2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【海洋権益】東シナ海油田問題 統一スレッド☆9

667 :日出づる処の名無し:04/12/24 17:07:01 ID:9snPqfcG
263 名前:高千穂 ◆VyZKkSDatc [sage] 投稿日:04/12/24(金) 08:01:23 ID:gJyG+bcs

 平成十七年度予算の財務省原案でゼロ査定だった資源エネルギー庁の「三次元物理(資源)
探査船」について、二十二日の大臣復活折衝で建造が認められた。十七年度分の百一億円を
含め、総建造費は二百四十七億円。エネ庁は、平成十九年度までの就航を目指す。

 東シナ海では、日本が排他的経済水域(EEZ)と主張する日中中間線近くで中国がガス田
開発を強行。エネ庁は今年七月、日本側の海底資源の侵食状況を調べるため、中間線の
日本側水域で海底の地質構造が詳しく分かる三次元物理探査に踏み切った。

 国内には探査船がないためノルウェーの民間探査船をチャーターしているが、「(中国側からの)
再三の嫌がらせで乗員は緊張の連続」(エネ庁幹部)といい、同水域での民間探査の限界を
露呈しているのが実情。

 国連海洋法条約では、「公船」に対する拿捕(だほ)や臨時検査などを禁じており、中国は同条約を
たてに政府所属の探査船で海洋調査活動を繰り返している。このため経産省は、日本も早期の
探査船保有が必要と判断。最終的に復活折衝で予算化にこぎつけた。

 造船に二年、探査機器などの設置に一年程度はかかるが、欧米で建造中の探査用船買い付け
などで、十九年度中の供用も可能とみている。
(略)

http://news.goo.ne.jp/news/sankei/keizai/20041223/m20041223002.html


407 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)