
集会の会場係が手荒に応対しても民衆の義憤を買うだけである。
一番いいのは馬鹿扱いすることで、実際すばらしい効果があった。

282 :カゼラ ◆SONY/ZIFXU :2005/04/24(日) 22:23:41 ID:pZIHk4a4
議論にも訓練が必要だな。
事前に反論を予想しておかねばならぬ、
物怖じしてはならぬ、
屈してはならぬ。
「神よ、われらの敵を打ち滅ぼし給え」
という信念が勇気を与えるだろう。
俺は石原都知事こそを
見習うべき指針としている。

283 :日出づる処の名無し:2005/04/25(月) 00:16:54 ID:2RQTFF/t
カゼラ師匠、勉強になります。
出きれば出典の方もタイトルと出版社こみで宜しく

284 :カゼラ ◆SONY/ZIFXU :2005/04/25(月) 00:29:18 ID:Hv/BDzJg
>>283
∧_∧
(,,゚ー゚)ノシ うぃ

285 :日出づる処の名無し:2005/04/25(月) 07:17:26 ID:2RQTFF/t
たく…愚民どもはどうしようもないな
山崎拓当選だって。一時的な感情で政治を動かす馬鹿どもをなんとかしてほしい。
そもそもの発端は愛人の暴露によるが、そんなくだらん私的な事で国の政治まで影響を及ぼす決断をするなよな。
女が政治に関わりだすとろくなことがない。

255 KB
新着レスの表示

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50
名前: E-mail (省略可) :


read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)