2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

キューバ〜日本栄光の架け橋

1 :庶民派護憲教師 ◆J9zawdkHTs :05/03/19 19:53:49 ID:ioY8neu8
キューバと日本の関係は、ペルーにおける人質事件の際に、フィデル・カストロ議長は
犯人の身柄受け入れを宣言し、事件解決に向けての助け舟を出し、
これについては後に橋本龍太郎元総理が礼を述べにキューバに行っています。

現在の日本は社会保障制度の破綻をしきりに政府が喧伝し、アメリカ型の社会に
作り変えようとする、小泉改革により壊されようとしています。
小泉がお手本とするアメリカの大統領、ブッシュはレーガノミクスの劣化政策では飽き足らず、
年金民営化などと言う世紀の悪政をとりおこなおうとしている。

今こそ我々は、あのキューバ革命に学び、21世紀のゲバラを世に送り出す必要がある。
これは、「日本を良くするために知恵を出し合う」スレッドです。

2 :日出づる処の名無し:05/03/19 19:57:13 ID:a/gs9y+r
また、わいたんですね。何処にでもわきますね。
ボウフラ教師の面目ここにありですね。

キューバ革命には浪漫を感じるけど、あんたはキライ。゜凵K)ヾ。ペッ

3 :日出づる処の名無し:05/03/19 20:00:02 ID:SDw6Jjpo
ニダ

4 :日出づる処の名無し:05/03/19 20:05:01 ID:tBS6/Qac
キューバが世界の中堅ランナーで居られたのは、革命前のアメリカの砂糖屋と煙草屋の投資した生産基盤を分捕って、ソ連と有利な共産主義支援用の有利なレートで取引して貰えたから。
それに習うなら、日本は朝鮮半島に投資した分を取り返すべくサムスンとか差し押さえるところから始めないとなw


5 :庶民派護憲教師 ◆J9zawdkHTs :05/03/19 20:06:05 ID:ioY8neu8
日本は北朝鮮への単独経済制裁を考えていますが、アメリカがキューバを屈服させることが
できない状況を見れば、効果がないことだということは理解できると思います。
あの金正日もこう言っています。
「自分が尊敬できる人間は世界に3人しかいない。一人は母親の金貞淑、もうひとりは金日成委員長、
そしてもうひとりはフィデル・カストロ議長だと。」

6 :日出づる処の名無し:05/03/19 20:08:25 ID:BkpPKX/s
だからここは「極東アジアニュース」板だと何度言ったら分かるんだ?
アンタのやってるのはただの荒らし行為だ。

7 :庶民派護憲教師 ◆J9zawdkHTs :05/03/19 20:11:15 ID:ioY8neu8
>>6
ローカルルールを読みなおしてください。
・アジア人論、アジアを良くする事などに関連するスレッドは存在を認めます。

8 :日出づる処の名無し:05/03/19 20:13:41 ID:a/gs9y+r
キューバ革命は偉大な革命だったと思うぞ。革命後のキューバで餓死とか
路上生活者とかが無くなったんだからな。人種差別も皆無だし。
南米の白色政権下にある国に比べたら軌跡だぜ。ソ連の後ろ盾を失って一
時期は飢餓か?とか言われたが、自力で立ち直ったもんな。
同じ社会主義政権でもどっかのボケ国家とはえらい違いだ。

で、左翼が犯しがちな間違いなんだが、キューバ革命はキューバの事情に
おいて偉業なんだ。世界的に普遍なもんじゃないのさ。(それくらい革命
前の状況は貧農にとって厳しかった)
革命輸出を試みたゲバラの間違いもここだ。まあ、他人に同情できるヒュ
ーマニストであったがための事ではあるがね。

9 :日出づる処の名無し:05/03/19 20:19:56 ID:tBS6/Qac
3人しか居ない、か:
それは金豚が阿呆で夜郎自大なだけ、確かにアメリカ大統領や日本の首相でも偉いって言える奴は最近居ないがな。
尊敬する人間が少ないって事は学ぶ意思が少ないって事だからな。


10 :日出づる処の名無し:05/03/19 20:26:33 ID:a/gs9y+r
カストロ>金正日。これだけは確実だべ。
カストロにも批判の余地はいくらでもあるけどさ。国民を餓死させながら
テメェの銅像作らせるようなことはしてないな。南米なんて独裁が普通の
体制って言ったら言い過ぎだろうが、カストロはまともな部類に入る。

11 :庶民派護憲教師 ◆J9zawdkHTs :05/03/19 20:51:19 ID:ioY8neu8
皆さんは、革命前と現在とでハバナの町並みを比べると、どちらが華やかだと思いますか?
答えはバティスタ政権下の方がはるかにきらびやかだったわけです。
ところが、そのきらびやかなハバナにおいて、一歩、裏通りに入ると水道のない家があるわけです。
今の小泉改革はまさに、このような状況をつくろうとしている。

郵政民営化は、江戸時代の飛脚制度から始まる、日本の郵便事業の伝統を破壊するものです。
かつての日本の経営は「ジャパンアズナンバーワン」とアメリカ人からも賞賛され、
終身雇用、年功賃金、企業別労働組合は3種の神器と言われたわけです。
これを破壊する小泉政権に対して革命を起こすことが日本を救う唯一の道です。

革命成就のあかつきには、すべての日本国民が、今よりも生活水準を落とす必要が
ありますが、米帝の手先ではない真の自主独立のためには、その覚悟が必要です。


12 :日出づる処の名無し:05/03/19 20:52:56 ID:sq/clWRi
自由主義も社会主義も、
関係ないだよ。

13 :日出づる処の名無し:05/03/19 20:58:36 ID:kMq4iqOO
>>6
崔・ゲバラは韓国人ニダ!

14 :日出づる処の名無し:05/03/19 21:03:42 ID:tBS6/Qac
左の癖に労働問題もこの程度か?

企業別労働組合は今や格差の発生源になってる。
ダラ幹が企業側に押され、人材派遣や業務委託にまったく同じ仕事を安く発注できるのもこのシステムが原因。
小泉も悪いけど、敵と戦う前にまず身中の虫を討つべし。


15 :日出づる処の名無し:05/03/19 21:11:06 ID:a/gs9y+r
富の不均衡ってのは煎じ詰めれば税金の問題なんだが。
「一律の人頭税で夜警国家」〜「いったん全部没収して再分配」この間で
バランスをとるってだけのことだ。

16 :日出づる処の名無し:05/03/19 21:19:53 ID:sq/clWRi
右や左、保守や革新とは関係無く、

個人の勝手に任せるか、
個人の暴走を抑えるか、
ってな感じで、

右だろうが、社会主義的な思想はあるし、
左だろうが、自由主義的な思想は、在り得るわな。

17 :庶民派護憲教師 ◆J9zawdkHTs :05/03/19 21:56:42 ID:ioY8neu8
富の再分配というのはとりわけ途上国にとっては重要なテーマですね。
ライスが圧制の拠点と名指しした国家の内、キューバはアメリカ利権を没収して再分配
したわけですが、ジンバブエについてもムガベ大統領が白人所有の農地を没収して
自国民に再分配する政策をとった上、2003年にイギリス連邦からの脱退を表明しました。
このように米英の利権に合致しない国家が悪だと決め付けるアメリカの横暴は容認できません。


18 :日出づる処の名無し:05/03/19 21:59:42 ID:a/gs9y+r
>米英の利権に合致しない国家が悪だと決め付ける
アメリカの横暴は容認できません。

その点だけ!!!は同意する。

19 :同期の桜@極東 ◆DoukiJieKQ :05/03/19 22:01:04 ID:2e/mQSCK
センセー懲りないねぇw

20 :日出づる処の名無し:05/03/19 22:04:22 ID:sq/clWRi
つかさ、

行き過ぎた社会主義は、
右だろうが、左だろうが、
ごめんだよ。

逆に、自由主義なんてのも、
弱者を貪る強者の構図なんぞは、
許しがたいわな。

21 :日出づる処の名無し:05/03/19 22:20:43 ID:9gaqp2Vx
アメリカが投資しなくてもタバコは元々この辺が原産地だろうが、サトウキビはニューギニア原産。
こっちもまあ、沖縄なんかより余程適地だろうけどね。

問題は、これを絞ったり運び出したりする施設や栽培や加工のノウハウ。
これらを今までの給料代わりとばかりに分捕ったわけだ。

ジンバブエの場合は英国とはとっくに手が切れてる。
英植民地ローデシア>>ローデシア共和国>>英植民地ローデシア>>ジンバブエ
最初のはアメリカ独立戦争と同様に白人が主役。
次も現地白人の思惑で、最後のジンバブエが黒人国家化。
当初は「総督追い出すとは反逆罪だ、絶対吊るす。」
だったんですから、歴史的に見れば現地白人が土地を追い出されてもニヤニヤしながら見てればいいんですよw

でもね、農地ってのは荒地に種を蒔くだけでなる訳じゃないんですよ。
現地の労働者が分けるんならまだしも、軍閥の兵隊が取り上げるのは間違ってる。

22 :庶民派護憲教師 ◆J9zawdkHTs :05/03/20 00:46:16 ID:jfp/dwVy
>軍閥の兵隊が取り上げるのは間違ってる。
その通り。宗主国を追い出して自分達が実権を掌握し、富の再分配を行ったとしても、
ノーメンクラトゥーラが生まれるのであればそれは意味がない。
ソ連の失敗は国が国に対して存在する以上、それを意識した場合に官僚主義に陥らざるを得ない。
マルクスが理想とする真の社会主義国家を実現するためには、
世界同時革命により世界をひとつにするか、政治的に孤立したいわゆる鎖国を行うしかないわけです。
そういう意味で言うと、徳川時代の幕藩体制は適度な富の再分配も行われており、
黒船来航がなければ、日本はいまだに幕藩体制であった可能性は否定出来ないわけです。

日本のの歴史上で悔やまれるのは明治の時代に従来の日本を捨て、やみくもに西洋の
輸入に邁進したことであり、鹿鳴館の行く末を見てもわかりますが、熱病におかされたような文明開花が
もたらしたものは、夏草や兵どもが夢の跡だということなんでしょう。

23 :庶民派護憲教師 ◆J9zawdkHTs :05/03/20 09:07:39 ID:8RWSWJWp
ようやく、「モーターサイクルダイアリーズ」を観ることが出来ますので、
感想を書かせていただきます。

24 :日出づる処の名無し:2005/03/22(火) 00:27:41 ID:/OPGeYBJ
キューバは典型的な差別国家ですよ。
例えば、ドル解禁以降、ドルを使用できる者とそうでな者の格差が生じた。
首都ハバナにある家具店はドルを持った金持ちのためのものであり、
アメリカにいる親族から送金をうけることができなければ、貧しい暮らしを
せざるを得ない。

25 :日出づる処の名無し:2005/03/22(火) 00:50:19 ID:dqi6ZzUp
「格差が生じた」ら「典型的な差別国家」ですか。
その単細胞ちょっと分けてもらいたい。

26 :日出づる処の名無し:2005/03/22(火) 01:19:39 ID:zfZFuAyg
あのボウフラは『市民派』じゃなかったっけ?

なんか、明らかに文章が読みやすいのですが。

気のせい?

27 :日出づる処の名無し:2005/03/22(火) 01:57:36 ID:Vctnidcy
>>all
それ以前に日本との直行の空路が無い時点で終わってるんだが。

28 :日出づる処の名無し:2005/03/22(火) 02:02:13 ID:zfZFuAyg
>>27
すまん、何を言いたいのか掴みかねるのだが…

29 :日出づる処の名無し:2005/03/22(火) 02:11:04 ID:Vctnidcy
>>28
日本とキューバの人的交流が薄いということ。
航空会社だって日本とキューバとの間には飛ばしていないし。

30 :日出づる処の名無し:2005/03/22(火) 02:14:21 ID:zfZFuAyg
つまり、キューバを語るには日本側におけるキューバへの認識が
甘いから、あまり意義のあるお題ではないのでは?ということかな?

31 :庶民派護憲教師 ◆J9zawdkHTs :2005/03/22(火) 08:05:13 ID:USVdj/4Y
>>30
日本とキューバの交流は深いものがありますよ。
「モーターサイクルダイアリーズ」の上映により、巷では韓流ブームならぬ
ゲバラブームが発生していますよ。
ゲバラブームを経てスペイン語ブームが起きるような気がします。
日本は第二外国語として、スペイン語を英語と同じ位置にdすべきです。
なぜならば、当のアメリカにおいてもスパニッシュの割合が増えている。
日本では考えられませんが、英語を話せないアメリカ人の割合がかなり高い。
日本にハングルしか話せない韓国系日本人が増えたらどうなるのか?


32 :庶民派護憲教師 ◆J9zawdkHTs :2005/03/22(火) 08:08:52 ID:USVdj/4Y
キューバの子供達は口々に「チェのようになりたい」と言います。ゲバラはアルゼンチン人であるのにも
関わらず、他国の革命のために身を費やした。
その自己犠牲の精神こそ、現代日本人が忘れてしまったものなんです。
小泉による日本のアメリカ化は断固として阻止するべきです。
イラクにおいて米兵は何人の民間人を虐殺しましたか?イタリアの記者の話しは真実ですよ。

33 :庶民派護憲教師 ◆J9zawdkHTs :2005/03/22(火) 08:13:10 ID:USVdj/4Y
さて、福岡で地震が起きましたが、私派スマトラ沖地震の時に、アメリカが人為的に起こした
ものだと見破っていました。
同様の見解を持つ方はこの板にも多数おられるわけですが、アメリカは最終的に、
人為的な天変地異による現代版ノアの洪水を起こすことを目的としています。
選ばれた民のみがノアの箱舟に乗ることができるわけです。
これに気づいていない人があまりにも多すぎる。
米帝との解放戦争は必要なのです。


34 :日出づる処の名無し:2005/03/22(火) 08:14:54 ID:uDKorfEp
>日本にハングルしか話せない韓国系日本人が増えたらどうなるのか?

じゃあ日本は第二外国語としてハングルを教えた方が良いな、
スペイン語を教えても、意志の疎通が出来ないぞ。

35 :日出づる処の名無し:2005/03/22(火) 16:26:55 ID:ggvspP/D
・・・つか、

人為的に地震云々の時点で、
終わってるだろ、こいつ。

36 :庶民派護憲教師 ◆J9zawdkHTs :2005/03/22(火) 18:19:59 ID:vd7rXWt1
上述したとおり、日本がアメリカと手を切り、単独防衛路線を行った場合、
小林よしのりも朝まで生テレビで言っていましたが、生活水準を落とすしか
ないわけです。
私は、前スレでキューバの家庭の夕食の例を出しましたが、大半の方が
そんな生活は耐えられないとのことでした。
ところが今朝の新聞に面白い記事がありました。
農水省が食料の輸入がストップした場合の献立例を作成したわけですが、
これは目標である自給率45%を達成した場合のものだということを
念頭に入れてください。
朝、昼は芋中心、味噌汁は2日に1回、肉は9日に1回しか食べれないそうです。
ちなみに献立例が出ていますが、ご飯1杯、粉吹き芋一皿、ぬか漬け一皿、
昼食は焼き芋2本、ふかし芋1個、りんご4分の1だそうです。

食料自給率が目標を達成できず、現在のままだとすると、より厳しい献立に
なるのは自明の理なわけです。
かつて、今は削除された別スレにおいて私が、食料を全自給した場合において
一汁一菜の食事になるのはやむを得ないと言った事に対して、それでは持たないので
非現実的だと噛み付いてきたのがいましたが、農水省がこういった事態を想定している。
戦後の食糧難時代のような食生活をする覚悟をもって、我々は米帝の打倒を
行わなければならないということでしょう。
一層、身が引き締まる思いがしてきました。



37 :反日主義者同盟:2005/03/22(火) 18:30:05 ID:xtY/AOzk
日本が米帝の犬をやめぬ限り私は反日主義を貫徹するだろう。

38 :日出づる処の名無し:2005/03/22(火) 18:31:09 ID:SKbP2SHS
>>33
お前さんMMRとか本気にしていたクチか?

39 :日出づる処の名無し:2005/03/22(火) 18:42:56 ID:GkGo8L4+
日本人がキューバに無関心なのは健康な証拠
妄想お花畑のヤツラだけだもんな キューバファンは

40 :日出づる処の名無し:2005/03/22(火) 18:47:03 ID:LmFYld2N
理想の地(と言えるかは分からんが)を夢見て何が悪い

41 :日出づる処の名無し:2005/03/22(火) 18:51:25 ID:SKbP2SHS
キューバ国歌
http://www.h3.dion.ne.jp/~pekochan/kokkikokka/kokkiamerica/kokkicuba.htm
戦いに向かって 走れ バヤモの者達よ
祖国は誇りをもって お前らを見つめる
栄えある死を恐れるな
祖国のために死ぬのは 生きること
鎖のもとで生きるのは
屈辱と屈従の汚名のもとに生きること
ラッパの音に耳を傾けよ
勇敢な戦いに向かって 走れ

42 :日出づる処の名無し:2005/03/22(火) 19:26:20 ID:rZePycUa
>>36
何新聞ですか?

43 :日出づる処の名無し:2005/03/22(火) 20:33:29 ID:SWx72+SF
この人(庶民派なんたら)、何がしたいの?

44 :日出づる処の名無し:2005/03/22(火) 20:45:41 ID:Pk1nxydw
>>43
共産革命で日本国民の半数を虐殺したいんじゃねぇの?w

45 :マニア:2005/03/23(水) 00:07:10 ID:FeJQ7UmU
キューバ行きたいなら踊りのひとつくらい習っとけ。
マジで。サルサ踊れないと絶対後悔するぞ。

46 :日出づる処の名無し:2005/03/23(水) 01:42:00 ID:bF/CqAi/
そういうあんたは後悔したほう?後悔しなかったほう?

47 :食料 ◆/DwI0Gl18U :2005/03/23(水) 02:16:38 ID:dWHmMCci
前スレも監督不行届きで落ちたってのにまた駄スレを立てたのか。
庶民派の過去の悪行はミズポスレの過去ログを読むと良くわかりますが、
大量にあるのでおすすめできないかも。

Q.庶民派護憲教師ってどんな人?
・庶民派を名乗りながら庶民(一般市民)の上に君臨することを夢見る人
・ゲバラを持ち上げるが共産主義者ではなく、単に反対派を抹殺するのに
 共産主義が適しているので利用している人
・トップではなくNo.2、ただし実質No.1という良くわからない地位を目指す人
・↑はつまり責任や義務は表のNo.1に丸投げし、自分は特権だけを貪りつつ
 裏では実質No.1という将軍様もびっくりな地位を目指す人
・論破されると「黙りなさい!私はNo.2ですよ!」とわけのわからない反論をする人
・↑これで相手を完全に論破したと思い込んでる人
・将来はベリーズ工房やボンボンブランコ等の少女を妾にする予定の人
・54歳独身大魔法使いな人
・自称リアル日本人教師だが実際はリアル無職在日チョン

48 :日出づる処の名無し:2005/03/23(水) 02:24:56 ID:bF/CqAi/
食料 ◆/DwI0Gl18U sage もろくな人間じゃないってのがよくわかるレスだ。

49 :てゆ〜か、>>1ってデムパだろ??:2005/03/23(水) 03:57:09 ID:eBgrIyTh
         _____________________
         |
         | 東京都立松沢病院ですが何か?。
         |  _____________________
         |  / ⊆ニ(二(ニニ⊇――――'          (●ヽ
         | /http://www.byouin.metro.tokyo.jp/matsuzawa/
       /| /______________________ヽ
      ,/ ̄V ̄ ┏━, / ̄ ̄ ̄|| ||. ̄ ̄ ̄ ̄ |||  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄...| |
     ,/ ∧ ∧. i┸i //. ∧ ∧ || / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    _.,/. ( ゚Д゚ ) | :::|//  ( ゚Д゚ ) <庶民派護憲教師 ◆J9zawdkHTsを迎え入れに来ました。
   |/,,,,,へ⊂ ヽ  .//  ,/  ノ/ ||\______________
  ,/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄//|_/ ̄ ̄ ̄|  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
  |~ ゜ ̄゜ ̄ ̄ ̄~~| ̄ ̄   =。|┃       |━━━━━...............|
  |______: |,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,|,,,,゜,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,|,,,都立松沢病院,,,,,[|
 ._|]0::∴:::0::[二二il:]    ,-―-、 ,,|         |       .     [|
 |====== ;...........|  /,  ̄ヽ |~~|.        |  /,  ̄ヽ |     {|
 ヽニ[_]ヾニニヽ''''''|―-|.(※)|':|''''|.''''''''''''''''''''''''''''|''''''''|.(※)|:|'''''''''''''''''/
     ゞゝ三ノ ̄ ̄ ̄ ゞゝ_ノ ̄ ̄ゞゝ三ノ ̄ ̄ ̄ ゞゝ_ノ ̄ ̄ ̄ ̄



50 :日出づる処の名無し:2005/03/23(水) 04:10:17 ID:xGfqvFa4
あれ?市民派から庶民派に名前をマイナーチェンジした??
庶民派とした事で自己レスの支持率UPを狙ったんですかそうですか。
拉致問題を選挙に利用した首相並みの姑息ですね

51 :日出づる処の名無し:2005/03/23(水) 07:49:33 ID:fWpLEd8o
>>50
違いますよ。別人です。
市民派は主に携帯からのカキコが主で首都圏在住
庶民派は常にPCからカキコしていて広島在住

52 :日出づる処の名無し:2005/03/23(水) 09:54:19 ID:w5dEB/T1
あと市民派は昨年離婚、
庶民派は53歳独身未婚。

53 :日出づる処の名無し:2005/03/23(水) 10:46:40 ID:7hlbaulv
ボウフラとは別人か。じゃ、アブラムシってことにしよう。

54 :日出づる処の名無し:2005/03/23(水) 10:47:53 ID:ZP432c+u
それで橋本は米国から不興を買ったのか。納得。


55 :日出づる処の名無し:2005/03/24(木) 10:46:58 ID:ZWERK0RB
>>52
あと、早大卒の2人の兄に30年以上も嫉妬し続けているもキヴォン

56 :日出づる処の名無し:2005/03/24(木) 18:38:47 ID:Dj1SEDLb
俺は共産主義は理想の思想と考える人間だが、>>1のような人間を資本主義世界に
おいて完全に撲滅しない限り無理と確信する。

57 :日出づる処の名無し:2005/03/24(木) 19:32:54 ID:QvS2zX7I
>>1のような奴は多い。権力の奪取による社会の改造より、パンの奪取と
人間の改造を主張した無政府主義者たちは案外、正しかったかも。

58 :日出づる処の名無し:2005/03/24(木) 21:47:31 ID:YFgJCH+H
>>56
同意。
身内の敵こそ最大の敵だったりする。

59 :日出づる処の名無し:2005/03/24(木) 23:11:59 ID:D9dzs4aU
身内なのかよ(禿藁

60 :日出づる処の名無し:2005/03/24(木) 23:16:33 ID:xGdAMqZJ
>>59
共産主義の特徴のひとつ、内ゲバですよw

61 :日出づる処の名無し:2005/03/24(木) 23:25:15 ID:D9dzs4aU
なるほど>>1>>56-58がゲバゲバ(禿藁

62 :日出づる処の名無し:2005/03/25(金) 08:12:50 ID:GzkeBiiC
韓国>>>>>>>>越えられない壁>>>>>>>キューバ

63 :マニア:2005/03/25(金) 10:03:54 ID:s6dFoUUj
>>46
もちろん、後悔した方だ。
中南米では酒とダンスができないと話にならんのよ。
女とか、その他もろもろの楽しみはその後に付いてくる。
俺は懸命に練習して、そろそろと思った頃にはもう帰国・・

64 :日出づる処の名無し:2005/03/25(金) 12:38:48 ID:GzkeBiiC
>>63
なんかの本に、女が寄ってくるのはダンスホールのようなところだと
書いてあった。
ところで、中共は売春したら死刑なわけだが、キューバはどうなの?

65 :マニア:2005/03/25(金) 20:45:54 ID:AEANgagW
>>64
売春して死刑になるなら・・・キューバに中の人は誰もいなくなるw
キューバの魅力とは、このスレでは政治系に偏向してるようだが、
ズバリ、「男と女」と言ってよい。男にとっては女、女にとっては男。

66 :日出づる処の名無し:2005/03/25(金) 20:59:43 ID:UcoZLftZ
右の手柄は左のもの
左の手柄は左のもの

みんな国家の被害者、それが左翼クオリティ

67 :日出づる処の名無し:2005/03/25(金) 22:49:59 ID:xiNx1F1N
>>65
ええかげんなこというなハゲ


68 :日出づる処の名無し:2005/03/26(土) 11:18:16 ID:K3YUzPsd
カストロももう歳だからな。自分が死んだときのことも考えてるだろう。
集団指導体制→制限多党制→多党制と案外、スムーズに移行するかもし
れん。亡命キューバ人のロビーイストが米を嗾けて邪魔するだろうと思
うがね。世襲とか金馬鹿並の愚策はしないだろう。たぶん。
そもそも、キューバ革命は最初から社会主義を標榜してたわけじゃない
んだ。至極真っ当な土地改革に過剰反応した米がソ連側に追いやった節も
多いにある。ゲバラのスターリン批判も有名だしな。

69 :日出づる処の名無し:2005/03/30(水) 11:34:18 ID:eODdLzBM
>>68
スターリン批判というわけではなく、
いわば現状(当時)のソ連型帝国主義を批判したんですな。
結局は西側資本主義陣営と同じ狢ではないかと。

70 :日出づる処の名無し:2005/03/30(水) 12:24:12 ID:1gPzKQWz
西側資本主義陣営というよりもアメリカ帝国主義なのでは?
これによってカストロとの亀裂が生じ、ゲバラは表舞台から姿を
消したんですな。

71 :日出づる処の名無し:2005/03/30(水) 14:33:20 ID:cnFLXIim
>>69
確か、ユーゴのチトー氏も、1950年にソ連帝国主義と西側諸国における労働者の立場を
同列にして批判してましたよね。

72 :日出づる処の名無し:2005/03/30(水) 15:13:23 ID:1gPzKQWz
ユーゴはチトー政権下のモザイク国家の方が平和だったと思うのは
俺だけ?
クロアチアなんかいまだに戦闘状態だしね。
旧ユーゴにおいては、18歳だか20歳だかになったら自分がどの
民族に属するかの選択をしなければいけなかったんだけど、
ユーゴという旧来の民族ではない、新しいアイデンティティーを選択する
若者が多かったから期待が持てたのに。

73 :日出づる処の名無し:2005/03/30(水) 16:26:44 ID:StF5cS+B
結局、ロシア革命とその後の革命輸出って、世界にとっちゃ悪影響でしか
無いんだな。あれを世界革命の口火と勘違いしちゃったのが左翼の失敗だ。
ロシアには赤色革命が必要だたと思うよ。人口の殆どが農民=事実上の奴隷
って国家だったんだから。

74 :日出づる処の名無し:2005/03/30(水) 16:49:57 ID:aqsmrLjE
ところでスカトロさんって今何歳?

75 :日出づる処の名無し:2005/03/30(水) 17:16:58 ID:StF5cS+B
僕、スカトロ暦10年目。 ̄− ̄)ノ

76 :日出づる処の名無し:2005/03/30(水) 17:25:12 ID:7XZx06uk
>ユーゴという旧来の民族ではない、新しいアイデンティティーを選択する
>若者が多かったから期待が持てたのに。

むしろそれが「ユーゴスラビア共和国」と言うチトー個人のカリスマに
よって成り立っていた国家の崩壊時にかえって悲劇を大きくしたと思うな。
結果論ではあるが。

77 :日出づる処の名無し:2005/03/30(水) 17:43:13 ID:1gPzKQWz
>>73
だね。ロシア革命が正しいマルクスの解釈ではない。
だからマルクス主義についての答えは出ていない。

78 :日出づる処の名無し:2005/03/30(水) 17:55:08 ID:nZ12s4Xw
>>77
答えはとっくに出ている。
「実現不可能」だとな。

79 :日出づる処の名無し:2005/03/30(水) 18:48:45 ID:Fknmu/WS
>>70
もちろん最大の存在は米国なので、直接の批判はそこに集中しましたが、
米国だけを問題視していたわけではないことは間違いないでしょう。
フランスであれイギリスであれスペインであれ、
過去から脈々と連なる帝国主義そのものを視野に入れていたわけで。


80 :日出づる処の名無し:2005/03/30(水) 20:51:52 ID:cnFLXIim
>>72>>73
同意。

>>77も事実だが>>78もまた事実だな。
今、マルクス主義に共感している人は、まず如何にマルクス主義の核心を大きく
変質させずに現実に沿わせるか、つまり新しいマルクス主義のあり方を考えるべきだと思う。

81 :日出づる処の名無し:2005/03/31(木) 15:48:04 ID:zDOLB/ZJ
映画の「モーターサイクルダイアリーズ」の主人公って、
エルネスト・ゲバラのこと?

82 :日出づる処の名無し:2005/03/31(木) 15:58:49 ID:WtbY2Myh
そもそもマルクスが革命の根拠とした「絶対窮乏化説」が間違いである
事はもはや明白だろ。
今や日本やアメリカ、ドイツ、イギリスなど進歩した資本主義国で体制
を打倒してプロレタリアート革命を起こそう、などと考えるヤツはごく
一握りの例外的存在でしかない。
マルクスの主張は実現可能性のない「机上の空論」でFAだろ。

83 :日出づる処の名無し:2005/03/31(木) 16:35:58 ID:Fmz6RfBb
>>82
先進国以外の国の場合は?

84 :日出づる処の名無し:2005/03/31(木) 17:42:42 ID:zDOLB/ZJ
>>82
貧富の差は?バティスタ政権下におけるハバナの町並みは今よりも
きらびやかで繁栄してたわけですが、その反面、水道も引けない家もあった。
これを打破するためにキューバ革命は起きたわけで、
日本も含め、今の先進諸国も総中流が崩れて貧富の差が拡大したら
革命がおきないともかぎらないよ。

85 :日出づる処の名無し:2005/03/31(木) 17:53:08 ID:0Xe5IfSO
>>83
既に多数の失敗例が死屍累々。

>>84
「革命」が起きる可能性はゼロではないかもしれないが「プロレタリアート革命」
が起きる可能性はゼロだ。
なぜなら「多数の失敗例」があり、とっくの昔に魅力を失っているからだ。

86 :日出づる処の名無し:2005/03/31(木) 21:16:37 ID:Fmz6RfBb
>>85
>>なぜなら「多数の失敗例」があり、とっくの昔に魅力を失っているからだ。
確かにそういう見方もできるが、果たしてその「失敗例」の革命が「プロレタリア革命」と言えるのだろうか。
その後に成立した社会がマルクスなどが夢見た「社会主義」と言える内容だったのだろうか。

87 :日出づる処の名無し:皇紀2665/04/01(金) 08:53:10 ID:nKBF4Qkt
>>81
そうです。

88 :日出づる処の名無し:皇紀2665/04/01(金) 10:35:53 ID:fPV4FHKG
>>86
当たり前の話だが世の中で「夢見たとおりに物事が進む」と言うことはあり得ない。

マルクスが夢見た社会主義
ヒトラーが夢見た第三帝国
日本が夢見た大東亜共栄圏
毛沢東が夢見た大躍進政策

どれも「夢見た」ものとかけ離れた結果に終わった。
それを普通は「失敗」という。

89 :日出づる処の名無し:皇紀2665/04/01(金) 11:22:10 ID:nKBF4Qkt
種類の異なるものをひとつ選びなさいw

90 :日出づる処の名無し:皇紀2665/04/02(土) 10:18:43 ID:qiwLFF3G
>>88
若干のバラエティーはあるが全部同じだ。共通項は『統制』。
どうせなら、ルーズベルトのニューディール政策もいれとくべきだな。

91 :ピロシム日教組員:皇紀2665/04/02(土) 10:22:37 ID:VlCV2p7g
あなたがたは、本当のキューバの素晴らしさが
理解できていないのです!!!!!!!!!!!!!。

社民党=朝鮮総連=日教組
を甘く見ないことです。

警告しておきます!!!!!!!。

92 :日出づる処の名無し:皇紀2665/04/02(土) 10:24:22 ID:TW/rHeCy
頭悪そうだな

93 :日出づる処の名無し:皇紀2665/04/02(土) 11:42:06 ID:TW/rHeCy
>>90>>91の両方ね

94 :日出づる処の名無し:皇紀2665/04/02(土) 11:49:42 ID:IF0AGwBm
革命という単語をあまりにも狭く捉えすぎているよ。みんな。
革命は今すぐにでも、独りでも起こせると思うよ。

95 :日出づる処の名無し:皇紀2665/04/02(土) 12:42:48 ID:TW/rHeCy
またそういう高校生みたいなことを・・・

96 :日出づる処の名無し:皇紀2665/04/02(土) 12:58:14 ID:1xAMQKmA
>>94
オナニー革命といえば、エロ本を卒業してエロDVDのシフトすること。
君の言うと降り、一人でできる。

97 :日出づる処の名無し:皇紀2665,2005/04/02(土) 14:33:49 ID:LFsX8CuL
>94
世界を「セカイ」とカタカナで書けば、
酒を飲んだだけで革命起きまくり。
数時間の革命だけど。

98 :日出づる処の名無し:2005/04/07(木) 17:41:43 ID:gFtToSlB
キューバ最高!

99 :日出づる処の名無し:2005/04/07(木) 21:47:57 ID:BBSUyKIX
カストロ氏が追悼ミサに出席 大聖堂には2度目…

 ロイター通信によると、キューバのカストロ国家評議会議長は4日、首都ハバナの大聖堂で開かれた
ローマ法王追悼ミサに出席した。1959年のキューバ革命以降、議長が大聖堂に足を運んだのは、
同年の親族の結婚式に次いで2度目という。
 98年にローマ法王として初めて社会主義国キューバを訪問、その後の国際社会でのキューバ受け入れ
ムードを高めた「恩人」に対する最大限の弔意を表したとみられる。
 これに先立ち議長は弟のラウル・カストロ国防相とハバナにあるバチカンの在外公館を訪れ、
弔問簿に「疲れを知らない人類友好のための戦士よ、安らかに」と記帳した。(共同)

(04/05 13:44)

ttp://www.sankei.co.jp/news/050405/kok052.htm

30 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)